The emotional journey of four developers as they sacrifice money, health and sanity to realize their lifelong dreams of sharing their games with the world.
ユーザーレビュー:
Recent:
非常に好評 (19 件のレビュー) - 94% of the 19 user reviews in the last 30 days are positive.
Overall:
非常に好評 (1,496 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 1,496 件中 93% が好評です
リリース日: 2012年6月12日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Indie Game: The Movie を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Indie Game: The Movie Special Edition を購入する

2 アイテムを同梱: Indie Game: The Movie, Indie Game: The Movie Special Edition DLC

Indie Game The Movie Bundle を購入する

5 アイテムを同梱: Indie Game: The Movie, Indie Game: The Movie Special Edition DLC, Super Meat Boy, FEZ, Braid

 

レビュー

One of the top-rated movies of 2012. 93% RT Score
Rotten Tomatoes
“There are victories, defeats, tears and smiles. Indie Game: The Movie is a MUST-SEE doc for anybody that fancies themselves a gamer or for anyone who gets sucked into a good underdog story.”
Ain’t it Cool News
“'Indie Game: The Movie' lays bare the passion behind the pixels, revealing the sweat, tears and sleep deprivation that go into trying to make the latest gaming sensation”
New York Times

Special Edition DLC

Special Edition DLC now available. With 100+ minutes of new epilogues & short films, the Indie Game: The Movie Special Edition DLC is another film's worth of stories, crafted by the directors of the original award-winning feature documentary. Find out about what happened after to the developers of Super Meat Boy & FEZ, and about other games and game creators.

Update

Indie Game: The Movie has been updated with new languages, directors' commentary, trading cards & achievements.

このゲームについて

Follow the creation of the games Super Meat Boy, Braid and FEZ through this Sundance award-winning feature documentary. Critic’s Pick of the New York Times and declared a “Must See” by Ain’t It Cool News. Watch the full theatrical cut in 1080p HD.

After almost two years of painstaking work, designer Edmund McMillen and programmer Tommy Refenes await the release of their first major game for Xbox, Super Meat Boy—the adventures of a skinless boy in search of his girlfriend, who is made of bandages. At PAX, a major video-game expo, developer Phil Fish unveils his highly anticipated, four-years-in-the-making FEZ. Jonathan Blow considers beginning a new game after creating Braid, one of the highest-rated games of all time.

First-time filmmaking duo Lisanne Pajot and James Swirsky capture the emotional journey of these developers as they sacrifice money, health and sanity to realize their lifelong dreams of sharing their games with the world. Four developers, three games, and one ultimate goal— to express oneself through a video game.

Features:

  • 1080P, full HD video application.
  • ‘Team Meat’ Audio Commentary Track: Edmund McMillen and Tommy Refenes provide their various insights throughout the film. Hilarious, informative and sometimes outright lies. It’s a great compliment to the film.
  • Subtitle / Language Support: Arabic, Chinese (traditional), Czech, Danish, Dutch, English, Finnish, French, German, Greek, Hebrew, Hungarian, Italian, Japanese, Korean, Norwegian, Polish, Portuguese, Russian, Spanish, Swedish, Thai, Turkish and Ukraine.
  • Video Extras: Assorted video pieces produced during the production of the film.

Festivals:

  • 2012 Sundance Official Selection World Documentary Competition

  • 2012 Sundance Winner for Best Editing in World Documentary Cinema

  • 2012 South by Southwest Official Selection

  • 2012 Hot Docs Festival Official Selection
  • 2012 Sheffield Doc/Fest Official Selection

