Wrap your way to bliss in Zen Bound 2, the unique down-tempo indie game! This is a different gaming experience: an opportunity to slow down, zone out and focus on a task that’s challenging but not stressful, a set of gentle puzzles for the mind and fingers to solve.
ユーザーレビュー: 非常に好評 (372 件のレビュー)
リリース日: 2010年11月16日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Zen Bound 2 を購入する

 

このゲームについて

Wrap your way to bliss in Zen Bound 2, the unique down-tempo indie game! This is a different gaming experience: an opportunity to slow down, zone out and focus on a task that’s challenging but not stressful, a set of gentle puzzles for the mind and fingers to solve.

The goal of the game is to paint wooden sculptures by wrapping them in rope - a task that may sound simple but has surprising complexity. Each of the levels presents a spatial puzzle that becomes obvious through inspection. Some levels feature paint bombs that are helpful in covering complex areas of the object.

Zen Bound 2 is a calm and meditative gameplay experience, with tactile, dusty visuals and a sublime, enveloping soundtrack by the sensational electronic artist ‘Ghost Monkey’.

Key features:

  • Multi-touch controls for object manipulation on Macs with multi-touch trackpads
  • Over 100 levels
  • Multiple gameplay modes with paint bombs
  • 45-minute soundtrack from ‘Ghost Monkey’
  • Beautiful high definition visuals

システム要件

Windows
Mac OS X
    • OS: Windows XP SP3 or later
    • Processor: 1.6+ GHz
    • Memory: 512 MB
    • Graphics: OpenGL 2.0 with shader model 3 required, ATI Radeon X1300 or better, Nvidia 6000-series or better
    • Hard Drive: 250 MB
    • OS: OS X version Leopard 10.5.8, Snow Leopard 10.6.3, or later.
    • Processor: Any Intel CPU
    • Memory: 512 MB
    • Graphics: Intel GMA 950 or better
    • Hard Drive: 250 MB
    • Controller: Multi-Touch trackpad or Magic Trackpad recommended
参考になったカスタマーレビュー
27 人中 22 人 (81%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.8 時間
投稿日: 5月22日
+ Beautiful

- When the rope gets stuck inside the objects when you're trying to unwind the last inches and you have to start all over again, you probably find out this game is only potentially zen, but actually one of the most stressful games you've ever played.
- Achieving the perfect score starts easily, but then it becomes a matter of luck, patience, and trial and error, rather than skill.

Bottomline: Those small bugs here and there are bad enough to completely ruin the zen experience, which is the main point of the game.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 1 人 (50%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.4 時間
投稿日: 8月11日
Beautiful game.. Exellent physics and graphics. Music is so relaxing.

Get this game if you want to chill out and just play something challenging but in such a way not stressful at all.

Amazing Japanese Zen puzzles, try it out.. It's fairly cheap :) 10/10

GET IT
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
36 人中 30 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 0.4 時間
投稿日: 2014年10月19日
むかぁし昔のことじゃ。霊鷲山(りょうじゅせん)の山の上、
お釈迦さんが衆中を集めて仏の教えを説いておった。
ところがある日のこと、お釈迦さんなぁんにも語らない。
ただ、近くに咲いとった金波羅華(こんぱらげ)という
花を拈(ひね)って示したそうな。

多くの弟子が首を捻る中、ただ一人、摩訶迦葉
(まかかしょう)という弟子だけがそれを見て微笑んだ。
それを見てお釈迦さんもにっこり、今私は彼に
文字にかけぬ言葉にならぬ教えを伝えた、と仰った。
この逸話を称して拈華微笑(ねんげみしょう)と云う。

これが禅の始まりじゃな。以来禅は不立文字(ふりゅうもんじ)
文字にて伝えること能わず、ただ悟るのみとされておる。
さてこのゲームじゃが、ここに一本縄があり、また木像がある。
言葉はいらぬ、問うてはならぬ、ただひたすらに縛ればよい。
さすれば法悦至極の極楽浄土が見えてくる。

こない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
22 人中 20 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 1.7 時間
投稿日: 2014年6月30日
縄師というおそらく団鬼六が広めた言葉が海を伝わりSteam経由で帰ってきたゲーム。
内容は木彫りの人形を美しく、かつ効率よく縛っていく縄師ゲームで、縄を木彫りの人形に縛って行くにつれ人形はその肌を色づかせ次第に全身を染め上げていきます。
そもそも縄師の定義は人それぞれあるとは思いますが、広義に言われる縄で対象の自由を奪い肉体を物体として扱う人達のことを指すのであれば、想像するに肉にめり込む縄やギリギリ稼働する範囲で固定された関節、血管すらも主導権を握り所により赤く色づき所により白く色を失う。
行動全てを筋肉や関節等に沿った形で縄で奪われ、時に視覚や聴覚、呼吸さえも自分のコントロールから外れ他者に委ねる形になります。
そういった中で自らを全て委ねている感覚、生命のコントロールすら預けられている感覚すら楽しむ高度な遊びでもありますが、ちょっとでも力の加減を間違えば脱臼など簡単に起こりえます。
もちろんそういった事故を未然に防ぐために縄師にはテクニックやスピード、縛った後のボディーアートとしての縄模様を完成させる芸術性、そして何より相手の全てに対して責任を持つような気構えが必要となります。
その責任を捨ててサディスティックに思うがまま相手をただの物体として縛れたら、またそれを受け入れられるようであれば行為は事故でなく遊戯の一巻となるでしょう。
しかしながらそういったパートナーとの信頼関係構築は難しく、また機会すらも希少です。
仮想ではありますがそういったサディスティックな欲望をゲームにしたのが本ゲームになります。
多分違います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.3 時間
投稿日: 2014年1月19日
対象物を縄で縛っていくゲーム。縄で縛ったところに色が付く。
満遍なく色を付けて光ってる釘に一定時間縄を押し当てればクリア。
縛る物は様々な形があり、クリアするだけならある程度適当に縛ればいいが、
美しく縛ろうと思うと途端に難しくなる。問題は多いので飽きるまで楽しめる。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い