Follow Turner, a rebel bunny rabbit with impressive combat skills in his quest to find those responsible for slaughtering his village. Uncover a far-reaching conspiracy involving the corrupt leaders of the rabbit republic and the wolves of the nearby lands. Streamlined Combat: Gone are the days of combo memorization and button mashing.
ユーザーレビュー: ほぼ好評 (288 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 288 件中 77% が好評です
リリース日: 2005年1月1日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Lugaru HD を購入する

 

このゲームについて

Follow Turner, a rebel bunny rabbit with impressive combat skills in his quest to find those
responsible for slaughtering his village. Uncover a far-reaching conspiracy involving the corrupt
leaders of the rabbit republic and the wolves of the nearby lands.

Streamlined Combat: Gone are the days of combo memorization and button mashing.
Lugaru uses a context-sensitive combat system to put all the moves at your finger tips. It’s
up to you to choose the right move at the right time and think your way through the fights.

Open-Ended Strategy: Each level presents you with an environment and a series of enemies.
How you choose to defeat your adversaries is entirely up to you. Storm in from the front and
fight everyone at once or ambush your foes one at a time with stealth attacks.

Ragdoll Physics: Not only does striking your enemies do damage, but so does colliding with
the environment once you’ve knocked them off their feet. Nothing does more damage than a
swift rabbit kick that sends the enemy hurtling into a stone wall.

Environmental Detail: Factors like wind direction and whether or not you remembered to clean
the blood off your knife affect your ability to sneak up on the enemy undetected.
Brutal AI: Enemies in Lugaru prefer unfair fights. Expect them to shout for back up, attack in
groups, and exploit any superior weaponry they can find.

Moddability: Turning on Lugaru’s debug mode gives you access to the map editor so you can
build your own levels, campaigns and mods. Debug mode also enables crazy cheats that allow
players to fly, have infinite health, explode enemies’ heads and set themselves on fire further
igniting anyone who comes too close.

New HD Textures: The original Lugaru has gotten a more modern, graphical makeover while still
staying true to the game’s spirit. Special thanks to Tim Soret for his HD texture pack.

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    Minimum:
    • OS: Windows XP, Vista, 7
    • Processor: 1GHz or faster
    • Memory: 512MB RAM
    • Graphics: 128MB OpenGL compatible graphics card
    • Hard Drive: 40MB space free
    • Sound: Standard sound card
    Minimum:
    • OS: Mac OSX 10.5 or later
    • Processor: 1GHz or faster
    • Memory: 512MB RAM
    • Graphics: 128MB OpenGL compatible graphics card
    • Hard Drive: 40MB space free
    • Sound: Standard sound card
    Minimum:
    • OS: Ubuntu 12.04 or equivalent
    • Processor: 1GHz or faster
    • Memory: 512MB RAM
    • Graphics: 128MB OpenGL compatible graphics card
    • Hard Drive: 40MB space free
    • Sound: Standard sound card
参考になったカスタマーレビュー
15 人中 12 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 0.3 時間
投稿日: 2015年8月28日
武闘派のウサギが嫌なウサギに復讐をする
アクションゲーム。

足払いや跳び蹴り、ナイフや投げなど
ありとあらゆる暴力を駆使して
悪いウサギに恨みを晴らそう。

そんな感じのゲームです。
高速で動くカメラに汚い3D、
開発中の様な広いステージと
ソニック並みに早い主人公。
色々目にくる作品です。
敵は序盤から鋭い動きで難易度は高めです。

このゲームならではという個性や長所を
一生懸命考えてみましたが、
キーワードはウサギでしょうか(・´ω・`)
ウサギの復讐劇は他のゲームで見た事がありません。
かちかち山はゲームじゃないですしね。

あ、そういえばこれがありました。

http://store.steampowered.com/app/252430/
Shadow Warriorでは
ウサギを殺すミニイベントがあったり、
外人はウサギに恨みでもあるのでしょうか。


個人的なまとめとしてはCSしか知らない人に
「これがPCゲーです」と紹介したら
恐らく酷く絶望されるでしょう。
そんなポテンシャルを秘めた作品です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 9 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.5 時間
投稿日: 2015年10月29日
I had great times with this game.Its my childhood game and it changed my perspective about rabbits :D
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.6 時間
投稿日: 2015年11月23日
Holy **** it is so good!!!
People are saying it is outdated - it was made in 2005/2006
They say the combat is unrealistic - that makes it more fun...
There is a level editor - but it's kind of hard to find
You can install mods

Don't play this for the story - play it for the ~12 different challenges on insane difficulty >:)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.8 時間
投稿日: 2015年12月31日
Lugaru is an extremely tight control arena-type fighter set in a bizarre world of humanoid animals who often find themselves beating the living crap out of each other due to reasons.