システム要件

Windows
Mac OS X
    Minimum:
    • OS:Microsoft® Windows® XP Home, Professional, or Tablet PC Edition with Service Pack 3; Windows Server® 2003; Windows Server® 2008; Windows Vista® Home Premium, Business, Ultimate, or Enterprise (including 64-bit editions) with Service Pack 2
    • Processor:2.33GHz or faster x86-compatible processor or Intel® Atom™ 1.6GHz or faster processor for netbooks
    • Memory:512 MB RAM
    • Hard Drive:4 GB HD space
    Recommended:
    • OS:Windows 7
    • Processor:2.4Ghz or faster x86-compatible processor
    • Memory:2 GB RAM
    • Hard Drive:4 GB HD space
    Minimum:
    • OS:Mac OS X v10.6
    • Processor:Intel Core™ Duo or faster processor
    • Memory:512 MB RAM
    • Hard Drive:4 GB HD space
    • Additional: Not compatible with OSX 10.7.3
    Recommended:
    • Processor:Intel Core™ Duo 2.4Ghz or faster processor
    • Memory:2 GB RAM
    • Hard Drive:4 GB HD space
Customer reviews
Customer Review system updated! Learn more
Recent:
非常に好評 (19 件のレビュー)
Overall:
非常に好評 (1,496 件のレビュー)
Recently Posted
Anti-Dentite
( 記録時間: 1.2 時間 )
投稿日: 5月20日
Product received for free
░░░░░░░░░░░█▀▀░░█░░░░░░
░░░░░░▄▀▀▀▀░░░░░█▄▄░░░░
░░░░░░█░█░░░░░░░░░░▐░░░
░░░░░░▐▐░░░░░░░░░▄░▐░░░
░░░░░░█░░░░░░░░▄▀▀░▐░░░
░░░░▄▀░░░░░░░░▐░▄▄▀░░░░
░░▄▀░░░▐░░░░░█▄▀░▐░░░░░
░░█░░░▐░░░░░░░░▄░█░░░░░
░░░█▄░░▀▄░░░░▄▀▐░█░░░░░
░░░█▐▀▀▀░▀▀▀▀░░▐░█░░░░░
░░▐█▐▄░░▀░░░░░░▐░█▄▄░░░
░░░▀▀░░░▀░░░░░░▐▄▄▄▀░░░
░░░░░PHIL FISH░░░░░░░░░░░
Sazo
( 記録時間: 4.3 時間 )
投稿日: 5月17日
The movie is OK, BUT after owning it for some time they introduced achivements...

Achievements for a ******* movie? Are you kidding me?!?

But EVEN WORSE...Part of those achievements are to pay an additional $5 for downloadable content...WTH?

What a bone headed move!

No, I cannot recommend making a purchase of this movie or its additional SE content because of their approach!

I will most likely be removing this from my Steam account permanently!
Hugs-Boson
( 記録時間: 4.8 時間 )
投稿日: 4月30日
Indie Game: The Movie isn't a movie about indie games as much as it is a movie about the effect it has on the lives of its developers. This movie manages to take their relatively normal backstories and make them interesting, and take these relatively normal people and make them likeable, even Phil Fish somehow. The Mega64 spoof in the extras is also one of the funniest things I've ever seen. I'd recommend you watch it right after you see the movie, though, to get the full effect. Overall this is just a great movie you should definitely watch.
GrandSilver
( 記録時間: 4.3 時間 )
投稿日: 4月30日
Yes subtitles would be nice :D
Hazard
( 記録時間: 1.8 時間 )
投稿日: 4月24日
subtitles for the commentary tracks please!
|BENEDIKTATOR™
( 記録時間: 5.7 時間 )
投稿日: 4月22日
Indie Game: The Movie ist eine unterhaltsame Ansammlung an Filmmaterialien, die ihr auf jeden Fall mal ausprobieren solltet. Immerhin motiviert es besonders, wenn man nur durch schauen Achievements bekommt.
Hnilmik
( 記録時間: 4.6 時間 )
投稿日: 3月31日
It's not really a game, but it details all the trials and tribulations that go into making games!
Unlike Netflix, I can also watch the special features (via DLC)!
Watched it several times now. I really like the presentation.
This just makes me wish there was a way to keep seeing the journeys of even more developers in the future.
So... More features? (Didn't watch the DLC yet)
Lewd
( 記録時間: 2.5 時間 )
投稿日: 3月27日
PHIL!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
Laughing Ram
( 記録時間: 2.2 時間 )
投稿日: 3月13日
Hey, you know that film everyone has already watched, like, 4 years ago and raved about at the time? Yeah, it's pretty good. You should watch it or something.
pvs
( 記録時間: 13.7 時間 )
投稿日: 2月28日
phil is still a ♥♥♥♥
Snus
( 記録時間: 6.3 時間 )
投稿日: 2月28日
The only thing to know is that It's not a game. But it's about games.
Doge the Killer
( 記録時間: 1.8 時間 )
投稿日: 2月26日
Probably longest cutscene ever.
Fred
( 記録時間: 16.7 時間 )
投稿日: 2月17日
A time before the world hated Phill Fish
(also got a kick out of the team meat commentary)
dra_e_bond
( 記録時間: 3.9 時間 )
投稿日: 2月16日
インディーゲーム製作者の悲喜交交をドラマチックにフレームに収めた良作

