敵の正体を暴いて倒す 新感覚謎解きバトル&モンスター育成RPG!九十九神(つくもがみ)は "敵の正体を当てて倒す" バトルを特徴とした新感覚謎解きJRPGです。プレイヤーは敵の正体を当てる武器「五魂刀」を持つ主人公 英(はなぶさ)になり、姿の見えない敵 道具の妖怪「九十九神」の正体を暴き倒していきます。九十九神たちは捕獲することで、様々なスキルを使うことができます。100種類以上のスキルを組み合わせ、多彩な戦術を編み出し戦いましょう。舞台は中世の日本。妖怪などが登場する和風ファンタジー世界を是非お楽しみください。本作は、元々日本の同人ゲームとして制作されたものです。
ユーザーレビュー:
Overall:
賛否両論 (41 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 41 件中 63% が好評です
リリース日: 2012年5月31日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

このゲームが含まれるパッケージ

99 Spirits - Complete Collection を購入する

5 アイテムを同梱: 99 Spirits, 99 Spirits - Art Book + Music Collection, 99 Spirits - Cage of Night, 99 Spirits - Weeping Demon's Bell, Tsukumogami

#discount_desc_preset_anime_weekend

 

レビュー

“筆で描いたかのような独特なタッチのビジュアルも本作の魅力の一つ”
http://www.4gamer.net/games/040/G004096/20120717089/

“バトルで掴んで、中身でも楽しませる、といった感じだろうか”
窓の杜

このゲームについて

敵の正体を暴いて倒す 新感覚謎解きバトル&モンスター育成RPG!

九十九神(つくもがみ)は "敵の正体を当てて倒す" バトルを特徴とした新感覚謎解きJRPGです。
プレイヤーは敵の正体を当てる武器「五魂刀」を持つ主人公 英(はなぶさ)になり、
姿の見えない敵 道具の妖怪「九十九神」の正体を暴き倒していきます。
九十九神たちは捕獲することで、様々なスキルを使うことができます。
100種類以上のスキルを組み合わせ、多彩な戦術を編み出し戦いましょう。
舞台は中世の日本。妖怪などが登場する和風ファンタジー世界を是非お楽しみください。

本作は、元々日本の同人ゲームとして制作されたものです。
"敵の正体を当てる" というコンセプトをテーマとしており、
敵から出る文字をヒントに、クイズのように正体を当てるひらめきが楽しいゲームです。
モンスターを集めたり、様々なスキルを駆使して戦うJRPG的な面白さもあります。

オーソドックスなJRPGでは決してありません。
むしろ斬新でインディーズならではのアイデアが光るゲームですので、
オリジナリティのある一風変わったゲームに興味のある方、是非チャレンジしてみてください!

特徴

  • これまでなかったバトルシステムで、敵の正体を解明
  • バトルやフィールドイベントクリアのために、敵を捕まえ技を習得
  • 40名以上のキャラクターたちとの会話、100種類以上の敵モンスターたちとのバトル
  • 美しくきめ細かく仕上げられた画と趣ある音楽が蘇らせる中世日本
  • ゲーム内での行動によって変化する複数のエンディング
  • 99 Spiritsのオリジナル日本語版「九十九神」が含まれます。※

    ※九十九神はSteam Libraryに個別のアイテムとして追加されます。

購入する


99 Spirits を購入する
99 Sprits (英語)と九十九神(日本語)を含みます。

99 Spirits - Steam Special Edition を購入する
99 Spirits、九十九神、99 Spirits Artbook、99 Spirits Music Collectionが含まれます。※

99 Spirits - Artbook & Soundtrack Pack を購入する
99 Spirits Artbook (全76ページ・TORaIKIコメント付き)、99 Spirits Music Collection (全17曲・feat.尾飛良幸&立花透)を含みます。※


※99 Spirits Artbook、99 Spirits Music Collectionの言語は英語です。

システム要件

    最低:
    • OS: Windows XP, Vista, 7 and 8
    • プロセッサー: 1.5GHz or higher
    • メモリー: 512 MB RAM
    • DirectX: Version 9.0
    • 追記事項: Windows Media Player 7 or newer
参考になったカスタマーレビュー
4 人中 2 人 (50%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 43.6 時間
投稿日: 2015年12月11日
First time doing these, so take it easy on any replies (if any). I have not bothered to play the English adaptation nor do I intend to.

Story: The tale revolves around the sword with the power to destroy the eponymous Tsukumogami, objects which have gained sentience after long years of use. The protagonist loses her mother and her father goes missing after the Tsukumogami raid the capital city, leaving her to grow up and learn swordsmanship under foster care. Her destiny is then intertwined with the sword. How the tale is resolved is then up to the choices made by the player over the course of the game.

