HAWKEN(ホーケン)は、イラルというディストピア惑星の戦場の上、メカ戦機を操作するマルチプレイのパソコンFPSゲームです。 戦略的ながらハイペースなゲームプレイを誇り、HAWKENは素敵な異星風景、カスタマイズ化やアップグレードできるロボット、および複数の競争モードにわたるダイナミックな体験が特徴です。 HAWKENは現在五つのゲームモードを対応しています:チーム戦、協力ロボット破壊、ミサイル強襲、攻囲戦、および乱戦。各モードは違うアプローチを必要とする、異なるスキルを磨く、ユニークなゲームプレイ体験を提供します。 チーム戦 12人が二つのチームに分け、団体として40キルまで競いあいます。勝つにはグループを整い、防衛的に戦うタイミングを見計らうことは必要不可欠。
ユーザーレビュー:
最近:
ほぼ好評 (262 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 262 件中 76% が好評です。
総合:
非常に好評 (17,476 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 17,476 件中 85% が好評です
リリース日: 2014年2月14日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

早期アクセスゲーム

今すぐアクセスしてプレイ開始;開発途中のゲームに参加しよう。

注: この早期アクセスゲームは不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。 詳細はこちら

開発者からの注意書き:

“We are extremely happy to now offer HAWKEN as an Early Access title on Steam! We've been working hard fixing bugs, addressing feedback from the community and polishing up our design as we push forward towards our final release. HAWKEN is in the very final stages of BETA so you may notice a few bugs but we're ready for an expanded audience to try the game and have fun! HAWKEN is Free to Play so don't be shy about giving the game a try or recruiting your friends and family!

Please note that a pilot account is required to play HAWKEN. Use the following address to create a pilot account and you will be playing in no time at all: http://www.playhawken.com/enlist

We currently have 2 bundles available for purchase which offer players great game content at great discounts. We have a new lower price on the Prosk Starter Bundle and just launched the Mercenary Bundle which saves you an approximate 60% off the cost of purchasing each item individually!

If you were a player of HAWKEN previous to our presence on Steam please note that we are no longer be using our own launcher for the game but instead will be using Steam as a sole content delivery method. As a result we recommend that players uninstall any previous versions of the game before downloading the game here to avoid any potential conflicts. All your progress is stored remotely so you won't have to worry about losing anything!

We're excited to now bring HAWKEN to even more players and look forward to seeing you on the battlefield!”
詳細を見る
 

最新の更新 全て表示(164)

6月20日

Dev Update - Q&A

Now that we're home from E3 I've put together the questions you have and had the Devs take a pass at answering. I hope this information helps put your minds at ease that the PC is still going to be around. We're not replacing it with the consoles, the consoles are a new addition to the Hawken family. Click here to read the full Q&A/

41 件のコメント 詳細を見る

6月13日

Dev Update - Catching Up! Coming Soon - PS4 & Xbox One!

The E3 Announcement for Hawken on Play Station 4 and Xbox One is finally released!  We hope you're just as excited as we are about the news. 
 
Ever wondered just what was going on for the past year or so? We figured a high level timeline might be of interest :) 
 
The long and short of it is that the console port is a fantastic addition to Hawken. It brings the gameplay we all love to a very wide audience, and we’ve all kinds of good plans for the future. The PC platform is going see all kinds of benefits; we’re in the process of getting all platforms up to feature parity, and from that point on, the Illal sky is the limit.
 
March 2015 – Reloaded Games acquires Hawken assets

This was the big rescue-style emergency recovery action to make sure Hawken didn’t disappear.

June 2015 – Console port starts to ramp up
 
505 Games happened to notice when we acquired the Hawken assets. They pretty quickly mentioned they thought a console port would make a lot of sense, and so after some negotiation time and some exploratory research, an agreement was signed that put Hawken on the road to becoming a console title. Prior to then, we had to sort of remain in a bit of a holding pattern, because depending on the possible console port work, the nature of immediate development efforts would have been drastically different. This is probably when you may have noticed capnjosh becoming a little less-than-precise in his communications ;)

July 2015 – Initial code merge for PlayStation 4 port
 
This involved merging some 26,000 files. I'm sure you can imagine how mind-numbing that can be. Our tech director had done this a number of times before, so when he finished, the game was surprisingly close to running. Things generally compiled, but, as you can guess, it becomes a hugely painful process of addressing every compilation problem, adding more logging, iterating, and generally going into super-focus mode for hours and hours and days and days. If you don’t mind doing that, then, well game dev may be for you.