しっかりと作為を持ってカメラを回しているれっきとした"映画"である
人物の内面を監督なりに切り出してて、はっとするような美しいシーンもある
焦点を当てる製作者の選択も上手く、それぞれキャラクターが立っている
インディーゲー開発の色んな段階と、成功と失敗のパターンを垣間見れる
単純にゲーム制作の裏側を知れるという点だけでも評価できるだろう

DLCなど日本語未対応のコンテンツがあるのが少々残念だが
本編だけでも面白いので、少しでも興味があれば是非観て欲しい

・・・

メインメニューにちょっとしたゲームが隠されてるのが面白い
提示されたタイトル名から関連するキャラを探し出すゲームなんだけど
パーフェクト、つまり全部のインディーゲーを知ってないと実績解除できない
ゲームオーバー画面のキャラをクリックでそのゲームのサイトに飛ぶ親切設計
きみも頑張ってインディーゲーマスターになろう!
……え?これでインディーゲーのほんのひとつまみだって?

映画だけで完結しない、インディーゲーへの愛が感じられるパッケージング
nekomote
( 記録時間: 45.9 時間 )
投稿日: 2月15日
ゲームクリエイターの情熱と苦悩を、ゲームのモチーフをうまく重ねた心憎い演出、控えめだけど心にしみる音楽で描いた名作だった。

劇中に出てくるゲームをプレイしたことのない私でも、デジタル配信時代にクリエイティブであり続けようと悪戦苦闘する人達の姿に共感できた。深夜のファストフードのシーンは、ベタだけど泣きそうになる。

このモチーフを選び、長期の取材にメゲることなく、自分のセンスで描く事に成功した監督を讃えたい。
Computer Games On The Internet
( 記録時間: 11.9 時間 )
投稿日: 2月14日
Good movie. There's definitely some spin being put on the stories there to make things seem more dramatic, but it's still a fun watch. Contains footage from Edmund McMillen's earlier games, one of which depict weird pencil art cartoon sex explicitly, but other than that it's good.
KOR BOXBUNNY
( 記録時間: 1.6 時間 )
投稿日: 2月9日
게임이 개발되기까지의 프로세스와 개발자들의 그 험난한 여정을 담아낸 유익한 다큐멘터리
Most Helpful Reviews  In the past 30 days
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 4.8 時間
投稿日: 4月30日
Indie Game: The Movie isn't a movie about indie games as much as it is a movie about the effect it has on the lives of its developers. This movie manages to take their relatively normal backstories and make them interesting, and take these relatively normal people and make them likeable, even Phil Fish somehow. The Mega64 spoof in the extras is also one of the funniest things I've ever seen. I'd recommend you watch it right after you see the movie, though, to get the full effect. Overall this is just a great movie you should definitely watch.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Most Helpful Reviews  In the past 90 days
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.7 時間
投稿日: 4月22日
Indie Game: The Movie ist eine unterhaltsame Ansammlung an Filmmaterialien, die ihr auf jeden Fall mal ausprobieren solltet. Immerhin motiviert es besonders, wenn man nur durch schauen Achievements bekommt.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.2 時間
投稿日: 3月13日
Hey, you know that film everyone has already watched, like, 4 years ago and raved about at the time? Yeah, it's pretty good. You should watch it or something.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Most Helpful Reviews  In the past 180 days
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.9 時間
投稿日: 1月10日
著名なインディーズゲームのデザイナー4名の内面に迫ったドキュメンタリー。
ゲームデザイナーたちは心の内を深く吐露していて、ゲーム制作の喜びと苦痛が伝わってきます。

日本のメディアではなかなか目にすることができない内容ですので、一見の価値があると思います。

本編は日本語字幕がありますが、DLCは日本語字幕がないので注意。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 45.9 時間
投稿日: 2月15日
ゲームクリエイターの情熱と苦悩を、ゲームのモチーフをうまく重ねた心憎い演出、控えめだけど心にしみる音楽で描いた名作だった。

