Call of Duty® は、第二次世界大戦中の戦場のリアリティと緊迫感を、これまで誰も見たことのないレベルで描き出しています。近代の歴史を作った市民兵や連合軍の名もなき英雄たちの視点から戦争が描かれています。 熟練部隊の一員として戦争の混沌の中に身を置いてください。身をかがめて銃弾から身を避けたり、負傷者を安全な場所まで運んでください。 リアルな兵士の動きや戦略に加えて、兵士ごとの個性づけ、特徴づけがされており、戦場において様々な形でそれが発揮されます。 兵士一人の力、一国の力だけでは、戦争に勝つことはできません。 Call of Duty® では、今回初めて、アメリカ兵、イギリス兵、ロシア兵という、様々な視点から戦争を映し出します。
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (36 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 36 件中 83% が好評です。
総合:
非常に好評 (857 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 857 件中 92% が好評です
リリース日: 2003年10月29日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Call of Duty を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Call of Duty Warchest を購入する

3 アイテムを同梱: Call of Duty: United Offensive, Call of Duty®, Call of Duty® 2

Call of Duty World War II Bundle (ROW) を購入する

4 アイテムを同梱: Call of Duty: United Offensive, Call of Duty: World at War, Call of Duty®, Call of Duty® 2

Call of Duty Definitive Collection を購入する

Includes 113 items! Click 'Package info' for details.

 

このゲームについて

Call of Duty® は、第二次世界大戦中の戦場のリアリティと緊迫感を、これまで誰も見たことのないレベルで描き出しています。近代の歴史を作った市民兵や連合軍の名もなき英雄たちの視点から戦争が描かれています。
熟練部隊の一員として戦争の混沌の中に身を置いてください。身をかがめて銃弾から身を避けたり、負傷者を安全な場所まで運んでください。 リアルな兵士の動きや戦略に加えて、兵士ごとの個性づけ、特徴づけがされており、戦場において様々な形でそれが発揮されます。
兵士一人の力、一国の力だけでは、戦争に勝つことはできません。 Call of Duty® では、今回初めて、アメリカ兵、イギリス兵、ロシア兵という、様々な視点から戦争を映し出します。 24 のミッションをこなし、複雑に絡み合う 4 つの歴史的な軍事作戦に参加しましょう。 破壊工作、隠密作戦、車輌戦、救出作戦など、様々なミッションに挑戦できます。 リアルな武器、場所、乗り物、サウンドなど、臨場感を盛り上げる数々の演出。これまでにない第二次世界大戦の緊張感あふれる雰囲気を体験することができます。


© 2006 Activision Publishing, Inc. Activision および Call of Duty は Activision Publishing, Inc. の登録商標です。All rights reserved. その他の商標は各社が所有しています。

システム要件

    最低要件:3D ハードウェアアクセラレータカードが必要 - DirectX 9.0b 互換の 32MB ハードウェア T&L 対応ビデオカードおよびドライバ*、Microsoft Windows 98/ME/2000/XP(英語版)、Pentium III 600MHz、Athlon 600MHz 以上のプロセッサ(Windows 98/ME)、Pentium III 700MHz、Athlon 700MHz 以上のプロセッサ(Windows 2000/XP)、128MB の RAM、1.4GB の非圧縮ハードディスク空き容量(さらに Windows 98/ME のスワップファイル用に 400MB、Windows 2000/XP のスワップファイル用に 600MB 必要)、DirectX 9.0b 対応の 16 ビットサウンドカードおよび最新ドライバ、Windows 98/ME/2000/XP 対応のマウス、キーボードおよび最新ドライバ、DirectX 9.0b(付属)
    マルチプレイヤーの要件:
    • インターネット(TCP/IP)および LAN(TCP/IP)プレイに対応
    • インターネットでのプレイには、56kbps 以上のモデムおよび最新ドライバが必要
    • LAN でのプレイには、ネットワークインターフェースカードおよび最新ドライバが必要
    重要:*これらのチップセットが含まれる 3D アクセラレータカードの中には、Call of Duty の 3D アクセラレーション機能との互換性がないものもあります。 DirectX 9.0b との互換性については、ハードウェアの製造元にお問い合わせください。
    対応チップセット
    • すべての ATI Radeon カード
    • すべての nVidia GeForce カード
    • Matrox Parhelia
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
最近:
非常に好評 (36 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (857 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:
13 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 好評)
最近の投稿
elltar
8.1 hrs
投稿日: 2013年10月19日
あのCoDの第1作目。さすがに古さは感じるが、よく出来ていると思う。
潜入ミッションが1人で大勢の敵を倒していくランボーゲームになるのは仕方ないにしてもアメリカミッションやソ連ミッションは戦場感が意外と表現されていたと思う。ソ連ミッションでの戦場へ送り出されるシーンで弾薬だけ渡されるという場面もある。拡張のUnited Offensiveも続けてプレイすることを推奨。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
DiNozzo
7.2 hrs
投稿日: 2011年10月11日
CODシリーズの初期作・・・今やると4などと比べてしまうため、どうしても不満点は多い(味方AIが役立たず、敵が瞬間的に湧いてくるなど)が、当時を考えれば革新的なゲームであったろう。
格ゲーよろしく敵キャラがダウン中近接攻撃に対して無敵時間があることや、
マズルフラッシュが激しくてエイムが極端にしづらいなど幾つか問題点はあるが、
舞台を変えた3つのシナリオモードは楽しめた。個人的メタスコア75点。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 6.5 時間
投稿日: 2012年1月16日
二次大戦を描いたCOD処女作。やり応えはありますが、
まだCODらしさが感じられない頃のゲームです。
ただ出来は良く、今プレイしても面白いです。
武器は二次大戦時の平気なので歴史好きなら楽しめますね。
良作です。

