Set several years after the end of Risen, raging titans have devastated the world and pushed humanity to the brink of existence. Subsequently, monstrous creatures have risen from the watery depths of the sea and their attacks have brought all seafaring to a grinding halt.
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (57 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 57 件中 82% が好評です。
総合:
ほぼ好評 (2,611 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 2,611 件中 77% が好評です
リリース日: 2012年4月26日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Risen 2: Dark Waters を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Risen 2: Dark Waters Gold Edition を購入する

4 アイテムを同梱: Risen 2: Dark Waters, Risen 2: Dark Waters - A Pirate's Clothes DLC, Risen 2: Dark Waters - Air Temple DLC, Risen 2: Dark Waters - Treasure Isle DLC

Risen Franchise Pack を購入する

9 アイテムを同梱: Risen, Risen 2: Dark Waters, Risen 2: Dark Waters - A Pirate's Clothes DLC, Risen 2: Dark Waters - Air Temple DLC, Risen 2: Dark Waters - Treasure Isle DLC, Risen 3 - Adventure Garb, Risen 3 - Fog Island, Risen 3 - Titan Lords, Risen 3 - Uprising of the Little Guys

 

このゲームについて

Set several years after the end of Risen, raging titans have devastated the world and pushed humanity to the brink of existence. Subsequently, monstrous creatures have risen from the watery depths of the sea and their attacks have brought all seafaring to a grinding halt. The hero, now a member of the Inquisition, is sent out to find out how to stop the chaos caused by these creatures from the deep. His quest begins with rumors that the pirates who frequent the southern islands are the only ones who know a way to get rid of the creatures once and for all and end their reign of terror.

With an all-new pirate-based theme, Risen 2: Dark Waters aims to combine the most loved classic RPG gameplay mechanics of the original Risen with a fresh theme and setting on a huge variety of themed island locales. A third-person role-playing game set in a dark and gritty universe, Risen 2: Dark Waters maintains the most immersive features of the original Risen, with multiple approaches to every challenge allowing players to shape the game world based on their own decisions. These choices will serve to unlock new paths, features and additional skills for the character. Together with a highly interactive environment and a full day/night-cycle affecting countless aspects of the game world, Risen 2 will be set in the most immersive RPG game world so far.

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows XP (with Servicepack 2)
    • Processor: Dual Core with 2.1 GHz
    • Memory: 2 GB System RAM
    • Hard Disk Space: 5.5 GB
    • Video Card: 512 MB Radeon 3870 / GeForce 8800 GTX
    • DirectX®: 9.1c
    • Sound: DirectX compatible soundcard
    • Additional: Keyboard/mouse or gamepad required Internet Connection required for online activation
    Recommended:
    • OS: Windows XP (with Servicepack 3), Windows Vista (with Servicepack 1), Windows 7
    • Processor: Dual Core with 3 GHz
    • Memory: 4 GB System RAM
    • Video Card: 1024 MB Radeon 4890 / GeForce GTX 260
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
非常に好評 (57 件のレビュー)
総合:
ほぼ好評 (2,611 件のレビュー)
最近の投稿
unknow-222
( 記録時間: 43.9 時間 )
投稿日: 5月12日
※簡単に日本語化可能

海洋冒険オープンワールドRPG。各島を巡ってクエストを受注したり、隠された財宝を漁っていく。

前作「Risen」のストーリー性の高さと、前々作「Gothic 3」の探索の自由度を見事に融合させたファン納得の作品!!であるはずだったのだが、結構批判があるのは出来の悪過ぎる戦闘システムのせい。

今作の戦闘は剣術、魔法、銃器の三種類のメイン攻撃手段があるのだが、そのうち剣術と魔法が死に体となっており、まともに機能しているのは銃器のみ。

その銃器ですら序盤途中までいかないとプライマリ装備できる銃が登場しないので、メイン攻撃手段に銃器が存在することに気付かないでゲームを投げ出す人もいるんじゃないかと心配になるほど。

しかし一旦銃器を手にすると、戦闘がTPSと化し敵のキルがサクサク進み面白くなってくる。FPSやTPSなどシューティングゲー好きならハンティングゲーと割り切れば悪くはない。