劇中に出てくるゲームをプレイしたことのない私でも、デジタル配信時代にクリエイティブであり続けようと悪戦苦闘する人達の姿に共感できた。深夜のファストフードのシーンは、ベタだけど泣きそうになる。

このモチーフを選び、長期の取材にメゲることなく、自分のセンスで描く事に成功した監督を讃えたい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
52 人中 39 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 4.2 時間
投稿日: 1月25日
A documentary for gamers.
And developers.
It's for me.
And you.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 13 人 (76%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.6 時間
投稿日: 2015年12月29日
Indie Game: The Movie is a documentary film by BlinkWorks Media.

You follow the story of Edmund McMillen, Tommy Refenes, Phil Fish and Jonathan Blow during the development of their respective indie games (excep for Jonathan whose game was already released) as well as their experience on the indie scene and their various struggles.

At the end, I enjoyed it. so, if you're interested in the indie scene or in any of the games mentioned in this movie, you should definitely watch it ♥

★★★★★ | Loved it
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 11.9 時間
投稿日: 2月14日
Good movie. There's definitely some spin being put on the stories there to make things seem more dramatic, but it's still a fun watch. Contains footage from Edmund McMillen's earlier games, one of which depict weird pencil art cartoon sex explicitly, but other than that it's good.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Most Helpful Reviews  Overall
32 人中 30 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 6.2 時間
投稿日: 2014年1月8日
インディーゲームの開発にたずさわる人々をおったドキュメント映画です。
「大企業のゲームはとんがった部分を削って万人受けするように作られるが少人数で作るインディーゲームは違う」
そう言っていたのが印象的です。

万人受けはしなくとも自分を信じていいゲームを作り続ける
言うのは簡単ですが、ゲーム市場やユーザーからの冷たい仕打ちなど困難いっぱい・・・
それでも自分を信じて作り続ける!

音楽でも映画でも演劇でも同じような苦労があるんだろうなぁと感じました。
ゲームの市場などあまり知らなかった世界も興味深かったです。
これからも若い芸術家たちがいっぱいゲーム業界にも出てくる事を期待します。


そういや・・・
積みゲーになってるSuper Meat Boyを楽しませてもらおうか~
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
22 人中 22 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 6.1 時間
投稿日: 2014年8月22日
この作品は、小規模な開発スタジオのゲームの開発中から発売後に至るまでに、ゲームクリエイターの周りでどういう出来事が起きたのかが映像で綴られた、ドキュメンタリー映画です。

「生活に必要な物以外を買うお金がない」「もしゲームが完成しなかったら自殺する」「外出禁止で強制収容所に居るようなもの」などと、それぞれ開発者は語っています。
一見シンプルにも見える2Dアクションゲームの製作で、開発者がこんなに追い詰められたり、辛い思いをしてるとは知りませんでした。

最終的に、この映画に出てきたゲーム(Suer Meat Boy、Braid、FEZ)はユーザーたちの人気を得て、クリエイターたちの売上目標を達成して成功を収めることが出来ました。
しかし、この人たちと同じぐらいの苦労をしたはずなのに、成功に恵まれなかった不運な人たちも大勢居たはずです。
この映画を見た後だと、そういった不運な開発者やゲームを軽々しく批判することはできなくなるかもしれません。

「大企業が行うのはできる限り多くの観客に向けて、高度に洗練されたものを作ることです。
そのために全ての角を削ってしまうんです。……そういった洗練された商用製品の制作は、個人的なものを作ることとは正反対です」
Braidの作者であるJonathan Blow氏が、万人受けを目指した大作ゲームと、それに相対するインディゲームの違いについて語るのこのシーンは一番印象に残りました。

普段は有名所のゲームしかやらない人も、日頃からインディゲームに親しんでる人もぜひ見て欲しい作品です。
もしかしたらゲーム観が少し変わるかもしれません。

映画の内容とは関係ないのですが、字幕の表示タイミングが適切じゃなかったり、フォントの縁取りが薄いため、背景が白いシーンだと文字が非常に読みづらいのが残念です。
おまけとしてミニゲームも収録されていますが、本当におまけ程度です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
25 人中 22 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 3.9 時間
投稿日: 2014年9月7日
 彼らは元共同経営者をぶっ殺すとは叫んでも、独立なんかしなきゃよかったとは言いません。自分のゲームが受け容れられるか不安で吐きそうでも、前例をいくつも挙げられて簡単に説明できるような内容にまとめようとはしません。そのような呻吟の末に生み出されたゲームの多くは、大手デベロッパーが百人単位のスタッフと数年に及ぶ時間を費やして制作したゲームとは、明らかに異質な経験を私たちに与えてくれます。

