Baldur's Gate: Enhanced Edition™ には初代 「バルダーズ・ゲート」 およびその拡張パック 「テイルズ・オブ・ザ・ソードコースト」 を丸ごと含み、さらに完全新規のコンテンツとして新作シナリオと、3人の仲間NPC(カリムシャンのモンクであるラサード・イン・バシール、ワイルドメイジのニーラ、そして邪悪なブラックガードのドルン・イル‐カーン)が追加されています。
ユーザーレビュー: 非常に肯定的 (1,326 件のレビュー)
リリース日: 2013年1月16日

このゲームをウィッシュリストに追加したり、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Baldur's Gate: Enhanced Edition を購入する

Baldur's Gate II: Enhanced Edition を購入する

 

最新の更新 全て表示(2)

10月2日

Steamplay for Mac Now Supported!

We're pleased to announce that Baldur's Gate: Enhanced Edition now supports Steamplay for Mac! This means that if you own the game, you can install and play it on any machine running either Windows or Mac OS X. The Mac version is already updated with the latest 1.3.2053 patch and is ready to install now.

Gather your party and venture forth!

6 件のコメント 詳細を見る

8月29日

Update to 1.3.2053

We're pleased to release the latest version of Baldur's Gate: Enhanced Edition, including over two-hundred fixes and dozens of new gameplay enhancements. The full change log is posted on our official forums, but here's a taste of what we've done:

* Added "Font Size" to Graphics Options (changing this during play will empty the combat log)
* While viewing a mage's Spellbook screen, players can now switch to a priest character and the game will immediately switch to the Priest Spells screen (and vice versa)
* Spell scrolls that can be written into a spellbook for the current character now display a green-tinted overlay
* Non-friendly NPCs that are Blinded will no longer stand still; they will wander aimlessly until they are close enough to see someone worth attacking

For the full list, visit our official forums: http://forum.baldursgate.com/discussion/34086/baldurs-gate-enhanced-edition-update-v1-3-2053

27 件のコメント 詳細を見る

レビュー

"The writing of Baldur's Gate has always been one of its strongest aspects. The story remains unchanged and still holds up."

8.5/10 - Destructoid
"Hammers out a multitude of bugs found in the original release, as well as introduces brand new characters, storylines, and modes to play through.

8.5/10 - Inside Gaming Daily
"Enhanced Edition has received a number of visual upgrades including support for high resolutions that provide a far more panoramic view of the game's lovely, lush backgrounds, and a mousewheel-controlled zoom function for quickly shifting to a more down-and-dirty view of the battlefield."
The Escapist

このゲームについて

1998年に1作目が発売されて以来、「バルダーズ・ゲート」 シリーズは世界中の何百万人ものファンに愛され、数多くの賞を受賞してきました。謎、陰謀そして冒険に溢れたこの古典的大作は、テーブルトークRPG 「ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ」 のコンピューターゲーム化作品のスタンダードと呼べる作品です。

Infinity Engineの改良・改善版を採用した Baldur's Gate: Enhanced Edition™ には初代 「バルダーズ・ゲート」 およびその拡張パック 「テイルズ・オブ・ザ・ソードコースト」 を丸ごと含み、さらに完全新規のコンテンツとして新作シナリオと、3人の仲間NPC(カリムシャンのモンクであるラサード・イン・バシール、ワイルドメイジのニーラ、そして邪悪なブラックガードのドルン・イル‐カーン)が追加されています。

主な見どころ

  • 新作シナリオ 「ブラック・ピット」
  • 新仲間NPC:ドルン・イル-カーン
  • 新仲間NPC:ワイルドメイジのニーラ
  • 新仲間NPC:ラサード・イン・バシール
  • プレイヤーキャラクター用ボイスセットを追加
  • 高解像度のワイドスクリーン表示に対応
  • リメイク元作品に400箇所以上の改善・修正
  • 改良版マルチプレイモード(近日中のアップデートで全機種間での相互接続に対応予定)

システム要件

Win
Mac
    Minimum:
    • OS:Windows XP, Vista, 7, 8
    • Processor:1 GHZ
    • Memory:512 MB RAM
    • Graphics:OpenGL 2.0 compatible
    • Hard Drive:2.17 GB HD space
    • Sound:Windows Compatible
    Minimum:
    • OS: OS X 10.6.8 or later
    • Processor: Dual Core Processor
    • Memory:512 MB RAM
    • Graphics:OpenGL 2.0 compatible
    • Hard Drive:2.17 GB HD space
参考になったカスタマーレビュー
10 人中 10 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 35.5 時間
このゲームは、テーブルトークRPGの、D&Dのルールによって動いている。
画面こそ、やや古臭いクォータービューの2Dグラフィックスだが、
TRPGならではの幅広い戦略性のバトルや、NPCとの会話イベントなどが楽しめる。

