「オクトダッド ~タコと呼ばないで~」は、破壊、詐欺、父親の要素が含まれるゲームです。 プレイヤーが操作するオクトダッドは、人間のふりをして生活する粋なタコである。 オクトダッドの生活はまさに苦悩の連続であり、彼はその扱いにくいグニャグニャの触手を使って生活を送らなければならない。そしてさらに、彼は自身がタコであることを彼の人間の家族には隠しているのである。 さらに我らが主人公オクトダッドは、妻の不信感と水族館への悲惨な旅行の板挟みで苦しむ! 果たしてあなたはタコの父親を上手く操作し、触手を絡まらせながらも、家族に秘密を知られずにいることができるだろうか? 2010年10月、大学生グループによってオリジナルのオクトダッドはリリースされた。
ユーザーレビュー: 非常に好評 (4,702 件のレビュー)
リリース日: 2014年1月30日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Octodad: Dadliest Catch を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Octodad: Dadliest Catch + Soundtrack を購入する

2 アイテムを同梱: Octodad: Dadliest Catch, Octodad: Dadliest Catch - Soundtrack (320kbps MP3)

 

キュレーターによりおすすめされています

"A horribly frustrating yet enjoyable physics-based try-not-to-fall-on-your-arse simulator, starring a perfectly normal man."
ここでレビューの全文を読む

最新の更新 全て表示(23)

4月30日

Update Released

Fix for missing Russian "Shorts" menu translation.

10 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“Smartly built, endlessly entertaining, and unexpectedly heartwarming, Dadliest Catch manages to turn an utterly ridiculous concept into one of the most surprising games in recent memory.”
9/10 – EGM

“Octodad is a great example of a game that conveys a message through gameplay. In conjunction with its story, characters, and setting, the controls offer an empathetic look into the life of an extreme outsider trying to fit in and trying to do right by his family. I love that. Gaming is growing up, and Octodad is some of the best evidence of that.”
91/100 – VentureBeat

“Octodad: Dadliest Catch has one of the great comic premises ever attempted in video games...For much of Dadliest Catch's playtime, everything works in a kind of chaotic harmony, creating comedy out of every day situations that are, unsurprisingly, ludicrously challenging for a cephalopod in a suit.”
4/5 – Giant Bomb

このゲームについて

「オクトダッド ~タコと呼ばないで~」は、破壊、詐欺、父親の要素が含まれるゲームです。 プレイヤーが操作するオクトダッドは、人間のふりをして生活する粋なタコである。 オクトダッドの生活はまさに苦悩の連続であり、彼はその扱いにくいグニャグニャの触手を使って生活を送らなければならない。そしてさらに、彼は自身がタコであることを彼の人間の家族には隠しているのである。

さらに我らが主人公オクトダッドは、妻の不信感と水族館への悲惨な旅行の板挟みで苦しむ! 果たしてあなたはタコの父親を上手く操作し、触手を絡まらせながらも、家族に秘密を知られずにいることができるだろうか?

2010年10月、大学生グループによってオリジナルのオクトダッドはリリースされた。 当初、このゲームは普通の人間の父親をテーマにしたものだろうと誰しもが思っていた。この予想を裏切る作品は一部の層にとても評価され、Independent Games Festivalの学生部門ファイナリスト作品としてノミネートされた。 オクトダッドが大きく注目を集めたことにより、チームはKickstarterを活用して、ゲームスタジオYoung Horsesを設立、より大規模で、高品質、かつ洗練されたオクトダッドのゲームの制作に取りかかることを決意する。 制作開始から2年半、「オクトダッド ~タコと呼ばないで~」はぎこちなくも歩み進め、ついにあなたの元へとやってきた。

主な特徴

  • オクトダッドの見ているだけで笑いを誘う奇妙な動きは、毎回同じではない。 オクトダッドの思いがけない動きに笑うも良し、はたまた自らのユーモアセンスを駆使しておかしな行動を取るも良し。
  • オクトダッドの世界、人間関係、素性を描くまったく新しい冒険が待っている。
  • あちこちに隠されたネクタイを集め、身に着けることによって、オクトダッドの衣装をコンプリートせよ。
  • お友達や家族と一緒に、2~4人のプレーヤー協力モードでオクトダッドの足を操作しよう。 最大4倍で足を動かせるぞ!
  • Young Horsesがオクトダッドの制作に使用したレベルエディターにアクセスしてみよう。(Windows Only) ~タコと呼ばないで~ オクトダッド用にオリジナルの滑稽なステージをあなたの手で作ってみよう。完成したらSteamワークショップに提出しよう。
  • SteamコミュニティメンバーやSteamワークショップでオクトダッドの製作者が手掛けたレベルをプレイしよう。 (PC/Mac/Linux)
  • ~タコと呼ばないで~の特殊な操作は、X360やDualShock4、マウス+キーボード、Macのマルチタッチトラックパッド、Windows8のタッチスクリーン、DirectInputおよびXInputなどの様々なコントローラーに対応しており、さらにコントローラーはプレイヤーの任意の設定が可能です。