おじさんScore 80/100
コスパ満足度 80/100(パックを買うと良作揃いなのでよりお徳でしょう。)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 15.2 時間
投稿日: 2013年1月30日
今遊んでもまったく色あせないシングルプレイFPSの名作のひとつ。流石にテクスチャ改善Mod入れても時代が時代なので最近のものと比べるとだいぶ色あせてるところはあるが、レベルデザインなんかは最近の下手なFPSよりよく練られていると思う。Steamだとたまにセールされるまとめパックで入手するのがお得だと思う。値段以上の価値はある。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 1 人 (33%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.8 時間
投稿日: 2011年9月28日
FPSのスタンダートとも言えるCallofDutyシリーズの記念すべき一作目。
MOHAAを仕掛けた面々がEAと決別し、
新たに作ったスタジオIWの処女作。
第二次世界大戦の最前線で戦う一兵卒たちを描く、
ドラマ性のあるゲームが評価され一気にスターダムをのし上がった。
米英ソの戦士たちがドイツとの戦いに明け暮れる。
スターリングラードは特に評価が高かった。
自由度の無いリニア系と揶揄されるが、逆にストーリーに没頭できる。
グラフィックは今となってはしょぼいが、
ジェットコースターの中ではあまり風景を見る余裕は無いかもしれない。
マルチは今は殆ど人はいないが、サーバーはかなりあった。
国内でも多くのクランができ、日々クラン戦を繰り広げた、
当時の事が思い出される。
FPSをやる人間なら一度は体験して欲しい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 1 人 (20%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 5.5 時間
投稿日: 2013年2月15日
MoHの開発チームが「スーパーヒーローじゃない主人公」を作りたいとして独立、そして作られたのがCoDシリーズ
潜入ミッションで主人公ひとりが施設をぶっ壊すなど、スーパーヒーローからの完全な脱却は出来ておらず、方向性はまだあやふやな状態
体力は自動回復のアーマーシステムではなくライフシステムとなっている
日本語化可能(未検証)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
32 人中 2 人 (6%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 6.7 時間
投稿日: 2014年3月26日
当時、Medal of Honor: Allied Assaultなど、
プレイヤー単騎で敵陣に突っ込み、敵を倒し、目的を達成するという、
映画「ランボー」のようなFPSが主流であった。
そのようなランボーゲームからの脱却を目指した作品。
これは当時の売り文句でもあった。

具体的には、
・仲間のNPCが大量にいて、仲間と戦場にいるような臨場感。
・スクリプトによって次々と起こるイベント、映画的な演出。

ここまで読めば、魅力的な作品のように思えるだろう。
しかし、現実は全くこれらを実現できていない。

確かに、最初の数チャプターは仲間と行動しているように感じられる。
しかし、段々と「○○を取りに行け」、「○○を破壊しろ」、
「ここを守れ」など、一人で行動させられることが増えていき、
結局、「一人で建物に侵入しろ」というミッションがやってくる。

スクリプトによる映画的演出も、退屈なものばかりであった。
おそらく、ロシア軍キャンペーンの上陸作戦が、
このゲームで最も盛り上がる演出であろうが、
MoHAAの上陸作戦と比べたら、足元にも及ばない。

このゲームを一言で表すなら「単調」。
同じことの繰り返しで、英軍キャンペーンの半ばで苦痛になった。
私は、「このゲームはいつ終わるんだ?早く終わってくれ」と、
願い続けながらプレイし、やっとエンディングを迎えた。
スタッフロールを見て感動した。
達成感ではなく、解放感という感動を。

今更、このゲームをお勧めする気にはなれない。
ただ、近年量産されている、
映画的演出重視FPSの原点を知りたいのなら止めはしない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 6.7 時間
投稿日: 2011年10月21日
同名のFPSシリーズの第一作。米英ソの各勢力の一兵士の視点から、WW2の対独戦を描く。今に続く映画的演出を意識した部分はこの頃から見られるが、まだ古典的なFPSとしての要素の方が強く、ステージ構成やマップもよく練られている。また体力が自然回復ではなくヘルスゲージ制なのも良い。一方で銃の反動は殆ど無く、最高難易度以外では回復も頻繁に手に入るため、やはりかなりカジュアル寄りではある。せっかくの雰囲気をAIの間抜けな挙動が壊してしまうこともあり、その点は時代ゆえの古臭さを感じる。後の「World at War」と舞台が被る所が多いが、演出は向こうのほうが上。逆に、昔ながらのFPSが好きなのであればこちらの方がオススメ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 8.9 時間
投稿日: 2012年12月31日
75点。(グラフィックが古い為、-5点)
さすがcall of duty!
8時間でクリアした。
2003年の作品だが、戦場の臨場感というか演出は、さすが!
今のグラフィックを追求しすぎたつまらないゲームより
はるかに面白い。
というか、リアル。
戦争の愚かさ、過酷さ、が胸に響く。
なぜか感動する。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 5.3 時間
リリース前のレビュー
投稿日: 2011年2月4日
有名なFPS、「Call of duty」の第一作目。
第二次世界大戦の連合国側として、米、英、ソの一兵士となり、
ヨーロッパ戦線を戦い抜く。
グラフィックに関しては現在の作品(2011年現在)とは劣るが、
FPS好きならばプレイする価値がある一作。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 17.6 時間
リリース前のレビュー
投稿日: 2011年8月3日
Call of Duty初代作。この作品からCoDが始まっていくのだなと思いながら遊ぶと感慨深いものがある。作品としてはかなり昔のもので今とはグラフィックがかなりいいとは言えないが、それを差し引いいても十分に楽しめる内容となっている。全体を終えてのEndingは一見の価値アリ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い