科学捜査で超常現象に立ち向かえ! 《2D×シネマティック・リアル科学捜査シミュレーションゲーム》 世の中の殺人事件の5%は未解決事件である。 それら未解決事件を再検証。 物証などを専門的な能力をもつ仲間と協力し、 解析ツールや自身の捜査能力を使って事件を解決しよう。
全てのレビュー:
ユーザーレビューはありません
リリース日:
近日登場

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、スルーとチェックするには、サインインしてください。

東京サイコデミック Demoをダウンロード

このゲームはまだSteam上でリリースされていません。

近日登場

興味がありますか?
ウィッシュリストに追加すると、リリースの通知が届きます。
ウィッシュリストに追加
 

このゲームについて

リアル科学捜査シミュレーションで挑む"超難解な未解決事件"

科学捜査で超常現象に立ち向かえ!世の中の殺人事件の5%は未解決事件である。物証などを専門的な能力をもつ仲間と協力し、解析ツールや自身の捜査能力を使って事件を解決しよう。

パンデミック終息後の"東京"が舞台

未知のウイルスにより、パンデミックが発生し首都封鎖した東京。その3年後、首都封鎖も終息に向かい、日常を取り戻したかのように見えたが、なぜか超常的な事件が多発する。プレイヤーは探偵として、仲間と共に事件解決に挑む!

本格的な科学捜査ツール

事件現場の証拠画像や監視カメラなどから、事件に関わる物品や人物、ポイントなどを確認していきます。特に防犯カメラからは、被害者などの行動を確認できるので、事件の瞬間から前後を含めて情報を集めていきましょう。

エビデンスボードで情報整理

集めた証拠がどのように事件と関わっているのか、エビデンスボードで証拠を整理、自分自身の答えを導き出そう。事件解明度によってエンディングが分岐。あなたは難解事件を解決できるか?!

世界観について

世界は変わった。

2019年12月に東京都で発生した未知のウィルスによる新型感染症は瞬く間に全国に広がり、致死率40%というエボラ出血熱を上回る高い数字を示した。海外への出入国も制限され、特に感染者の多かった東京都へと続く幹線道路は封鎖された。

つまり、首都封鎖である。

効果的な治療薬もないまま、感染は一般市民から医療従事者、警察官や自衛隊員にも広がり、ついには国家中枢にも到達した。時の内閣総理大臣と官房長官、厚生労働大臣など主要官僚が相次いで感染し、帰らぬ人となった。その頃には、国内の死者数は20万人を超えていた。

厳戒態勢の中、急造の新政府が立ち上がり、新たな内閣総理大臣には、新型感染症への治療法を発見し、多くの重症者の命を救った元感染症の専門医だった人物が抜擢された。新総理は、次々と新型感染症への対策と経済対策を打ち出し、そのどれもが成果を上げた。感染者数は、目に見えて減っていった。

やがて、猛威を振るった新型感染症は終息した。

成人向けコンテンツの説明

開発者はコンテンツを次のように説明しています:

このゲームには、死体損壊などのゴア表現や流血表現、自殺などの全年齢向けではない内容が含まれます。

システム要件

    最低:
    • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
    • OS *: 64-bit Windows 7
    • プロセッサー: Intel CPU Core i5-3330
    • メモリー: 6 GB RAM
    • グラフィック: Nvidia GPU GeForce GTX 660
    • DirectX: Version 11
    • ストレージ: 8 GB の空き容量
    • サウンドカード: Any
    • 追記事項: サウンドカード: DirectX Compatible
    推奨:
    • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
* 2024年1月1日(PT)以降、SteamクライアントはWindows 10以降のバージョンのみをサポートします。

キュレーターの意見

4 人のキュレーターがこの製品をレビューしました。チェックするにはここをクリック。
この製品のレビューはありません

この製品の自分のレビューを書いて、コミュニティとあなたの経験を共有してみましょう。このページの購入ボタンの上のエリアを使用して、レビューを書きましょう。