Wryn is a girl with a big arsenal and big dreams -- she wants to be the ultimate videogame hero! Help her take down the Greatest Heroes of All Time in an action-packed bid to claim the title for herself and show the world what a true hero looks like!
ユーザーレビュー: 非常に好評 (1,243 件のレビュー)
リリース日: 2013年7月3日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Bleed を購入する

 

キュレーターによりおすすめされています

"Behind the cutesy visuals lies a fast paced action game that combines bullet hell mayhem with acrobatic platforming. Best of Indies 2013, see link."
ここでレビューの全文を読む

最新の更新 全て表示(1)

2月21日

Bleed for Linux Released!



Woohoo! Thanks to the enormous talent of Ethan Lee aka flibitijibibo, Bleed has finally been ported to Linux! I hope you enjoy the game and look forward to the sequel! <3

(If you'd like more information on Bleed and Bleed 2, you can always check out the dev blog!)

16 件のコメント 詳細を見る

レビュー

"Insanely fun."
Penny Arcade

"If you have a pulse, if even a fraction of your heart is occupied by videogames, you must play Bleed."
The XBLIG

"There’s so many clever ideas at play here that it’s amazing they could keep them all so balanced."
Indie Gamer Chick

Steam Greenlight

Steam Big Picture

このゲームについて

Wryn is a girl with a big arsenal and big dreams -- she wants to be the ultimate videogame hero! Help her take down the Greatest Heroes of All Time in an action-packed bid to claim the title for herself and show the world what a true hero looks like!

Bleed is an action-platformer focused on stylish, acrobatic dodging and fluid, challenging gameplay. There's no filler -- just you and your skills against seven levels of enemies, obstacles, breakneck set-pieces and inventive bosses!

Key Features:

  • -Unique control scheme enabling crazy fast action
  • 7 levels packed with multiple set-pieces and bosses
  • 4 difficulty levels that remix enemy placement and boss patterns
  • 2-player local co-op for all modes (requires at least one gamepad)
  • 3 unlockable characters with their own gameplay twists
  • Survive the entire game on one life in Arcade Mode
  • Select and battle up to three bosses at once in Challenge Mode

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    Minimum:
    • OS:Windows XP (or later)
    • Processor:2.0 Ghz dual core
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:256 MB video card (XNA 4.0 compatible, Shader Model 2.0 or higher)
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:350 MB HD space
    • Sound:DirectX-compatible sound card
    • Additional:Xbox 360 controller officially supported
    Recommended:
    • Additional:Xbox 360 controller officially supported
    Minimum:
    • OS:OS X 10.6.8
    • Processor:3Ghz Intel Core i3
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:256 MB video card, Shader Model 2.0
    • Hard Drive:350 MB HD space
    • Additional:Xbox 360 controller officially supported (requires a third-party driver)
    Recommended:
    • Additional:Xbox 360 controller officially supported (requires a third-party driver)
    OS: glibc 2.15+, 32/64-bit. S3TC support is NOT required.
    Processor: 2.0 GHz dual core
    Memory: 2GB RAM
    Graphics: OpenGL 3.0+, 2.1 with ARB extensions acceptable
    Hard Drive: 350 MB HD space
    Additional: SDL_GameController devices fully supported
参考になったカスタマーレビュー
77 人中 43 人 (56%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 17.8 時間
投稿日: 3月6日
「サイコーのビデオゲームヒーローになりたいのなら、他のヒーローをみーんなブチ殺しちゃえばいいじゃない!」
溶けかかったイチゴサンデーをすすりながら執筆に悩む小説家のように紙くずの山を積み上げ、ついに書き上げたのは【死ねリスト】。
NO.1ビデオゲームヒーローを夢見る少女、Wrynがリストの上から順に他のヒーローの本拠地へ殴り込み!
果たして彼女の願望は実現するのだろうか・・・?


<衝撃の主人公>
Bleedはアクションゲームとして素直に捉えても面白い作品なのですが、僕にとってショックを与えたのは「バカかわいい」という萌え属性を見い出させたことでしょう。
主人公のWrynちゃん(ゲームフレンドの方によるとラインとかルアインとか読むらしい)は、おそらく少女として発育した乳とか尻とかの健全な肉体を持ちながらすっごいバカなんです!
どのくらいバカかと言うとこんな調子。
・悪食にもサンデーとホットコーヒーを一緒に飲んでいる上に、お互いを側に置いているのでサンデーが溶けまくっている。
・書き損じた用紙を捨てまくった末に出来た文書のタイトルが「死ねリスト」。
・しかも字が絶望的にヘタ。
・ラスボスをリストに「The Idiot」と書きなぐる。うんざりするほど人のこと言えない。
・ビデオゲームヒーローの頂点に立つには、わるものをやっつけて実績を重ねるとか広報活動をするとか、そういう思考は一切持たずに「他のヒーローを全員殺せば世間が自分をナンバーワンと認める(はず)」という謎の独自論理を持っている。
・でも確かに身体能力が高くて銃器の扱いも豊富。スーパーパワーもしっかり備えている。