August 2015 – First raw PlayStation builds
 
This phase took the longest, since it had to set things up to work with the upcoming Xbox One merge. It also was where we had to also port the Hawken-specific online subsystems; this proved to pretty time-consuming on its own. All throughout, we made sure it ran on PC, which helped with testing overall, and it also allowed for faster dev work for the rest of the team. 
 
September 2015 – Xbox One code merge and first builds

During this process we had to upgrade to DirectX 11. We had to merge 3 different rendering pipelines into one so future development could be faster. 

October 2015 –  Significant playable builds for console. UI starts to become a challenging little beast
 
Here’s where the development started to get interesting. Talk about complex.

November 2015 – UI proves to be far more of a problem than anticipated.

The problem essentially boiled down to pretty old tech debt. The UI code had had to be structured to handle a lot more than ActionScript 2 was really well-suited to handle, so there were added layers of complexity that made work very slow for people unfamiliar with all the context behind where and why things were coded the way they were. Clean, well-engineered code, yes, but very complex.
 
December 2015 – Started a UI rebuild; winter illness

The idea behind this was that we could not get satisfactory console controller input. Shifting focus between all the elements on the existing UI was proving near impossible. So, we sort of had no choice but to try rebuilding a new UI framework using all the experience of past console port work and current best practices. This process was very time consuming, and I’m sure our publisher can emphasize how worrisome it all was ;)
 
January 2016 – Revert to old UI with help of original U programmer; framerate gets better
 
Out of nowhere, Jay Elwanger happened to become available. He knew how and why code was the way it was and he loved Hawken. He was able to do a proof-of-concept UI update that indicated we did not have to scrap the entire old UI. This work allowed us to put focus back on the engine-specific porting work.
 
February 2016 – Services layer updates, continue UI, reschedule launch dates

We upgraded frameworks for the back-end services, we improved handling, created all the server-to-server communications systems required for console authentication and purchases. Kind of a complex bundle of things there, let me tell ya. Good thing is it’s all fairly reusable and pretty clean.
 
March 2016 – More services updates, hosting and deployment adjustments
 
The services layer saw upgrades to things like processing efficiency, security, and compression of data in transit over the network. Hosting systems and the services layer had to updated to handle the now-multiple platforms per environment. Deployment systems, build servers, gameserver hosts, and services machines all saw changes. And all the while we had to keep in mind how we can ensure the live PC game is supported.

April 2016 – First certification checks on Xbox One
 
The Xbox team at Microsoft was excited to see Hawken on the Xbox One, and they actually did a few pre-certification reviews for us. And then they even had an expert do an analysis of some PIX captures. You know when you get to hear a true expert on some topic sort of explain what they’re seeing, what they suspect could be a cause, and then some historical background on why something could be happening? Yeah, there are some really smart people over at Microsoft.
 
May 2016 – First certification submissions, massive bug fixing

Having a game build in certification testing is nerve-wracking. You go for several days fearing the worst – dozens of Condition For Resubmission items (in Xbox parlance) or Must Fix items (in Play Station testing terms). The stakes are high at this point ; it takes a week or two from the time you do final commits for a build to when that build is done with submission testing. Getting fixes retested and approved can be that long plus the time it takes to find and fix the issues. It was in May that we lost someone who had become a great friend and huge Hawken supporter, Jay Elwanger. We were all stunned and we still miss him. He loved Hawken, and he poured some fantastic work into this game. I’m proud to have known him.

Summer 2016 – Launch, relaunch, and updates
 
There will undoubtedly be some cleanup and fixes required after the console launch, but during all that we will be preparing for the PC relaunch. Why didn’t we do the PC first? A commitment to launch the console version first and the desire to solidify that release before we tackle the task of making sure all the existing data in the PC game is handled right. We also have what we expect to performance improvements, a new patcher, and the new faster services layer. Most importantly, we have structured the project so that any development efforts apply across all platforms, so once we have all the platforms up to the same version, all future development should proceed in lock-step.
 
Future development targets, roadmap, and more will be released over the coming weeks.

