ゴードンフリーマン抹殺の任務を帯びた軍事スペシャリストとして、ブラックメサ研究所に戻ります。シングルプレイヤーアクションの全く新しいエピソードを体験してください。凶暴な敵のエイリアンと戦い、新しい武器を試すのです。AIAS(Academy of Interactive Arts and Sciences)の「ゲームオブザイヤー」受賞作品。
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (79 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 79 件中 96% が好評です。
総合:
圧倒的に好評 (2,917 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 2,917 件中 95% が好評です
リリース日: 1999年11月1日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Opposing Force を購入する

Half-Life 1 Anthology を購入する バンドル (?)

4 アイテムを同梱: Team Fortress Classic, Opposing Force, Half-Life 1, Half-Life: Blue Shift

 

このゲームについて

ゴードンフリーマン抹殺の任務を帯びた軍事スペシャリストとして、ブラックメサ研究所に戻ります。シングルプレイヤーアクションの全く新しいエピソードを体験してください。凶暴な敵のエイリアンと戦い、新しい武器を試すのです。AIAS(Academy of Interactive Arts and Sciences)の「ゲームオブザイヤー」受賞作品。

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux

    最低要件:500 MHz 以上のプロセッサ、96MB 以上の RAM、16MB 以上のビデオカード、Windows XP、マウス、キーボード、インターネット接続

    推奨要件:800 MHz 以上のプロセッサ、128MB 以上の RAM、32MB 以上のビデオカード、Windows XP、マウス、キーボード、インターネット接続

    Minimum: OS X Snow Leopard 10.6.3, 1GB RAM, 4GB Hard Drive Space,NVIDIA GeForce 8 or higher, ATI X1600 or higher, or Intel HD 3000 or higher Mouse, Keyboard, Internet Connection
    Minimum: Linux Ubuntu 12.04, Dual-core from Intel or AMD at 2.8 GHz, 1GB Memory, nVidia GeForce 8600/9600GT, ATI/AMD Radeaon HD2600/3600 (Graphic Drivers: nVidia 310, AMD 12.11), OpenGL 2.1, 4GB Hard Drive Space, OpenAL Compatible Sound Card
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
非常に好評 (79 件のレビュー)
総合:
圧倒的に好評 (2,917 件のレビュー)
最近の投稿
OHSHO
19.0 hrs
投稿日: 8月28日
本編より若干操作しやすい気がします
アクションやパズルなどのプレイ感も本編よりストレスが少ない

本編で行った場所やフリーマンの姿が見ると嬉しくなるものですね
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
landluck00
60.2 hrs
投稿日: 4月2日
本編には出てこない新しい敵エイリアンや、新武器も実装されたHL追加エピソード。

ロープやバーナクルガン(天井に張り付いてる例のやつが武器に!)を使っての移動アクションや、本編にはない味方の海兵隊員たちと協力して進む場面などもあり、ハーフライフの延長線上でありながら意外と新鮮な感覚。

ゲームボリュームも本編ほどではないですが、BLUE SHIFTの倍くらいのボリュームはあり、最後には巨大ラスボスも登場、とけっこう満足度の高い作りです。

日本語化できないのが非常に残念ですが、英語のままでもほぼ問題なく進めるので、これは遊んでおかないと損ですね。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
MCON
9.3 hrs
投稿日: 2015年7月25日
Half-Lifeのスピンオフ
フリーマンを攻撃していた海兵隊がプレイヤーです。
だからといってそう変わることはないのですが..

そこそこ楽しかったですが
案外記憶に残っていないな..
結果的に本編に影響しないように処理されて終わった主人公が
ちょっと可哀想でした。
それとも主人公は後の作品にでてきたかな?

一応独自の味付けもあったかと思いますが
それが有効に働いていた記憶はないですね。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
The star gamer [INNACTIVE]
4.2 hrs
投稿日: 2015年7月20日
its really fun + your basicly the combine! :)
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
seiichirou2
7.1 hrs
投稿日: 2015年7月7日
初代Half-Lifeの追加シナリオ。もう一つのシナリオ「BlueShift」と同じく、後にBorderlandsで有名になるGearBoxSoftwareで最初に開発されたソフトであり1999年発売の作品です。時系列的にはBlueShiftが2001年発売なのでこちらが先に発売されました。作品の時間軸は「BlueShift」と同じように、やはりHalf-Life本編でゴードン・フリーマンが活躍するBLACKMESA研究所の同時刻。実験失敗による大災害(異世界Xenとのゲートが開きエイリアンが侵入する)を政府の立場から介入して証拠を隠滅するという、今までとは逆に敵側視点からの物語となります。

