Anomaly Defenders is the closing installment of the Anomaly series. The original incarnation of the Tower Offense sub-genre had players controlling humans fighting alien invaders. Now, the tables have turned. The human counterattack is underway and the alien homeworld is under threat.
ユーザーレビュー:
総合:
非常に好評 (142 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 142 件中 80% が好評です
リリース日: 2014年5月29日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Anomaly Defenders を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Anomaly Über Bundle を購入する

6 アイテムを同梱: Anomaly: Warzone Earth, Anomaly 2, Anomaly 2 Soundtrack, Anomaly Korea, Anomaly Warzone Earth Mobile Campaign, Anomaly Defenders

 

このゲームについて

Anomaly Defenders is the closing installment of the Anomaly series. The original incarnation of the Tower Offense sub-genre had players controlling humans fighting alien invaders. Now, the tables have turned. The human counterattack is underway and the alien homeworld is under threat. Defend the planet from the human scum in the final battle of the series.

Anomaly Defenders is a fast-paced Tower Defense game where attacking human troops can damage and destroy your defenses. You have to react and counterattack enemies on the battlefield at all times. Each time you start a campaign, the unique tech-tree technologies can be tailored to your needs. Killing humans is easier due to 8 upgradable towers and special functions: repair your towers, make them go berserk, sacrifice them in explosions that are harmful to nasty humans, and use other tricks. This is the final battle against the humans. For the Hive, Commander!

Key Features:

  • Functions to fix and boost your towers: Repair, Rage, Explode and others
  • Full-blown tech-tree to tailor unique strategies
  • Attacking forces can damage and destroy your towers - watch out!
  • Outsmart humans by deploying towers that force them to change their movement path
  • Fight the humans on the orbital stations and undiscovered lands – 24 unique levels are waiting for you to protect them
  • 8 unique, upgradeable towers
  • Three difficulty levels adjusted for both new and hardcore players

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows XP SP3 (32 bit) / Vista
    • プロセッサー: Intel(R) Core(TM)2 Duo 2.4, AMD Athlon(TM) X2 2.8 Ghz
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Geforce 9600 GS, Radeon HD4000, Shader Model 3.0, 512 MB
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX compatible
    推奨:
    • OS: Windows 7
    • プロセッサー: Intel(R) Core(TM)2 Quad 2.7 Ghz, AMD Phenom(TM)II X4 3 Ghz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: GeForce GTX 260, Radeon HD 5770, 1024 MB, Shader Model 3.0
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX compatible
    最低:
    • OS: 10.6
    • プロセッサー: Intel(R) Core(TM)2 Duo 2.4, AMD Athlon(TM) X2 2.8 Ghz
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Geforce 9600 GS, Radeon HD4000, Shader Model 3.0, 512 MB
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
    • サウンドカード: Integrated
    推奨:
    • OS: 10.6
    • プロセッサー: Processor:Intel(R) Core(TM)2 Quad 2.7 Ghz, AMD Phenom(TM)II X4 3 Ghz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: GeForce GTX 260, Radeon HD 5770, 1024 MB, Shader Model 3.0
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
    • サウンドカード: Integrated
    最低:
    • OS: Ubuntu 12.04
    • プロセッサー: Intel(R) Core(TM)2 Duo 2.4, AMD Athlon(TM) X2 2.8 Ghz
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Geforce 9600 GS, Radeon HD4000, Shader Model 3.0, 512 MB
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
    • サウンドカード: Integrated
    推奨:
    • OS: Ubuntu 12.04
    • プロセッサー: Intel(R) Core(TM)2 Quad 2.7 Ghz, AMD Phenom(TM)II X4 3 Ghz
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: GeForce GTX 260, Radeon HD 5770, 1024 MB, Shader Model 3.0
    • ストレージ: 1 GB 利用可能
    • サウンドカード: Integrated
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
非常に好評 (142 件のレビュー)
最近の投稿
a_pharaoh
16.7 hrs
投稿日: 2月29日
20/20の実績を解除してからのレビュー

Anomalyシリーズのゲーム。
今までの形式とは全く異なり、エイリアン視点で動くことになる。
そのため、従来のAnomalyのゲームを楽しめた方でもこのゲームは楽しめないかもしれない。
これと同じ形式のゲームは他に「Sentinel」シリーズのゲームがある。