 インディーというのは、大規模組織内では積極的賛同者を得難い企画を実現するための手段であると思います。既存名作タイトルの縮小再生産のような作品を作るのであればインディーである必要は全くなく、むしろそれは大手企業の豊富なリソースがあればこそスムーズに進む企画でしょう。エビデンスを示した上で説得されたら、無碍に却下する人も少ないはずです。
 構造上、インディーズは先行者の後追いが容易なため、リリースされるインディータイトル数がおおよそユーザーが把握しきれないほどに膨れ上がるという状況は予想できたものでしょうし、後追い自体は非難されるべきものでもありません。先行者に対するリスペクトを明言した上でなされる後追いならばむしろ、私自身は支持します。
 この文章を書いている2014年9月の時点で、すでにIndie Game: The Movieは2年前の作品です。本来、経済合理性とあまり相性の良くないはずのインディーズ市場は現在、「手っ取り早く小銭を稼ぐ」ための、おおよそインディー的でない商品で飽和しつつあるようです。この状況が間接的にインディー製作者たちの置かれている環境を悪化させるという指摘もなされています。ここで「製作者がどうなろうと知ったことではない」という態度をとった場合、おそらく数年後私たちは「プレイヤーのことなど知ったことではない」といったスタンスのインディータイトルが氾濫する、という形で復讐を受けることになるでしょう。

 そんな悪夢のような状況を避けるため、さしあたり選考の基準として「インディー的かどうか」という点を考慮してゲームを選ぶというのが、私たちの採れるアクションとしては安上がりで人を選ばないものではないでしょうか。
 インディー的なゲームとはどういうものかなんて厳密に定義する必要はありません。「前例も賛同もあまりないけど、価値があるはずだ」とあなたが思うものがインディーです。多くのインディーゲーム製作者たちも、そのように思いながらゲームを作ったはずなのですから。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 15 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.5 時間
投稿日: 2013年7月27日
100分程度のドキュメンタリー映画。主にSuperMeatboy,FEZ,Braidの3ゲームの作者にフォーカスしながらインディーゲームの開発に密着するという内容。インディーゲム開発の夢と希望と現実を描いた良作です。カードドロップ目当てで見始めたものの、非常に興味深い内容で楽しめた作品。日本語字幕もあるので、インディーゲームや映画好きの人にもおススメ。

本編の中でBraid作者のJonは語る。「大企業のゲーム作りでは"角"を削る。何故なら多くの人々に楽しんでもらわなければならないから。一方でインディーのゲーム作りは異なる。個人の芯の弱さや欠点までもゲームに入れ込みチャレンジする。」この言葉を「大手とインディーじゃ予算も違うし、マーケティング的には当たり前だよね」、「他の業界でも通じそうな教訓」等と頭で理解するのは簡単。
しかし本編で登場する開発者達はゲーム作りを自己実現そのものとして、まさしく命懸けで開発に携わっている。信念を持ち、全身全霊を賭して開発に打ち込む姿は鬼気迫るものがあり、人、物、金、諸々のリソースがほぼ無い崖っぷちに立ちながらも、開発に没頭する彼らは尊敬に値するし一見の価値が有る。