最初に入手する武器はなんと「レンチ」。否が応でも「Bioshock」とその原点「SystemShock2」を連想させる。本編と比べると物理パズル要素は少な目。しかし、危険物の連鎖爆発を用いた謎解きや、本編のテンタクル(三つ首の蛇?)ステージを連想させるダイナミズムのある謎解きがある。チャプターによっては、海兵隊の生き残りと協力して閉鎖されたドアをバーナーで焼き切ったり、傷ついた兵士の介抱をメディックに依頼したりするシーンもあるが、チャプターが終わると自然に他の海兵隊と別れる仕様なので、サイドキックとして邪魔になりすぎず、そのバランス調整は絶妙だった。Xenとのポータル(ゲート)が開かれ、フリーマン博士の後を追うシェパードだが、辿り着いた場所は今まで知っているXenとは少し違う雰囲気が漂っている。

武器や敵のバリエーションは本編と比べても違う部分が多い。主人公が海兵隊なので「狙撃銃」や「軽機関銃」など威力に特化した武器や、「ディスプレイサー」と呼ばれるポータルガンの試作品のような兵器(プライマリは電磁ボムのように当たった敵を消し飛ばし、大ダメージの衝撃波が周囲に拡散。セカンダリはその場でXenの隔離された空間にワープし回復効果のある泉で態勢を立て直せる)など、本編の世界観引き継ぎつつユニークな物も多い。また、通常フラッシュライトの機能の「F」キーが今作では、暗視ゴーグルになっている。新武器バーナクルガンは中盤から登場。「ゼルダの伝説時のオカリナ」のフックショットのように、バーナクルの舌が特定の場所では向こう側に移動できる手段になる。

敵は、冒頭こそクラブヘッドやそれに寄生された研究員・兵士が主だが中盤辺りから本編に出てきた高速移動するニンジャ部隊やグレネード弾を多用する暗殺部隊、スターシップ・トゥルーパーズに出てきそうな新しいタイプの甲殻類エイリアンが多くなる。ステージは闇に包まれた箇所が多くなり、暗視ゴーグルを多様しつつ硬い甲殻類が多くいるので、Half-Lifeよりもアクションの要素が高めだった。禍々しい紫のゲートから這い出てくるタコの怪物みたいなのがラスボス。両目を砲台で潰してから、口を開けると出てくる紫の光球を狙う。数回繰り返すと倒せる。同じGearBoxSoftwareが製作した2009年の 「Borderlands」のラスボスデストロイヤーと非常に特徴が酷似していて明らかにオマージュ元であることがうかがい知れる。

Easter Egg(隠れたお遊び要素)が充実しているらしく、コンソールコマンドでペンギンを呼び出すものから、noclipコマンドを打ち込むと壁の裏に隠しメッセージが有るなどクリア後に確認してみるのもいいかもしれない。モデリングの素朴さやグラフィックの古さは否めないが、ボリューム感も本編に肉薄する程度にはありアクション要素も高めなのでHalf-Lifeサーガの一つとして未プレイのPCゲーマーにはオススメ出来る。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
CCT
68.0 hrs
投稿日: 2015年6月21日
良作公式追加ストーリーMOD、主人公は敵の海兵隊
本編より武器も敵も追加されてますが武器がかなり強く使いやすいので
サクサクプレイが売り、ストーリーは本編と同時進行、たぶんHL2EP3(HL3?)では回収されない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
GOLDTONE
7.0 hrs
投稿日: 2015年2月23日
halfl lifeでのブラックメサで起きた事件をゴードンフリーマンとは別のキャラクターの視点から見ることができて、面白かったです。
今作はhalf lifeに無い 海兵隊ならではの武器やアクションが使用可能になっています。
ゴードンフリーマンが戦っていない敵と対峙するのもこのゲームの魅力の一つです。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Ruby_Bom
12.7 hrs
投稿日: 2014年11月1日
前作『Half-Life』とほぼ同じ時間軸を兵士の一人として行動するスピンオフ作品。
前作で通過した場所や、関連ある人物なども登場するため、別視点から楽しめる。
アクションや謎解きも適度なボリュームで、ストレスなく進めることができた。

