Uncover the mysteries behind the Templar Order! Steam Exclusive Edition includes bonus mission “The Arena”.
ユーザーレビュー:
総合:
ほぼ好評 (417 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 417 件中 70% が好評です
リリース日: 2011年5月12日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

The First Templar を購入する

 

このゲームについて

The First Templar follows the story of two main characters – a French Templar, and his companion, a noble lady who has been proclaimed a heretic. Taking control over these two unlikely allies, the player must uncover the mysteries behind the Templar Order, play a role in a grand conspiracy, and discover the secret of the Holy Grail. The heroes face powerful opponents at every turn, including Sacracen, King Philip the IV of France and the Inquisition.

The First Templar features both single player and co-op modes. When playing solo, the player can switch between the two characters, leaving the control of the second hero to the game’s AI. At any moment a second player can join in and take control of the AI-controlled hero.

Key Features

  • Expansive Historical Game World: Return to the 13th century, where European culture is on the brink of collapse. 20 historically accurate locations from around Europe have been recreated for the player to explore
  • One player - Multiple Roles: Instantly swap between playable characters, focusing on the best skills for the job. Drop in/out cooperative online play allows a friend to help out!
  • Fast Paced Action-Based Play: Unlock furious combos to unleash upon waves of challenging opponents
  • RPG-inspired Character Development: Each character has unique abilities and skill trees, which players develop as they explore the game world

システム要件

    最低:
    • OS: Windows 7/Vista/XP
    • プロセッサー: 2 GHz Dual Core
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Direct 9.0c compatible graphics card with 256 MB
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 5 GB 利用可能
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
ほぼ好評 (417 件のレビュー)
最近の投稿
shigu
8.4 hrs
投稿日: 1月22日
始めに言いたいことはこのゲームを楽しむのなら、プレイヤーは10年ほど前に戻った気でプレイするしかありません
今のゲームはこのゲームがやってる以上のものをたいてい備えてるからです

箱庭形式をとりながら実際のところほぼ一本道のアクションゲー
戦闘参加は二人で、主役の片手剣+盾のキャラとサブキャラ(両手剣キャラと+ダガー使いキャラ)を使い進んでいく
参加してるキャラのどちらか一方をプレイヤーが操作し、もう一人は自動で動きます

流れとしては目的地へ→敵が数体出る→やっつける→ムービー
アクションは斬りと防御の二つ、動作や操作性はいたって普通で癖のようなものは感じられない、コンボ技などは能力を解除したら使える
魔法などは出てきません
敵も味方も純粋に切って防御のみ(クロスボウ使いは出てきますけどね)
難易度は一番易しいモードだとボタン連打で勝てるレベル

せめて斬りだけでも、振り下ろす、切り上げる、突きや左右の横斬りなどバリエーションがあれば・・
もしくは体技を使って実践ぽくするとかあれば面白くなりえたかもしれませんが
残念ながら斬りボタン押すだけですね

攻撃面においては操作してないキャラへの指示などはできません
でも、その場で待期するのか、追従するのかは指定できます
主に謎解きで進む場面の時に使うものでしょう
一人がレバー操作して門を開けたすきにもう一人が行動するとか
そういう場面があるので

ステルス要素もあり、時には物陰に隠れながらステージを抜ける場面や、敵の背後から暗殺することもできる
MGSのように相手の視覚範囲がMAPに表示される。敵AIは賢くなく移動を繰り返すかその場で立ってるのみ
注意をひきつけ誘導するギミックは用意されてるが
自分で物音を立てたりなどは出来ない、全てギミック通してのアクション
正直プレステ1時代のMGSより劣っているステルスです

ステージごとにサブクエもアリ、MAPには宝箱もあり、それには体力の一時的な増幅や、武器や防具のパーツなどが入っている。パーツは全部集めると新しいコスチュームがGETできるなど最低限の要素も備えている
装備による攻撃力の変化はおそらくないかもしれません
単純に見た目の変化のみだと思います

