Now you can own and operate your own auto repair service with PlayWay’s Car Mechanic Simulator 2014. Car Mechanic Simulator 2014 gives you the behind the scenes view of the daily dealings at local garages and dealership repair shops.
リリース日: 2014年1月24日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
すべてのトレーラーを見る(全 2 本)

Car Mechanic Simulator を購入する

最新の更新 全て表示(4)

1/4 Mile Add-On coming in September for free!

2014年7月16日

New 1/4 Mile Add-On entered beta stage and will be released to public in September. DLC will feature new tuning missions and a 1/4 mile racetrack, that will let you check the performance of the car you were working on. DLC will be free for all owners of Car Mechanic Simulator 2014.

8 件のコメント 詳細を見る

4x4 AddOn for Car Mechanic Simulator 2014 now available!

2014年4月28日

The Car Mechanic Simulator 2014 4X4 Expansion Pack provides 20 new F2P work orders for various repairs of 4X4 off road vehicles and is available at no cost to owners of the baseline Steam-enabled release.

The primary 4X4 car is a separate body frame with rigid, live front and rear axles. It presents unique new maintenance challenges far different from those in the base version of Car Mechanic Simulator 2014. Once installed, new parts appear in the garage shop including front and rear axles, drive shafts, special off-road shock absorbers and a rear muffler. The new vehicle is also available in endless mode.

Add On is available in English, German, Hungarian, Polish and Turkish. Other languages will follow soon.

24 件のコメント 詳細を見る

1/4 Mile Add-On coming in September for free!


New 1/4 Mile Add-On entered beta stage and will be released to public in September. DLC will feature new tuning missions and a 1/4 mile racetrack, that will let you check the performance of the car you were working on. DLC will be free for all owners of Car Mechanic Simulator 2014.
4x4 AddOn released for free!

4x4 AddOn is complete. AddOn features:

  • Brand new 4x4 car with new set of parts.
  • 20 new repair orders to complete

ゲームについて

Now you can own and operate your own auto repair service with PlayWay’s Car Mechanic Simulator 2014.
Car Mechanic Simulator 2014 gives you the behind the scenes view of the daily dealings at local garages and dealership repair shops.

  • Interact with car owners seeking repairs
  • Order parts and materials necessary to maintain inventory including used car parts to help keep consumer costs low.
  • Purchase repair manuals to enable you to work better, faster and earn more income!
  • Work on eight different car models including Town Cars, Compacts, Sedans, SUVs, Family Cars, SUVs VANs, and Limousines
  • Gain experience with over 120 different repairs including brakes, transmission fixes, body shop work, steering and alignment adjustments, chip tuning, diagnostic analysis, test drive pad, OBD scanning, oil changes, fix broken parts and engage in dozens of other tasks.

Car Mechanic Simulator 2014 is a must have for auto mechanics and fans of the world’s most popular autos!

Car Mechanic Simulator 2014 4X4 Expansion Pack : provides 20 new F2P work orders for various repairs of 4X4 off road vehicles and is available at no cost to owners of the baseline Steam-enabled release.
The primary 4X4 car is a separate body frame with rigid, live front and rear axles. It presents unique new maintenance challenges far different from those in the base version of Car Mechanic Simulator 2014. Once installed, new parts appear in the garage shop including front and rear axles, drive shafts, special off-road shock absorbers and a rear muffler. The new vehicle is also available in endless mode.

システム要件 (PC)

    Minimum:
    • OS: Windows XP SP3 / Vista / 7 / 8
    • Processor: Core 2 Duo 1.8GHz or AMD equivalent
    • Memory: 2048 MB RAM
    • Graphics: GeForce 9800GT or better w /512MB VRAM
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 1200 MB available space
    • Sound Card: DirectX compatble
    Recommended:
    • OS: Windows XP SP3 / Vista / 7 / 8
    • Processor: Core i5 or AMD equivalent
    • Memory: 4096 MB RAM
    • Graphics: GeForceGTX 650 Ti or better w/ 1024MB VRAM
    • DirectX: Version 9.0c
    • Hard Drive: 1200 MB available space
    • Sound Card: DirectX compatble

システム要件 (Mac)

    Minimum:
    • OS: 10.6
    • Processor: 2.4 GHz Dual Core CPU
    • Memory: 2048 MB RAM
    • Graphics: NVidia 9800M GTS / Radeon HD 6770M
    • Hard Drive: 1200 MB available space
    Recommended:
    • OS: 10.6
    • Processor: 3.0GHz Quad Core CPU
    • Memory: 4096 MB RAM
    • Graphics: NVidia 650M
    • Hard Drive: 1200 MB available space
参考になったカスタマーレビュー
22 人中 22 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 128
4 件のレビュー
記録時間: 16.0 時間
ひたすら自動車を修理し続ける、というシミュレーター
修理と言ってもエンジンやミッション、サスペンション自体をバラすことはできないので故障の原因を特定して部品を交換するに留まる
また改造なども出来ないうえに経営要素も無い(現金の概念はあるがシビアな管理は必要無い)
レベルとしてはまったく無知な人には意味不明だし小型バイクなら完全にバラせるレベルの人には物足りないと思う

