Check out the high-resolution trailer and see what the game is all about. Heroes of Annihilated Empires はファンタジー世界を元にした PC 用リアルタイムシミュレーション RPG です。 Valve の新しい 3D エンジンが採用されています。 エピソード 1 の舞台は、エルフの故郷だといわれる、アトランス島です。 ゲームに登場する世界は、生活観に溢れ、広大で、魔法や神話に登場するようなモンスターや、英雄、巨大勢力が存在しており、はるか昔から続く大規模な争いを繰り返しています。
ユーザーレビュー:
総合:
非常に好評 (134 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 134 件中 86% が好評です
リリース日: 2006年11月22日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Heroes of Annihilated Empires を購入する

 

このゲームについて

Check out the high-resolution trailer and see what the game is all about.

Heroes of Annihilated Empires はファンタジー世界を元にした PC 用リアルタイムシミュレーション RPG です。 Valve の新しい 3D エンジンが採用されています。 エピソード 1 の舞台は、エルフの故郷だといわれる、アトランス島です。 ゲームに登場する世界は、生活観に溢れ、広大で、魔法や神話に登場するようなモンスターや、英雄、巨大勢力が存在しており、はるか昔から続く大規模な争いを繰り返しています。 プレイヤーは英雄の一人を操作し、数千人もの軍隊を率いて戦ったり、さまざまな武器や強力な魔法を駆使して単身で敵と戦ったりします。 主人公をパワーアップしたり、主人公の能力を向上させたり、手に入れたアイテムでクエストがランダムに変化したりなど、ゲーム内容も変化に富んでいます。

  • 2 つの異なるゲームジャンル、リアルタイムシミュレーションと RPG が 1 つに
  • 新しい 3D エンジン
  • 詳細にまでこだわったゲーム世界。欧州で有名な作家 Ilya Novak の 5 冊の小説の世界観を再現。
  • 数千人の軍隊による大規模バトル
  • 4 種類の個性あふれる種族。それぞれ、スキル、魔法、アイテムが異なります
  • 12 人の英雄、12 種類の中立の種族、100 の団体、150 種類の建物
  • 高度にできたキャラクタータイプ、驚きのアニメーション
  • 150 以上の魔法アイテム、100 種類以上の魔法
  • 感情移入間違いなしのオリジナルのストーリー
  • LAN またはインターネットを使用した標準的なマルチプレイヤーモード。最大 7 人のプレイヤーとプレイ可能。 2 つのゲームジャンルの融合。ゲーム中に、リアルタイムシミュレーション要素と RPG 要素を組み合わせたり、選択しながらプレイできます。
  • マニアも初心者も楽しめる、オリジナルのカードシステムで魔法を使用可能。 50 以上の魔法カード
  • ゲーム全体を通して、キャラクターを徐々にレベルアップ
  • 驚異のオープニング、中間のムービー。 ミッションとミッションの間に挿入されるコミックで、物語の詳細が説明されます。

システム要件

    Windows 2000/XP
    快適なプレイ環境を実現するために、ビデオカード/サウンドカードの最新ドライバを使用することを強くお勧めします。 ゲームのパフォーマンスを向上させるには、バックグランドのプログラム(インスタントメッセージ、アンチウィルス、システムモニタなど)を終了してください。

    最低要件:Intel Pentium 4 2Ghz または AMD Athlon XP 2000 以上、128MB の nVidia GeForce FX5200 または ATI Radeon 9000 ビデオカード、512MB の RAM、DirectX 8.0 対応のサウンドカード、2.5 GB のハードディスク空き容量

    推奨要件:Intel Pentium 4 3Ghz または AMD Athlon 64 3200 以上、nVidia GeForce 6600 または ATI Radeon X800 のビデオカード、1GB の RAM、DirectX 8.0 対応のサウンドカード、2.5 GB のハードディスク空き容量

    オプション:マルチプレイヤー用のインターネット接続としては、最低でも 56K ダイアルアップ接続が必要

カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
総合:
非常に好評 (134 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:


(what is this?)
2 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 賛否両論)
最も参考になったレビュー  全て
13 人中 12 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 9.8 時間
投稿日: 2014年8月9日
主人公を育てながらRPG的にプレイ出来るRTS。しかし、RPGとして見るとつまらない。
主人公の成長に常に限界が用意されているため、シナリオの各段階で好きに強化する事が出来ない。それではシナリオそのものを楽しめるかと言えば、そこに用意されるクエストは単純な物ばかりで面白味が無い。ハクスラ的なアクション性の部分も、主人公が遠距離キャラなのでただひたすら引き撃ちを行う以上の物は無い。
RTSとRPGを組み合わせたゲームと聞けば複雑なゲームを期待してしまうが、RPGとして見るとあまりにも単純すぎた。

