“he Who Fears Being Conquered Is Sure Of Defeat.”The war-game March of the Eagles focuses on the dramatic conflicts of Europe during 1805 to 1820. Explore one of the defining periods in European history with this experience crafted by the masters of Grand Strategy, Paradox Development Studio.
ユーザーレビュー:
総合:
賛否両論 (141 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 141 件中 67% が好評です
リリース日: 2013年2月18日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

March of the Eagles を購入する

March of the Eagles - 4-Pack を購入する

Includes four copies of March of the Eagles - Send the extra copies to your friends

 

レビュー

“Paradoxiana at its most approachable and bellicose. Engaging engagements, feisty AI, low price.”
80/100 – PC Gamer

“If a real-time version of Risk on steroids mixed with Diplomacy's double-dealing sounds appealing, then March of the Eagles is well worth picking up.”
7/10 – Gamespot

“March of the Eagles may have more limited ambitions than its grand strategy cousins, but in limiting its goals it makes its successes more evident. It's a relatively brief and accessible strategy experience that's good alone and better with friends.”
7,9/10 – IGN

このゲームについて

“he Who Fears Being Conquered Is Sure Of Defeat.”

The war-game March of the Eagles focuses on the dramatic conflicts of Europe during 1805 to 1820. Explore one of the defining periods in European history with this experience crafted by the masters of Grand Strategy, Paradox Development Studio. The makers of Hearts of Iron and Europa Universalis now bring The Napoleonic War to life in this war-focused strategy game.

Main Features


  • Take command: Rise to power in the era of the Napoleonic Wars and move on to claim the control of Europe
  • Lead your nation: Attack your opponents and defend your nation’s border while the tension rises. Expand your nation with war, negotiation and keep your empire from falling apart
  • Europe is at your feet: Explore a historical topographic map in full 3D with a complete view of Europe
  • Command your troops: Use the combat order system and manage your troops to secure as much power as possible
  • Experience true warfare: Organize your armies, manage logistics, raid your enemy's supply lines and set the strategy for your armies, fleets and more
  • Use diplomacy: Form coalitions against other major powers
  • Explore the new idea system: Embrace new technology, military tactics and economical organization
  • Become the dominant power of Europe: Experience the Victory System that allows you to dominate the other powers on land and at sea
  • Multiplayer: Battle against your friends in this heavily multiplayer focused game where you can engage in multiplayer for up to 32 players
  • Customize your game: March of the Eagles gives you the chance to customize and mod in detail to create your ultimate wargame

システム要件

    Minimum:
    • OS:Windows XP/Vista/7
    • Processor:Intel® Pentium® IV 2.4 GHz or AMD 3500+
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:NVIDIA® GeForce 8800 or ATI Radeon® X1900 video card, 512Mb graphics memory required with a resolution of at least 1024 x 768 or greater
    • DirectX®:9.0
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Sound:DirectX® Compatible
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    • Additional:3-button mouse, keyboard, speakers, Internet connection for multiplayer
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
賛否両論 (141 件のレビュー)
最近の投稿
neb
1.0 hrs
投稿日: 2014年12月19日
歴史的事実に即して、マップを用意し兵士のコマを並べ将帥を配置して、そこで作り手が満足してしまった。その気持ちは分からなくはないが、ゲームとしては面白くない。フランス陸軍は欧州最強!ただし海戦ではイギリスに勝てなくて海は渡れません。それでは、どう打開しましょうか、がこのゲームでは出来ない。あらゆる局面でひたすら数で押すだけしかないのだ…。戦争とはそういうものなのかもしれない。しかしそこはプレイヤーの創意と工夫とこだわりでもって介入したいのである。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
buonaprte
8.2 hrs
投稿日: 2014年10月5日
フォーカスしている点とゲームシステムが合致していないように思います。
このゲームは明らかに戦争にフォーカスしており、作戦級ゲームを多く手掛けているAgeodが初期に関わっていたという点からもそれは伺えます。つまり軍司令官的視点にフォーカスしているということです。
しかし、システムはParadoxらしく外交や内政などプレイヤーに国家指導者の視点を求めるものになっています。