The combat system is fairly unique as well as surprisingly in-depth despite being very simple input wise (one attack button, a couple inventory buttons, the movement keys, duck and jump): There are aerial attacks, wall jumps, suplexes, finishers, jabs, a variety of kicks including an insanely powerful roundhouse, reversal moves, anti-reversal moves, weapon throws, you name it.

Movement feels incredibly fluid. Attacks are triggered through context sensitive timing (ducking while under attack will perform a reversal move) and combining keys (jumping, ducking and dropping a weapon in midair will cause you to air flip launch it into an enemy) which make for a very satisfying experience when you get the hang of it as the game does not let up and will constantly challenge you with scenarios that allow multiple ways of approaching whether it be through stealth for facing few enemies at a time or barging in and kicking everyone into space with your leg cannons while avoiding being counter-struck.

The campaign story is fairly simplistic and borderline cliche; You're Turner, a fairly chill herbivore, who then gets messed with, by not-so-chill herbivores that go out of their way to murder your family and friends, for an obscure purpose. With nothing to lose, you go out on a quest seeking REVENGE as well as answers which are nonetheless secondary to the brutal rear kicking that ensues. There are optional challenge scenarios as well, which don't seem to have any story behind them but are still fun. In case you haven't noticed it yet, it's not a very plot-heavy game.

The graphics are fairly dated, but they get the job done. They're at best nostalgic, despite being a PC exclusive, and at worst disturbing, due to the admittedly bizarre art style. The soundtrack is rather atmospheric and give the game some much needed spirit depending on the situation you're facing, but it isn't anything to write home about.

TL;DR:

It's a title focused on its fighting gameplay and challenges. Everything else in it is there to either accompany or support it, and not the other way around. If you're looking for a decent challenge, fluid Mouse+Keyboard gameplay or unconditional genocide of bunny rabbits, do consider checking it out.

You may find the demo for it here:
http://www.wolfire.com/lugaru
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 9 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 6.8 時間
投稿日: 2015年3月8日
https://www.youtube.com/watch?v=LWTxaAj5w-4
先進的な技術を数多く盛り込み、順調に開発が遅れているOvergrowthのデベロッパー(及びHumble Bundle首魁)、Wolfire Gamesが2005年に発売した激ムズうさぎ格闘ステルスアクションです。操作方法や攻略情報など本来はコミュニティガイドにあるべき内容も含まれますが、それ自体がゲームの紹介にもなると思いますので以下に軽くまとめます。

ストーリー
うさぎ達が平和に暮らしていたLugaru島。貴方は村の仲間を殺され息子を拉致された格闘の達人・Turner氏となり、突如現れた悪党うさぎや凶暴な狼達と戦わなければなりません。徒手空拳と武器を操って虐殺の実行犯を追い詰めましょう。やがて明らかになる敵の正体、そしてその意外な目的とは……?

グラフィックと画面設定
HDと言いつつ素のテクスチャマッピングなので低スペックのノート等でもよく動くと思います。オプションの画面解像度ですが、wideと書かれた解像度はVista以降のWindows(恐らく)では反映されないようです。必然的に4:3や5:4の解像度で遊ぶ事になりますが、スケーリング機能(黒帯を出してアスペクト比を保持する)の無いワイドモニタを使っている場合やGPUスケーリングの方法がよく分からない場合は横に引き伸ばされた画面になってしまいます。
解決策としてはウインドウモードで起動するのが簡単です。しかしLugaruにはその設定項目が無いのでSteam側で起動設定をします。
ライブラリ→Lugaru HDを右クリックしてプロパティ→"一般"タブの起動設定を開く→ -windowed と入力し"OK"
これでウインドウモードで立ち上がります。

難易度
難しいです。まずはイージーでどうぞ。

操作(キー割り当て変更可能)
Mouse カメラ視点
LMB 攻撃
WASD 自機の移動
Shift しゃがみ
Space ジャンプ
E 武器を構える/武器をしまう
Q 武器を拾う(Shift+Qで武器をその場に置く)・ナイフ投げ

