Many years ago, Emily plummeted from an attic window to her doom. Her house now lies abandoned along with the mystery of her death. Sara has inherited this dark home, only to discover that it is not empty.
ユーザーレビュー:
総合:
非常に好評 (50 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 50 件中 80% が好評です
リリース日: 2014年4月10日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Haunted Past: Realm of Ghosts を購入する

 

このゲームについて

Death is not the end. There is beyond the veil, another realm between life and death, where spirits lurk, their business unfinished. Many years ago, Emily plummeted from an attic window to her doom. Her house now lies abandoned along with the mystery of her death. Sara has inherited this dark home, only to discover that it is not empty. Through Sarah, Emily has found a way to speak. But there are Others in shadow, restless...

Features:
• 130+ Haunting Scenes to Navigate.
• Move between two worlds.
• What you do in one affects the other.
• Customizable Difficulty to set challenges how you like them.
• Solve a 30 year old mystery

システム要件

    最低:
    • OS: Windows 7, Vista, XP
    • プロセッサー: 1.8 Ghz
    • メモリー: 512 MB RAM
    • DirectX: Version 8.1
    • ストレージ: 700 MB 利用可能
    • サウンドカード: Integrated Audio or better
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
非常に好評 (50 件のレビュー)
最近の投稿
sato375
( 記録時間: 3.1 時間 )
投稿日: 2015年9月14日
ポイントクリック・アイテム探しアドベンチャー。

十数年振りに帰ってきた主人公が生まれ育った家は、両親の死後、誰も管理する者もおらずすっかり荒れ果てていた。
母親の霊に導かれるまま屋敷の中を探していると、次々と甦る思い出の品々、自分には知らされていなかった秘密、そして謎が残されたままだった両親が亡くなった経緯。
母親は伝えたいことがあって、そしてもう一度会いたくて、娘が帰ってくるのをずっと待っていたのでしょう。

などと、勝手に物語を作ってしまいましたが、たぶん(確実に)実際のストーリーは違うものと思われます。


屋敷探索物のアドベンチャーゲームです。
鏡などの置物を通して、現在と、過去の(人々が生活していた頃の)時間を行き来しながら謎を解いていきます。
先へ進むためのアイテムを過去へ戻り探し出し、現在へ持ち込まなくてはいけませんが、アイテム類は鏡を通り抜けることは出来ません。なので、どこかに隠してから現在に戻り、そこから取り出し使用します。別に廃屋なんだからそこらに置いておけばよいのでは?とも思うのですが、過去の世界ではまだ人が住んでいたのでしょう。見つからない場所に隠さなければいけません。

"Time Mysteriesシリーズ"などは、いくつもの時間を旅して謎を解いていきます。過去の時間で取った行動が、未来での出来事に影響します。このゲームはそこまで大げさではありません。過去へ戻ってもその部屋の中でしか行動出来ません。実際に過去に戻るのではなく、過去を覗き見しているだけなのかもしれません。
現実離れしているとはいえ、変な魔法使いも悪魔も出てきません。謎の薬を調合したりもしません。(が、扉を開ける為に魔方陣みたいな物を作ったりはします)
幽霊は出てきますが、恐いホラー物ではありません。
「トワイライトシンドローム」のような、切ない、優しい気持ちになれる(ような気がする)ゲームです。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
おすすめ
記録時間: 3.1 時間
投稿日: 2015年9月14日
ポイントクリック・アイテム探しアドベンチャー。

十数年振りに帰ってきた主人公が生まれ育った家は、両親の死後、誰も管理する者もおらずすっかり荒れ果てていた。
母親の霊に導かれるまま屋敷の中を探していると、次々と甦る思い出の品々、自分には知らされていなかった秘密、そして謎が残されたままだった両親が亡くなった経緯。
母親は伝えたいことがあって、そしてもう一度会いたくて、娘が帰ってくるのをずっと待っていたのでしょう。

などと、勝手に物語を作ってしまいましたが、たぶん(確実に)実際のストーリーは違うものと思われます。


屋敷探索物のアドベンチャーゲームです。
鏡などの置物を通して、現在と、過去の(人々が生活していた頃の)時間を行き来しながら謎を解いていきます。
先へ進むためのアイテムを過去へ戻り探し出し、現在へ持ち込まなくてはいけませんが、アイテム類は鏡を通り抜けることは出来ません。なので、どこかに隠してから現在に戻り、そこから取り出し使用します。別に廃屋なんだからそこらに置いておけばよいのでは?とも思うのですが、過去の世界ではまだ人が住んでいたのでしょう。見つからない場所に隠さなければいけません。

"Time Mysteriesシリーズ"などは、いくつもの時間を旅して謎を解いていきます。過去の時間で取った行動が、未来での出来事に影響します。このゲームはそこまで大げさではありません。過去へ戻ってもその部屋の中でしか行動出来ません。実際に過去に戻るのではなく、過去を覗き見しているだけなのかもしれません。
現実離れしているとはいえ、変な魔法使いも悪魔も出てきません。謎の薬を調合したりもしません。(が、扉を開ける為に魔方陣みたいな物を作ったりはします)
幽霊は出てきますが、恐いホラー物ではありません。
「トワイライトシンドローム」のような、切ない、優しい気持ちになれる(ような気がする)ゲームです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い