34 件のコメント 詳細を見る
全てのスレッドを表示

このゲームの掲示板でバグを報告したりフィードバックを残そう

レビュー

“神経を使わせながらすぐに戦場に戻りたくなるような体験です。”
-IGN

“完全にバランスされているロボット戦闘。”
-Polygon

“HAWKENは僕がロボットFPSから欲しかった体験を完全にかなえたゲームです。”
-Kotaku

Key Features

  • ハイペースなロボット ゲームプレイ: 戦争は機械です。巨大な戦機を操縦し、強力な兵器で敵を倒す。
  • 16種類のユニークなロボット: 大量破壊の方法を決める。小型の暗殺者REAPER(リーパー)、中型の電撃RAIDER(レイダー)、大型の戦車のようなINCINERATOR(インシネレータ)など、全16種類からすきなロボットを選択する。各種類は完全にユニークなスキル、ステータスおよび兵器の取り合わせを持つ。
  • 5つのゲーム モード: チーム戦、協力ロボット破壊、ミサイル強襲、攻囲線、および乱戦の五つのモードで協力と競争プレイを両方体験する。
  • 素敵なディストピア風景: 戦争たけなわの惑星を経験する。荒廃した都市、砂漠町、汚染された荒地、ジャングル前哨および秘密兵器の施設で戦闘する。
  • 装備のカスタマイズ化: 受動的な改善をもたらす機内装備および、攻勢、防衛と支持的なアイテムでプレイ スタイルをカスタマイズする。また、ロボットを自分のものにするためのビジュアル アイテムが盛り沢山。
  • 巨大な兵器: 賢明に武器を選択せよ。巨大な狙撃銃、ロータリー キャノン砲、弾道スパイク銃、火玉ラウンチャー、腐食化学兵器、デュアルモード爆弾発射機など、武器のオプションは広大。
  • さまざまなアイテム: 仕事にあわせた道具を利用せよ。ホログラムで敵を騙し、電磁気パルスでロボットのシステムをシャットダウンさせ、手榴弾や爆弾で止めを刺す。異なるプレイ方法を提供する12種類のアイテムから選択できる。
  • 上位のNVIDIA PhysX: NVIDIAのPhysX(物理)機能で戦闘体験をレベル アップする。爆発や粒子効果は細かいディテールを示し、最適なビジュアル体験を提供する。
  • Oculus Rift対応: 「Oculus Rift」ヘッドマウントディスプレイでロボット戦闘に没頭する。

このゲームについて



HAWKEN(ホーケン)は、イラルというディストピア惑星の戦場の上、メカ戦機を操作するマルチプレイのパソコンFPSゲームです。
戦略的ながらハイペースなゲームプレイを誇り、HAWKENは素敵な異星風景、カスタマイズ化やアップグレードできるロボット、および複数の競争モードにわたるダイナミックな体験が特徴です。


HAWKENは現在五つのゲームモードを対応しています:チーム戦、協力ロボット破壊、ミサイル強襲、攻囲戦、および乱戦。各モードは違うアプローチを必要とする、異なるスキルを磨く、ユニークなゲームプレイ体験を提供します。

  • チーム戦
    12人が二つのチームに分け、団体として40キルまで競いあいます。勝つにはグループを整い、防衛的に戦うタイミングを見計らうことは必要不可欠。

  • 協力ロボット破壊
    4人のエリート団体を組み、寄り押せてくる敵集団を倒す協力プレイ。ラウンドが進むと敵ロボットとドローン兵器は徐々に強烈になり、5ラウンドごとに一人では倒せないボス ロボットが登場します。グループとして動き、攻撃戦略を作り、集める材料を慎重に費やすことによって多勢に無勢の戦いから勝利を収めよ。協力ロボット破壊は現在、「FACILITY」(兵器施設)および「FRONT LINE」(前線)の二つの地図でプレイ可能で、それぞれの地図にユニーク的集団が登場します。

  • ミサイル強襲
    6人チームを幾つかの小団体に分け、三つのミサイル サイロを制御するために戦います。サイロをキャプチャーすると、発射するミサイルは敵チームの母船にダメージを与えます。サイロを三つとも同時に制御するとボーナス ダメージが追加され、戦闘を早く終わらせることも可能。敵母船を破壊するためにはフレキシビリティーとアイテムの有効な利用がコツです。