クエをクリアしたり敵を倒すと経験値が得られ、それで能力値を上げたり、コンボ技を開放するいく方式

こんなとこっすかね説明は、レビューで説明するのも馬鹿の極みですけどねw
貶してきたように見えるかもしれませんがそんなことはありません
この最低限を基本に各方面で練り上げていれば今でも良ゲーになりえたと思います
なのでこちらが10年以上前に戻りましょう、それなら楽しめます
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
elltar
28.9 hrs
投稿日: 2015年4月15日
アクションアドベンチャーゲーム。
テンプル騎士団の2人が聖杯探索の旅に出るところから始まる内容だ。
祈祷による回復や人間ばなれした大男が出てくるが、魔法やモンスターなどのファンタジー要素がほぼ無い写実的なデザインの全体的に地味なゲームだ。タイミング良くボタンを押していく戦闘、スキルアンロックによる成長要素、ステルス要素、2キャラを場面によって切り替えて操作してパズルを解くなど、様々な要素が詰め込まれているが一本道で全体的に大味なバランスとなっている。

[ストーリー]
ゲーム自体が地味だが、ストーリーも非常に地味だ。主人公のセリアンが高潔にして常に冷静ということもあって、どんなイベントが起きようとも淡々とストーリーは進んでいく。中盤以降のテンプル騎士団に見捨てられ敵組織に寝返った主人公の親友という微妙な立場にいるロランドが、もう少し上手くストーリーに絡んでくれたら良かったのにと思う。

[操作性]
このゲームでは広く周囲を見渡したりする場面は少なく、個人的にはゲームパッドの方が操作しやすかった。逆にマウス&キーボードだと無駄にカメラの上下移動があり操作しにくい。ただ、コンフィグにゲームパッド用キーバインドが無いので操作が分かりにくい。移動しながらLTという回避のやり方が分からずゲーム開始直後は非常に困った。

[戦闘]
自分と敵のモーションをよく見ながらタイミング良くボタンを押していく系統の戦闘だ。スキルをアンロックしていけばアクションの幅が増え、特徴の異なる3つの操作キャラが用意されている。操作に慣れてくると敵との剣戟アクションは楽しい。特にラストの一騎打ちはなかなか雰囲気があって良い。ただ、後半の敵の矛兵や重装剣兵のダウン攻撃の頻度の多さはなんとかして欲しかった。一部の場面ではステルスプレイも可能だが、ステルスで行ける箇所と行けない箇所が明確に区別されており、自由度は無い。

[探索]
ミニマップには地形が表示されないもののシークレットの位置を表示してくれるので、シークレット探しはそれほど大変で無い。トラッキングして足跡やスイッチ、隠し部屋を発見していくことは、面倒くさいと思う反面、雰囲気作りなってるので悪くはない。ただ、遺跡の罠はダメージ罠をタイミング良く避けて移動していくだけの罠が多く、もう少し頭を使う罠が欲しかった。ダメージ罠は見た目よりも当たり判定が大きく、ダメージを受けてよろめくと連続で当たってしまうというのが残念だ。

楽しめそうな要素は多いものの、全体的に地味かつ大味なバランスで何か足りないという印象が最後まであったが、個人的には十分楽しめた。ただ、写実的で堅実的な雰囲気は悪くはなく、このバランスを許容でき、中世で剣戟アクションというシチュエーションが好きならそこそこ楽しめると思う。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
tanken.lll
5.6 hrs
投稿日: 2014年11月18日
十字軍の騎士が主人公のアクションゲームです。
全部ではないですが日本語化可能です。
すごく洗練されたアクションゲームというわけではないので、プレイする人によって評価が分かれるのではないかと思われるのですが、僕は個人的には好きな方の部類に入るゲームです。アクションはアサシンクリード的でボタン連打とタイミングとカウンターなどです。
成長によってアクションも増えていきますし、道中、単純なアクションだけではなく罠回避などの別の要素も出てきて、まだ途中ですが今のところ飽きずにプレイできています。また、ストーリーの雰囲気も全体的に謎や陰謀なども絡んでくるので、僕としては好みです。ただ繰り返しになりますが洗練されたゲームというわけではないので今まで述べた要素を楽しめる人でないと合わないと思います。ほかの方のレビューなどを見て、僕はセール中に購入しました。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
twbourei[JP]
12.4 hrs
投稿日: 2014年9月24日
パッチを当てることにより日本語化が可能! あなたが「人を助ける、守ること」を正義としている者ならば
テンプル騎士団で聖杯を探す旅に出るついでに正義を遂行しよう!
……ただし、「平凡(もしくはそれ以下)なアクションゲーム」であることを忘れずに。
戦闘は最初から最後まで楽しめるだろう、他が不出来だが正義の心を持って許そう。
ゲームとしては少しおすすめはできないが、もし正義の心を持ち興味を持ったなら……。
正義を成し、人間を許すのだ。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
REKI
1.8 hrs
投稿日: 2014年6月29日
おもしろい