Setting: Early medieval/medieval Japan with magic and the supernatural weaved into the fabric of society. The Tsukumogami are based on the Hyakki Yakou legends and the paintings associated with them over the ages.

Characters: Hayabusa's characterisation is quite standard, trained to wield the sword and seeking vengeance against the Tsukumogami responsible for taking her parents away from her. Over the course of the journey, she does change perceptibly and is given a more human side to her. The people and deities she interacts with have their own personalities, players should not have trouble distinguishing one character from another due to distinctive character designs and the personalities given to each character.

Art: Very distinctive designs for each character as well as the Tsukumogami enemies themselves. Highly reminiscent of the old paintings of Japanese scenery and the supernatural mostly found in museums.

Music: Traditional Japanese melodies with a heavy emphasis on the piano for the slower tracks. Players who like the music can purchase the soundtrack as an extra on the store page, but it is purely a matter of personal preference and budgetary constraints.

Gameplay mechanics: This game is built on the KiriKiri engine which has been a workhorse for Japanese games for over a decade. The interface is simple and requires players to move from one end of the playing field to the other whilst defeating enemies which stand in the way.

The combat system in this game is both a strength and a weakness. It is unique as it requires players to identify the opposing enemy before it can be exorcised or captured (reflecting traditional East Asian perceptions on malignant spirits). Unfortunately the novelty of the combat system will wear off once players become accustomed to the mechanics and discover they cannot breeze through regular enemies in a matter of seconds.

The "RPG" aspect of this game is reflected in the spirit capturing mechanic and upgrades to the sword. After a certain point in the game, players are given the option of capturing spirits in order to exploit their abilities instead of simply exorcising them. There is a wide range of abilities to choose from as each spirit offers two abilities when captured into service, most abilities provide a useful boost to players with a small minority strong enough to upset game balance. To simplify the process of grinding, the sword can be upgraded very early on in the game with points granted upon each level-up. A fully-upgraded sword significantly shortens the time required to defeat regular enemies, but the time investment required from players might be off-putting for many.

Game stability: The version provided by Steam is 1.10, however it is not completely bug-proof as certain enemies or combination of enemies will crash the game forcing a reset to the main menu. Hence it is strongly recommended players save before and after significant milestones in the game to minimise disruption.

Recommended Japanese proficiency: There is no English in this game (that's why this game only comes bundled together with 99 spirits). Players are expected to be familiar with the Japanese syllable table and to associate the various Kanji which emerge when using the sword's spirit identification function with the objects the Tsukumogami relate to. There will be quite a number of occasions when players need to manually input the correct syllables to unmask the identity of the enemy in question (with at least one very annoying phase in which the syllable table is scrambled) but most of the time the enemies can be identified using the handy master scroll of enemies which is filled in upon discovery or purchase of new scroll parts.

The dialogue and exposition in the game doesn't utilise complex grammatical structures, but some of the vocabulary used isn't common for non-native speakers. Anyone interested in playing the game through without a full-blown walkthrough should have JLPT N2 or N3 with a good grounding in Japanese mythology and culture. Either way, having a good Japanese dictionary on hand (hard copy or online) is extremely handy.

The developer Toraiki does have a blog page with tables listing the characteristics, locations and abilities of the Tsukumogami enemies so those who can read Japanese can consult the tables to save time.

Conclusion: For a debut work, this is a decent attempt with a coherent storyline, unique if eventually tedious mechanics and characters which leave an impression long after the game is completed. Thanks to Steam's decision to bundle this game with the English adaptation, more players can experience the Japanese doujin market which is more popular than ever thanks to English translations of games like Recettear. Highly recommended for anyone looking to improve their Japanese vocabulary while having fun at the same time.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
19 人中 19 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 14.3 時間
投稿日: 2015年4月23日
MY RATING 8 / 10

99 Spirits を買うと99 SpiritsとTsukumogami の2本がライブラリに追加される。こっちは日本語版
実績を取るのがあまり難しくないので実績集めている人にはおすすめ
1週目をTsukumogami でやって2週目をセーブデータ("Steam\SteamApps\common\Tsukumogami\savedata")コピーして99 spiritsでやるとそっちでも実績が貰える