悪い点
・内容
 ・マップがでかすぎる
  スクロールが大して早くないので、何度もドラッグを繰り返すことになる。
  対称方向に出てこられたりすると、「一時停止」→「片方を見に行く」→「一時停止」→「もう片方がどうなっているのかを確認しに行く」を繰り返すことになり、非常にストレスが溜まる。
  幸いにも、このようなステージは3つしかないが、実績を解除したい場合はつらい。
 ・全体的に無駄に手間がかかる
  ユニットを麻痺させる雷が落ちてきたり、ダメージ与える隕石が落ちてきたりすることがあるのだが、それを確認するためにいちいち画面を移動させる必要がある。
  麻痺を解除するためには一定時間待つか、アビリティを使用してやる必要があるため、わざわざ「麻痺しているユニットを確認してアビリティを使う」、という作業が増える。

・操作面
 説明がとにかく少ない。
 レベルアップや売却、設置などのショートカットキーの説明がなく、これを知らないと泣くことになる。
 今までと同じなのは、速度上昇ぐらいだろうか。

・グラフィック面
 一番悪い点はここ。
 とにかく光る。
 特に中盤のステージはピカピカピカピカ...と目をつむりたくなるくらい光る。
 と言うか、序盤のステージ以外殆ど光る。
 当然目に悪いし、「Sentinel」シリーズのゲームと違って放置することができないので辛い。
 グラフィックの設定にもフラッシュを止める項目はない。

・機能面
 途中セーブができないのが残念。
 なぜAnomalyシリーズ(携帯版を除く)のゲームは途中セーブを許さないのだろうか。


・話の品質
 短い。
 今までのシリーズと違って始まりや終わりに会話が入ることはない。
 代わりにテキストの説明が一回だけ入る(入らないこともある)。
 また、エンディングもかなりあっさりしていて、脱出シーン→「4行の文の語り」だけで終わる
 まさかオープニングだけで力尽きたんじゃ...。

・他
 今まで輸送機を攻撃していたAlien達が、今回は対空かどうか分かれているのに少し違和感が...

良い点
・操作面
 全てのコマンドにショートカットキーが割り当てられているため、(知っていれば)イライラすることが無い。

・グラフィック面
 相変わらず非常に良い。
 ステージの背景も、爆撃機も凝ってる。

・音楽面
 良い...のだが、落雷の轟音や隕石の音が邪魔してやはりあまり音楽を聴く機会は少なめ。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
yosio9999
2.9 hrs
投稿日: 2015年12月7日
特徴のあるタワーディフェス
他のタワーディフェンスと違う点は”敵がタワーを攻撃してくる”ところ
ダメージや経路と同時にタワーの損傷にも気を配らないといけないので
全然気が抜けないし防衛戦してる感はあります

ステージをクリアした難易度でテクノロジーポイントがもらえて
テクノロジーポイントをテクノロジツリーに割り振ってタワーを強化できます
テクノロジーツリーは何度振りなおしてもペナルティはないので
思う存分試行錯誤できます
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Rush
18.5 hrs
投稿日: 2014年6月12日
タワ―オフェンスから一般的なタワーディフェンスへ

タワーディフェンスの逆であるタワーオフェンスと評されたAnomaryシリーズ。本作Anomary Defendersはタワーオフェンスの逆、いわゆる一般的なタワーディフェンスゲーム(以下TD)となっている。人類対エイリアンの構図から攻守逆転、本作では過去作の敵タワーを防衛タワーとして利用し、人類の侵攻から逃げ延びる内容となっている。

久々に2周(Hard難度までクリア)したTDであり、定価$10分は十分に楽しめたTDの良作。ボリュームとしてはNormal及びHard、全ステージクリアで約18時間程度。Hardをクリアできる人であれば実績全解除も容易。

本作の特徴
-タワーにはHPが存在
-リセット可能なラウンドツリー状のアップグレードシステム
-Farming装置による敵のルート誘導
-遮蔽物を利したカバーリングの概念
-美麗なグラフィック、エフェクト、適したサウンド
-LeadersBordによるグローバルランキングに対応

TDとしての概要
-ステージクリア報酬としてTechnologyPoint(TP)を獲得、TP利用によりアップグレードアンロック
-全24面、難易度3種
-タワーは8種、各4段階まで強化可能
-Perkが5種、Function(スキル)が6種、各々3段階まで強化可能
-敵は8種程度?と少なめ
-早送り、一時停止有り、WaveSave無し、ルーティングやジャグリング要素は無し