もうすこしプレーヤーの自由度があれば面白くなっていただろうが・・・例えば・・・
 ・修理のついでにオイル交換を薦めて小銭を稼ぐとか
 ・走り屋っぽいのが来て違法改造を注文されるとか
 ・クラシックカーのレストアの注文が入るとか
 ・道具の管理や経営要素を入れるとか
こんな感じでいろいろできればまた評価も変わってくるだろうに・・・

唯一、自由さを感じられるのは「客の車から取り外した故障パーツを他の車にこっそり転用して新しいパーツを入手する」といった所ぐらい

正直、出オチ感が否めないがニッチ分野の開拓者としては評価したい
投稿日: 2014年4月17日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
18 人中 16 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 114
25 件のレビュー
記録時間: 24.0 時間
このゲームは、自動車整備士という職を体験できる異色の作品だ。メインとなるキャリアモードでは、顧客の依頼を受けて預かった車を調べて問題のある箇所を特定し、それらを直していく。大抵の依頼は直すべきところは何処なのかわかりやすい依頼もあれば最小限のヒントだけで問題を探すという事もある。車を使ってパズルゲームをするような感覚だ。車の構造を理解したり出来るのでそれなりに勉強にもなるゲームと言えよう。ただこのゲームは車好きには持ってこいの作品ではあるが、車に興味の無い人には正直言ってオススメはできない。内容としてはそこそこ出来が良く、今後のアップデートに期待が出来る
投稿日: 2014年1月31日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
10 人中 10 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 86
4 件のレビュー
記録時間: 21.4 時間
「この車外装だけはピカピカなのに中身はボロボロだな!この見栄っ張りめ!!」「この車は中身も綺麗で本当に大切に扱われてるな…」
というように持ち主の性格を想像するとより一層プレイもとい修理が楽しくなります!
内容は至ってシンプルなパズルゲームで、最初はどこに該当パーツがあるのかわからなくて混乱するけど慣れはすぐ来る。
というか実際の車に興味持ち始めちゃって車見る度にパーツの事考えるようになりました…おっそろしいゲームだなこれ!
投稿日: 2014年7月8日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 137
3 件のレビュー
記録時間: 5.1 時間
これは面白いですね。
お客さんのニーズを聞いて、そこを修理していく。
時にはテストドライブして調子を見てから異常個所を割り出し作業したり、お客さんの提示額よりもパーツ代が高くなってしまったリといろいろなハプニングがありますが、そんなところがたまりませんね^^

日本語非対応ですが英語ができなくても行けてしまうのは専門用語ばかりだからだと思います。
クルマのことがそれなりに分かっていれば(フィルターやクラッチ、ブレーキパッドやキャリパーなどなど・・・)わかっちゃう程度です。
次々にお客さんが入庫するため、辞め時がわからないほどの中毒性ですね。

投稿日: 2014年7月16日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
29 人中 21 人 (72%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 171
3 件のレビュー
記録時間: 12.5 時間
A step above Gizmos & Gadgets in complexity, but not much further. Fortunately, the base environment is there to make a more complex game if it were to develop a modding community.
投稿日: 2014年2月2日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
94 人中 89 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 234
1 件のレビュー
記録時間: 25.2 時間
故障箇所を見つけて、部品を交換して修理するゲーム。よくこんなのをゲームにしたもんだ。車の構造を全く知らなかったり、タイヤ交換すらしたことない人にはおもしろくないかも。でも自分で車をいじれる人には、ちと物足りないが、おもしろさが理解できなくもない。コンセプトはいいんだが、もうちょっとなんとかならなかったのかなぁ。でも他では見かけないジャンルのゲームなので、期待を込めて、どちらかと言えばおすすめ。


 まず入庫してきた車のトラブル現象などを書いた注文票を見て、必要なら走らせたりベンチテストしたりして当たりをつけ、部品の消耗・故障の程度を調べ、壊れていたらリペアするか新品パーツをオーダーして用意し、交換して、完了。っていうのをひたすら繰り返すゲーム。でも車体に付いたままだと判定できない部品も多いので、その場合はいちいちボルトを外してからチェック。外すにも順番があり、例えばブレーキディスクを外すには、まずホイール、次いでブレーキキャリパー、次にブレーキパッド×2、それからブレーキディスクを外す、、、という風に順番がある。取り付けるときはその逆順で。取り付け取り外しはマウスクリックでOKだし、パーツによってはボルトがあるのでマウスでボルトを押し続けると自動的に締めたり緩めたりできる。