適当に言うとよく分からんモノが妖怪に化けて襲ってくるので、それの正体(おなべ かたな等)を当ててぶったたくか捕まえて終わりという、まぁまぁ単純な作業をやりつつクリアする感じ。たまに付喪神の能力を使ってマップ上の仕掛けをいじることもある。
刀についている五つの玉にそれぞれ能力があるが、始めにぶっ壊されるのでそれを修復しつつアップグレードしつつストーリーを進めていく。序盤は玉の能力が雑魚なので、モノの正体を当てるのが難しいのだが、アップグレードして出せる情報量を増やしたり、そもそもパターンを覚えたりしたら正体を当てるのがかなり簡単になるので、できれば序盤で諦めないで欲しい。

欠点
単純な作業の連続なので人によっては飽きやすい事
文字入力に物理キーボードではなく、いわゆるスクリーンキーボードという奴で入力する方式なので、めんどくさい。
敵の攻撃によってキーボードがイカれてヒントも使えなくなるイベントがある。単純に嫌がらせ

戦闘中のBGMが個人的に結構良いと思っている。 
昔の時代のお話なので現代ではあまり身近でないモノとかも出てきて、初見はちょっと分からないことがある。ごへいとか知らんわ…
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
26 人中 22 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 15.4 時間
投稿日: 2014年6月9日
一応、俺は外国人です。

この作品は面白いですが、とても難しいですね。

このゲームに出る単語とかが現代の日本語の語彙より、昔の単語の語彙がたくさん出ます

それで日本語を良く分からない人たち楽しむにはちょっと難しいと思います。

でも面白いから推薦します。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 12 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.9 時間
投稿日: 2014年8月25日
物質が化け物に変化した付喪神と戦うターン制RPG。
攻撃や防御によって溜まったゲージを使い、化け物に変化する前の物質の名前を当てることにより倒すことができるようになるのだが…

・以下悪い点
1回の戦闘が長いうえに面白くない。
基本は攻撃コマンドをクリックして攻撃し、たまにくる敵の反撃を右クリックで防御してカウンター攻撃を食らわせるのだが、
一般的な反射神経を持つゲーマーならこのカウンター攻撃を失敗することはまずない。
そのせいで戦闘の緊張感が乏しく作業に感じてしまう。
また、敵がこちらの攻撃を頻繁に避けることが多く、それが戦闘を間延びさせる原因の一つになっている。
敵がこちらの攻撃を避けまくり、そのうえ自身の体力を回復するのだからたまったものではない。

それと、マップ上に落ちている換金アイテムの価値が低いように思える。
拠点で空腹度や刀の耐久度を回復させるのにそれぞれ500銭取られるのに、
マップに落ちているほとんどの換金アイテムは100銭の価値しかない。(たまに高額で売れるレアアイテムがある)
マップ上では道行く商人が物々交換を持ちかけてくることがあるのだが、こちらが持ってないアイテムを要求してくることがよくある。
プレイヤーが所持しているアイテムくらい、ゲーム側で把握しておいてもらいたいものだ。

ゲームの雰囲気は和風テイストで個人的に好きなのだが、ゲームの内容部分がプレイヤーにストレスを感じさせることが多く、
残念な出来になっていることが惜しまれる。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
15 人中 12 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 8.7 時間
投稿日: 2014年8月24日
同人RPGゲーム

ストーリー
舞台は中世の京(公式から拝借)
幼い頃に九十九神によって母親を失い、狐の狐宮によって育てられた英が霊刀の力で九十九神を退治してまわる
EDは途中の選択肢により2つに分岐する

システム
町やダンジョンはマス目を移動して進む
空腹度によってマスの移動速度が変わる
敵はシンボルエンカウント
CG閲覧機能あり(なぜか最初から全て閲覧できる)
周回あり

バトルシステム
一~五の玉までにゲージが設定されている
攻撃により一の玉ゲージが全開になると敵の情報を開示できる
防御で二の玉のゲージを全開にすると敵の正体を言い当てることができる
敵の正体を見破り、HPを0まで削ると勝利
ゲージの上昇速度や情報の開示量はアップグレード可能
敵を捕獲することで敵の技が使える

敵の名前を当てるシステムは斬新(面白いとは言ってない)
特定の種類の九十九神を捕獲しなくちゃいけないイベントが多い(メンドイ)
たまーに強制終了する。手動セーブなのですっごい戻されることがある
途中でまともに文字を入力できなくなるイベントがある。ゲーム難易度に影響するわけでもなく、ただプレイヤーのストレスを溜めるだけの謎イベント

DLCの「常夜の檻」は99spiritsをダウンロードしたフォルダと一緒に入ってます
日本語あり、CG全6枚(差分抜き)、EDは途中バッドエンド以外に分岐なし
最後の魂縛りは漢字だと合ってても不正解になるのでひらがなで入力しましょう
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い