買い
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Mistle
17.0 hrs
投稿日: 2012年12月31日
十字軍ゲー。テンプル騎士団が主人公というのは珍しい気がする。
戦闘はアサクリ的なタイミング合わせてボタンポチポチ系だが、ガードガードカウンターゲーのあっちとは違って攻撃をしっかり見ていかないと回避やパリーができない。コンボも充実してるし経験値でスキル取って育成の楽しみもある。あとCoup de Grace(慈悲の一撃、ダウンした敵にトドメ)がWar of the Rosesの動画によく出てくるあれみたいでかっこいい。
日本語化MOD的なのはないようですがまあシナリオは基本正義の味方のテンプル騎士が神に仇なすサラセン人や山賊や悪いキリスト教徒を成敗するお話なので別に読まなくても困らないので問題ない。
なんかメタスコアが妙に低いし検索で出てくる日本語ブログではよくクソゲーだとか叩かれてるけど個人的には大好きです。まだ4時間しかやってないけど
ともかくCoopが面白そうなので誰か買ってください! 一緒に遊びましょう!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
otim tim land
1.8 hrs
投稿日: 2012年11月26日
これは素晴らしい。
アクションゲームを作ろうとした気持ちはよく分かります。
色々要素を詰め込んで遊べる出来にしようっていう熱意もちょこっと伝わります。
題材的にも多分スタッフが好きで作ってたんでしょう。
ただですね

雑過ぎ

なにをどうすればこんな雑な造りになるのか。
全てにおいてつくりが荒くて二番煎じです。
操作性の良さが見えない壁によって台無しにされています。
3Dアクションに見られる要素全部突っ込んでいますが、既視感がすごくて驚きます。
演出もどこかで見たようなシーンをキャラ変えて表現してるように思えます。

ゲームとしてどうなのかと言われると特に尖った所がない普通のゲームです。
なので勧めてもたいした問題はないんですが、「まぁこんなもんだろう」というスタッフの妥協が全体から見て取れるのであえておすすめしない方向で書いてみました。
クソゲー愛好家の方がやってもゲーマーの方がやっても大して面白みを感じないと思われます。
そういう点ではカジュアル向けなんでしょう。
カジュアル向けという言葉を言い訳に使っているような気もしますが・・・
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
17 人中 14 人 (82%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 17.0 時間
投稿日: 2012年12月31日
十字軍ゲー。テンプル騎士団が主人公というのは珍しい気がする。
戦闘はアサクリ的なタイミング合わせてボタンポチポチ系だが、ガードガードカウンターゲーのあっちとは違って攻撃をしっかり見ていかないと回避やパリーができない。コンボも充実してるし経験値でスキル取って育成の楽しみもある。あとCoup de Grace(慈悲の一撃、ダウンした敵にトドメ)がWar of the Rosesの動画によく出てくるあれみたいでかっこいい。
日本語化MOD的なのはないようですがまあシナリオは基本正義の味方のテンプル騎士が神に仇なすサラセン人や山賊や悪いキリスト教徒を成敗するお話なので別に読まなくても困らないので問題ない。
なんかメタスコアが妙に低いし検索で出てくる日本語ブログではよくクソゲーだとか叩かれてるけど個人的には大好きです。まだ4時間しかやってないけど
ともかくCoopが面白そうなので誰か買ってください! 一緒に遊びましょう!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 8 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 28.9 時間
投稿日: 2015年4月15日
アクションアドベンチャーゲーム。
テンプル騎士団の2人が聖杯探索の旅に出るところから始まる内容だ。
祈祷による回復や人間ばなれした大男が出てくるが、魔法やモンスターなどのファンタジー要素がほぼ無い写実的なデザインの全体的に地味なゲームだ。タイミング良くボタンを押していく戦闘、スキルアンロックによる成長要素、ステルス要素、2キャラを場面によって切り替えて操作してパズルを解くなど、様々な要素が詰め込まれているが一本道で全体的に大味なバランスとなっている。