サウンドトラック[/h2]
シナリオ・製作:Seth Parker
アートワーク:Chris Stallman

ここKozilek からさらに音楽を見つけることが出来ます。
Ian McKinney's Bandcamp はここです。
Whitaker Trebella の曲はここです。

サウンドトラックダウンロードコンテンツを購入された場合、ファイルはSteamディレクトリ内の「オクトダッド~タコと呼ばないで~」の中に置かれています。 ...\Steam\SteamApps\common\オクトダッド~タコと呼ばないで~\~タコと呼ばないで~オリジナルサウンドトラック\ (ゲームリスト中の「オクトダッド~タコと呼ばないで~」->ローカルファイル -> ローカルファイル参照)

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    Minimum:
    • OS: Windows XP SP3
    • Processor: Intel Core 2 Duo 2.0Ghz or equivalent
    • Memory: 2 GB RAM
    • Graphics: Intel Core HD Graphics 3000/4000, NVIDIA 8800 GT, ATI Radeon HD 4850 or better
    • DirectX: Version 9.0
    • Hard Drive: 3 GB available space
    • Sound Card: DirectX 9.0c compatible sound card
    • Additional Notes: NOT SUPPORTED: ATI Radeon X1600, Intel GMA950, NVIDIA Geforce 7050
    Recommended:
    • OS: Windows 7, Windows 8
    • Processor: Intel Core i5 2.8Ghz or equivalent
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: NVIDIA GeForce 450, AMD Radeon HD 5670 or better
    • DirectX: Version 9.0
    • Hard Drive: 3 GB available space
    • Sound Card: DirectX 9.0c compatible sound card
    Minimum:
    • OS: Snow Leopard 10.6.8 or newer
    • Processor: Intel Core 2 Duo 2.0Ghz or equivalent
    • Memory: 3 GB RAM
    • Graphics: Intel Core HD Graphics 3000/4000, Nvidia GeForce GT 330M, ATI Radeon HD 4850 or better (ATI Radeon X1600 NOT SUPPORTED)
    • Hard Drive: 3 GB available space
    • Additional Notes: NOT SUPPORTED: ATI Radeon X1600, Intel GMA950
    Recommended:
    • Processor: Intel Core i5 2.8Ghz or equivalent
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: GeForce GT 650M, AMD Radeon HD 6750M or better
    Minimum:
    • OS: Ubuntu 12.04 or newer, other unsupported distros may work
    • Processor: Intel Core 2 Duo 2.0Ghz or equivalent
    • Memory: 3 GB RAM
    • Graphics: Intel Core HD Graphics 3000/4000, NVIDIA 8800 GT, ATI Radeon HD 4850 or better (Open Source Drivers NOT SUPPORTED)
    • Hard Drive: 3 GB available space
    • Sound Card: lib32-alsa-plugins or libasound2-plugins:i386 and libasound2-plugins-extra:i386 may be required.
    • Additional Notes: NOT SUPPORTED: ATI Radeon X1600, Intel GMA950, NVIDIA Geforce 7050
    Recommended:
    • OS: Ubuntu 14.04
    • Processor: Intel Core i5 2.8Ghz or equivalent
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: NVIDIA GeForce 450, AMD Radeon HD 5670 or better
    • Hard Drive: 3 GB available space
参考になったカスタマーレビュー
10 人中 9 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.6 時間
投稿日: 5月12日
◆総合評価 70点
◆じいちゃん的適正価格 80点
◆日本語(日本語化パッチ) 公式対応済み

全年齢対応版 触手プレイ!

