Combining elements from both trading and strategy games, Commander: Conquest of the Americas will appeal to a wide range of players. Players take charge of one of the many European powers aiming to conquer the New World.
ユーザーレビュー: 賛否両論 (78 件のレビュー)
リリース日: 2010年7月30日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Commander: Conquest of the Americas を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Commander: Conquest of the Americas Complete Pack を購入する

3 アイテムを同梱: Commander: Conquest of the Americas, Commander: Conquest of the Americas - Colonial Navy, Commander: Conquest of the Americas - Pirate Treasure Chest

 

レビュー

“Offering bigger battles, improved graphics and other enhancements, Commander: Conquest of the Americas is almost guaranteed to please strategy game fans and naval strategists.”
The Examiner

このゲームについて

Combining elements from both trading and strategy games, Commander: Conquest of the Americas will appeal to a wide range of players. Players take charge of one of the many European powers aiming to conquer the New World. Starting from 16th century, players can choose from many different nations, each with their own unique strengths and weaknesses. Founding new colonies and then making them thrive is key to success. In order to accomplish this, players need to manage and optimize resources and production in their colonies, before transporting the goods to other colonies or back to Europe. Rival powers and Native Americans can prove to be allies or enemies, depending on the player decisions. Hostile fleets engage each other in highly detailed tactical level. Players can command their ships in RTS fashion or take direct control themselves.
Features
  • Conquer the New World
  • Choose from 7 different European factions
  • Manage your colonies and their resources, production, military, and much more
  • Game world spanning from the Caribbean to Hudson Bay
  • Naval battles with as many as 30 ships in varied environments and 2 different control modes
  • Interact with both the European powers and the natives

システム要件

    • OS: Windows 7 / Vista / XP
    • Processor: 2.0 GHz Core Duo or equivalent
    • Memory: 2 GB RAM
    • Hard Disk Space: 4 GB
    • Video Card: 256 MB of dedicated memory with support for pixel shader 3.0. NVIDIA 7800 or equivalent
    • Sound Card: DirectX9 compatible
    • Controller Support: 3-button mouse, keyboard and speakers
参考になったカスタマーレビュー
5 人中 4 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 41.3 時間
投稿日: 8月8日
Commander: Conquest of the Americas is a flawed but still interesting game about the age of sail and colonisation.

You start your game as one of the European nations trying to colonise the new world, from the northernmost tip of Canada down to...The northern part of Brazil. Sorry South America, you're not allowed in here, this game is about the north only.
You are thrust into the role of the colonial governor and have to colonise the new world. To do so, you'll be sending out a fleet to find a place to settle, and then you will be bringing in new colonists and exporting the products from there to the old world.

In time, you will end up with multiple colonies and you will have to set up trade routes and pirate hunting patrols. You will mainly be doing this as you sit back and watch your new world empire grow, trying to make a profit and making sure your advisors are happy so they don't try to get the king to replace you.

The campaign stuff is limited, and somewhat repetitive. The AI nations do not really offer you much of a challenge, and it is easy enough to take out their new world holdings and fleets. Given a bit of planning and thinking ahead, you can turn a massive profit and conquer most of the world. You will then be pretty much just waiting for things to happen as your automated routes take care of everything else.

The game mostly does well in the ship battles, where up to 3 squadrons of 5 ships per side can join battle in a realistic simulation mode that I have not yet been able to find anywhere else. This is my main reason for saying this game can be a good recommendation for some. If, like me, you are a fan of more slow, simulation style naval warfare rather than action packed speedboats with explosive linings and machinegun-cannons then this is a good way to get your fix.
But being entirely fair, I can not really recommend it for other things. The campaign is nice as a way to lend some kind of importance to the battles, but it does not really do much else. The in-battle AI is capable enough that it won't just roll over for you, but it is not amazing either, and the detail of the simulation is still far from perfect.

Even though I like this game, and have probably spend way more time on it than I should, I can't really recommend it for anyone who is not a fan of the time period and simulation battles. It does decently well at the economy and trading parts of the campaign, but it is repetitive and you will find yourself speeding up time a lot until something interesting happens.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.2 時間
投稿日: 6月11日
Bought the game at full price not worth it. As usual for Paradox production of the past few years there is little dept.