日本語化ができなかったが、前作を知っていれば特に問題ないと思われる。
ちなみに、今回の近接武器はバールではなくパイプレンチ。(重そう)

<一言攻略メモ>

操作感はほぼ前作と同じなので、問題なく進めることができる。
新しい武器も登場。
『Half-Life』時のゴードンもわずかだが見ることができる。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
akaba_in_end
18.5 hrs
投稿日: 2014年1月30日
Half Lifeの追加エピソードという扱いの独立したゲーム
なのでHL1は必要ありませんが話は関連しているので本編をクリア後にプレイする方がいいです。
このゲームに関してはシステムはHL1と同じなので大した変更はありませんが、ユニークな武器や新たにロープが追加されたりしました。
特に後半でバーナクルが武器になるというのはとても面白いアイディアと思いました。
ストーリーとしてはとても魅力的でHLで登場した海兵隊の一員としてブラックメサの事件鎮圧に出撃します。
主人公は軍人なのでプレイしている感覚は特別SFチックなところはありません。
強いて言うなら敵がエイリアンというところだけです。
HL本編が気に入ったという方はとてもおすすめできる作品です。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
omoeraku
5.5 hrs
投稿日: 2014年1月29日
Half-Life本編をぎゅっと圧縮して、アクション性・パズル性を
強くしたような作品。様々な新武器と新しいエイリアンが登場
しており、本編よりも若干難易度が上がっている。
舞台はほぼブラックメサ研究所のため前作のXenマップがつま
らないと思った人も楽しめるだろう。

この作品は本編と舞台・時間軸を同じくしており、本編を補完
するような作品になっている。日本語化は不可。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
10 人中 9 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 9.3 時間
投稿日: 2015年7月25日
Half-Lifeのスピンオフ
フリーマンを攻撃していた海兵隊がプレイヤーです。
だからといってそう変わることはないのですが..

そこそこ楽しかったですが
案外記憶に残っていないな..
結果的に本編に影響しないように処理されて終わった主人公が
ちょっと可哀想でした。
それとも主人公は後の作品にでてきたかな?

一応独自の味付けもあったかと思いますが
それが有効に働いていた記憶はないですね。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 7 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.5 時間
投稿日: 2014年1月29日
Half-Life本編をぎゅっと圧縮して、アクション性・パズル性を
強くしたような作品。様々な新武器と新しいエイリアンが登場
しており、本編よりも若干難易度が上がっている。
舞台はほぼブラックメサ研究所のため前作のXenマップがつま
らないと思った人も楽しめるだろう。

この作品は本編と舞台・時間軸を同じくしており、本編を補完
するような作品になっている。日本語化は不可。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.1 時間
投稿日: 2015年7月7日
初代Half-Lifeの追加シナリオ。もう一つのシナリオ「BlueShift」と同じく、後にBorderlandsで有名になるGearBoxSoftwareで最初に開発されたソフトであり1999年発売の作品です。時系列的にはBlueShiftが2001年発売なのでこちらが先に発売されました。作品の時間軸は「BlueShift」と同じように、やはりHalf-Life本編でゴードン・フリーマンが活躍するBLACKMESA研究所の同時刻。実験失敗による大災害(異世界Xenとのゲートが開きエイリアンが侵入する)を政府の立場から介入して証拠を隠滅するという、今までとは逆に敵側視点からの物語となります。

最初に入手する武器はなんと「レンチ」。否が応でも「Bioshock」とその原点「SystemShock2」を連想させる。本編と比べると物理パズル要素は少な目。しかし、危険物の連鎖爆発を用いた謎解きや、本編のテンタクル(三つ首の蛇?)ステージを連想させるダイナミズムのある謎解きがある。チャプターによっては、海兵隊の生き残りと協力して閉鎖されたドアをバーナーで焼き切ったり、傷ついた兵士の介抱をメディックに依頼したりするシーンもあるが、チャプターが終わると自然に他の海兵隊と別れる仕様なので、サイドキックとして邪魔になりすぎず、そのバランス調整は絶妙だった。Xenとのポータル(ゲート)が開かれ、フリーマン博士の後を追うシェパードだが、辿り着いた場所は今まで知っているXenとは少し違う雰囲気が漂っている。

