A Psychic Odyssey Through the Minds of Misfits, Monsters, and Madmen. This classic action/adventure platformer from acclaimed developers Double Fine Productions follows the story of a young psychic named Razputin.
リリース日: 2005年4月19日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
高画質版を見る

Psychonauts を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Double Fine Bundle を購入する

5 アイテムを同梱: Psychonauts, Costume Quest, Stacking, Iron Brigade, Brutal Legend

Psychonauts Original Cinematic Score を購入する

Psychonauts Original Soundtrack を購入する

ゲームについて

A Psychic Odyssey Through the Minds of Misfits, Monsters, and Madmen.

This classic action/adventure platformer from acclaimed developers Double Fine Productions follows the story of a young psychic named Razputin. In his quest to join the Psychonauts--an elite group of international psychic secret agents--he breaks into their secret training facility: Whispering Rock Psychic Summer Camp. But this is no average psychic summer camp! A mysterious villain has kidnapped Raz’s fellow campers and stolen their brains. Now he must use his psychic powers of Telekinesis, Levitation, and most of all his ability to project himself into the minds of others--to find the loose noodles and keep them from falling into the wrong hands. Fight mental demons! Uncover hidden memories! Sort emotional baggage! Explore the fantastic realm of the inner mind! Join the Psychonauts!

システム要件 (PC)

    • OS: Windows 98 SE/2000/XP
    • Processor: 1.0 GHz Pentium(R) III and AMD Athlon(tm)
    • Memory: 256 MB of RAM
    • Graphics: 64 MB GeForce (tm) 3 or higher or ATI(R) Radeon 8500 or higher (except GeForce 4 MX and Go series)
    • DirectX®: version 9.0 or higher (included with game)
    • Hard Drive: 3.75 GB minimum hard drive space
    • Sound: DirectX&reg 9.0 or higher compatible sound card
    • Controls: Windows-compatible keyboard and mouse
    • OS: Windows 2000/XP
    • Processor: 2.0 GHz Pentium(R) IV and AMD Athlon(tm)
    • Memory: 512 MB of RAM
    • Graphics: , 128 MB GeForce FX 5600 or higher or ATI(R) Radeon 9600 or higher
    • DirectX®: version 9.0 or higher (included with game)
    • Hard Drive: 6.0 GB minimum hard drive space
    • Sound: DirectX&reg 9.0 or higher and Sound Blaster Audigy 2 series sound card
    • Controls: Game Pad (optional)

システム要件 (Mac)

    • OS: Snow Leopard 10.6.8, or later.
    • Processor: Intel Core Duo Processor
    • Memory: 2 GB of RAM
    • Graphics: ATI X1600 / NVIDIA 8600GT / Intel HD3000 or better card with at least 128 MB VRAM
    • Hard Drive: 4GB minimum hard drive space
    • Controls: Keyboard and Mouse
    • Leopard is not supported
    • OS: Snow Leopard 10.6.8, or later.
    • Processor: Intel Core i Series Processor
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: ATI HD 3870 / Nvidia 8800GT or better with at least 512 MB VRAM
    • Hard Drive: 4GB minimum hard drive space
    • Controls: Game Pad (optional)
    • Leopard is not supported
参考になったカスタマーレビュー
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 86
10 件のレビュー
記録時間: 38.9 時間
I can set squirrels on fire... THEN EAT THEM!! One of my favorite games of all time...
投稿日: 2014年2月13日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
43 人中 21 人 (49%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 855
23 件のレビュー
記録時間: 12.9 時間
本作は評判通りユニークな作品ではある。だが、何の罪悪感も覚えずにゴミと呼べるゲームプレイを正当化できるほどに、ユニークなのか?
結論から言うと、ノーだ。

「夢に干渉することで問題を解消する」という枠組みを持つ本作だが、最初の三つの夢以外はストーリーに関係なく、何の脈絡もない夢をひたすら探索させられる。
四つ目の夢は一応脈絡がある振りをしているが、その後、現実の舞台が精神病院に移ると、何の関係もない夢を探索させていることを隠そうともしなくなる。
しかも、最初の三つの夢さえも、それらをプレイしている時点ではストーリーに関係があるものと思わせてはいるが、実は何の関係もないのだ。
というのも、最初の三人は如何にもストーリーに関係ある人物という風に登場するため、夢によって説明される彼らの人間性に意味があるものだと思わされる。だが、彼らは物語に何の貢献もしないのだ。その上、その内二人は本当に存在している意味が皆無なのである。
結局、本筋と呼ぶべきものに貢献するのは、イントロと最初の三つの夢の合間のカットシーンと最終章以外では、新スキル収得時のチュートリアルだけである。
個々の夢の物語が面白ければ、そういった構成も悪くはないのだろう。しかし、単独の物語として成立している夢はたった一つだけだ。
非常に物語を作り易そうな枠組みを使っていながら、よくもまあここまで物語として成立させられないものだと感心する。