  • 攻囲戦
    EU(エネルギー ユニット)を二つの中立場所から集めて、拠点に戻すと敵拠点に向かって宇宙船を出発する。敵が送った宇宙船を倒すために地図の真ん中にある高射砲のコントロールを競い合う。先に敵拠点を倒したチームが勝利する。このモードでは時間制限はありませんけど、宇宙船は送る度に強くなります。

  • 乱戦
    レーダーを監視しながら、有利なアプローチを決めるまでに行方をばれないように慎重に動く、10分間で一番高いスコアを得たプレイヤーが勝利する。


HAWKENは多くのカスタマイズ要素を提供します。ユニークな見た目と装備で印象的な組み合わせを作りましょう。

  • ビジュアル
    ユニークな迷彩とペイント、パーツ、推進機、および修理ドローンの組み合わせで敵を恐怖させ、見方を鼓舞せよ。面白いアピールとホログラムで味方を笑わせ、倒した敵をあざける。

  • 効果的
    機内装備とアイテムでプレイ スタイルとスキルをカスタマイズする。機内装備は6スロットのうち1~3スロットサイズを利用し、ユニークなスキル(例えば空中回転や空中ダッシュ)、ステータスを一時的にアップする(例えば敵を倒すときに攻撃や防衛を)などさまざまな効果を提供します。アイテムは追加の武器(例えば電磁気パルス、手榴弾)、見方を助ける配備装置(例えばスキャナー、シールド)、または敵を崩壊させる装置(例えばマシンガンやロケット タレット、レイダー スクランブラ)になります。敵を早く倒すか、チームを援助するか、地図の重要場所を守るためにロボットの装備を賢明に決めましょう。

Game Guide



HAWKENは三つの重量区分で、戦場でさまざまな役目ができる数多くのロボット種を提供します。徹底的なロボットガイドで各種類のロボットの強さと欠点を勉強し、プレイ スタイルに合うタイプを見つけよ。
http://www.playhawken.com/game-guide/mechs


HAWKEN は拡大的な地図を多く提供します。しかしながら、敵を回避しているときは地図が探りにくい場合もある。地図ガイドはモードに合わせたアドバイスを含むアクティブ地図を提供する上、設定の歴史、スクリーンショット、ゲームプレイ ヒントなどをめぐることもできます。
http://www.playhawken.com/game-guide/maps


すべてのロボットは最初、メイン武器(左マウスボタン)を一つ搭載しています。第2メイン武器はロボットを3ランクで、プレスティージ武器は5ランクで、ガレージにて購入できるようになります。プライマリー武器はガレージ、またはロボット選択画面から変更することが出来ます。ロボットのサブ武器はそれぞれひとつのみですが、すべての種類は追加機能を提供する、特別なアビリティーを持ちます。ミドル マウスボタン(または打ってから再び右マウスボタン)でその機能を利用してみてください。
http://www.playhawken.com/game-guide/weapons


HAWKEN では装備を入れ替えることによってロボットをカスタマイズや改良できる。いろいろな効果的なアイテムを装備して敵を抑えよ。
http://www.playhawken.com/game-guide/items

システム要件

    最低:
    • OS: Windows XP、Windows Vista、Windows 7(32または64ビット
    • プロセッサー: 2Ghz デュアル コア
    • メモリー: 3 GB RAM
    • グラフィック: 512 MBグラフィック カード(DirectX 9.0cとShader Model 3.0対応(NVIDIA 9800 GTXまたはAMD HD 5670以上)
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 5 GB 利用可能
    • 追記事項: 1280 x 720以上の解像度
    推奨:
    • OS: Windows XP、Windows Vista、Windows 7(64ビット)
    • プロセッサー: 3Ghz デュアル コア
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: 1024MBグラフィック カード(DirectX 9.0cとShader Model 3.0対応(NVIDIA GTX 460またはAMD HD 6850以上)
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 5 GB 利用可能
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
ほぼ好評 (262 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (17,476 件のレビュー)
最近の投稿
Izunabi
( 記録時間: 6.3 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 5月14日
アーマードコアで例えると「ほぼロックオンなしのMTを操作するゲーム」と言ったところ。
メカデザインは横山宏を彷彿とさせ、秀逸。可愛い。

照準の追従速度を含む全体的なゲームスピードが抑え目なので、エイムの苦手なFPS初心者に優しい。
初期機体がずっと使い続けられる(上位互換などが登場しない)というのもよい。