と、戦闘システムの欠陥はあるものの、そんなマイナス要素は余裕で跳ね返せるほどのオープワールドRPGとしてのおもしろさ(自由度や探索要素等)は詰まりに詰まっているので、オープワールドRPG好きならプレイしないのは勿体無い作品。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
nritsuze
( 記録時間: 52.3 時間 )
投稿日: 2015年11月27日
有志MODにより、日本語可能。
前作の主人公が海賊に!? 海賊冒険活劇RPG

◎よかったところ
演出:
イベントムービーが追加され、ボス戦前の演出などが強化されている。

✖ダメなところ
戦闘:戦闘は正直、前作より劣化している。前作では戦闘モードになる事で、並行移動が可能となりそれによって相手の攻撃を回避するのと同時に側面へと移動出来たので反撃へと移りやすく相手も同じ行動をしてくるのでそこでの駆け引きが非常に面白かったのだが、その部分が無くなっている。また魔法も前作のように探索で使えるものはなく、NPCに乗り移って操る事が出来る程度であり、攻撃としては使い物にならない。

総評
海賊ゲームというのは、なかなか斬新であったが前作よりも魔法と戦闘システムが劣化しているのはどうか。
自分の海賊団を結成して船員を連れて冒険出来るのは面白かったが、海戦もなかったのであまり海賊という印象は受けなかった。
シナリオもお使いクエが中心で、前作ほどのダークさも無いので面白さは減っていた。ボス戦は面白かった。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
akihito-will-grow-up
( 記録時間: 33.8 時間 )
投稿日: 2014年11月24日
オープンワールドのモンハンという感じです。日本語化ok

巨大な蟹を蹴り飛ばして転がってる間に仲間とめった刺し
かと思いきや砂に潜って逃げ回られ
そうこうしているうちにグール数匹まで集まってきて襲い掛かられ
銃で決死の応戦するも味方は倒れ、自分の銃の弾も底をつきそうな状況にどう対処する?

敵の動きが奇抜で、今までにない動きをしてくるので、
まるで本当に生きている感があってとても良いです。

銃を持つと強気になれます、不思議。
服装や雰囲気がすごく好き。

ただし注意。
最初のチュートリアルと序盤の少しは、作業感があり、恐らくそこがものすごく評判が悪い。
そこを乗り越えれば、海外レビューにもあるように、大冒険が待っています。

至高のゲームに一歩近づいたゲーム。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
NikudanBOY
( 記録時間: 24.5 時間 )
投稿日: 2014年11月20日
前作のようなGOTHICライクなゲームを期待しているとがっかりすること間違いなし
取ってつけたような海賊設定とシリーズ最低の戦闘とUIが君を待っている!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ka-neru
( 記録時間: 3.7 時間 )
投稿日: 2014年9月1日
TPS視点のアクションRPG。トレカついでに3時間だけプレイしてみました。

うむ、つまらん!

【戦闘】
最初にやれることは攻撃とガードのみ。各種行動のアンロックには大金が必要。
何よりダメなのは、仲間に全てを丸投げすればよいというアクションにあるまじきバランス。楽しそうに蹴りや拳銃をぶっ放す仲間が非常に恨めしい。

【フィールド】
2年前のゲームにしては十分キレイかと。
代わりに恐ろしいほどだだっ広く、オープンワールドの悪いところだけを取り入れてしまった感じ。
非常に退屈な散策に大半の時間を注ぎ込むことになりました。そして、唐突なところにある即死トラップに草不可避(仲間にはIdiot...と呟かれる)

【クエスト】
戦闘や探索の収入は非常に少ないので、金策はクエストのみで行うようです。よくあるお使い。
ちんたら目的地間を往復していると「何やってるんだろう・・」と半生を振り返ることができて実に有意義。

海外のファンタジーが肌に合わないタイプなので、この辺のダルさを背負ってまで続ける気にはなりませんでした。
が、たった3時間しかプレイしていない糞野郎の戯言なので、用法用量とメタスコアを正しく守ってお使いください。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
NORANA
( 記録時間: 50.2 時間 )
投稿日: 2014年7月17日
このゲームの最序盤はチュートリアル的展開を意識しすぎたのか、出来る事も少なく展開も遅いのでかなり退屈に感じる。しかし序盤から中盤にかけての、世界が広がっていきキャラクターが強くなり、ストーリーが進んで行く辺りではかなり面白くなる。ただ、その面白さはあまり長続きせず中盤辺りで頭打ちになる。世界観やシステム的な限界などが感じられる中盤以降は探索や戦闘を面倒に感じる部分もある。
個人的には比較的集中してクリアーしたゲームであり、好きか嫌いかで言えば好きな方にかなり偏るゲームである。しかし、一般的にはメタスコアで示される69点が妥当かなとも思う。