タコパパの足だけをがんばって操作して目標を達成しよう!
思ったとおりに動かなくてイライラする時もあるけど
予想してた動きの斜め上方向な事も起きて思わずニコニコ

ストーリーもゲーム内容もとても出来が良いけどボリュームが少ないんだよね
続編を待ち焦がれるそんな一品


おっと、たこ焼きが焦げそうだ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 2.8 時間
投稿日: 7月5日
タコがパパになって買い物いって水族館で暴れまわってパパになるお話
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 3.8 時間
投稿日: 7月3日
 “お前は父親になれない!”この衝撃的なメッセージをどの程度真面目に受け取ることができるか、という点は、ダメンズ達の人生を決定的に規定する。少しでもまともな脳みそを持ち合わせているダメンズ達は、この危険性を人生の早い段階で理解し、スキルアップして“リアルの”恋人(従って、奥行きを持つ!)を探す旅に出るか、はたまたダメンズなりの処世術を身につけるか、ともかく、人生の一歩をしっかりと踏み出す。しかし……悲しいかな、最も牧歌的なダメンズ達は、本当の所でこのメッセージを理解することは無い。「お前は父親になれない」などと言われても、全くピンとこないのであり、それどころか、未来の奥様(そんものは存在し無いのに!)との幸せな中流ライフを夢想し続けるのである。本来的に社会性を欠く彼らの夢想は全く持ってナンセンスなのであるが、しかし、ここではあえて、彼らの妄想の世界に入って行くことが必要とされるのだ。それによって、この世界から消し去られようとしている、ある種のユートピアの一部分を垣間見ることができるのだから。何の話かって? 教えてしんぜよう、あるゲームの話である。“Octodad: Dadliest Catch”の問題設定は、まさしく、このような手続きによってなされているのだ。

 Octodadその人は、タコである前に、社会性皆無の白痴である。この親父殿は、一戸建てと家族(妻、息子、娘)、そしてペッドを所有している完璧なファーザーであるにも関わらず、というか、このように社会の中にどっしりと根を下ろしているがゆえにこそ、外の世界と凶悪な不況和音を発している。家族のメンバーにも、社会のメンバーにも多大な迷惑をかけているのである。家ではコーヒー豆や牛乳を家中にこぼして回ることで効率的な家事労働を妨害し、スーパーマーケットでは冷凍庫の中に入って遊ぶ。言語能力はきわめて低く、というか、Octodadは文節言語を使用することができないため(当然運転免許証も取得出来なかったらしく、運転は奥様に任せているようだ)、意思表示は“ブルブルブル“という鳴き声と最低限の仕草を通して行うにすぎない。妻は夫の声に耳を傾け、会話ごっこが成立しているかのように見せかけている。子どもたちも同様の態度を取っている。

 つまりこの作品では、その資格が全く無いにも関わらず、しかし完璧な中流ライフを手に入れてしまった男が描かれている。そこにはただ、不況和音を吸収してしまう、病的なまでの開き直りがある。まずこの点だけ取っても、この作品は評価に値する。演技でも、献身でも、依存でも、またある種の精神疾患でもない。「タコの父親」という一見突飛な設定だからこそ可能になった、あたらしいダメンズ向け家族観の提示が、この作品においてなされている。これを貢献と言わずなんというべきか。「実は……だったんだよ!」というショッキングなエネルギーを利用したシナリオでは演出不能なパワーが、この作品にはある。

 ただ、「まーでもさ、どうせ最後に『実は父親になれないんだ』ってやるんでしょ。そんでもってやっぱり白痴じゃ父親にはなれない……みたいな説教臭いメッセージを押し付ける気なんだろ?」という声が聞こえてくる。はっきり言えば、私もそう考えていたし、そういうシーンはあった。つまり、カラスならぬタコの視点に立って、残された家族を眺めるという王道展開もあった。が、このOctodadは一味違う。最後の戦いを経て、妻と子供達は、父がタコであるという事実を知る。父と子供達との血縁関係が無いことも判明する。にも関わらず、彼らは最後に笑うのである。笑うのである! 不都合な真実から目を背け、二人だけの閉じた世界に入っていくなどという軟弱な姿勢を、彼らは見せない。そうではなく、あくまで社会に迷惑をかけながら、この白痴なタコオヤジと家族ごっこを続けることに、強力な、あるいは病的なYESを提示するのであり、そして、このYESこそが、本タイトルにきわめて強力な魅力を与えていることは、疑うことができない事実なのである。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
196 人中 166 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 2.7 時間
投稿日: 3月31日
>*Pours child a glass of milk*

"Thanks dad!"

>*Attempts to set down milk jug on table*

>*Milk jug promptly leaves my hand at 100000mph and smacks my son in the face*

Son: "*grunt*" *walks off*




blub/IGN would assault children with milk again.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
33 人中 30 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.6 時間
投稿日: 5月21日
Life would be so much more interesting if walking was like this...and no one got ♥♥♥♥♥♥ when you knock over tables and smash things doing so.

My serious review is that it is a fun game and the fun comes out of the humorous control system. However I use a laptop and it was more difficult than fun, so I'd only recommend it to desktop users.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い