[ストーリー]
ゲーム自体が地味だが、ストーリーも非常に地味だ。主人公のセリアンが高潔にして常に冷静ということもあって、どんなイベントが起きようとも淡々とストーリーは進んでいく。中盤以降のテンプル騎士団に見捨てられ敵組織に寝返った主人公の親友という微妙な立場にいるロランドが、もう少し上手くストーリーに絡んでくれたら良かったのにと思う。

[操作性]
このゲームでは広く周囲を見渡したりする場面は少なく、個人的にはゲームパッドの方が操作しやすかった。逆にマウス&キーボードだと無駄にカメラの上下移動があり操作しにくい。ただ、コンフィグにゲームパッド用キーバインドが無いので操作が分かりにくい。移動しながらLTという回避のやり方が分からずゲーム開始直後は非常に困った。

[戦闘]
自分と敵のモーションをよく見ながらタイミング良くボタンを押していく系統の戦闘だ。スキルをアンロックしていけばアクションの幅が増え、特徴の異なる3つの操作キャラが用意されている。操作に慣れてくると敵との剣戟アクションは楽しい。特にラストの一騎打ちはなかなか雰囲気があって良い。ただ、後半の敵の矛兵や重装剣兵のダウン攻撃の頻度の多さはなんとかして欲しかった。一部の場面ではステルスプレイも可能だが、ステルスで行ける箇所と行けない箇所が明確に区別されており、自由度は無い。

[探索]
ミニマップには地形が表示されないもののシークレットの位置を表示してくれるので、シークレット探しはそれほど大変で無い。トラッキングして足跡やスイッチ、隠し部屋を発見していくことは、面倒くさいと思う反面、雰囲気作りなってるので悪くはない。ただ、遺跡の罠はダメージ罠をタイミング良く避けて移動していくだけの罠が多く、もう少し頭を使う罠が欲しかった。ダメージ罠は見た目よりも当たり判定が大きく、ダメージを受けてよろめくと連続で当たってしまうというのが残念だ。

楽しめそうな要素は多いものの、全体的に地味かつ大味なバランスで何か足りないという印象が最後まであったが、個人的には十分楽しめた。ただ、写実的で堅実的な雰囲気は悪くはなく、このバランスを許容でき、中世で剣戟アクションというシチュエーションが好きならそこそこ楽しめると思う。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.6 時間
投稿日: 2014年11月18日
十字軍の騎士が主人公のアクションゲームです。
全部ではないですが日本語化可能です。
すごく洗練されたアクションゲームというわけではないので、プレイする人によって評価が分かれるのではないかと思われるのですが、僕は個人的には好きな方の部類に入るゲームです。アクションはアサシンクリード的でボタン連打とタイミングとカウンターなどです。
成長によってアクションも増えていきますし、道中、単純なアクションだけではなく罠回避などの別の要素も出てきて、まだ途中ですが今のところ飽きずにプレイできています。また、ストーリーの雰囲気も全体的に謎や陰謀なども絡んでくるので、僕としては好みです。ただ繰り返しになりますが洗練されたゲームというわけではないので今まで述べた要素を楽しめる人でないと合わないと思います。ほかの方のレビューなどを見て、僕はセール中に購入しました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 6 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 1.8 時間
投稿日: 2012年11月26日
これは素晴らしい。
アクションゲームを作ろうとした気持ちはよく分かります。
色々要素を詰め込んで遊べる出来にしようっていう熱意もちょこっと伝わります。
題材的にも多分スタッフが好きで作ってたんでしょう。
ただですね