このゲームを大雑把に表現すると、まず根本的に「大作では無い」という点は踏まえておくべきだと思う。どこまでも広大な世界観や、深い戦闘システムなどは存在しないと言う事を踏まえた上でプレイした方が良い。
世界は島単位で区切られており、島には小さな集落が存在するのみで大都市などと言った物は出てこない。島と島との移動は船に乗るムービーが表示されるのみで、船を操船したり戦闘したりするシーンは基本的に存在しない。
あくまで島という単位で区切られた小さな世界を単位に冒険するのが、このゲームの世界観である。
戦闘システムや成長システムに関しては比較的成長の上限が低く、アクション性も高くは無い。全ての能力を上限まで上げるにはかなりの時間がかかるものの、一つの能力を実用上十分な値まで上げるにはそれ程かからず、実プレイ上はそれで十分ゲームを進めていく事が出来る。戦闘に関してもプレイヤースキルの介入余地は少なく、基本的なガードやカウンターなどの操作を間違わなければ勝てる程度の内容になっている。
操作に慣れて必要なスキルも揃えてしまった終盤では、戦闘やアイテム探索の意味は殆ど無くなってしまう。

上記の様な底の浅さがあるゲームなので、それではこのゲームはクソゲーなのかと言う話になると思うが、自分はそうでは無いと思う。
始めにも書いた通り、最序盤を過ぎてからの様々な選択肢が現れ、比較的自由に動けるようになり、多様なアイテムを入手できるようになった辺りはとても面白い。特にゲーム前半でアイテムや金、経験値が不足し続ける中でやりくりしていくバランスはとても秀逸だと思う。
また、自然描写は美しく、比較的狭い島の中でも複雑で簡単には把握しきれない地形デザインは他のゲームではあまり見ない完成度を誇る。何度か通ったはずの場所でも見落としがあり、探索そのものが楽しいデザインになっている。
シナリオ部分では豊富なクエストが用意されており、メインシナリオ以外でも様々な場所に自然に寄り道する形になっている所も良い点だと思う。それぞれのクエストではNPCが延々と喋り続け、クエストそのものの単純さは別として、クエストの背景を盛り上げてくれる。

全体としてこのゲームは、美点と感じる部分も幾つかあるものの、世界感の小ささやシステムの浅さが目立つゲームで、一般的にはあまり評価されないと思う。ただ、個人的には美点の部分で十分楽しいと感じられたので、評価としてはお勧めとしておく。
あまり期待感のハードルを上げず、NPCとのちょっとしたやりとりや、金欠時の細かなやりくりを楽しむ程度の気分でプレイすれば十分楽しめる。決してどこまでも続く広大な大海原を旅する壮大な世界観のRPGを期待しない事。

最後にちょっとアドバイスを追加。
デフォルトではダッシュにキーが割り当てられてないので、左シフトなどに割り当てるべき。ゲームの進行速度が大きく変わる。ただし、PCによっては割り当てられない症状がある模様。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
OverQ4
( 記録時間: 86.9 時間 )
投稿日: 2014年7月11日
RISEN3の発売が間近ということで一応触れておく。
個人的に傑作と評価している1に対しての2なのだが、正直微妙と言わざるをえない。1が硬派な正統派アクションRPGだとするならばこちらはだいぶんカジュアルになったアクション・アドベンチャーである。会話スキルの重要度にそのあたりが伺えよう。
カジュアルと言っても戦闘の厳しさは受け継がれており、むしろ鬱陶しいくらいである。常に二人組みで挟み撃ちを基本とするべきだろう。とは言え今回武器に銃器が追加されており、ショットガンの威力が絶大でこれを極めればもうどうでも良くなってしまうような気も。
1の続編としては「なんか違う」と多少のがっかり感も禁じ得ないが、冒険物語としてはこれはこれで十分楽しいものである。日本語化もできるため初見でもわりとすんなり入ることができるだろう。セールならば買っておいても損はない、たぶん。
なおDLCは未購入である。お察しください。
3が1の延長なのか2の延長なのかそれが問題だ。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
minetrip
( 記録時間: 33.0 時間 )
投稿日: 2014年7月9日
まず最初に、総合的におすすめという分類には一応いれているがハッキリ言って『どちらでもない』が正しい見解だ。