一般的なTDとの違いはタワーにHP設定が有り常時ヘルス管理を求められる点、敵の侵攻を撃破するためにはFunction(スキル)を高頻度で利用する必要がある点、Harvester(資源生産装置)による敵のルート誘導要素や地形を利用したカバーリングが挙げられる。特にヘルス管理とスキル活用の必要性からプレイフィールとしてはリアルタイム性の強いTD。例えば、Aのルートから来た敵は強いのでこっちのタワーには攻撃強化をかけておこう、同時にBルートのタワーはアーマーが弱いに関わらず敵の猛攻が予想される為シールドを張っておこう、あわせて保険として別タワーに範囲有効のHP回復をかけておくか、といったように忙しい状態が頻出する(特にHardの一部ステージ)。一時停止が常時任意で可能な為、難しくはないが他TDとは異なりリアルタイム性が強い印象を受けた。また本作では任意でTPを再振り分け出来る=様々なタワーやPerkの組み合わせをステージや難易度に合わせて考えられる点も楽しい。更にTDとしては美麗なグラフィックやエフェクト、強化が進む毎に強そうなデザインとなるタワーも本作が他TDとの差異化に成功している点だろう。

マイナス点を挙げるとすれば、ルート作成要素が無い、タワー種が少ない、そもそもの難易度が低めである点(Hardの終盤幾つかのステージを除く)の3点。特にルート作成要素が無い点はシステムの単純化と難易度の低下を一気に招く。本作にもHarvesterによるルート誘導やカバーリング等の面白い点は存在するも、難易度Hardでもそれらがクリアへのキーとなるようなステージが無く消化不良の感が否めない。またストーリー性が強い事もシリーズの特徴であったが本作ではそれは無く淡々とステージを消化していくのみ。人によっては不満に感じる事が有るかも知れない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
17 人中 15 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 18.5 時間
投稿日: 2014年6月12日
タワ―オフェンスから一般的なタワーディフェンスへ

タワーディフェンスの逆であるタワーオフェンスと評されたAnomaryシリーズ。本作Anomary Defendersはタワーオフェンスの逆、いわゆる一般的なタワーディフェンスゲーム(以下TD)となっている。人類対エイリアンの構図から攻守逆転、本作では過去作の敵タワーを防衛タワーとして利用し、人類の侵攻から逃げ延びる内容となっている。

久々に2周(Hard難度までクリア)したTDであり、定価$10分は十分に楽しめたTDの良作。ボリュームとしてはNormal及びHard、全ステージクリアで約18時間程度。Hardをクリアできる人であれば実績全解除も容易。

本作の特徴
-タワーにはHPが存在
-リセット可能なラウンドツリー状のアップグレードシステム
-Farming装置による敵のルート誘導
-遮蔽物を利したカバーリングの概念
-美麗なグラフィック、エフェクト、適したサウンド
-LeadersBordによるグローバルランキングに対応

TDとしての概要
-ステージクリア報酬としてTechnologyPoint(TP)を獲得、TP利用によりアップグレードアンロック
-全24面、難易度3種
-タワーは8種、各4段階まで強化可能
-Perkが5種、Function(スキル)が6種、各々3段階まで強化可能
-敵は8種程度?と少なめ
-早送り、一時停止有り、WaveSave無し、ルーティングやジャグリング要素は無し

一般的なTDとの違いはタワーにHP設定が有り常時ヘルス管理を求められる点、敵の侵攻を撃破するためにはFunction(スキル)を高頻度で利用する必要がある点、Harvester(資源生産装置)による敵のルート誘導要素や地形を利用したカバーリングが挙げられる。特にヘルス管理とスキル活用の必要性からプレイフィールとしてはリアルタイム性の強いTD。例えば、Aのルートから来た敵は強いのでこっちのタワーには攻撃強化をかけておこう、同時にBルートのタワーはアーマーが弱いに関わらず敵の猛攻が予想される為シールドを張っておこう、あわせて保険として別タワーに範囲有効のHP回復をかけておくか、といったように忙しい状態が頻出する(特にHardの一部ステージ)。一時停止が常時任意で可能な為、難しくはないが他TDとは異なりリアルタイム性が強い印象を受けた。また本作では任意でTPを再振り分け出来る=様々なタワーやPerkの組み合わせをステージや難易度に合わせて考えられる点も楽しい。更にTDとしては美麗なグラフィックやエフェクト、強化が進む毎に強そうなデザインとなるタワーも本作が他TDとの差異化に成功している点だろう。