己の全てを注ぎ込んだゲームは自分そのものであり、市場下されるゲームの評価は、開発者その人自身の評価でもある厳しい現実。本作で紹介された3作は誰もが知る程有名なゲームであり、開発者達は勝利を収めた成功者だが、インディーゲーム開発の裏には何百倍、何千倍、もっと沢山の敗者がいるのだろう。バンドルを購入する時にはも少し払う金額を上げてみるか、と思わされた作品。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 11 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.0 時間
投稿日: 2014年3月20日
ゲーム制作ってもっとハッピーなものだと思ってた。
犠牲にするものが大きくて苦しくて、でも病的に何かに突き動かされることで乗り越えて完成した先にも大きな壁ばかり。
サポートしてくれる人も少ない、ネットからは叩かれる。
完成はまだか!バグだらけじゃないか!F*ck!!!!!
このドキュメンタリー映画は多少美的に描かれてるかもしれないが、気が病んでしまうほど真剣にプログラムやプロデュースに取り組むキチガイに密着することで、我々プレイヤーには知り得ない苦労が見えてくる。正直感動した。
ぶっちゃけエドモンドさんのSunn O)))のシャツが気になって買ったんだけど、最高のドキュメンタリーだった。
最近ゲームがつまんねーなーとかゲーム業界クソF*ckと思ったら見てみるといい。
ゲーム業界が変わったんじゃなくておめーが変わったんだよと自分に問いたい。

Edmund.
Hey Edmund!
I met Melvins in Japan!
Don't you envy me?haha:-)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
16 人中 13 人 (81%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.8 時間
投稿日: 2014年1月3日
タイトル通り映画です
Braid、SuperMeatBoy、FEZといったインディーズの代名詞とも言えるゲームを作った人達の物語
彼らのゲーム制作に掛ける思い、ゲームへの思想、苦悩、商品として出すがゆえの諸問題、成功と戸惑い・・・様々なことが赤裸々に込められています
ゲームを好きな人、ゲームを作っている人、ゲームをつくろうと思っている人、皆が見るべき
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 9 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.5 時間
投稿日: 2014年7月20日
完全に実写だこれ。
「Super Meat Boy」「FEZ」「Braid」の開発者のゲーム制作の日々を取材したドキュメンタリーです。
インディーゲームを作る苦労や喜びが赤裸々に描かれています。
インディーだから気楽に作っているのかと漠然と思っていましたが全くそんなことはなく、一般の企業よりもギリギリなところで勝負しているということがよく伝わってきました。
「インディーは大企業だと角を丸めてしまうようなところもそのままにできる」と語っていた通り、これからもインディーだからこそできる尖った作品を作ってほしいなあと思いました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
10 人中 9 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.6 時間
投稿日: 2013年10月27日
Super Meat Boy、Braid、FEZなど成功したインディゲーム作者のドキュメンタリ映画。
MeatBoyの操作性が何故素晴らしいか、何故FEZは延期を繰り返したか、
そんなことがわかる映像集。

追記。
Super Meat Boy、Braid、FEZをプレイ済みの方が、より楽しめるかもネ

★★★★☆ 本編は日本語字幕有り
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 8 人 (73%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.8 時間
投稿日: 2013年8月11日
日本よ、これがゲームだ。

---
インディーゲーム開発者の私生活や開発中の悪戦苦闘に焦点を当てたドキュメンタリー映画。
いろんな有名インディー開発者(よく知らないけどそうらしい)の人もところどころ出てくるが、話の本筋としてはSuper Meat Boy作者の二名様およびFez作者のPhil Fish大先生のゲーム開発中の苦悩や失敗といった内面、そして成功までの道筋を赤裸々に描写した、という感じ。
どのようにゲームを作っているのかとか、何を考えてこういう作りにしたのかというような話も当然出てくるが、個人的にはあまりピンと来なかったので何とも言えない。とはいえ、むしろ技術的な話を楽しむ人も当然いるだろうとは思う。
Steamで堂々売ってるがこれ自体はゲームではなくただの(絵合わせゲームのおまけつき)映像作品である。

SMBのコンビがいろいろというか主に金銭面で生活的に苦しい環境に置かれる中で、いかにも人情溢れるご家族や奥様に支えられるお話を展開しているところに条件反射的に感動させられるのはいいとして、個人的な見どころとしてはそれに対比する形で描かれているPhil Fishのクリエイターとしての孤独な戦いについてである。
自分のようなこの作品で初めて彼の名前を知ったような人間にも映画中の言動だけで彼の社会性に不安を抱かせるようなレベルで、いざお名前をGoogle検索してみれば案の定インターネットで叩かれまくりというのはなんというか心から哀悼の意を表したくなるが、同時にこういったどこか上手くいかないような人こそ、ということで彼の事業面・生活面両方での成功を応援したくなったのも事実である。

ともかくSMBすら持ってないインディーゲーム界隈に全く興味がなかった自分でも一つの映像作品として十分楽しめたということは伝えておきたい。そういう自分ですら楽しめたのだから、元ゲーやインディー界隈のファンであればいうまでもないだろう。

