「ヒラヒラヒヒル」は架空の大正時代を舞台にしたノベルゲームです。 二人の主人公の視点を通して、「風爛症」と呼ばれる「死んだ人間が蘇る病」と戦う人物たちの物語が描かれます。
最近のレビュー:
非常に好評 (18) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 18 件中 100% が好評です。
全てのレビュー:
非常に好評 (303) - このゲームのユーザーレビュー 303 件中 98% が好評です
リリース日:
2023年11月16日
開発元:
パブリッシャー:
タグ

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、スルーとチェックするには、サインインしてください。

SteamでANIPLEX.EXEシリーズ全作品をチェック!

ヒラヒラヒヒル Demoをダウンロード

ヒラヒラヒヒルを購入する

ANIPLEX.EXE BUNDLEを購入する バンドル (?)

3 アイテムを同梱: 徒花異譚 / Adabana Odd Tales, ATRI -My Dear Moments-, ヒラヒラヒヒル

-10%
$57.57
 

このゲームについて

【INTRODUCTION】


「ヒラヒラヒヒル」は架空の大正時代を舞台にしたノベルゲームです。

【STORY】


みんな、普通の人間なんだ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

死んだ人間が蘇る。
古来よりそうした事例が多発する世界。

蘇った人間は、知性や記憶・認識力が衰え、コミュニケーションが困難となるばかりか、
肉体も代謝が衰え、腐敗していく。

日本では彼らを「ひひる」「クサレ」などと呼び、
かつては崇め、時代とともに忌避するようになっていった。

――やがて「ひひる」は医療の対象とされ、疾病として「風爛症」と名付けられる。

そして大正初期。
医学博士・加鳥周平は風爛症をとりまく環境や制度が諸外国に比べ遅れていることを嘆き、改善に向けての調査に取り組んでいた。

その調査に参加することとなった青年医師・千種正光。
本来は風爛症と関わるはずのなかった学生・天間武雄。

ふたりの視点を通して、「風爛症」と戦う人々の物語が描かれる――。

___________________________
                                   

【STAFF】


企画・シナリオ: 瀬戸口廉也
キャラクターデザイン: 禅之助
音楽: MANYO
UIデザイン: 長岡建蔵
プログラム開発:BA-KU
製作:ANIPLEX.EXE

成人向けコンテンツの説明

開発者はコンテンツを次のように説明しています:

この作品は全年齢層向けではないコンテンツを含んでいる、または職場での閲覧に適してない可能性があります:
・暴力表現
・精神症状/身体損傷
・病状による隔離
・自傷行為の言及
・成人向けコンテンツ全般

この作品はフィクションです。
実在の個人・団体等とは一切関係がありません。

システム要件

    最低:
    • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
    • OS: Windows 10 64bit
    • プロセッサー: Intel Core 2 DUO 1GHz 以上
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: 1920x1080 Intel HD Graphics 4000 or other shader model 4.0
    • DirectX: Version 9.0
    • ストレージ: 4 GB の空き容量
    推奨:
    • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です

ANIPLEX.EXE からのおすすめ

キュレーターの意見

3 人のキュレーターがこの製品をレビューしました。チェックするにはここをクリック。

カスタマーレビュー

レビュータイプ


購入タイプ


言語


期間
特定期間内のレビューを表示するには上のグラフをクリック&ドラッグするか、棒グラフをクリックしてください。

グラフを表示



プレイ時間
ユーザーがレビューを書いた時のプレイ時間でレビューをフィルター:



最小時間なし最大時間なし
表示:
グラフを表示
 
グラフを非表示
 
フィルター
トピずれのレビュー荒らしを除外
プレイ時間:
上記のフィルターに当てはまるレビューはこれ以上ありません
他のレビューを見るためにフィルターを調節する
レビューをロード中...