"Salomé, Salomé, dance for me. I pray thee dance for me. I am sad to-night. Yes, I am passing sad to-night. When I came hither I slipped in blood, which is an evil omen; and I heard, I am sure I heard in the air a beating of wings, a beating of giant wings. I cannot tell what they mean .... I am sad to-night. Therefore dance for me.
ユーザーレビュー:
総合:
賛否両論 (84 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 84 件中 55% が好評です
リリース日: 2009年11月4日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

FATALE を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

The Tale of Tales Collection を購入する

3 アイテムを同梱: Fatale, The Graveyard, The Path

The Tale of Tales Experience を購入する

6 アイテムを同梱: Bientôt l'été, Fatale, Luxuria Superbia, Sunset, The Graveyard, The Path

 

このゲームについて

"Salomé, Salomé, dance for me. I pray thee dance for me. I am sad to-night. Yes, I am passing sad to-night. When I came hither I slipped in blood, which is an evil omen; and I heard, I am sure I heard in the air a beating of wings, a beating of giant wings. I cannot tell what they mean .... I am sad to-night. Therefore dance for me. Dance for me, Salomé, I beseech you. If you dance for me you may ask of me what you will, and I will give it you, even unto the half of my kingdom."​

Salome was a first century Judean princess mentioned in the Christian Bible by Matthew and by Mark. But it is Oscar Wilde's 19th century play Salome that really inspired Fatale. In the Bible, Salome is a child who dances for King Herod and asks the head of John the Baptist as a reward. In Wilde's version, Salome falls in love with the prophet. He rejects her and she has him executed. The play ends with her kissing the lips of his decapitated head.

Most of Fatale takes place in the aftermath of this event, when all has turned quiet and the moon brings comfort to troubled hearts.

Explore a living tableau filled with references to the legendary tale of Salome and enjoy the moonlit serenity of a fatal night in the orient. Fatale offers an experimental play experience that stimulates the imagination and encourages multiple interpretations and personal associations.​

How to play Fatale:
  • The Cistern: Think of Fatale as a role playing game. We will leave it to your imagination who you are playing. You find yourself in a prison. And the distant sound of music plays overhead.
  • The Terrace: On the terrace your experience is disembodied.
  • FLY: Clicking with the LEFT MOUSE BUTTON you can move forward.
  • RIGHT MOUSE BUTTON: Lets you travel backwards. You will see things differently if you hold either of the mouse buttons down.
  • FLOAT: Use the MIDDLE MOUSE BUTTON you float freely forward.
  • CONTROL: Hold down the SPACEBAR to bring up the aureola. This is your inventory of scenes you can revisit and interact with. Click the letters to return to a still scene. If a space is blank, clicking on it becomes a hint to where you should travel next.
  • EXAMINE: The lights on the terrace invite you to hover over them to block them out. From scene to scene, you have various options for interaction. Your cursor keys pan the view, click & drag allows for camera rotation, and sometimes rolling over or clicking items in these scenes can lead to surprising results.
  • EXPLORE: Above all, since this experience makes few demands, take your time. Notice the small details. Listen to the whispers and echoes. Therein, lies the joy. Allow yourself to fall in love with Salome, now you have all the time in the world.
  • The Dance: An epilogue which appears on restart after each complete playthrough.
  • ESC: If you need help, the ESC key leads you to a summary of context and controls.

Fatale is played through first person 3D navigation but its controls may appear somewhat unconventional to the seasoned gamer. ASWD + mouselook navigation can be enabled in the Options menu.

システム要件

Windows
Mac OS X
    • OS: Windows XP/Vista/7
    • Graphics: Recent Radeon or GeForce card
    • DirectX®: DirectX 9.0c
    • Hard Drive: 225MB
    • OS: OS X version Leopard 10.5.8, Snow Leopard 10.6.3, or later.
    • Processor: Intel Core 2 Duo
    • Memory: 2 GB
    • Graphics: GeForce or Radeon x6xx type or better
    • Hard Drive: 240MB
    • Sound:
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
賛否両論 (84 件のレビュー)
最近の投稿
yuuutu
2.1 hrs
投稿日: 5月14日
FPS視点よくわからないゲーです

