宇宙開拓破綻に端を発した世界大戦から、三十年。 ほとんどの人間が死に絶え、地表では雨が降り続いていた。 廃墟となった都市から貴重物資を回収するのを生業とする男『屑屋』。
最近のレビュー:
非常に好評 (10) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 10 件中 100% が好評です。
全てのレビュー:
圧倒的に好評 (1,164) - このゲームのユーザーレビュー 1,164 件中 97% が好評です
リリース日:
2004年11月29日
開発元:
パブリッシャー:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

planetarian ~the reverie of a little planet~ を購入する

 

このゲームについて

天国をふたつに、わけないでください…

宇宙開拓破綻に端を発した世界大戦から、三十年。
ほとんどの人間が死に絶え、地表では雨が降り続いていた。
廃墟となった都市から貴重物資を回収するのを生業とする男『屑屋』。
最も危険と言われる『封印都市』に単身潜入した彼は、その中心部で戦前のプラネタリウム施設を見つける。
そこで彼を迎えたのは、コンパニオンロボット『ほしのゆめみ』だった。
彼女は屑屋のことを三十年ぶりの客だと信じて疑わない様子。
早速、星を見せようとするが、投影機は故障している。
ゆめみとの噛み合わない会話の末、屑屋は成り行きから修理を請け負うことになってしまう……。


多くの感動の物語を提供しつづける日本のコンテンツブランド『Key』が提供する心を打つ物語。
小説でもなく、アニメでもなく、ゲームでもない……全く新しい『物語』を楽しむためのエンターテインメント・キネティックノベル。
高品質のシナリオ・グラフィック・音楽・演出などを駆使して、他のコンテンツでは表現しきれない臨場感・主人公やヒロインへの感情移入などを追求している。
日本語による音声を楽しみつつ、英語と日本語の表示切り替えすることが可能です。

企画・シナリオ:涼元悠一
原画・メカニックデザイン:駒都えーじ
音楽:戸越まごめ
音声:ほしのゆめみ(すずきけいこ)、屑屋(小野大輔)
※本作品は、2010年4月30日に発売されたWindows用ソフト『planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜メモリアルエディション 全年齢対象版』をもとにアプリケーション化したものです。

システム要件

    最低:
    • OS: Vista or higher
    • プロセッサー: 1.2 GHz Pentium 4
    • メモリー: 128 MB RAM
    • グラフィック: 800x600
    • ストレージ: 500 MB 利用可能
カスタマーレビュー 詳細を見る
大量のレビューが検出されました:
除外対象  あるいは  表示対象
レビュータイプ


購入タイプ


言語


期間
特定期間内のレビューを表示するには上のグラフをクリック&ドラッグするか、棒グラフをクリックしてください。

グラフを表示



表示:
グラフを表示
 
グラフを非表示
 
フィルター
上記フィルタにマッチする 65 件のレビューを表示しています ( 非常に好評 )
上記のフィルタに当てはまるレビューはこれ以上ありません
他のレビューを見るためにフィルターを調節する
レビューをロード中...