まあなにはともあれ、これ目当てでSteamから直接買うような人もあまりいないだろうとは思うけど、自分のようにいつだかのバンドルで入手してたり、あるいは今後のバンドルに入ってたりしたら、カード目当ての起動放置だけじゃなく2時間使って真面目に観てみても損はしないかもしれませんよ、というお話でした。

追記: Phil先生、Fez買ったよ!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 10.9 時間
投稿日: 2015年2月1日
ゲームではなく、インディーゲーム開発者のドキュメンタリー映像です。
この作品は「Super meat boy」「FEZ」「Braid」を作った開発者に注目し、開発中の映像から、発売後の様子までを追いかけています。
普段ゲームをプレイするとき開発者のことはあまり考えないのですが、この映像を見るとどんな開発者も一人の人間であり、いろいろな悩みが苦労があるんだということを痛感しました。

ゲーム開発と言うのは、ただ単に一つの作品を作り上げるということではないのだと思いました。
それぞれの人間が苦労し、時には友人と、時には会社とぶつかり合いゲームを作っていくわけで、ゲームを遊ぶ側から見てもかなりキツイ状況があることが伺い知ることができます。

実際にこの3作品がセットでついてくるIndie Game The Movie Bundleもあります。
この映像を見た後で、ゲームを遊んでみるのものもなかなかいいもんですよ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 6 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 9.1 時間
投稿日: 2015年2月4日
BraidとFEZとSuper Meat Boyの開発における過程をとったドキュメンタリー?かな..
それとも再現なのかもしれませんが..まあそれでも面白かったです。
ちなみにみた当時はBraidのみはクリアしてました。
BraidはSteamはじめて結構すぐに買ったゲームなので思い入れあり..
当時の所持ゲーム数は1桁だったのにね..もうすぐ4桁になりそうです。
Super Meat Boyは名前くらいでFEZは知りませんでした。

内容的にはBraidはゲーム製作の視点として、
Super Meat Boyは成功者としての視点とその製作過程を描き
これがでた当時まだ開発中であったFEZは製作者の人柄とか
スポンサーともめていろいろあったり製作に集中できない面もあったか
かなり厳しい心理状態で描かれている点が興味深かったです。
これをみたあとFEZも少しやったな..まだほとんどやってないけど..
発想的には面白いと感じました。

昨今はIndieゲームも大量にありバンドルなんかで安価で大量に買えるようになると
昔大枚はたいてゲーム買っていた自分がちょっとかわいそうな気分になります。
日本のゲーム開発者も世界相手に頑張っていけるといいですね~
でも、開発するまではこの映像にあった試行錯誤を続けていると思うと
なかなか感慨深いものがありますね

字幕は本編のみにしかないので副音声などの実績は一気に
最後の方にスライドしてとれば取れます。
DLCは字幕なくても大丈夫なら購入してもいいかもしれません。
わからなければ実績コンプリートするぞ~以外は特にメリットなしです。
正直オマケのゲームクリア実績は面倒です。
回答見ないでクリアできる人は相当のIndieゲームをやりこんでる人以外は無理でしょう..
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.0 時間
投稿日: 2015年6月8日
本編は104分、日本語字幕付きで観れます。
日本語訳は一部「?」なところがあったり、背景と重なって読みづらい部分がありますが、まあ何とか読めるレベル。

インディーとはいえ、今となっては有名なSuper Meat Boy、FEZ、Braidの開発者のインタビューを中心にドキュメンタリーとしてまとめられた作品です。
各開発者ごとに、なぜインディーでゲームを開発するのかという考え方やこだわりが伝わってきます。
Super Meat Boyに関してはリリースまでの密着ドキュメントになっていて、感動的ですらあります。
個人的にはFEZの開発者のもがき苦しんでいる姿が強烈に印象に残りました。
ゲーム開発者や製作過程に興味のある方には面白い内容だと思います。

実績とカードもあります。本編を見終える頃には4枚カードが手に入るはず。
DLCもありますが、本編とは別にショートフィルム的なエピソードが収録されています。
本編だけ購入してもいくつかついてくるのですが、そちらは日本語化されてないようなので、購入時はご注意を。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い