ポイントショップ ニュース ラボ
UE4使用し開発したボスバトル型アクションRPGです。あなたは忌まわしき七人の強敵、大罪を化身としたものと対峙することになる。だが、英雄アダムは犠牲を払わなければ七人の大罪と対峙することが出来ない。その犠牲とは・・・自身ステータスの「レベルダウン」である。犠牲を払うたびにアダムは弱くなり、戦いはより厳しくなる。プレイヤーは自身の行動に注意し、解放される武器を駆使して戦うことになる。
全てのレビュー:
賛否両論 (642) - このゲームのユーザーレビュー 642 件中 66% が好評です
リリース日:
2018年10月22日
開発元:
パブリッシャー:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、スルーとチェックするには、サインインしてください。

SteamでNeon Doctrineシリーズ全作品をチェック!
 

このゲームについて

崩れゆく王国の闇から立ち上がり、次々と難度が上がっていく邪悪なボスに挑め。アクションRPG Sinner: Sacrifice for Redemptionでは、自分の1側面を弱体化して大罪の権化たちに挑戦します。どの能力を犠牲にするか良く選びましょう。昔なじみのボスバトルゲームと現代のアクションRPGに影響をうけ、ゴシックなアニメスタイルを取り入れたホラー物語。スリリングかつ骨まで凍るような体験を約束します。

孤高の戦士は見覚えのない浜辺で立ちすくむ。何も思い出せず、頭の中は霞がかかっていて何も考えられない。ただ、得体のしれない強大な力が彼を奥へ、さらに奥へと引きずり込んでいく。恐怖を感じながらも彼は引き込まれていくのであった。あなたは没した戦士アダム、カヴァニス王国の崩れた家に埋もれ悪態を吐きながら衰弱してゆく。大罪を犯した罰により、彼は自身の魂を救済するため様々な試練を乗り越え無ければならない。

ゲームシステム


  • アダムは八つの作りこまれた大罪の化身に挑む
  • Sinner独特のシステム、大罪の化身を倒していくとステータスと力を失っていく「レベルダウンシステム」様々な武器とアイテムを駆使し、大罪との戦いに臨む
  • ゲームを極めて苛烈に堂々と戦い、アダムの虐げられし魂に平安をもた
  • この苦難の物語には、複数のエンディングが存在。悩める魂に平穏をもたらしましょう。
  • 新しいゲームモードとリプレイシステムの組み合わせによって 生まれる新たなる挑戦

システム要件

    最低:
    • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
    • OS: Windows 7/8/10 (64 Bit)
    • プロセッサー: Intel i5-2300 2.8 GHz
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: NVIDIA GTX 550 Ti 2GB
    • DirectX: Version 11
    • ストレージ: 12 GB 利用可能
    • サウンドカード: Any
    推奨:
    • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
    • OS: Windows 7/8/10 (64 Bit)
    • プロセッサー: Intel Core i7 4790 3.6 GHz
    • メモリー: 8 GB RAM
    • グラフィック: NVIDIA GTX 760 3GB
    • DirectX: Version 11
    • ストレージ: 12 GB 利用可能
    • サウンドカード: Any

Neon Doctrine からのおすすめ

キュレーターの意見

48 人のキュレーターがこの製品をレビューしました。チェックするにはここをクリック。

カスタマーレビュー

レビュータイプ


購入タイプ


言語


期間
特定期間内のレビューを表示するには上のグラフをクリック&ドラッグするか、棒グラフをクリックしてください。

グラフを表示



プレイ時間
ユーザーがレビューを書いた時のプレイ時間でレビューをフィルター:


最小時間なし最大時間なし
表示:
グラフを表示
 
グラフを非表示
 
フィルター
トピずれのレビュー荒らしを除外
プレイ時間:
上記のフィルターに当てはまるレビューはこれ以上ありません
他のレビューを見るためにフィルターを調節する
レビューをロード中...