<ゲーム解説>
BleedはSteam Greenlight選考を通過したハイスピードアクションシューティングゲームです。ノスタルジックなグラフィクス、2Dスクロールですが僕たちに確実なアクションゲームの楽しさを伝えてくれることでしょう。
プレイアブルキャラクターであるWrynの能力はシンプルに言って4つ。
・ゲージのある限り無限に使えるスローモーション。
・3段加速ブースト。
・壁蹴り。
・プライマリ&セカンダリウェポンの使用。

最大の特徴はなんと言ってもいつでもどこでも使えるスローモーションでしょう。使用するとキーを押し続けている間、スローモーションとWrynを中心としたズームアップがかかります。
このゲームは基本的に進行が早く、普通にプレイしていると「そんなの避けられるわけネェ!」といった局面ばかりなのですが、スローモーションを使うとアラ不思議。ちゃんと窮地を乗り切れるようになっています。
(スローモーション能力を使う使わないで回避の結果が異なるのは、実際のところWrynが加速していることを意味しており本当は加速装置と呼べる能力なのですが、便宜上スローモーションとしています)
スローモーションはゲージがある限り使えますが、ゲージを使い切ってしまうとオーバーヒートしてしまい、リチャージ中は使用ができなくなってしまうため、いかにスローモーションゲージを刻んで使っていってオーバーヒートさせないかのプレイが重要になっています。

3段ブーストは通常ジャンプの後に出せる加速アクションで使用中は紫のオーラエフェクトがかかります。空中移動をするものなので通常ジャンプも含めて実質4段ジャンプ能力を無制限に使えます。

壁蹴りは壁に向かって出す反転動作で、主にブーストと組み合わせて回避や高い場所に上がる目的で使うアクションです。

ゲーム中に使える武器はプライマリとセカンダリの2種類。ゲーム中に得たポイントで各種の武器を買うことができ、プレイ中にいつでも武器の編成を変更することができます。

それぞれの操作のクセに慣れる必要がありますが、感覚を覚えるとスタイリッシュな回避アクションに浸ることができるでしょう。スローモーション、ブースト、壁蹴り。これらのアクションを上手に組み合わせた時、このゲームは素晴らしいプレイの爽快さを生み出してくれます。
プレイヤーからの視点を意識した、スロー中のWrynの顔や腕の作り込まれたアクションにも注目してみてください。

Bleedはライフ制ですが意外にも回復アイテムらしきものが見当たりません。つまり一定回数の被弾は確実なミスを意味します。そして恐ろしくあっさりゲームオーバーの文字を見ることになるでしょう。
ところがコンティニューすると基本的にミス地点に近い場所からの再開になるので、アクションの失敗点を反省しながら適度なスパンでやり直すことが前提のゲームになっているわけです。
このプレイのテンポを損なわないトライ&エラー方式は非常に僕好みで、ゲームのスピード感と共にその魅力の虜になってしまいました。

全7ステージ構成で4つの難易度のある通常モードの他に、難易度設定を細かく調整できるコンテニュー不可のアーケードモードと最大3体までのボスキャラクターを同時に出現させられるチャレンジモードも搭載。
プレイアブルキャラクターもアンロック方式で3人追加されるため、低価格帯のゲームとしては十分すぎるほどのボリュームになっています。
古典的な荒いドット絵のバカかわいいWrynちゃんが愛おしく見えてきた頃には、きっと操作にも慣れてこのゲームの魅力が十分に伝わっているのではないでしょうか。
あなたもこの爽快な2Dアクションゲーム「Bleed」をプレイしてみませんか?
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 28.4 時間
投稿日: 4月12日
シンプルな操作とシステムでとっつきやすい反面、シンプルが故に難易度が高まっていると思う点もあります。
各武器の特徴や敵の動きを頭に叩き込んだとき、これまで感じていたストレスをすべて吹き飛ばす快感が得られるのもシンプルさ故。
ボリューム不足に感じる人もいるかもしれませんが、突き詰めるとなると非常に手ごたえのあるゲームです。
ただ操作については慣れが必要で、上下方向に弱いエアダッシュと尋常でない地上での滑りは、とある実績で毛根にキます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 13 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 6.1 時間
投稿日: 4月9日
It's really hard to believe one guy was behind the whole thing. Game is polished, the mechanics are tight, the bosses are fantastic, and some of them get extra attacks on harder difficulties. The movement is SO good, you always feel like you're in control (except for the occassional "walljump when I wanted to airdash", but you can disable walljumping (dunno why you'd want to, it has its uses)) and every single attack is decently telegraphed, and even when you're caught by surprise you can slow time and dash away and make it look like you meant to do that.
If you like skillful play like contorting an air dash to weave through bullets in slow motion while destroying the homing rockets coming your way, I don't think you can go wrong with this game.
It is REALLY short but for 5 bucks you're getting possibly the most concentrated, no-♥♥♥♥♥♥♥♥, action run n gun with slow motion. Get this immediately.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
24 人中 17 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.4 時間
投稿日: 4月11日
Harder than darksouls on normal dificulty.
10/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 5 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.1 時間
投稿日: 6月24日
Wonderful game, great gamplay, music and visuals.
If you haven't tried Bleed, you're making a mistake.
Can't wait to see the sequal!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い