何はともあれ、まず真っ先に目に付くのが顔面から肥溜めに突っ込んでしまったくらい酷い出来の戦闘システムだ。
融通の利かない操作性の悪さ・使いにくいインターフェイス・単純、単調を通り越して苦行の域に達した剣戟のやりとり。
不出来なアクションゲームでもやっているかのようなイライラ感と退屈感を感じる。
しかしそういった反面、このゲームは「海賊・ファンタジー・冒険活劇」という独自の世界観が見事にマッチしたRPGでありストーリーが非常に作り込まれている。幾つかのアラが目立つが、全体的に非常に良く出来た話の道筋はプレーする我々を引き込む魅力を持っている。メインクエストだけでなく、サブクエストも豊富で前述した通り若干の粗さはあるものの、製作サイドの愛が感じられる丁寧な作りこみがこのゲームの輝きに貢献している。更にはゲーム自体は公式的には日本語に対応していないが、日本語化modが存在しており、ちょっと調べれば誰でも簡単に英語から日本語化することが可能であるというところもポイントの一つだろう。
しかし、最初に記述した通り、このゲームにおける戦闘のシステムそのものが、このゲームの輝きを打ち砕き、全てを台無しにしてしまっているといっても過言ではない。


それ故に、出来の悪い戦闘システムと扱いにくいインターフェイスでの操作性の悪さに目を瞑れば、完璧とまではいかなくても及第点は貰えるレベルだと太鼓判を押そう。
定価で買うのはおすすめしないが、セールの時は一度やってみるのも良いかもしれない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Nakatomy
( 記録時間: 70.0 時間 )
投稿日: 2014年7月7日
名作では決してないし、粗も目立つけど、個人的に好きなゲーム。
テンポになれないと、1作目も同様、最初の雑魚にすらぼっこボコにされます


ストーリーは、1作目でタイタン装備を得て、島を脱出し、世界を救いに向かった後の物語。
1作目冒頭でヒロインか?と思われた漂着仲間の女を、ものの見事にストーリーからも忘却の彼方に投げ込み(本当にストーリーにはまるで出てこないし、会話の上にすら出てこない)、島に置き去りにして途中で知り合った海賊の娘と脱出したものの、1と2の間の幕間でのタイタンとの戦いで、1で手に入れた最強装備を全部海に落としてしまい、飲んだくれになってしまってるところから物語は始まります。

今回の物語は、島での活躍と情報を買われて異端審問官の一員となっていた主人公が、情報を探るために海賊になります。船で旅をし、ラムを飲み、曲刀を振りまわし、めんどくさくなって隠し持った拳銃をぶっ放して戦います。さらに、進行によってはブードゥーマジックや、ライフルも習得でき、ぶっちゃけ(中略)。

今回は仲間を連れて歩く事が出来、仲間の戦闘スタイル等もほどほどに個性的です。性格は、主人公含め大半がろくでもないです。また、1作目ではめんどくさい敵でしかなかったノームが、今回は喋るキャラクターとして登場、また仲間にもなります。結構可愛い。


ただ、これは怒らないで、気を落ちつけて聞いてほしい。
1作目ではマルコメ坊主のはげ頭だった主人公が、今作では髪の毛フサフサな男前になってます。
まさにこれを読んだあなた達の憎むべき男が主人公なわけだが、そこはどうか見逃してやってください。皆にもまだ希望は残ってます。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
kami0717
( 記録時間: 29.9 時間 )
投稿日: 2014年6月10日
海賊アクションRPG
あまりおすすめできない

・戦闘システムが回復薬を飲みながらひたすら攻撃するだけ
ガードからのカウンターなどあるがそれでも退屈な戦闘システム
もう少しスキル振りによって戦い方が変わるなどしたほうが良かった