マイナス点を挙げるとすれば、ルート作成要素が無い、タワー種が少ない、そもそもの難易度が低めである点(Hardの終盤幾つかのステージを除く)の3点。特にルート作成要素が無い点はシステムの単純化と難易度の低下を一気に招く。本作にもHarvesterによるルート誘導やカバーリング等の面白い点は存在するも、難易度Hardでもそれらがクリアへのキーとなるようなステージが無く消化不良の感が否めない。またストーリー性が強い事もシリーズの特徴であったが本作ではそれは無く淡々とステージを消化していくのみ。人によっては不満に感じる事が有るかも知れない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.9 時間
投稿日: 2015年12月7日
特徴のあるタワーディフェス
他のタワーディフェンスと違う点は”敵がタワーを攻撃してくる”ところ
ダメージや経路と同時にタワーの損傷にも気を配らないといけないので
全然気が抜けないし防衛戦してる感はあります

ステージをクリアした難易度でテクノロジーポイントがもらえて
テクノロジーポイントをテクノロジツリーに割り振ってタワーを強化できます
テクノロジーツリーは何度振りなおしてもペナルティはないので
思う存分試行錯誤できます
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめしません
記録時間: 16.7 時間
投稿日: 2月29日
20/20の実績を解除してからのレビュー

Anomalyシリーズのゲーム。
今までの形式とは全く異なり、エイリアン視点で動くことになる。
そのため、従来のAnomalyのゲームを楽しめた方でもこのゲームは楽しめないかもしれない。
これと同じ形式のゲームは他に「Sentinel」シリーズのゲームがある。

悪い点
・内容
 ・マップがでかすぎる
  スクロールが大して早くないので、何度もドラッグを繰り返すことになる。
  対称方向に出てこられたりすると、「一時停止」→「片方を見に行く」→「一時停止」→「もう片方がどうなっているのかを確認しに行く」を繰り返すことになり、非常にストレスが溜まる。
  幸いにも、このようなステージは3つしかないが、実績を解除したい場合はつらい。
 ・全体的に無駄に手間がかかる
  ユニットを麻痺させる雷が落ちてきたり、ダメージ与える隕石が落ちてきたりすることがあるのだが、それを確認するためにいちいち画面を移動させる必要がある。
  麻痺を解除するためには一定時間待つか、アビリティを使用してやる必要があるため、わざわざ「麻痺しているユニットを確認してアビリティを使う」、という作業が増える。

・操作面
 説明がとにかく少ない。
 レベルアップや売却、設置などのショートカットキーの説明がなく、これを知らないと泣くことになる。
 今までと同じなのは、速度上昇ぐらいだろうか。

・グラフィック面
 一番悪い点はここ。
 とにかく光る。
 特に中盤のステージはピカピカピカピカ...と目をつむりたくなるくらい光る。
 と言うか、序盤のステージ以外殆ど光る。
 当然目に悪いし、「Sentinel」シリーズのゲームと違って放置することができないので辛い。
 グラフィックの設定にもフラッシュを止める項目はない。

・機能面
 途中セーブができないのが残念。
 なぜAnomalyシリーズ(携帯版を除く)のゲームは途中セーブを許さないのだろうか。


・話の品質
 短い。
 今までのシリーズと違って始まりや終わりに会話が入ることはない。
 代わりにテキストの説明が一回だけ入る(入らないこともある)。
 また、エンディングもかなりあっさりしていて、脱出シーン→「4行の文の語り」だけで終わる
 まさかオープニングだけで力尽きたんじゃ...。

・他
 今まで輸送機を攻撃していたAlien達が、今回は対空かどうか分かれているのに少し違和感が...

良い点
・操作面
 全てのコマンドにショートカットキーが割り当てられているため、(知っていれば)イライラすることが無い。

・グラフィック面
 相変わらず非常に良い。
 ステージの背景も、爆撃機も凝ってる。

・音楽面
 良い...のだが、落雷の轟音や隕石の音が邪魔してやはりあまり音楽を聴く機会は少なめ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い