 ミッション内容は、最初はブレーキパッドやオイルフィルタ、エアフィルタといった簡単な部品交換だが、そのうち症状だけが通知されるので故障場所を推測してチェックして修理、というふうに順に面倒になっていく。ミッションごとに車の外見はいくらか異なるが、内部構造や使用する部品はほとんど一緒なので、やることはほとんど変わらない。一番面倒なのは、クラッチ周りの修理か(エンジン周りの部品をかなりはずさないと交換できない)、エキゾーストパイプの交換(車の後部から順に全部外さないと交換できない)ぐらいか。これが「退屈だ」がレビューで連発される理由だな。

 雰囲気的にはかなり実車での修理に近いが、外したボルトの置き場所が分からなくなって後で困ったり、部品の取り付け順序が分からなくなって困るというようなことは一切ない。次に取り外すべき部品(もしくは取り付けるべき部品)は色が変わって順次指示されるし、異なる部品を間違えて付けることは不可能なので、間違えようがない。ただひたすら、部品を外してチェックして交換して取り付け直して、という作業を延々繰り返す。整備マニュアルもないので車の構造や修理を知らない人だと最初は手間取るかもしれないが、すぐに慣れるだろう。

 ただし実車と違って、どんな故障車でも外見はまったく普通。ダメージがない。悪路を走行してサスペンションが壊れたといって入庫してきた車でも、見かけはまったく普通。なので外見で故障部品の当たりを付けることができない。部品を1つずつ外していくと部品の正常度が%で表示されるので(30%を切ってるようだと要修理/交換か)、その値で判断するしかない。またエンジンが掛からない故障車も、実車ならセルを回して、(回らなければ)原因がバッテリ上がりか、(回れば)電装系か燃料系か、というような判断が付くが、このゲームではそういうのはいっさい分からない。伝票に症状のようなものが書いてあるのと、テスト走行させたときに、わずかかにカラカラとかいう音が(どこからか)する程度。とりあえずよく分からなくても、ひたすら部品を外していって表示される%の数値をチェックすればよい。極端な話、どれが故障パーツか分からなければ、全部外して組み直せば必ず修理が完了する。ちょっとつまらないかも。

 パーツの再現度は、ゲームにしては複雑だろうが実車とは比較にならないくらいシンプルで退屈。全部品を外しても、部品をとめるためのボルトを除くと、FFの小型MT車でも75個程度。足回りが10数部品程度×4カ所、排気系が10個弱、エンジン周りが20部品程度。部品の種類も全部で84種ぐらいしかない。車種は、直4エンジンのFF車とV6のFF/4x4/FR車だけの模様(横置きFR車!があるが、これは4x4車の流用か)。全部4輪ディスクブレーキ車。外見はいくらか異なるが内外装の修理はないので関係なし。クラッチディスクの交換はあるが(AT車はない模様)、フライホイールやラジエータは外れないし(つまり故障しないということ)、エンジン内部はまったく空けられず、ピストンやヘッド、カム、吸排気系、電装系、内装、外装類などはまったく何もできない。できるのはプラグ交換まで。オルタネータやウォーターポンプ、ショック、ミッションなどはアッシでしか交換できない。ときどきリフトアップしないと外れない部品もあるが、基本的には知恵はいらず、ひたすら分解交換するだけ。板金加工もないようだ。実車の修理と違うのは、現実だと手が届かないような場所でも簡単に潜り込んで部品を取り外したり交換できるということ。下回りの修理でたまにリフトアップ・ダウンする以外は、マウスでクリックしてボルトを回すだけ、という作業になる。ウマやパンタ、ミッションジャッキ、各種特殊工具などは不要だ。油で汚れることもないし、10分とかからずに全部分解できるほど簡単だ。でもこんなゲーム、他にない。ぜひ買ってあげてください。

 ただしこのゲームをやって、まったくの素人が車の修理をできるようになるかと言えば多分無理。教えてくれるような教材も用意されてないし、車種ごとの整備マニュアルもない。修理できるようになるような気がしないでもないが、実車にはこの何倍も何十倍も部品が付いていて、部品も手順も車種ごとに違うし、ツールも時間も経験も場所などもたくさん必要。例えば各ホイールに5本あるボルトは、(星形を描くときのように)対角順に緩めたり締めたりするのはタイヤ交換するなら常識中の常識だが、そんなことすら教えてはくれない。もっとも、修理を素早く終えたり、正しい手順でボルトを締めたからといって修理代金を多くもらえるわけでもないし、しないからといって修理代を値切られるわけでもない。DIYで車を修理できるようになりたければ、こんなゲームやるより雑誌「オートメカニック」を1年ぐらい読むとか、実車の整備マニュアルを1冊ぐらい読むべき。その程度の知識があれば、このゲームはまぁおもしろい。
投稿日: 2014年1月28日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