平和の終わりは旅の始まり―― マナクラフト文明の中核と呼ばれている、ルゼンハイド国。 60年以上も続いた穏やかな日々は、正体不明の敵の奇襲により、突然の終幕を迎える。 ルゼンハイド城が燃え落ちる中、姫のセルフィーネを守るため、 付き人のリトナは最後の切り札である、瞬間移動系のクラフトを発動し、間一髪の離脱に成功する。
最近のレビュー:
非常に好評 (10) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 10 件中 90% が好評です。
全てのレビュー:
非常に好評 (1,931) - このゲームのユーザーレビュー 1,931 件中 94% が好評です
リリース日:
2013年8月9日
開発元:
パブリッシャー:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

fault - milestone one を購入する

スペシャルプロモーション! 7月9日 に終了

-70%
$14.99
$4.49
 

Steam 限定提供

Customers who buy the game will get this Steam exclusive, a digital shikishi of Ritona!

このゲームについて

平和の終わりは旅の始まり――

マナクラフト文明の中核と呼ばれている、ルゼンハイド国。
60年以上も続いた穏やかな日々は、正体不明の敵の奇襲により、突然の終幕を迎える。
ルゼンハイド城が燃え落ちる中、姫のセルフィーネを守るため、
付き人のリトナは最後の切り札である、瞬間移動系のクラフトを発動し、間一髪の離脱に成功する。

しかし――
到着したその場所は所期していたシェルターではなく、
訪れたことすらない、森の中だった。

見たことのない植物。
息苦しい空気。
異様なまでにマナの薄い大気。
焦燥を抑え森を脱出すると、その奇怪な街は姿を表した。

ルゼンハイドとは惑星の裏側に位置する、
アウターポール、サードセクター首都――カディア市。

大地のマナが行き届かない、アウターポールと呼ばれるその地域では、
マナクラフトではなく、科学と呼ばれる未知なる技術が著しい発達を遂げていた。

右も左も分からないセルフィーネとリトナは、この町で外国に強い興味を持つ、ルーンと名乗る一人の少女と出会う。
天真爛漫で愛想の良いルーンと、たちまち仲良くなる二人。
町を出る前に渡したい物があると言われ、正午まで出発を伸ばすのだが……。

果たして、セルフィーネとリトナは、無事ルゼンハイドに帰ることが出来るのだろうか?

ALICE IN DISSONANCEが送る、連作ファンタジーノベルゲームの第一弾。

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows XP SP3
    • プロセッサー: Intel Core i5
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Intel HD 3000
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 2 GB 利用可能
    最低:
    • OS: 10.6
    • メモリー: 2 GB RAM
    • ストレージ: 2 GB 利用可能
    最低:
    • OS: x86/AMD64
    • メモリー: 2 GB RAM
    • ストレージ: 2 GB 利用可能

キュレーターの意見

81 人のキュレーターがこの製品をレビューしました。チェックするにはここをクリック。

カスタマーレビュー

レビュータイプ


購入タイプ


言語


期間
特定期間内のレビューを表示するには上のグラフをクリック&ドラッグするか、棒グラフをクリックしてください。

グラフを表示



表示:
グラフを表示
 
グラフを非表示
 
フィルター
Excluding Off-topic Review Activity
上記のフィルタに当てはまるレビューはこれ以上ありません
他のレビューを見るためにフィルターを調節する
レビューをロード中...