・クエストが退屈
どのクエストも似たようなもので盛り上がりに欠ける
特に「○○を~つ見つけろ」系のもので最後の一つだけ見つからずイライラすることが結構あった

・即死トラップはいらない
急にくるQTE死んだら時間の無駄に成るだけの即死トラップはいらないと思う

・景色は綺麗
夕焼けが反射する海や、嵐の日、夜のジャングルの怖さ、快晴の日の開放感
そのおかげで最後までプレイ出来た気もする

・リプレイ性はない
レジェンダリーアイテムや、伝説の武器など、やりこみ要素はあるものの期待したものがくるわけでもなく
周回プレイもないのであまり意味が無い

まとめ
ブードゥーの技など全体的に未完成のように感じられる、もう少ししっかりとしたつくりならもっと楽しめたと思う。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
41 人中 36 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
8 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 70.0 時間
投稿日: 2014年7月7日
名作では決してないし、粗も目立つけど、個人的に好きなゲーム。
テンポになれないと、1作目も同様、最初の雑魚にすらぼっこボコにされます


ストーリーは、1作目でタイタン装備を得て、島を脱出し、世界を救いに向かった後の物語。
1作目冒頭でヒロインか?と思われた漂着仲間の女を、ものの見事にストーリーからも忘却の彼方に投げ込み(本当にストーリーにはまるで出てこないし、会話の上にすら出てこない)、島に置き去りにして途中で知り合った海賊の娘と脱出したものの、1と2の間の幕間でのタイタンとの戦いで、1で手に入れた最強装備を全部海に落としてしまい、飲んだくれになってしまってるところから物語は始まります。

今回の物語は、島での活躍と情報を買われて異端審問官の一員となっていた主人公が、情報を探るために海賊になります。船で旅をし、ラムを飲み、曲刀を振りまわし、めんどくさくなって隠し持った拳銃をぶっ放して戦います。さらに、進行によってはブードゥーマジックや、ライフルも習得でき、ぶっちゃけ(中略)。

今回は仲間を連れて歩く事が出来、仲間の戦闘スタイル等もほどほどに個性的です。性格は、主人公含め大半がろくでもないです。また、1作目ではめんどくさい敵でしかなかったノームが、今回は喋るキャラクターとして登場、また仲間にもなります。結構可愛い。


ただ、これは怒らないで、気を落ちつけて聞いてほしい。
1作目ではマルコメ坊主のはげ頭だった主人公が、今作では髪の毛フサフサな男前になってます。
まさにこれを読んだあなた達の憎むべき男が主人公なわけだが、そこはどうか見逃してやってください。皆にもまだ希望は残ってます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
20 人中 17 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 29.9 時間
投稿日: 2014年6月10日
海賊アクションRPG
あまりおすすめできない

・戦闘システムが回復薬を飲みながらひたすら攻撃するだけ
ガードからのカウンターなどあるがそれでも退屈な戦闘システム
もう少しスキル振りによって戦い方が変わるなどしたほうが良かった

・クエストが退屈
どのクエストも似たようなもので盛り上がりに欠ける
特に「○○を~つ見つけろ」系のもので最後の一つだけ見つからずイライラすることが結構あった

・即死トラップはいらない
急にくるQTE死んだら時間の無駄に成るだけの即死トラップはいらないと思う

・景色は綺麗
夕焼けが反射する海や、嵐の日、夜のジャングルの怖さ、快晴の日の開放感
そのおかげで最後までプレイ出来た気もする

・リプレイ性はない
レジェンダリーアイテムや、伝説の武器など、やりこみ要素はあるものの期待したものがくるわけでもなく
周回プレイもないのであまり意味が無い

まとめ
ブードゥーの技など全体的に未完成のように感じられる、もう少ししっかりとしたつくりならもっと楽しめたと思う。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 13 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 33.8 時間
投稿日: 2014年11月24日
オープンワールドのモンハンという感じです。日本語化ok

巨大な蟹を蹴り飛ばして転がってる間に仲間とめった刺し
かと思いきや砂に潜って逃げ回られ
そうこうしているうちにグール数匹まで集まってきて襲い掛かられ
銃で決死の応戦するも味方は倒れ、自分の銃の弾も底をつきそうな状況にどう対処する?