やり込めばまた違った感想になるのかも知れないが、今のところは、すごく楽しめている。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
sumihisamegu
( 記録時間: 387.4 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 4月29日
4速歩行ロボットを出したほうが良い
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
KiEEe
( 記録時間: 208.2 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 4月26日
<今のハーケン村の特徴>
・日本鯖は顔見知りのみ、全員上級者。まさに村である
・初心者も全力で殺される
・恐ろしいスカウトがいる(村長)
・恐ろしいシャープシューターがいる
・恐ろしいレイダーがいっぱいいる
(以下略)
・おいでよ

<入村希望者へ>
・このゲームは人を選びます、チームデスマッチがメインモードで、集団戦が基本です。
・まずはアサルトで基本を知る、TOWランチャーの当て方、チームの動き方、レーダーを見るetc.
・嫁機体を決める、どんな機体でも情熱と立ち回りで強い(ゲームバランスがわりと良い)
・村で修行を積むと他のアジア勢を虐殺できるようになってくる、そろそろ肩を赤く塗りたくなる
・自分と同じ機体乗りには対抗心が湧く
・村でしか満足のいく試合ができなくなります
・むせる
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Elsa In Vietnam
( 記録時間: 2.2 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 4月17日
日本語のインターフェースが全く機能していない。言語設定を日本語にすると、文字がほとんど文字化けしてまともにゲームができない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Uniedon.
( 記録時間: 4.1 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 2月28日
kamige-
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
AKLO
( 記録時間: 22.9 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 1月24日
ゴテゴテアメリカンなメックと、我々ジャパンの変態どもが好きそうな重機系リアルロボットの
ちょうど中間くらいをとったデザインのマシンに乗って戦う、ややスピーディなFPS

デザインもさることながら、フレーバーで書いてある設定も秀逸で 「作業用のものをムリヤリ改造」とか「そのへんに転がってた燃料タンクの廃材からコクピット作った」とか、ナカナカ酷い製造過程がまた男心をくすぐる

みてくれだけでなく、中身のバランス調整も良好で、ちゃんと自分のメックに合った動きやチームワークを心がければ軽量だろうが重量だろうがいい試合が出来る。また機体の硬さも多少あるので、退き際を読んで修理したり一気呵成に吶喊したり、常に前線が流動していく
もし「手持ちのメックがちょっとな…」という状態でも、日替わりで持ってないメックに試乗させてくれる。初期状態で配備されているメックも非常に優秀で初心者に優しい
プレイヤーの民度も非常に良好なほうで、チャット欄を眺めていると「良いチームだね」とか自然に褒め言葉が出てくる
日本語化もされてるし、PCに要求されるスペックもあまり高くない

ただ若干残念な点としては、無限ロードというか、サーバーと同期中に変にフリーズすることが時たまあるのでやや注意が必要か
人口については時間帯を選べばちゃんといるし、2016年1月現在でも問題ない範囲

かなりおすすめなゲーム
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
misao
( 記録時間: 11.6 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 1月9日
一言で言うと、実力がものをいうロボットゲー。
始めたときは英語がわからなくてなんとなくやっていたのですが、ユーザーの方が作成してくださった日本語ガイドのおかげで日本語化ができました。
課金要素もありますが、強さに関係のない「見た目や新しい機体がゲーム内マネーを使わずに購入できる」というものです。
無課金でも、新しい機体はゲーム内マネーで購入することが出来るので問題ありません。

最初のアカウント作成で少々手間取るかも知れませんので簡単に説明を記載しておきます
Callsign
ゲーム内で使用するニックネーム

E-mailAddress
メールアドレスです。ログインやメルマガ、パスワードの再設定に使います。

Password
パスワードです。大文字の英語を1文字以上、数字を1文字以上入れないと登録できません。

HumanVerification
登録するアカウント主がロボットではないという確認です。バーがスライドできるようになっているのでスライドしてください。

ContactMe
メールマガジンを読むかどうかです。

I certify that I am 13 years of age or older and I agree to follow the license agreement, rules of conduct and name policy.
利用規約です。13歳以上で利用規約に同意できたらチェックを。

