バーチャルデスクトップはOculus Rift・HTC Vive・WMRヘッドセットのために開発されたアプリケーションで、バーチャルリアリティー内でお手持ちのコンピューターの操作を可能にします。 このアプリケーションでは、ネットサーフィングや映画鑑賞はもちろんのこと、Netflixなどの動画サービスの利用、またお好きなゲームをバーチャルリアリティー内の大画面にて楽しむことができます。
最近のレビュー:
賛否両論 (29) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 29 件中 65% が好評です。
全てのレビュー:
賛否両論 (867) - このソフトウェアのユーザーレビュー 867 件中 69% が好評です
リリース日:
2016年3月31日
開発元:
パブリッシャー:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

お知らせ: バーチャルリアリティ対応ヘッドセットが必要です。詳細は VR サポートのセクションをご覧下さい。

Virtual Desktop を購入する

このゲームで利用可能なアイテム

$1.99
$2.99
$1.99
$0.99
$1.99
 

最新の更新 全て表示(26)

7月1日

Patch 1.13.3

Bug Fixes
- Fixed performance problems introduced in 1.13 with hybrid laptops and multi-GPU configurations
- Fixed darker colors issue on rotated monitors
- Now preventing Supersampling from exceeding 8K x 8K (if users also supersample in SteamVR)
4 件のコメント 詳細を見る

6月25日

Update 1.13 - Audio tab, Improved Positional Audio, VR180 Photos Support

Audio Tab
Virtual Desktop now features an Audio tab where you can easily toggle Positional Audio and select the desired speaker configuration through a drop-down (Stereo, Quadraphonic, 5.1 Surround or 7.1 Surround); you no longer need to fiddle in the Windows audio dialogs to get the feature to work.

A configurable shortcut to toggle Positional Audio has also been added to the Bindings tab.

From the Audio tab, you can also change individual speaker volumes and tweak the frequency response through an equalizer. You can pick from existing presets or customize it yourself.


Dedicated Audio Driver
This new version includes a dedicated audio driver which prevents sounds from going into your regular desktop speakers. This driver also allows Positional Audio to work on all VR headsets (not just the Rift).

New Positional Audio Implementation
The previous positional audio implementation wasn't using HRTFs and was rather simplistic. This new implementation greatly enhances the sound quality and surround experience. It also works on Windows 7. You can try it out yourself with multi-channel audio experiences (this example only works with the Microsoft Edge browser).

VR180 Photos Support
The photos tab can now display 180° photos taken with recently released VR180 cameras. A distance slider is included to let you adjust pictures that appear too close. The same distance slider has been added to the Videos tab for 180 videos.

Optional Touch Input
The controller interaction with the desktop has always been through simulated Touch Input on Windows 8 and 10. This allows multi-touch gestures such as pinch-to-zoom or swipe-to-scroll. Unfortunately some applications (such as Discord) or sometimes Windows doesn't work quite well in touch mode so there is now an option called "Use Touch Input" under Input Options which can be disabled if you experience such issues. When disabled, the controllers will perform regular mouse clicks instead.

Bug Fixes
- Fixed "Unable to connect to Virtual Desktop Service" issues.
- Fixed click offset issue on Virtual Desktop window when using multiple monitors with different scaling options after installing Windows 10 April Update. The bug in Windows is still present and might affect other windows so disabling touch input might be required if you experience issues.
- Fixed issue with clicks not working when HP Touch Point software is installed
- Fixed videos being stuck in Software Decoding mode when they refuse to play
- Improved startup time when users have multiple purchased environments in their library
- Stability improvements

Let me know if you experience any issues, thanks!
7 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“These are the kinds of programs that change the way people look at technology. In this case, it’s a program that, for some people, might actually make virtual reality a enjoyable, even practical, replacement for their monitor.”
Kotaku

“It's an incredibly polished app that take minimal resources to provide a number of functions that feel like they should be a standardised part of the VR experience coming to consumer homes.”
Destructoid

“This is the first program you should buy for your Oculus Rift”
Polygon

このソフトウェアについて

バーチャルデスクトップはOculus Rift・HTC Vive・WMRヘッドセットのために開発されたアプリケーションで、バーチャルリアリティー内でお手持ちのコンピューターの操作を可能にします。 このアプリケーションでは、ネットサーフィングや映画鑑賞はもちろんのこと、Netflixなどの動画サービスの利用、またお好きなゲームをバーチャルリアリティー内の大画面にて楽しむことができます。

その他機能は以下の通りです
  • ハードウェアデコーディングを利用しての360°動画の再生
  • YouTube 360°動画の再生・ストリーミング再生機能
  • 360°画像のブラウジングや閲覧
  • MilkDropを利用してのミュージックヴィジュアリゼーション
  • サイドバイサイド、トップアンドボトム、アナグリフ方式による3Dコンテンツの利用
  • 音声コマンドによるゲーム起動
  • マルチモニターの利用
  • エンバイロメント編集機能を利用してのオリジナルエンバイロメントの作成
  • Steamワークショップからお好みのエンバイロメントの取得
  • 他のVRゲームプレイ中もSteamVRダッシュボードでいつでも自分のデスクトップを閲覧・利用できます

システム要件

    最低:
    • OS: Windows 7 SP1, Windows 8.1 or Windows 10
    • プロセッサー: i5-2500k
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: NVidia GTX 640 or 980M or ATI HD 7000/Rx 200
    • DirectX: Version 11
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    • 追記事項: Disabling Aero can improve performance on Windows 7. If you are using a Windows 'N' edition, you will need to install the Media Feature Pack.
    推奨:
    • OS: Windows 10
    • プロセッサー: i5-2500k
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: NVidia GTX 760 or 980M or ATI Rx 200
    • DirectX: Version 11
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    • 追記事項: Windows 10 is highly recommended as it provides better performance. The Anniversary and Creators Update add 8K video and some H.265 support.
カスタマーレビュー
大量のレビューが検出されました:
除外対象  あるいは  表示対象
レビュータイプ


購入タイプ


言語


期間
特定期間内のレビューを表示するには上のグラフをクリック&ドラッグするか、棒グラフをクリックしてください。

グラフを表示



表示:
レビューベータ NEW!
有効にすると、新機能の有用性スコア順にレビューを並び替えます。詳細はブログ記事をご覧ください。
グラフを表示
 
グラフを非表示
 
フィルター
有用性レビューベータが有効になりました
上記のフィルタに当てはまるレビューはこれ以上ありません
他のレビューを見るためにフィルターを調節する
レビューをロード中...