武器や敵のバリエーションは本編と比べても違う部分が多い。主人公が海兵隊なので「狙撃銃」や「軽機関銃」など威力に特化した武器や、「ディスプレイサー」と呼ばれるポータルガンの試作品のような兵器(プライマリは電磁ボムのように当たった敵を消し飛ばし、大ダメージの衝撃波が周囲に拡散。セカンダリはその場でXenの隔離された空間にワープし回復効果のある泉で態勢を立て直せる)など、本編の世界観引き継ぎつつユニークな物も多い。また、通常フラッシュライトの機能の「F」キーが今作では、暗視ゴーグルになっている。新武器バーナクルガンは中盤から登場。「ゼルダの伝説時のオカリナ」のフックショットのように、バーナクルの舌が特定の場所では向こう側に移動できる手段になる。

敵は、冒頭こそクラブヘッドやそれに寄生された研究員・兵士が主だが中盤辺りから本編に出てきた高速移動するニンジャ部隊やグレネード弾を多用する暗殺部隊、スターシップ・トゥルーパーズに出てきそうな新しいタイプの甲殻類エイリアンが多くなる。ステージは闇に包まれた箇所が多くなり、暗視ゴーグルを多様しつつ硬い甲殻類が多くいるので、Half-Lifeよりもアクションの要素が高めだった。禍々しい紫のゲートから這い出てくるタコの怪物みたいなのがラスボス。両目を砲台で潰してから、口を開けると出てくる紫の光球を狙う。数回繰り返すと倒せる。同じGearBoxSoftwareが製作した2009年の 「Borderlands」のラスボスデストロイヤーと非常に特徴が酷似していて明らかにオマージュ元であることがうかがい知れる。

Easter Egg(隠れたお遊び要素)が充実しているらしく、コンソールコマンドでペンギンを呼び出すものから、noclipコマンドを打ち込むと壁の裏に隠しメッセージが有るなどクリア後に確認してみるのもいいかもしれない。モデリングの素朴さやグラフィックの古さは否めないが、ボリューム感も本編に肉薄する程度にはありアクション要素も高めなのでHalf-Lifeサーガの一つとして未プレイのPCゲーマーにはオススメ出来る。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 18.5 時間
投稿日: 2014年1月30日
Half Lifeの追加エピソードという扱いの独立したゲーム
なのでHL1は必要ありませんが話は関連しているので本編をクリア後にプレイする方がいいです。
このゲームに関してはシステムはHL1と同じなので大した変更はありませんが、ユニークな武器や新たにロープが追加されたりしました。
特に後半でバーナクルが武器になるというのはとても面白いアイディアと思いました。
ストーリーとしてはとても魅力的でHLで登場した海兵隊の一員としてブラックメサの事件鎮圧に出撃します。
主人公は軍人なのでプレイしている感覚は特別SFチックなところはありません。
強いて言うなら敵がエイリアンというところだけです。
HL本編が気に入ったという方はとてもおすすめできる作品です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 12.7 時間
投稿日: 2014年11月1日
前作『Half-Life』とほぼ同じ時間軸を兵士の一人として行動するスピンオフ作品。
前作で通過した場所や、関連ある人物なども登場するため、別視点から楽しめる。
アクションや謎解きも適度なボリュームで、ストレスなく進めることができた。

日本語化ができなかったが、前作を知っていれば特に問題ないと思われる。
ちなみに、今回の近接武器はバールではなくパイプレンチ。(重そう)

<一言攻略メモ>

操作感はほぼ前作と同じなので、問題なく進めることができる。
新しい武器も登場。
『Half-Life』時のゴードンもわずかだが見ることができる。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
投稿日: 2011年2月22日
自分がいるすぐ近くで、仲間の身が危険であるにもかかわらず、博士の尋問に夢中で助けてくれずにシカトぶっこくNPC。そんな伍長の世間や軍隊のいじめに悩みながらも、安息の地を目指すバーナクル空中アクションゲーム。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.3 時間
リリース前のレビュー
投稿日: 2010年12月5日
なんでこいつ生き残ったの?
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 3.1 時間
投稿日: 2012年7月3日
ミリタリー全開なHL
仲間もわりと出てくる
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
投稿日: 2010年11月28日
HL1での敵側をプレイしてみたい!って思ってた頃に出てきたタイトル。武器のバリエーションが多くて楽しい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 6.4 時間
投稿日: 2013年8月29日
かわいそうな軍人の話
レンチだと殴ってる感があんまりない
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い