シーフに罠を張らせておいて、敵をそこへおびき出したり、
ダンジョンなどで魔法でモンスターを召還し、プレイヤーより先行させたり、
NPCの心が邪悪かどうかを見抜く魔法で、クエストの依頼主をみてみたり・・・、
行動の自由度の高いゲームとなっている。

ゲーム中はいつでもスペースキーで時間が停止させられ、
敵に襲われたら、ひとまず時間を停止させ、戦略を練って、
キャラクター達に指示を与えてから、再び時間を動かそう。
またピンチになったら時間を止めて指示を更新す、この繰り返しで戦闘を有利に進めよう。

町の民家も、ほとんど入る事ができ、ゲームのシナリオには、まったく関係の無い家を物色する事も出来る。
でも、ほどほどにしないと衛兵を呼ばれたり、それによって性格の合わないNPCがパーティーから離脱する事も・・・。
色々な意味で、自由度の高い冒険、NPCとの会話、TRPGにできるだけ近いコンピューターRPGがしたい人にオススメだ!

ただ、2014年6月現在、日本語表示にバグがあり、公式フォーラムに上がっている有志のパッチを当てないと、読むのが困難である。
公式パッチも製作中との事なので、もうしばらくしたら公式に改善されるかもしれない。
投稿日: 6月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.8 時間
古典の域に入った名作RPGのリメイク。D&D第2版(AD&D)を下敷きにしたInfinity Engineを使用した作品。

プレイヤーの操作するパーティは最大6人で構成される。1人の主人公を作り様々なNPCと冒険を楽しむもよし、
6人のキャラクターを作成し自分の思い通りのパーティを実現させるもよし。
マルチプレイで他のプレイヤーとともに冒険することも(一応)可能。

サイドクエストが豊富で、善にも悪にもなれる自由な旅を楽しめる(この要素はIIでより拡張される)。
プレイヤーの取る行動によっては仲間が離脱したり、あるいは性格の異なる仲間同士がいがみ合ったり、
取った行動が世界に反映される点や、それに対応する個性豊かな(というか個性も顔もキツい)NPCの反応も楽しみのひとつ。

旧版はUIにやや難があったが、このEEはIIで改善されたUIがベースになっていてプレイしやすい。
旧版は他サイトで安く入手できるが、EEは上記のUI改善に加え、新規パーティメンバーなど追加要素もあり、
今から始めるならこちらをおすすめする。
個人的には旧版より大きいサイズのポートレートを使用できるのが地味に嬉しかった。

日本語対応しているものの、一部表示などに若干の不具合がある。
有志の非公式パッチで改善可能だが、環境によっては不十分かもしれない。

続編であるIIにIのキャラクターを持ち越しすることが可能。IIはより高レベルの冒険が楽しめる。
IIは2014年6月現在で日本語未対応だが(公式によるとこれから対応する予定)、
対応するまでゆっくりIの冒険を楽しむのもいいだろう。
投稿日: 6月29日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
15 人中 10 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 113.1 時間
紹介映像などを見ると非常にアクション要素のあるゲームにみえますが実際はTRPGの戦闘システムを採用していますのでアクション要素は実質皆無です。リアルタイム進行の戦闘も出来ますが、ターン制の戦闘システムなので自分が行動可能なことに気がつかなければ何もしないということになるのでよほど慣れてない限りはターン制行動設定にするとおもいます。
任意である程度行動パターンを設定でき自動戦闘もできますが期待できるほどの動きはしてくれないので自分で操作することになるとおもいます。
戦闘システムのほとんどはFCウィザードリーと一緒です。
フィールドが広大でどこにいったらいいのか分からないくらいなので探索することを好まない人には向きません。
戦闘システムはウイザードリーのような感じですがフィールドやダンジョンはとくに意地の悪いトラップや謎かけなどはほとんどないのでそこまで身構える必要はありません。
ただし戦闘システムがウィザードリーとほとんど一緒なので序盤お苦労の仕方も同じとおもってください。

進行は町の人などの人物と会話することで発生していき(自動発生もあたりする)メインクエストとサブクエストで分かれていてメインクエストをひたすら進めるのもよし、サブクエストなどで寄り道するのもよしになっています。
ただし時間の流れが存在するようなのでクエストによっては消滅してしまったりします。
また旅の途中で仲間と出会いパーティーに加えることが出来ますが、仲間によっては目的がありその目的と沿わない行動をとっていると突如パーティーから抜けてしまいます。
永遠にあえなくなる事もありますし、ある場所もどっていたり、ランダムに突然現れたりといろいろあります。
こんなことを繰り返していきながら進行していくゲームです。