完全に雰囲気ゲーでゲーム内容があまりにも薄すぎて、
内容を説明するだけでネタバレになってしまいますが

説明すると、
最初は牢屋で文字を読む、次に飛び回って火を消す、最後に踊っている人を見るゲームです。
それだけです

雰囲気はというと、なんか中世の不思議な幻想的な世界観で
まあなかなか悪くはないかなーと思って飛び回っていたら
王女が腰にipodをつけていたのでおすすめしません。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
matoudai
0.8 hrs
投稿日: 2014年8月15日
このゲーム作った人あたまおかしい・・・
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
strelok
0.8 hrs
投稿日: 2014年3月23日
♥♥♥♥
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Haigyo
7.2 hrs
投稿日: 2013年1月5日
サロメ体感ゲーム!
原作を把握してないと困惑することばかりかと思われます
そして、ところどころにあるサロメらしからぬものに想像力を掻き立てられます
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
hiro
1.0 hrs
投稿日: 2012年7月22日
お金返して
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Wandering Ones
0.9 hrs
投稿日: 2012年7月18日
オスカー・ワイルドの代表作サロメを音と映像で楽しめる作品
ある程度原作に忠実なのだが
基本的にTale of Talesの芸術性が爆発している
そのため真のToTファン向けとなっており、逆に初心者がプレイすると頭がおかしくなって顔がToTになる
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Nanastaxia
2.8 hrs
投稿日: 2011年10月30日
オスカー・ワイルドの「サロメ」原作。3パート(実質2パート)に分かれており、それぞれで戯曲を元にしたTale of Tales独特の世界観が描かれている。ゲームとしては2パート目がややルールが分かりにくいものの一度理解すればシンプルで、しかし得体の知れない恐怖のようなものに時折驚かされる。雰囲気作りは流石といったところ。ゲームとしてはともかく、作品としては十分面白いと思う。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
SHO
0.9 hrs
リリース前のレビュー
投稿日: 2011年1月10日
スコア:50 / ジャンル:アート+アドベンチャー / 難易度:低 / パズル:無

The Graveyardを開発したTale of Talesの作品。最初に書いておくが、この作品はゲームでは無い。戯曲にサロメと言うのがあるが、これはその元になった新訳聖書のマルコによる福音書に出てくる方を題材としていると思われる。とても短くゲーム性も無いに等しく、サロメのファンでないと楽しめないかもしれない。個人的には操作性に不満があったのと、戯曲とかに興味がないので楽しめなかった。Tale of TalesのThe Pathにあるような考察する楽しさには乏しいので、どっちかというとThe Graveyardに近い作品だと思う。一度クリアしたら二度目の開始時点に、サロメのダンスを見ることができる。開発者はこれを見せたかったのかもしれない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
16 人中 14 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.9 時間
投稿日: 2012年7月18日
オスカー・ワイルドの代表作サロメを音と映像で楽しめる作品
ある程度原作に忠実なのだが
基本的にTale of Talesの芸術性が爆発している
そのため真のToTファン向けとなっており、逆に初心者がプレイすると頭がおかしくなって顔がToTになる
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 6 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.8 時間
投稿日: 2014年8月15日
このゲーム作った人あたまおかしい・・・
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.2 時間
投稿日: 2013年1月5日
サロメ体感ゲーム!
原作を把握してないと困惑することばかりかと思われます
そして、ところどころにあるサロメらしからぬものに想像力を掻き立てられます
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.8 時間
投稿日: 2014年3月23日
♥♥♥♥
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.8 時間
投稿日: 2011年10月30日
オスカー・ワイルドの「サロメ」原作。3パート(実質2パート)に分かれており、それぞれで戯曲を元にしたTale of Tales独特の世界観が描かれている。ゲームとしては2パート目がややルールが分かりにくいものの一度理解すればシンプルで、しかし得体の知れない恐怖のようなものに時折驚かされる。雰囲気作りは流石といったところ。ゲームとしてはともかく、作品としては十分面白いと思う。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめしません
記録時間: 0.9 時間
リリース前のレビュー
投稿日: 2011年1月10日
スコア:50 / ジャンル:アート+アドベンチャー / 難易度:低 / パズル:無

The Graveyardを開発したTale of Talesの作品。最初に書いておくが、この作品はゲームでは無い。戯曲にサロメと言うのがあるが、これはその元になった新訳聖書のマルコによる福音書に出てくる方を題材としていると思われる。とても短くゲーム性も無いに等しく、サロメのファンでないと楽しめないかもしれない。個人的には操作性に不満があったのと、戯曲とかに興味がないので楽しめなかった。Tale of TalesのThe Pathにあるような考察する楽しさには乏しいので、どっちかというとThe Graveyardに近い作品だと思う。一度クリアしたら二度目の開始時点に、サロメのダンスを見ることができる。開発者はこれを見せたかったのかもしれない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめしません
記録時間: 2.1 時間
投稿日: 5月14日
FPS視点よくわからないゲーです

完全に雰囲気ゲーでゲーム内容があまりにも薄すぎて、
内容を説明するだけでネタバレになってしまいますが

説明すると、
最初は牢屋で文字を読む、次に飛び回って火を消す、最後に踊っている人を見るゲームです。
それだけです

雰囲気はというと、なんか中世の不思議な幻想的な世界観で
まあなかなか悪くはないかなーと思って飛び回っていたら
王女が腰にipodをつけていたのでおすすめしません。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い