このふたつの視点がごっちゃになっているため、外交・内政を含めた大戦略を考えたい人にとっては、かなり物足りない内容である反面(Victoria等と違い内政が単純なため、戦争しないとかなり暇なゲーム展開になります。)戦争ゲームをやりたい人にとっては軍事作戦に集中できないものになっています。加えてシナリオが一つしかないため、特定の軍事キャンペーン(モスクワ遠征とか諸国民戦争とか)を遊ぶことはできず、後者のタイプの人にとっては、かなりマイナスになると思います。

まとめると、そもそもVictoria、Europa Universalisのような大戦略・国家戦略ゲームをしたい人向けではありませんし、ナポレオニックの作戦級ゲームを求めているならば、AgeodのNapoleon's Campaignsの方が優れていると思います。

参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Mistle
31.4 hrs
投稿日: 2013年2月27日
久々にパラドゲー有料βに参加した。

Paradox歴史ゲーム最新作。ナポレオン戦争ゲー。
システムはEU3を戦争に特化させた感じ。ユニットの種類や戦闘時のパラメータが大量に追加されている。
最初はとっつき難いがゲームに慣れてくれば楽しめるようになる。
この辺を面白いと思うか面倒なだけの不要要素と見るかは人それぞれで評価が分かれそう。

プロヴィンスが地域の中心的な都市(例えばパリ)とその周辺地域(パリに対してはエヴルー)に分けられ、中心都市さえ占領すれば周辺地域は占領せずともよく、周辺地域だけが占領されても敵が移動した時点で中心都市の守備隊が(?)勝手に取り返してくれるという変更は塗り絵の手間を大幅に減らす地味に大きな改善。
同盟国・衛星国がInfamy(悪評)を下げるためにしか使えなかったEU3DWなどと比べて軍隊の供出の面で大幅に役立つようになったのも良い。

このゲーム最大の特色であるDominance(支配、優勢)システムは良かった。
その国から見た重要拠点、例えばフランスであれば陸はカッセルやワルシャワ、海はハンブルクやリスボンなどを占領することでLand DominanceとNaval Dominanceの得点を稼いでいくというもので、両方とも100点を超えればその時点で勝利となる。
これによりただ漠然と国境を広げていったり自分で目標を定めて征服していく国土成形作業だったりしたEU3とは違い、侵略に戦略的な意味が生まれた。
もちろんパラドゲーらしくこれを完全無視して好きなように征服する遊び方もできるのも素晴らしい。

欠点は有料βらしくUIがEU3DWなどに比べて微妙な出来だったりとか、いわゆるピンポン(退却する敵軍を追い掛け回す玉突き状態)がEU3より悪化してたりとか、
フランスのDominanceポイントにロンドンとモスクワがなかったりとか(これには理由がありそうだが単純に俺が残念。ブリテン上陸とモスクワ遠征にゲーム的な意味がないので)色々あるが、個人的に一番残念なのはゲーム開始が1805年であること。
ナポレオニックゲーとは分かっているが、できれば1791~93年あたり開始でフランス革命戦争からやりたかった。
何より1805年の時点で既にフランス一強なので、フランスで遊んでもゲーム的に盛り上がりに欠けるのが辛い。
ゲーム期間の問題は今後のDLCに期待したいが、作り込みも価格もライトな本作に果たしてDLCは出るのか謎。

全体的にEU4開発に向けての新システム導入の試金石的な雰囲気があるゲームだが、一本のゲームとしてもしっかりできてるので遊ぶ分には問題ない。
ともあれEU3などのパラドゲーを楽しめてナポレオニックが好きな人、または戦争特化のEU3をやりたいような人にはおすすめ。

☆3.5/5
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
13 人中 11 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 8.2 時間
投稿日: 2014年10月5日
フォーカスしている点とゲームシステムが合致していないように思います。
このゲームは明らかに戦争にフォーカスしており、作戦級ゲームを多く手掛けているAgeodが初期に関わっていたという点からもそれは伺えます。つまり軍司令官的視点にフォーカスしているということです。
しかし、システムはParadoxらしく外交や内政などプレイヤーに国家指導者の視点を求めるものになっています。