CREATEACCOUNT
アカウントの作成です。

日本語化などはゲーム起動中に「Shift+Tab」をおすと、ユーザーの方が作成してくださった日本語化ガイドがでてきますので、そちらを参照してください
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Soul of Cinder
( 記録時間: 199.1 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 1月2日
私が最も好きなゲームです。
メックがどれも可愛いし、バランスもものすごく取れていて、
この機体が特段強い!って機体もありません。
また、ロボットをコックピットから動かせるのもいいと思う。
下の方が「固い」と書いておりますが、別にそんなことはなく、
例を挙げるとすれば、インフィのEOCのフルチャージと、
グレランがすべてヒットした場合、大体半分くらいは削れます。
他の機体でも十分な火力がありよっぽどの下手くそじゃない限り、
倒しきれないなんてことはありません。
他にも、ロケッティア、アサルト、テレビくん、バーサーカー
などは、初心者でも扱いやすい機体で、
取りあえず前記の機体は扱いやすいと思います。
ただ、レベルが30までしかなく、かなり強い人とマッチングしたり、
一機相手が多いだけで結構不利だったり、マップの関係上リスkillされたり
サーバーが少ないなど、そのへんは少し良くないと思います
サーバーが少ないのは、今いろんなレビューを見ている人が参加することで、解決できます。
「やってみようかな」ではなく、「やる」のです。
このゲームは外れではありません。
もし、「フレンドがいないからやらない」と考えている人がいるなら、
私がフレンドになります。取りあえず、私にフレンド申請してください。
イラルでの戦争は貴方を必要としてます。ぜひ、ご参加を。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
( 記録時間: 3.5 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 2015年12月18日
♥♥♥♥♥♥♥♥о хорошое
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
endless_chop
( 記録時間: 306.6 時間 )
早期アクセスレビュー
投稿日: 2015年12月16日
ほぼ無料でオススメのゲーム!(課金あるけどやったところで強くならない、すばらしい)
ロボット好きならぜひともやってもらいたいゲームです!!
基本PvPの対戦ゲームで1vs1から最大6vs6まであります!!
課金で強くなるゲームではないので自分の腕で強くなっていくので単純に強くなる人は強くなります!!
風景も無料とは思えないのでぜひぜひプレイしてみてください!!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
54 人中 47 人 (87%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 246.8 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年2月13日
アプデで色々と変わったのでレビューします。
いい所
・メック全体の体力が減少及び高速化によって試合展開が早くなった。
・以前は一方的な試合が多かったが接戦が多くなり、逆転も十分狙える内容が増えた。負け戦だからと諦めないこと
・ラグがかなり軽減された。外人が多いゲームだけどラグを意識したことはないです
悪いところ
・体力が減ったので以前のようなジリジリとした駆け引き要素は薄れた
・まさかのチューニングMOD削除 これには賛否両論あり
・一応このゲーム日本語対応なんですが翻訳が残念。アイテムの説明欄がカオス

 とにかく基本無料とは思えないほど非常にクオリティの高いロボゲーなので(グラフィックが半端ない)是非ともやってみてほしいゲームです。
今回のアプデは既存者に厳しく新規にやさしい調整になっているので(だから糞アプデだと言う人もいますが)初心者でもチャンスがあれば廃人に一矢報いることができるかもしれません。
 あと一つ、ちょっとルールは複雑だけど初心者にはシージというゲームルールがおすすめです。
ポイントうまうまですよ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
42 人中 37 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 457.9 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年3月5日
Steam移行前と合わせて総プレイ時間がそろそろ600時間を越えそうです。めっちゃ面白いです。ずっとやってます。
良いところ悪いところ交えてレビュー投稿してみます。

■Hawkenについて
6vs6のチーム戦を基本とし、ロボットに乗り込みブーストやドッジを駆使して敵の体力を削り合う無料のFPSロボゲー。

元々は重みのある地味めなロボットゲームであったが
β期間中、頻繁に操作性や各機体のバランシングを行い、現在はよりスポーティな方向性へシフトし、より多くの人が楽しめる作りに。
Steam移行後も今までのように大胆なバランス調整を行うのかは不明だが、度重なる方向性の転換に賛否両論も有り。
(個人的には昔の雰囲気が大好きだっんですが、今のは今ので好きです)

■機体(メック)について
新機体は今も尚、続々登場中。
それぞれユニークな武装・能力を持ち、長所短所がハッキリしているので、
MAPやチーム構成を見ながらメックを切り替えて戦うことができる。(リスポン時に選択)