雑過ぎ

なにをどうすればこんな雑な造りになるのか。
全てにおいてつくりが荒くて二番煎じです。
操作性の良さが見えない壁によって台無しにされています。
3Dアクションに見られる要素全部突っ込んでいますが、既視感がすごくて驚きます。
演出もどこかで見たようなシーンをキャラ変えて表現してるように思えます。

ゲームとしてどうなのかと言われると特に尖った所がない普通のゲームです。
なので勧めてもたいした問題はないんですが、「まぁこんなもんだろう」というスタッフの妥協が全体から見て取れるのであえておすすめしない方向で書いてみました。
クソゲー愛好家の方がやってもゲーマーの方がやっても大して面白みを感じないと思われます。
そういう点ではカジュアル向けなんでしょう。
カジュアル向けという言葉を言い訳に使っているような気もしますが・・・
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 3 人 (38%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 12.4 時間
投稿日: 2014年9月24日
パッチを当てることにより日本語化が可能! あなたが「人を助ける、守ること」を正義としている者ならば
テンプル騎士団で聖杯を探す旅に出るついでに正義を遂行しよう!
……ただし、「平凡(もしくはそれ以下)なアクションゲーム」であることを忘れずに。
戦闘は最初から最後まで楽しめるだろう、他が不出来だが正義の心を持って許そう。
ゲームとしては少しおすすめはできないが、もし正義の心を持ち興味を持ったなら……。
正義を成し、人間を許すのだ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 2 人 (12%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 1.8 時間
投稿日: 2014年6月29日
おもしろい





買い
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 8.4 時間
投稿日: 1月22日
始めに言いたいことはこのゲームを楽しむのなら、プレイヤーは10年ほど前に戻った気でプレイするしかありません
今のゲームはこのゲームがやってる以上のものをたいてい備えてるからです

箱庭形式をとりながら実際のところほぼ一本道のアクションゲー
戦闘参加は二人で、主役の片手剣+盾のキャラとサブキャラ(両手剣キャラと+ダガー使いキャラ)を使い進んでいく
参加してるキャラのどちらか一方をプレイヤーが操作し、もう一人は自動で動きます

流れとしては目的地へ→敵が数体出る→やっつける→ムービー
アクションは斬りと防御の二つ、動作や操作性はいたって普通で癖のようなものは感じられない、コンボ技などは能力を解除したら使える
魔法などは出てきません
敵も味方も純粋に切って防御のみ(クロスボウ使いは出てきますけどね)
難易度は一番易しいモードだとボタン連打で勝てるレベル

せめて斬りだけでも、振り下ろす、切り上げる、突きや左右の横斬りなどバリエーションがあれば・・
もしくは体技を使って実践ぽくするとかあれば面白くなりえたかもしれませんが
残念ながら斬りボタン押すだけですね

攻撃面においては操作してないキャラへの指示などはできません
でも、その場で待期するのか、追従するのかは指定できます
主に謎解きで進む場面の時に使うものでしょう
一人がレバー操作して門を開けたすきにもう一人が行動するとか
そういう場面があるので

ステルス要素もあり、時には物陰に隠れながらステージを抜ける場面や、敵の背後から暗殺することもできる
MGSのように相手の視覚範囲がMAPに表示される。敵AIは賢くなく移動を繰り返すかその場で立ってるのみ
注意をひきつけ誘導するギミックは用意されてるが
自分で物音を立てたりなどは出来ない、全てギミック通してのアクション
正直プレステ1時代のMGSより劣っているステルスです

ステージごとにサブクエもアリ、MAPには宝箱もあり、それには体力の一時的な増幅や、武器や防具のパーツなどが入っている。パーツは全部集めると新しいコスチュームがGETできるなど最低限の要素も備えている
装備による攻撃力の変化はおそらくないかもしれません
単純に見た目の変化のみだと思います

クエをクリアしたり敵を倒すと経験値が得られ、それで能力値を上げたり、コンボ技を開放するいく方式

こんなとこっすかね説明は、レビューで説明するのも馬鹿の極みですけどねw
貶してきたように見えるかもしれませんがそんなことはありません
この最低限を基本に各方面で練り上げていれば今でも良ゲーになりえたと思います
なのでこちらが10年以上前に戻りましょう、それなら楽しめます
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い