探索テンポも戦闘テンポも非常に遅いので時間が非常にかかります。
それでもよければそれなりに楽しめるとおもいます。
投稿日: 6月23日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
6 人中 1 人 (17%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 72.2 時間
2の日本語化が待ち遠しい
投稿日: 7月4日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
6 人中 1 人 (17%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 37.7 時間
往年のAD&Dである。
オンラインセッションのごとく友達と遊べるらしいですぞ。
投稿日: 5月2日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
75 人中 72 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 84.3 時間
海外で日本以上に根強い人気を誇る卓上ゲームというと
トレーディングカードゲームのマジック:ザ・ギャザリング(MtG)か
テーブルトークRPGのダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)
が必ず筆頭に上がるのだが、
これはそのD&Dのアドバンス(改良)版である
『アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』の第2版ルールをほぼ忠実に再現したRPG。

 1998年に一度PC日本語版としてほぼ同じ内容の作品が発売されていたものの
そのフルセットを揃えるまでの価格の高さ
(セットでまとめて買うと4万円近くし、価格改定版ですら3万以上した)と
MOD等の設定の面倒くささ、日本国内での認知度の低さからあまり話題とならずに
日本ではフェードアウトしてしまったのだが
2012年3月15日に公式サイトにて
Baldur's GateとBaldur's Gate II: Shadows of Amnのリメイク作品として本作品の製作が発表、
2013年11月上旬に日本語化を含むパッチがリリースされた。‎

 最大6人のパーティ制で基本的にはプレイヤーキャラクターは主人公のみ作成し、
残りのメンバーはゲーム内で出会うノンプレイヤーキャラクターを仲間に加える形になる。
 またマルチプレイは
ロビーを介してほかのプレイヤーのシナリオに冒険仲間として参加し
シングルと同じシナリオを進めてゆくこと(Co-opプレイ形式)が出来る。
もちろん相当厳しくなるが仲間を加えずにたった一人で冒険をしたり
一人で6人分のキャラクターを作って好きな編成で冒険を進めてゆくこともできる。

 システム等も過去の同作品をベースとしてかなり改善されている
(新キャラクターや新ダンジョンの追加、高精細度表示への対応等400項目以上の改善が施されている)
とはいえ、
ゲーム的には斜め見下ろし型&視界の回転不能の擬似3D世界を冒険する
いわゆる「ウルティマオンライン」や「ディアブロ」的なもので
3Dゲームが数多く出ている現代では若干時代を感じるつくりではあるが、
逆に擬似3D故にグラフィックボードへの負担も軽く
「古いからこそ作り込めた」という点が数多くあり
今尚色褪せない手ごたえがそこには在る。

 (2014年1月現在)
 続編となるBaldur's Gate Ⅱ : Enhanced Editionの日本語訳はまだリリースされていない
(が、日本語化パッチを公式リリースする事は既に公言されている)ので
今のうちに本作品だけを購入して2の日本語化(&steam定番のセール販売)がでるまで
「Ⅰ」の世界観を堪能するのもありだと思う。
 なお続編である「Ⅱ」は本作と連携しており、「Ⅱ」単体の追加シナリオももちろんあるが
本作「Ⅰ」のキャラデータをそのまま持ち越せたりアイテムの追加、
経験点の上限が開放される点など
(取得可能経験点の上限が「Ⅰ」161,000→「Ⅱ」8,000,000になる)
「Ⅱ」はただの続編というより本作の拡張セット的意味合いが強いので
「Ⅱ」をいずれ買う予定ならやはり「Ⅰ」を今のうちに買うべきと言える。

 またこの作品はクロスプラットフォーム マルチプレイ対応で
対応機種はWindows、Mac OS X、iPad、Androidとなっており
(Android版は2014年1月現在開発中)
ほかのプラットフォームの冒険者とマルチプレイをすることも可能となっているのも注目したい。
(ただしiPad、Android版は一部DLCによる追加販売形式らしい・・・あざといw)

尚(2014年1月現在の)日本語版は文面右端の文字が1文字表示されなかったり
若干の不具合が見られるのだが、下記サイトにて有志諸氏が
公式パッチが公開されるまでのつなぎ修正パッチを公開してくれている
購入されるならぜひ確認されたし。
http://forum.baldursgate.com/discussion/25897/bg-ee-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%85%B7%E5%90%88%E3%82%92%E5%B0%91%E3%81%97%E3%81%A0%E3%81%91%E6%94%B9%E5%96%84%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%81%A3%E3%81%A6%E8%A6%8B%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F

また日本語の攻略・情報サイトも今尚健在なので
安心してお勧めできる
BGSpoilerWiki
http://wikiwiki.jp/bldrn/
投稿日: 1月24日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