機体のインターナルやアイテムを上手く組み合わせて、単独用空戦強襲型や集団用陸戦火力支援型に調整し、チームを支援してあげましょう。

■機体(メック)の成長要素について
同じ機体同士の性能差は現在、インターナルとアイテムで差別化を図っている。
インターナルとアイテムは戦闘を行う度に入手できるゲーム内通貨で購入が可能。

実際にプレイヤー同士の勝敗を決めるのはプレイヤースキルに影響されるところが多い。
インターナルはあくまでプレイヤーのプレイスタイルを補助するためのもので、勝敗の決定的差になることは少なく、
プレイヤーの腕さえあれば「裸の初期型メック」で「アイテムとインターナルをフル搭載したメック」を相手にしても撃破することは容易い。

とはいっても、Hawkenはチーム戦がメインなので一騎打ちをすることはあまりなく、
機体の性能や自分の腕前に物言わせて単身突っ込めば、天敵の機体にマークされた途端に、たちどころに撃破されてしまうことも。

■試合バランスについて
上記の理由から、試合を長く続けていると「あのメックが強い、弱い」と、いうより「あのプレイヤーが強い、弱い」という印象が強くなる。
ランク以外にも、内部でプレイヤーの強さを計っているので、素直にオートバランスに頼ったマッチメイキングを受けると接戦になる事が多くなる。
しかし、オートバランスは試合開始直前にのみにしか適用されないので、途中参加のプレイヤーにより一方的な試合になってしまうこともしばしば。

出来れば開幕から6対6になっている状態の試合が好ましいので、個人的には「1試合毎に部屋を抜けて次の部屋へ途中参戦」はオススメしない。

■課金要素について
課金限定の要素は「メックの見た目・ペイント・タウント・エンブレム」や「経験値、通貨入手ブースト」のみ。
機体の性能差については、ゲーム内通貨のみで手が届く範囲内なので札束で殴り合うことはない。
しかしSteam移行前のβ期間中に比べると若干マゾくなってるので、我慢出来ずに機体や武器を課金で買っちゃうこともあるかも。

(ちなみに僕はもう万単位で貢いじゃってます、はい。メックの見た目変えまくってひゃっはー楽しんでます。マイメック大好き)

■サーバー(地域)について
(※このレビューはSteamでの新規参入無料化以前に投稿されたものです)
現在、遊べるサーバーはいくつかあるが、オススメは「Asia North(日本) > US West > Asia South」の順でおすすめ。

・US (East / West)
 人口に不足無く、非常に多くのサーバーが立てられているのが特徴。
 初心者の内はあまり関係ない話だが、武装によって弾速にそれぞれ違いがあるのである程度のラグを考慮した狙い方をする必要がある。
 動きの素早い軽量や、狙撃機体ではラグが目立つこともあるのでご注意。

・Asia(North / South)について
 AsiaはUSと比べるとラグが非常に少ないため、思った通りの動け、狙ったとおりに当たる。
 Asia Northは我らが日本サーバー。日本語も通じるので互いに交流も可能。(暴言はダメよ)
 最近では日本人の人口も増えつつあり、初心者部屋がいくつか立てられているところをよく見かける。
 Asia Southはインドネシアやタイ、フィリピンの方々と交流を深められる。
 日本と比べひっそりとしているが、チャットが盛んになることが多く定期的に部屋は立つ。

 ※Steamの"Hawken JP Group"では、日本サーバーの部屋設立ご案内などさせてもらってます。
  初心者も多いのでお気軽にドーゾ。

・Oceaniaについて
 Asia Southと似た雰囲気。ここも着実に人口増加中。
 PingはUS Westより少し良いくらい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
41 人中 32 人 (78%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 246.0 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年2月14日
作動機構がむき出しの錆びた鉄くずを寄せ集めたポンコツ戦闘ロボット同士のぶつかり合いが熱い
ロボットものに萌えなど要らぬ!そんなあなたのためのゲームです
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
19 人中 17 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 96.1 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年3月16日
正直期待してなかった分面白くてハマりました^^;
対人戦自体あまり得意でないので最初は全然勝てず投げ出しそうになりましたが、ロボット好きのおかげで続けたところ各機体の特徴なども把握出来るようになり徐々にですが勝率もあげられるようになりました。