このふたつの視点がごっちゃになっているため、外交・内政を含めた大戦略を考えたい人にとっては、かなり物足りない内容である反面(Victoria等と違い内政が単純なため、戦争しないとかなり暇なゲーム展開になります。)戦争ゲームをやりたい人にとっては軍事作戦に集中できないものになっています。加えてシナリオが一つしかないため、特定の軍事キャンペーン(モスクワ遠征とか諸国民戦争とか)を遊ぶことはできず、後者のタイプの人にとっては、かなりマイナスになると思います。

まとめると、そもそもVictoria、Europa Universalisのような大戦略・国家戦略ゲームをしたい人向けではありませんし、ナポレオニックの作戦級ゲームを求めているならば、AgeodのNapoleon's Campaignsの方が優れていると思います。

このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 8 人 (73%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 31.4 時間
投稿日: 2013年2月27日
久々にパラドゲー有料βに参加した。

Paradox歴史ゲーム最新作。ナポレオン戦争ゲー。
システムはEU3を戦争に特化させた感じ。ユニットの種類や戦闘時のパラメータが大量に追加されている。
最初はとっつき難いがゲームに慣れてくれば楽しめるようになる。
この辺を面白いと思うか面倒なだけの不要要素と見るかは人それぞれで評価が分かれそう。

プロヴィンスが地域の中心的な都市(例えばパリ)とその周辺地域(パリに対してはエヴルー)に分けられ、中心都市さえ占領すれば周辺地域は占領せずともよく、周辺地域だけが占領されても敵が移動した時点で中心都市の守備隊が(?)勝手に取り返してくれるという変更は塗り絵の手間を大幅に減らす地味に大きな改善。
同盟国・衛星国がInfamy(悪評)を下げるためにしか使えなかったEU3DWなどと比べて軍隊の供出の面で大幅に役立つようになったのも良い。

このゲーム最大の特色であるDominance(支配、優勢)システムは良かった。
その国から見た重要拠点、例えばフランスであれば陸はカッセルやワルシャワ、海はハンブルクやリスボンなどを占領することでLand DominanceとNaval Dominanceの得点を稼いでいくというもので、両方とも100点を超えればその時点で勝利となる。
これによりただ漠然と国境を広げていったり自分で目標を定めて征服していく国土成形作業だったりしたEU3とは違い、侵略に戦略的な意味が生まれた。
もちろんパラドゲーらしくこれを完全無視して好きなように征服する遊び方もできるのも素晴らしい。

欠点は有料βらしくUIがEU3DWなどに比べて微妙な出来だったりとか、いわゆるピンポン(退却する敵軍を追い掛け回す玉突き状態)がEU3より悪化してたりとか、
フランスのDominanceポイントにロンドンとモスクワがなかったりとか(これには理由がありそうだが単純に俺が残念。ブリテン上陸とモスクワ遠征にゲーム的な意味がないので)色々あるが、個人的に一番残念なのはゲーム開始が1805年であること。
ナポレオニックゲーとは分かっているが、できれば1791~93年あたり開始でフランス革命戦争からやりたかった。
何より1805年の時点で既にフランス一強なので、フランスで遊んでもゲーム的に盛り上がりに欠けるのが辛い。
ゲーム期間の問題は今後のDLCに期待したいが、作り込みも価格もライトな本作に果たしてDLCは出るのか謎。

全体的にEU4開発に向けての新システム導入の試金石的な雰囲気があるゲームだが、一本のゲームとしてもしっかりできてるので遊ぶ分には問題ない。
ともあれEU3などのパラドゲーを楽しめてナポレオニックが好きな人、または戦争特化のEU3をやりたいような人にはおすすめ。

☆3.5/5
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 5 人 (63%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 1.0 時間
投稿日: 2014年12月19日
歴史的事実に即して、マップを用意し兵士のコマを並べ将帥を配置して、そこで作り手が満足してしまった。その気持ちは分からなくはないが、ゲームとしては面白くない。フランス陸軍は欧州最強!ただし海戦ではイギリスに勝てなくて海は渡れません。それでは、どう打開しましょうか、がこのゲームでは出来ない。あらゆる局面でひたすら数で押すだけしかないのだ…。戦争とはそういうものなのかもしれない。しかしそこはプレイヤーの創意と工夫とこだわりでもって介入したいのである。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い