敵の動きが奇抜で、今までにない動きをしてくるので、
まるで本当に生きている感があってとても良いです。

銃を持つと強気になれます、不思議。
服装や雰囲気がすごく好き。

ただし注意。
最初のチュートリアルと序盤の少しは、作業感があり、恐らくそこがものすごく評判が悪い。
そこを乗り越えれば、海外レビューにもあるように、大冒険が待っています。

至高のゲームに一歩近づいたゲーム。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 8 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 33.0 時間
投稿日: 2014年7月9日
まず最初に、総合的におすすめという分類には一応いれているがハッキリ言って『どちらでもない』が正しい見解だ。

何はともあれ、まず真っ先に目に付くのが顔面から肥溜めに突っ込んでしまったくらい酷い出来の戦闘システムだ。
融通の利かない操作性の悪さ・使いにくいインターフェイス・単純、単調を通り越して苦行の域に達した剣戟のやりとり。
不出来なアクションゲームでもやっているかのようなイライラ感と退屈感を感じる。
しかしそういった反面、このゲームは「海賊・ファンタジー・冒険活劇」という独自の世界観が見事にマッチしたRPGでありストーリーが非常に作り込まれている。幾つかのアラが目立つが、全体的に非常に良く出来た話の道筋はプレーする我々を引き込む魅力を持っている。メインクエストだけでなく、サブクエストも豊富で前述した通り若干の粗さはあるものの、製作サイドの愛が感じられる丁寧な作りこみがこのゲームの輝きに貢献している。更にはゲーム自体は公式的には日本語に対応していないが、日本語化modが存在しており、ちょっと調べれば誰でも簡単に英語から日本語化することが可能であるというところもポイントの一つだろう。
しかし、最初に記述した通り、このゲームにおける戦闘のシステムそのものが、このゲームの輝きを打ち砕き、全てを台無しにしてしまっているといっても過言ではない。


それ故に、出来の悪い戦闘システムと扱いにくいインターフェイスでの操作性の悪さに目を瞑れば、完璧とまではいかなくても及第点は貰えるレベルだと太鼓判を押そう。
定価で買うのはおすすめしないが、セールの時は一度やってみるのも良いかもしれない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 8 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 24.5 時間
投稿日: 2014年11月20日
前作のようなGOTHICライクなゲームを期待しているとがっかりすること間違いなし
取ってつけたような海賊設定とシリーズ最低の戦闘とUIが君を待っている!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
15 人中 9 人 (60%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.8 時間
投稿日: 2013年11月22日
今度は海賊の真似事をやる事になってしまった主人公
前作で坊主や魔法使いになった設定はどうなったのか?

有志が日本語化を作ってくれたようです、感謝感謝!!
ちなみに俺は最初の雑魚の蟹っぽいので死にました
相変わらず難易度に遊びは無いようだ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 50.2 時間
投稿日: 2014年7月17日
このゲームの最序盤はチュートリアル的展開を意識しすぎたのか、出来る事も少なく展開も遅いのでかなり退屈に感じる。しかし序盤から中盤にかけての、世界が広がっていきキャラクターが強くなり、ストーリーが進んで行く辺りではかなり面白くなる。ただ、その面白さはあまり長続きせず中盤辺りで頭打ちになる。世界観やシステム的な限界などが感じられる中盤以降は探索や戦闘を面倒に感じる部分もある。
個人的には比較的集中してクリアーしたゲームであり、好きか嫌いかで言えば好きな方にかなり偏るゲームである。しかし、一般的にはメタスコアで示される69点が妥当かなとも思う。

このゲームを大雑把に表現すると、まず根本的に「大作では無い」という点は踏まえておくべきだと思う。どこまでも広大な世界観や、深い戦闘システムなどは存在しないと言う事を踏まえた上でプレイした方が良い。
世界は島単位で区切られており、島には小さな集落が存在するのみで大都市などと言った物は出てこない。島と島との移動は船に乗るムービーが表示されるのみで、船を操船したり戦闘したりするシーンは基本的に存在しない。
あくまで島という単位で区切られた小さな世界を単位に冒険するのが、このゲームの世界観である。
戦闘システムや成長システムに関しては比較的成長の上限が低く、アクション性も高くは無い。全ての能力を上限まで上げるにはかなりの時間がかかるものの、一つの能力を実用上十分な値まで上げるにはそれ程かからず、実プレイ上はそれで十分ゲームを進めていく事が出来る。戦闘に関してもプレイヤースキルの介入余地は少なく、基本的なガードやカウンターなどの操作を間違わなければ勝てる程度の内容になっている。
操作に慣れて必要なスキルも揃えてしまった終盤では、戦闘やアイテム探索の意味は殆ど無くなってしまう。

