Discovery of a new Goldilocks planet has led to the creation of a new type of army: One that is made of metal and steel. One that can’t feel pain or fear. One that is said to be our only hope against a possible alien invasion.
ユーザーレビュー:
総合:
不評 (32 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 32 件中 9% が好評です
リリース日: 2014年2月26日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Iron Soul を購入する

 

このゲームについて

Discovery of a new Goldilocks planet has led to the creation of a new type of army: One that is made of metal and steel. One that can’t feel pain or fear. One that is said to be our only hope against a possible alien invasion. Sadly, even with all the technological advancements available to future governments, they are not fully in control of the machines… The bot-mageddon is coming and it will be up to one our brightest scientists to help us against the inevitable.

The robo-tastic but slightly longer description:
Iron Soul is the unpredictable fusion of 3rd person shooting and fast platforming in a story driven, 3D action game. To make it happen, the team drew inspiration from various old school 3rd person titles we all know and love (Name dropping MDK!). Such elements are reinvigorated within an industrial setting full of mad robots, unknown voices and mysterious compounds. It has been a long, two year journey for both the project and its protagonist, H-25 but we are finally there. Now we must stand united to withstand the force of upcoming threat, commenly known as bot-mageddon!

Features list for list fans:

* Mechanical Tales: Two story-focused campaigns (Though more like 1.5) that tell the tale of one robot invasion as well as the strange interferences our hero and his mentor suffer from during their journey.

* Machine Perfect Controls: Fluid action and movement controls for intense robot battles and tight air jumps. This is one bot-mageddon that’s full of shooting, platforming and of course, mild puzzle-solving challenges.

* Cunning Enemies: Uniquely designed enemies that can come from the sky, ground or even underground in the most robo-tacular fashion, forcing you to choose your weapon (And tactics) wisely.

* Fallen World: Various environments from outdoor valleys to underground military bases have come to life thanks to the power of UDK. The levers are fully optimized and hold many challenges and secrets.

* Crazy Voices: Full voice acting for all characters... excluding our main hero of course. After all, he is (allegedly) supposed to be a silent protagonist.

システム要件

    最低:
    • OS: Windows XP SP3 or Windows Vista
    • プロセッサー: 2.0+ GHz or Equivalent Processor
    • メモリー: 1 GB RAM
    • グラフィック: GF6800 Minimum Or Compatible Radeon Card
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 1800 MB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX Compatible Sound card
    推奨:
    • OS: Windows XP SP3 or Windows Vista
    • プロセッサー: 3.0 GHz or Equivalent Processor
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: GF6800 Minimum Or Compatible Radeon Card
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 1800 MB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX Compatible Sound card
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
不評 (32 件のレビュー)
最近の投稿
GalaxyGinga
( 記録時間: 4.2 時間 )
投稿日: 2015年1月22日
研究所に謎のロボ軍団が襲来。
プレイヤーは人類が開発した高性能ロボとなって敵を迎え撃つ!
世界とは悲劇なのか、今プレイヤーのソウルが試される。

★よかった


★クソ
・最大の敵は足場。
浮遊する足場を連続で飛び越えていく箇所が多く、落下死しやすい。
リスタートすると「えっ…ここから…?」という地点まで巻き戻る。プレイヤーのソウルが試されている。

・単調なゲームテンポ。
落下死しながら進む→敵(たくさん)と戦う→たまに意味の分からない謎解き→落下死しながら進む→ボス
の繰り返し。たまに髭のおっさんとむかつく声の紫色の物体の通信が入る。
敵の種類も現在進めた限りでは、球体と空飛ぶ球体と小さな球体と棒状のメカの4種類。ボスはこれらが巨大化したものが現れる。もっとこう…あるだろ!?

・微妙な操作性&UI
初期装備のドライヤーみたいなライフルの残弾が表示されない。IRON SOULはリアル系TPSだった…?
また、セミオートなので連射するには当然マウスを連打する必要がある。初期装備なので威力が低い。だから超連打する。指が試されている。
多数の敵に狙われるとゴリゴリHPが削れていくので物陰に隠れたいところだが、カバーアクションなどは存在しない。
ならばと被弾する面積を小さくするためしゃがんでみたが、銃を構えると強制的に仁王立ちになる。男らしい。
あとメインメニューに戻らないとオプションをいじれないのもなかなかストレス溜まります。

★まとめ
ぼくのような貧弱なソウルを持つゲーマーには厳しい作品でした。
定価で500円ですが、これを買うならちょっといい歯ブラシとかを買う方がいいと思います。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Kashikomari
( 記録時間: 1.6 時間 )
投稿日: 2014年2月27日
インストール→起動→エラーで落ちる→再起動→何故か次々と全実績が解除。なんだこれ...
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
18 人中 16 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
4 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 4.2 時間
投稿日: 2015年1月22日
研究所に謎のロボ軍団が襲来。
プレイヤーは人類が開発した高性能ロボとなって敵を迎え撃つ!
世界とは悲劇なのか、今プレイヤーのソウルが試される。

★よかった


★クソ
・最大の敵は足場。
浮遊する足場を連続で飛び越えていく箇所が多く、落下死しやすい。
リスタートすると「えっ…ここから…?」という地点まで巻き戻る。プレイヤーのソウルが試されている。

・単調なゲームテンポ。
落下死しながら進む→敵(たくさん)と戦う→たまに意味の分からない謎解き→落下死しながら進む→ボス
の繰り返し。たまに髭のおっさんとむかつく声の紫色の物体の通信が入る。
敵の種類も現在進めた限りでは、球体と空飛ぶ球体と小さな球体と棒状のメカの4種類。ボスはこれらが巨大化したものが現れる。もっとこう…あるだろ!?

・微妙な操作性&UI
初期装備のドライヤーみたいなライフルの残弾が表示されない。IRON SOULはリアル系TPSだった…?
また、セミオートなので連射するには当然マウスを連打する必要がある。初期装備なので威力が低い。だから超連打する。指が試されている。
多数の敵に狙われるとゴリゴリHPが削れていくので物陰に隠れたいところだが、カバーアクションなどは存在しない。
ならばと被弾する面積を小さくするためしゃがんでみたが、銃を構えると強制的に仁王立ちになる。男らしい。
あとメインメニューに戻らないとオプションをいじれないのもなかなかストレス溜まります。

★まとめ
ぼくのような貧弱なソウルを持つゲーマーには厳しい作品でした。
定価で500円ですが、これを買うならちょっといい歯ブラシとかを買う方がいいと思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 11 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 1.6 時間
投稿日: 2014年2月27日
インストール→起動→エラーで落ちる→再起動→何故か次々と全実績が解除。なんだこれ...
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い