Russell Stone is a Jewish Rabbi at a poor synagogue in New York City. He is a devout man with a problem. Membership is way down and he lacks the funds to keep his synagogue open. Things are looking very bleak, and he has grown progressively more cynical and bitter with the passage of time.
ユーザーレビュー:
総合:
非常に好評 (430 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 430 件中 84% が好評です
リリース日: 2013年11月21日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

The Shivah を購入する

 

レビュー

“The Shivah fits a compelling moral conscience over a tight decision tree, and compared to [other titles], its rewards are subtler and more satisfying.”
B – Onion AV Club

“It's in games like this that gaming really starts to measure up to conventional literature for emotional and intellectual integrity.”
PC Gamer

“The Shivah's interesting clues system, well-written dialog, logical puzzles and fascinating commentary make it easy to recommend.”
4/5 – Adventure Gamers

このゲームについて

Russell Stone is a Jewish Rabbi at a poor synagogue in New York City. He is a devout man with a problem. Membership is way down and he lacks the funds to keep his synagogue open. Things are looking very bleak, and he has grown progressively more cynical and bitter with the passage of time.

Just as he is on the verge of packing it all in, he receives some interesting news. A former member of his congregation has died and left the Rabbi a significant amount of money. A blessing? Or the start of something far more sinister? Can Rabbi Stone just accept the money and move on? His conscience says no. Step into his shoes as he travels all over Manhattan in his attempt to uncover the truth.

Features rabbinical conversation methods, a unique method of fighting, an original score, and three different endings!

システム要件

    最低:
    • OS: Win 2000 or higher
    • プロセッサー: Pentium or higher
    • メモリー: 64 MB RAM
    • グラフィック: 256-colour: 266 Mhz or above
    • ストレージ: 150 MB 利用可能
    • サウンドカード: Supports all DirectX-compatible sound cards
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
総合:
非常に好評 (430 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:


(詳細情報)
1 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 好評)
最も参考になったレビュー  全て
17 人中 15 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 4.1 時間
投稿日: 2014年10月16日
ある異教徒がモイシェ師に問う。「なぜラビはいつも質問に質問で答えるのですか?」
モイシェ師が答えて曰く、「なぜ質問に質問で答えてはいけないのですか?」


---
The Shivah は典型的で古典的なポイント&クリック式アドベンチャーゲーム。
Shivah とはイディッシュ語で「服喪」を意味する言葉である。このゲームの特色は、そのタイトルが示す通り現代アメリカのユダヤ教徒コミュニティを舞台にしていることだ。

主人公はマンハッタンの小さなシナゴーグ(礼拝堂)を運営する50代のラビ(聖職者)。宗教的関心の薄れた現代アメリカ社会において、主人公のシナゴーグも例外ではなく、毎週の説教に聴講者はほとんどいない。既に運営状況は破産寸前であり、絶望した主人公は説教を途中で打ち切って部屋に戻ってしまう。
と、そこに刑事がたずねてくる。刑事がいうには先日殺害された男が主人公に一万ドルもの相続を指定する遺言書を遺していたという。確かにそれだけの金があれば借金を返済し、シナゴーグの運営を建て直すこともできるだろう。刑事が自分を疑うのはもっともだ。だがその男は8年前に非ユダヤ教徒と結婚したため、コミュニティから追放した男だ。そんな彼がいったいなぜ?
といった展開で、主人公は自身の身の潔白を証明するため、そして宗教者として殺害された男の心のうちを知るために捜査を開始する。

物語は短く、1周1~2時間程度で終わり、3つのエンディングを見て実績を全解除しても3時間程度。ミステリとしては型通りの筋書きで、ありていにいって平凡である。宗教者の精神や思想に興味をもたない人であれば、ただの平凡なミステリとしか受け取れないかもしれない。だがこのゲームの味は、現代社会に生きる宗教者の描写にある。そういった精神性の問題に少しでも関心があれば、ラビである主人公の苦悩に共感でき、ストーリーが心に染み入るように楽しめるだろう。
レトロスタイルの低価格インディーにありがちな話として、遅い移動や飛ばせないオープニングなどゲームシステム的に減点対象となる部分もないではないが、楽しめる人には楽しめるゲームとして個人的にはおすすめしたい佳作。静かな一夜のお供にワンコインで。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い