もう一点気になったのが、あらゆる作業に時間がかかり過ぎる、と言う点。
クエストなどで行う作業は単純なのに、目的地までの移動や、一体の敵を倒すのに一々引き撃ちを行う時間、主人公のHPやMPの回復待ち、不要品を店まで売りに行く時間など、ゲーム全体として何をするにも時間がかかり過ぎる。時間をかけただけの内容があるならばまだしも、それだけの時間をかけてやった事は進路上の敵集団を一つ倒しただけなど、ゲームとしての展開が小さい。RTSとして操作そのものを楽しむ場合はまた違った感想になるのかも知れないが、RPGとして見るとかけた時間に対してプレイの満足感が薄く感じた。

自分はRTSと言うジャンルはそれ程好きではないので、あくまでRPGとしての評価になってしまうが、このゲームは面白く無いとしか言いようが無い。
グラフィックが綺麗だったり、英語が平易で分かり易いなどの美点もあるものの、このゲームをRPGとして購入する事はお勧め出来ない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 8 人 (73%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 30.8 時間
投稿日: 2015年5月19日
『ロードオブザリング』的な世界観のRTS+RPG。
デモ版使用の日本語化が可能。(ただし、一部表示に不具合あり)

中世ファンタジー世界が、まんま『ロードオブザリング』なのはご愛嬌。
ただ、個人的には好きなので最後まで集中してプレイできた。
大軍VS大軍のぶつかり合いが壮観。

シングルキャンペーンのみプレイした感想としては、RTS風なRPGといった感じで、
『ダンジョンシージ』のようなハクスラに近い。
建造物やユニットを生産し、目標を攻め落とすRTS要素は全体の2~3割ほどで、
どちらかというと単騎で進めていくことが多い。
単騎といっても、途中で兵士を補充できたり、召喚魔法で兵士を生み出せる。

『ロードオブザリング』な世界観が好きで、かつハクスラRPGに抵抗がなければ楽しめると思う。
全体的に、敵が物凄い数で迫ってくるため、ちょっとした絶望感がある。
序盤に指揮官が「ここで防衛線を張って食い止めるんだ!」みたいなことを言うので
従ったところ、3方向から大量のアンデッド+オーク軍団が攻めてきて阿鼻叫喚となったw
防衛線を張る場所は自分で考えた方が良さげ。

登場する種族は多様で、エルフ、ドワーフ、妖精、ケンタウロスなど、色々いる。
木の精霊(?)エントがまんま『ロードオブザリング』で笑ってしまった。
建造物とユニット生産をしつつ、敵の「モルドール国」のような拠点を破壊していくのは楽しかった。

問題点としては、エピソードが途中で終わるため、結末がわからないこと。
『ロードオブザリング』で言えば、『旅の仲間』で終わったようなものか。
また、全編通してゲーム中のBGMが一曲だけということ。
曲自体は壮大で良いが、ずっとこれだけというのはいかがなものか。
もう少しバリエーションが欲しかったところ。
(音楽も『ロードオブザリング』すぎるがw)

プレイヤーキャラとしての仲間も乏しく、ほぼ一人旅が続く。
兵士を魔法で召喚できるが、一定時間で消えるため感情移入ができない。
ヒロイン的なキャラはいるが、育ててもあまり意味がない。(装備品返せw)
世界観が魅力なだけに、この辺りは残念だった。

マルチプレイは未プレイだが、多様な種族と特徴などから、こちらの方が楽しめるゲームかもしれない。

今作は「エピソード1」とのことなので、リリースされるのであれば続編に期待。
また、同メーカーの『Cossacks』シリーズもプレイしてみたいところ。


<一言攻略メモ>

・デモ版使用の日本語化にてプレイ。
 (魔法の効果など、一部表示がされない不具合あり。)
・主人公のレベルはステータスアップを選択することで上がっていく。
・個人的には、HP回復、マナ回復を重視。
・全体的に魔法が強いので、効果は使ってみて把握していくと良い。
・ドリアード(?)の魔法は兵士を召喚できるため重要!

・ビルド可能なRTSパートでは、まず防衛線を有利な場所に作るべし。
 (妖精を選択すると、色々と建造できる)
・ビルドにはそれぞれ必要な素材があるため、妖精を使いマップから回収。
・鉄と水晶(?)は、特定の場所に採取用の木を置くことで取れる。
 (これはしばらく気づかなかったので要注意)

・マップは探索すると、クエストや隠しアイテムがあるためお勧め。
・ただし、強敵がいることもあるので慎重に!
・基本的に弓で攻撃だが、剣は複数に効果があるので使い分けが重要。
・エントはロマン!1体は出そう!
・正面からだと厳しい場合、迂回して攻める手段も有効。
 ただし、守りも必要!(そこでエントですよ!)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い