上記の様な底の浅さがあるゲームなので、それではこのゲームはクソゲーなのかと言う話になると思うが、自分はそうでは無いと思う。
始めにも書いた通り、最序盤を過ぎてからの様々な選択肢が現れ、比較的自由に動けるようになり、多様なアイテムを入手できるようになった辺りはとても面白い。特にゲーム前半でアイテムや金、経験値が不足し続ける中でやりくりしていくバランスはとても秀逸だと思う。
また、自然描写は美しく、比較的狭い島の中でも複雑で簡単には把握しきれない地形デザインは他のゲームではあまり見ない完成度を誇る。何度か通ったはずの場所でも見落としがあり、探索そのものが楽しいデザインになっている。
シナリオ部分では豊富なクエストが用意されており、メインシナリオ以外でも様々な場所に自然に寄り道する形になっている所も良い点だと思う。それぞれのクエストではNPCが延々と喋り続け、クエストそのものの単純さは別として、クエストの背景を盛り上げてくれる。

全体としてこのゲームは、美点と感じる部分も幾つかあるものの、世界感の小ささやシステムの浅さが目立つゲームで、一般的にはあまり評価されないと思う。ただ、個人的には美点の部分で十分楽しいと感じられたので、評価としてはお勧めとしておく。
あまり期待感のハードルを上げず、NPCとのちょっとしたやりとりや、金欠時の細かなやりくりを楽しむ程度の気分でプレイすれば十分楽しめる。決してどこまでも続く広大な大海原を旅する壮大な世界観のRPGを期待しない事。

最後にちょっとアドバイスを追加。
デフォルトではダッシュにキーが割り当てられてないので、左シフトなどに割り当てるべき。ゲームの進行速度が大きく変わる。ただし、PCによっては割り当てられない症状がある模様。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 37.3 時間
投稿日: 2013年11月4日
前作のRISENには及ばないが海賊という設定、物語は中々味わえない
途中までの流れはB級映画を見ている様な心地よさだがラスボスが全てを無駄にする
前作のボス戦もゼルダみたいだっだけど・・・
魔法使いとか剣士とか装備なんて関係ないよと言わんばかりの・・・
あくまで最後があれなだけで面白いですよ・・・
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 47.8 時間
投稿日: 2013年8月8日
民家にしのびこんで酒や金を盗んだり、宝箱をロックピックで開けたり、イノシシの肉焼いて食料作ったり、その辺に生えてる花やらを収集して錬金したりと・・・とにかく探索要素満載!
起動してると挙動が重くなるのでやる時は(NVIDIA 3D VISION )こいつをOFFでもOFFでもなくアンインストールでなおります
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 2 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 86.9 時間
投稿日: 2014年7月11日
RISEN3の発売が間近ということで一応触れておく。
個人的に傑作と評価している1に対しての2なのだが、正直微妙と言わざるをえない。1が硬派な正統派アクションRPGだとするならばこちらはだいぶんカジュアルになったアクション・アドベンチャーである。会話スキルの重要度にそのあたりが伺えよう。
カジュアルと言っても戦闘の厳しさは受け継がれており、むしろ鬱陶しいくらいである。常に二人組みで挟み撃ちを基本とするべきだろう。とは言え今回武器に銃器が追加されており、ショットガンの威力が絶大でこれを極めればもうどうでも良くなってしまうような気も。
1の続編としては「なんか違う」と多少のがっかり感も禁じ得ないが、冒険物語としてはこれはこれで十分楽しいものである。日本語化もできるため初見でもわりとすんなり入ることができるだろう。セールならば買っておいても損はない、たぶん。
なおDLCは未購入である。お察しください。
3が1の延長なのか2の延長なのかそれが問題だ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い