攻撃は基本的に左シングルクリックのみで行い、その時の自機の状態、そして敵との位置関係で出る技が決まります。しゃがみ中にLMBで足払い、移動しながらで回し蹴り、こちらに気付いていない敵の背後から攻撃でステルスキル、といった具合です。複雑なコマンド入力はありません。
重要なのは、通常のTPSと異なりマウス移動は単にカメラの視点移動をしているに過ぎないと言う事です。
レティクルが無い事からも分かるように、ナイフは射程内であればQを押せば狙いをつける必要なく自動で投げてくれますし、たとえ自撮り状態の画面でも敵と接近した状態でLMBを押せばパンチやキックが発動します。敵を中心に捉えてクリックする必要は無いのです。エイミングに気を取られずにWASDでの位置取りとクリックのタイミングに集中しましょう。

Reversal(カウンター)
チュートリアルで分かりづらい部分です。
敵が攻撃を繰り出してから自機にヒットするまでの間にShift(しゃがみ)を押すと攻撃を無効化し逆に敵に返すReversalを繰り出します。一緒にLMBを押したりする必要は無く、ShiftのみでOK。敵の攻撃を待って闇雲に連打しても発動せず、タイミングよく押す必要があります。とは言えテレフォンパンチを撃ってくる事は無く、攻撃も一瞬なのでかなりシビアです。格ゲー経験者であればすぐ順応出来るかと思いますが自分には難しい部分でした。
問題は敵もガンガンReversalを使ってくる事で、ただLMBを連打してこちらから攻撃するだけでは技を返され一方的にボコボコにされて死亡します。よって敵の攻撃を読んでReversalで返し攻防を同時に行うのを目指すのが本ゲームの基本となります。

敵にReversalされた場合
すぐにShiftを押す事により安全に抜け出す事が出来ます(Counter-Reversal)。また敵の攻撃で吹っ飛んだ際にも空中でShiftを押せば安全に着地し地面との衝突を回避出来ます。

対うさぎ戦
可能であればステルスキルで一体ずつ処理します。しゃがみ移動でスニーキングとなりますが移動する敵に追いつくのは大変なので、Shiftを一瞬離して前転を混ぜると良いです。身長くらいの距離までそれで気付かれる事はありません。十分密着しないと足払いになってしまうのでご注意。
カウンターを使えるようになると一対一であれば格闘戦でもそこそこ勝てるようになってきます。傷めつけられ逃亡したうさぎは仲間を一人連れて元の位置に戻ってきますが、逃走中の敵は一撃で倒す事が出来るので、大ジャンプを使って追い付くのを狙ってもいいかもです。

対狼戦
深刻に強い厄介な敵です。まず鼻が利くので背後から忍び寄っても気付かれてしまいステルスキル不能。さらに体力も多く、攻撃も非常に重いという二重苦三重苦です。
ネット上でいくつか倒し方が紹介されていますが、自分でも実践出来た方法をご紹介します。

■普通に戦う
上手くカウンターを決めていけば通常格闘戦でも何とか一、二体位までは倒せるかと思いますが、三体以上は現実的ではないように思います。

■棒で戦う
ダウンした敵に追い打ち可能、かつ素の攻撃力も高く戦いやすい棒ですが、使ってる内に壊れてしまうので、狼出現ステージで拾ったらうさぎ相手には使わず温存しましょう。

■ナイフでトドメを狙う
まず足払い等で狼をダウンさせます。すぐに近付いてナイフ攻撃するとなんと一撃死。しかし棒と違い判定が非常にシビアであり、なかなか発動しません。ダウン時間も短く、私は数十分試行してやっと一回成功した程度ですが、狼の数によってはこの方法で挑む他無いように思えるステージも存在しています。

上記以外にも、"ジャンプ中にShiftで回転すると敵が驚いて一瞬止まる現象"を利用して背後を取りナイフでバックスタブを狙う、という手法も紹介されていましたが、ナイフ装備中は敵の警戒心が高まるようで自分には上手く出来ませんでした。

バグ
特定の環境で"地面に落ちたナイフが暴れてどこかに飛んで行く"というバグがあり、難易度が更に上昇しております。残念ながら修正の予定は無いようです。

最後に
そんなわけで難易度設定など色々と問題の多い作品ですが、小憎らしくも愛嬌あるうさぎ達やシンプルさと奥深さを両立させた格闘システムに奇妙な魅力があり、グラフィックや難易度を調整した続編が欲しいと考える人は少なくないはずです。そしてそれこそが"Overgrowth"なのです!セールでは3ドルを切る本作で軽く予習を済ませるのも良いかもです。公式に体験版があるのでまずはそちらをどうぞ!
http://www.wolfire.com/lugaru
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い