Game become repetitive very quickly and the battles are not even up to the empire total war naval battle.

Good base for a Beta but there are a lot more titles out there which deliver a better game experience.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 4 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 0.7 時間
投稿日: 3月22日
not the best game good idea just controlls arent great best to buy if fairly cheap or on sale
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 15 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 90.7 時間
投稿日: 2014年11月12日
コーエーの「大航海時代」と、Sid Meierの「Colonization」を足して割ったようなゲーム。
基本的には、「仕入れて売る」だけのゲームだが、しばらくやってると必ず経済崩壊するので、「のんびり植民地経営」をやっていると詰む。
艦隊を指揮して海戦をするのも醍醐味だが、テンポが悪いというか…、実に「帆船スケール」の速度で事が進む。そして、AIに指揮をさせると大抵決着がつかない(弾切れ)
とにかく、ゲームバランスのディティールが悪いので、あんまり掘り下げると粗ばかり目立つが、ゲームデザインとしては悪くないし、値段も安いので、「暇つぶし」として割り切ればそれなりに遊べる。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 11 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 71.8 時間
投稿日: 2013年1月4日
南北アメリカ大陸植民&交易ゲーム。
ゲーム的にはKOEI『大航海時代』に植民要素を付け加えた感じ。
プレイヤーは当時の西欧列強から選んだ一国のアメリカ副王(Viceroy)として植民地帝国を拡大するのが目的。
資源が豊富で植民に適した土地を探し、はじめは何もない土地に植民し、植民都市として育てていき、採れた資源を売買したり加工して貿易し、その金でまた植民地を拡大していくという作業の繰り返し。単純ではあるが自分の帝国が育っていくのを見るのは楽しい。

欠点はといえばチュートリアルがYouTubeの解説動画のリンクだったことには欠点というかなんというか噴いた。しかもポップアップ画面が小さくてろくに見れやしない。まあこれはゲーム内のヘルプやマウスオーバーのTipなどが非常に親切なのであまり問題にならない。
他にもいろいろあるが主に史実との兼ね合いについての話なので、気にしない人なら問題ないと思われるので適当に読み飛ばしてください。

例えば Americas と複数形を謳っておきながら北アメリカばかりで南米のインカ・ブラジル方面が弱いのは大きな減点。スペイン・ポルトガルの中南米植民は北米より1世紀も早いというのに。南米は既に西・葡に独占されている前提で北米植民競争をゲームにしたのかもしれないが、その西・葡もプレイアブル国だし、このゲームではフリーな中米・カリブ諸島の大半も史実では西領だったわけで、何がやりたいのかいまいちよくわからない。何より自分がインカ征服したかったので残念。
調べたところ開発はフィンランドの会社ということだが、まあ北米・英仏独市場向けのマーケティングならこうなるのも仕方ないか。
付け加えると北欧繋がりの地域枠ということかもしれないが、デンマークがプレイ国として選べるのは歴オタ的に加点要素(史実でも西インド諸島の植民にこっそり参加している)。

他にも、植民には付き物の原住民に対する暴虐描写がすっぱり省かれているのもなんだか腑に落ちない。こちらから原住民を虐殺することはできない代わりに向こうから植民地を襲ってきた原住民を返り討ちにすることはできる(しなければこっちが虐殺される)というのはどっちが悪者なんだかわからない。離島の小さな原住民コミュニティの扱いを簡素にしてゲーム的にわかりやすくするだけならまだいいが、中米のアステカや北米のネイティヴ・アメリカン諸部族なども完全にオミットされているので、植民地侵略戦争というイメージがいまいち湧かない。KOEIのゲームじゃないんだからこういうところはしっかり描くべきだと思った。

欠点ばかり書き連ねてしまったが、全体的には間違いなく面白い。
さりげなく海戦がリアルに作られていて面白いのもポイント。
当時の時代が好きかつ『大航海時代』的な作業ゲーが好きならおすすめ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い