ド下手な私でも撃破できるのですから誰にでもオススメできますが、神がかって強い人も沢山いますので最初はやられまくって強い人たちの立ち回りを学びましょう。

各機体をアンロックしていくのが面倒なので最初から主要な機体がそろったパックを買うのがオススメ。

紙装甲のバーサカーで飛び回って奇襲にハマってます撃ち落とさないでね><
買い
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 14 人 (82%) がこのレビューが参考になったと投票しました
8 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 208.2 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 4月26日
<今のハーケン村の特徴>
・日本鯖は顔見知りのみ、全員上級者。まさに村である
・初心者も全力で殺される
・恐ろしいスカウトがいる(村長)
・恐ろしいシャープシューターがいる
・恐ろしいレイダーがいっぱいいる
(以下略)
・おいでよ

<入村希望者へ>
・このゲームは人を選びます、チームデスマッチがメインモードで、集団戦が基本です。
・まずはアサルトで基本を知る、TOWランチャーの当て方、チームの動き方、レーダーを見るetc.
・嫁機体を決める、どんな機体でも情熱と立ち回りで強い(ゲームバランスがわりと良い)
・村で修行を積むと他のアジア勢を虐殺できるようになってくる、そろそろ肩を赤く塗りたくなる
・自分と同じ機体乗りには対抗心が湧く
・村でしか満足のいく試合ができなくなります
・むせる
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 12 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1.6 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2015年3月13日
◆総合評価 70点(100点満点中)
◆爺ちゃん的適正価格 無料!
◆日本語(日本語化パッチ) 公式日本語対応済み

軽快に動き回り敵を翻弄するのもヨシ
重装甲でどっしり構えて鉛の雨を降らすのもヨシ
Steamに来る前からプレイしてましたがこれは面白かった

ゲーム内アイテム課金制ですが無課金でも課金プレイヤーとの差は無く
思う存分遊べますよ!

もっとチームワークが求められたらこのゲームは神ゲーになったかも
今後のアップデートや次回作に期待したいです
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
20 人中 15 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 19.8 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年2月16日
無課金と課金の差は見た目装備のみ。優良なロボげー
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 10 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 48.4 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年3月8日
平凡なFPSに最高のビジュアルをつけたゲーム。
ロボット起動時のブートスクリーンとか見てるだけで楽しい。
X-COM:Enemy Unknownの、
開発した新スーツのギミックを試すアクションで興奮した人におすすめ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 10 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 10.1 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2015年4月26日
正統派ロボットFPS!

昨今のロボものはTPSだったり、演出が適当だったりしますが
このHAWKENはロボットに欠かせないメカメカしさ溢れるゲームです。まず最初に驚かされるのがバトル開始前の待機時間の行われるメック(本作の戦闘用ロボの総称)の起動シークエンス
画面にノイズが走りながら各種パラメーターチェックやその結果が表示されます。当然毎回機動シークエンスは成功するのですが、「このロボットを起動させてる!!」感は素晴らしいです。
ゲーム全体を通してそういうメカメカしい演出がちりばめられているので、雰囲気は最高得点

肝心のゲーム内容については、メックごとに個性があり、チームワークの大事さや戦略性もありこちらも問題ないと思います。
ロボに欠かせないダッシュや飛行もあり、立体的なMAPのおかげでロボット自体の歩行は低速ですがスピーディーなバトルを楽しめます。

個人的に素晴らしいと思うのはレンタル機体。一日ごとにランダムで選ばれる機体は所有していなくても操縦できます(その代り経験値などの成長要素は無し、報酬はある)

このため、お手軽に他の機体を試すことができ、新しい戦い方の模索もしやすいです。
アイテムや拡張パーツなどもあり、豊富なメックと組み合わせることであなただけの戦い方もできるでしょう。

ロボ好きなら間違いなくオススメ。ロボ好きでなくても楽しめるFPSだと思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 13 人 (76%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.1 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2015年6月27日
FPSが好きならF2Pだし日本語でも遊べるし是非一度やってみるべき!
2012年から稼動しているが未だに人は多いから今から始めても全然遅くないと思う
課金要素もあるが基本的にゲーム内マネーで全て買えて、XPブーストや外見の変更と課金した者が強いって言うのはない。
一番安い機体でも十分戦え、セントリーガンやシールド、回復エネルギー等装備も色々充実しておりそれの組み合わせもまた楽しい。
まだ始めてない人はとりあえずやろう!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い