シッカーモ、本作はあらゆるシーンで水増しを試みてくる。一つのギミックやジョークが、大抵四回は繰り返されるのだ。一度だけならクスッと笑える程度には気の利いたネタであれば、三回までは繰り返しても良い。天丼は、チープかもしれないが、効果的だからだ。だが、四回繰り返されればくどいだけだ。そんな簡単なことが分からないのか、プレイヤーが気にしないと思っているのか。いずれにせよ、腹立たしい話である。
ジョークだけでなく、ストーリーテリングの基本も繰り返しである。であれば、繰り返しは問題ないのではないか、と思われるかもしれない。その通り問題ないのだ、それが物語に関係あることであれば。前述した、単独の物語として成立している夢では、繰り返しがある程度効果的に用いられている。「ある程度」というのは、繰り返す回数が多過ぎるからだ。三回までであれば、物語に貢献することなら赦されるし、むしろ繰り返すべきだ。だが、四回は多過ぎる。
……と、このようにほぼ同じ内容の文を繰り返すことには、何の問題もない(三度までであれば)。三度繰り返さねば、自分の思考を相手に伝えることはできないと考えるべきだからだ。人これをルール・オブ・スリーと呼ぶ。(この段落で実践されているということにお気付きだろうか)。

ゲームプレイが如何にゴミかということについては、気が進まないので詳しくは述べない。
まっすぐな梯子の途中で落ちたり(解決法: 落ちる地点の直前で二段ジャンプする)、タイトロープの端に当たり判定が無いせいですり抜けて下に落ちたり(解決法: 当たり判定が無い部分の先までジャンプする)、レールの上を滑走していると端で引っ掛かったり、ポールが何の理由もなく掴めなかったり(解決法: 掴めるまで、ポールに向かってひたすら前進し続ける)、見えない壁に引っ掛かったり、そもそも操作していて全然楽しくなかったりする、とだけ言っておこう。

本作は、食べても食べても終わらないクソのフルコースである。クソの中に紛れているコーンがクソの山を正当化すると考えられる性質であれば、プレイしても構わないだろう。しかし、プレイ後には「いやもう充分堪能したよ……」と、クソだらけの口から漏らすことになるかもしれない。
もし、最後までプレイすることができれば。
投稿日: 2014年1月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
48 人中 46 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 677
12 件のレビュー
記録時間: 13.1 時間
Personally this is my favorite Double Fine game. Although it is about nine years old it still holds up as a good game with an interesting art style. Unlike most games built as an atempt at photorealism, the extremely cartoonish graphics and garish colour palette still looks good almost a decade after release. As all games from Tim Schafer the writing is magnificent, the voice acting is well done and the characters always have something important or hilarious to say. The setting of a Summer camp for Psychics not only influences the plot and gameplay but the dialogues actually sound like something children at summer camp would be saying, except that they are about the outlandish topics involved with a world surrounded by psychic weirdness. The gameplay is devided up into two sections, the overworld with some, but not much combat, sidequests, the one shop in the game, and most of the colorful non-essential dialogue, and the insides of the various character's minds. These minds serve as the various levels of the game, each with the same basic controlls but slightly different gameplay. The Meat Circus level is all about fast paced platforming, whilst Lungfishopolis is completely based on the combat system, and the Milkman level(BEST LEVEL EVER) is an old school inventory adventure puzzle mixed with a fever dream X-Files Plot. Throughout the game you gain psy powers that are used in combat and level navigation, some work as a long range attack with the need to collect ammo, and there is a bouncy ball/parachute power that makes platforming much more difficult and interesting.

Now that i have sufficiently gushed about all the things i freaking love about this game it is time to get realistic and talk about the flaws. Most of these flaws have to do with the fact that this was Double Fine's first attempt at an action game. the combat can be a bit annoying with enemy spamming getting overdone at times, that being said most of the basic enemies are too easy to dispatch and clearing the room becomes simply a chore without much actual difficulty. The controlls are somewhat soft and the platforming would be vastly improved by tighter controlls to allow for fine tuned navigation. and if you watch a let's play you can see that the dificulty scale starts off low but when it does ramp up it does so without telling you and later levels,(Milkman,Meat Circus) can become frustrating and take forever to get past, not allways from dificulty of combat or platforming but in the milkman level if you do not know what you are doing it can be almost impossible to figure some of the puzzles out organically.

All that being said these flaws are really not as bad as it sounds. the increased difficulty lends less to frustraton and more to angry inspiration to just beat this next level and prove that you are better than the game. and for the milkman, a quick glance at a gameFAQ can help if you get too badlt stuck, enough people have been frustrated by the level to have wonderfull walkthroughs made to relieve the tension. in the end the story and experience is so good it makes up for any akwardness in gameplay. 8/10, This game is a love it or hate it, and i love it, fantastic but not even close to perfect.
投稿日: 2014年4月3日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
13 人中 13 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,269
172 件のレビュー
記録時間: 10.9 時間
The story and level design certainly are original, and it was fun to play. However, wonky controls and sometimes horrendous camera control bring the score down a couple notches. 10 hours of game play make it definitely worth the money though.
投稿日: 2014年4月24日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
10 人中 10 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 73
1 件のレビュー
記録時間: 19.3 時間
Psychonauts is one of the most challenging platformers I've ever played. Finding and collecting secrets completely changes the game, so take the time to explore the environment and really enjoy the picture that Psychonauts paints. Overall, the experience is rewarding and you simply won't find another game quite like it.
投稿日: 2014年5月2日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