KUNOS Simulazioni and 505Games are proud to introduce Assetto Corsa v. 1.8: it includes car reflection and shadow improvements, providing a more consistent and polished graphical appearance, as well as improved performance and a much more stable framerate.
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (163 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 163 件中 86% が好評です。
総合:
非常に好評 (8,334 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 8,334 件中 87% が好評です
リリース日: 2014年12月19日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Assetto Corsa を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Assetto Corsa + Dream Packs を購入する

4 アイテムを同梱: Assetto Corsa, Assetto Corsa - Dream Pack 1, Assetto Corsa - Dream Pack 2, Assetto Corsa - Dream Pack 3

 

最新の更新 全て表示(47)

8月26日

Assetto Corsa v1.8 and Tripl3 Pack available!

KUNOS Simulazioni and 505Games are proud to introduce Assetto Corsa v. 1.8: the new build of Assetto Corsa which offers all-new free content, updates and improvements. Build 1.8 includes car reflection and shadow improvements, providing a more consistent and polished graphical appearance, as well as improved performance and a much more stable framerate. Please check the full list of updates in the changelog below.

New content: Audi S1 and the circuit of Monza featuring the Junior layout and Sopraelevata!

The Audi S1 is the new bonus car included as free content in the latest update of Assetto Corsa. Like all Audi S models, the S1 and the S1 Sportback also come with quattro permanent all-wheel drive onboard. At its heart is a hydraulic multi-plate clutch located on the rear axle. Its specifically tuned control software boasts a decidedly dynamic setup. The electronic differential lock with the fine-tuned wheel-selective torque control is a function of the Electronic Stabilization Control (ESC).

Let's go back to Grand Prix era!
Finally, the Sopraelevata is available in Assetto Corsa: The legendary speed ring of Monza is available, as well as the historic Junior layout. The Sopraelevata has been reproduced using Laserscan technology. Get ready to feel the thrill of speed and danger of the 60's, in all its beauty.

The Tripl3 Pack
The version 1.8 of Assetto Corsa comes with the all-new Tripl3 Pack DLC, that include the Ferrari FXX K, Ferrari 488 GTB and the Praga R1: get it today!

http://store.steampowered.com/app/509350


Changelog 1.8
- New Ferrari FXXK (Tripl3 Pack DLC)
- New Ferrari 488 GTB (Tripl3 Pack DLC)
- New Praga R1 (Tripl3 Pack DLC)
- New Audi S1 (A1)
- New Monza 66 Full Course (sopraelevata)
- New Monza 66 Junior Course
- Improved reflection quality
- Improved shadow stability
- Improved graphics performances
- Fixed Tyre Model 10 not updating Dx and Dy value in telemetry app
- AI improvements on slower reaction after an impact, for more realistic collisions
- Overlay Leaderboard now shows correct positions on the grid at race start
- Fixed Laps app showing 0 as first lap
- Fixed Race Control UI for the low resolution screens
- Wrong direction penalty gets also time penalty
- Added float clutch to SPageFilePhysics
- Fixed turbolevel digital item showing a wrong value
- Fixed various problems/timing on ghost cars
- Fixed typo on sound distance attenuation for Lotus Evora GTC/GX
- Fixed sample attack for BMW M3 e30 GrA/DTM limiters
- Replay files will not reset anymore at session start (no need to rush out of the server anymore to save a replay)
- Fixed remote cars head movements in multiplayer and multiplayer replays
- Fixed typo on LaFerrari active differential lock in coast and small bumpstop stiffness changes
- General improvements on V10 tyres for rolling resistance, flex, pressures and more.
- Improved Maserati GranTurismo MC GT4 suspension, should improve braking without ABS
- V10 tyres for Hypercars LaFerrari, McLaren P1, Pagani Huayra
- V10 tyres for GT2 cars BMW M3 GT2, Ferrari 458 GT2, Corvette C7R
- V10 tyres for Racing Hypercars Ferrari 599XX, Ferrari FXXK, Pagani Zonda R
- Fixed ERS power output when battery is close to 0 and MGU-H is set to battery
- Removed ERS cockpit controls for MGU-H and Recover in McLaren P1
- Improvement in performance for collision detection and physic solver
- Fixed clouds when switching sessions
- Returning to pit during a time penalty results in a greater time penalty
- Fixed possible drive through cheat
- Fixed blurred objects not working if speed was negative
- Fixed hotlap mode: now valid laps will be correctly registered
- Removed white flag: a new message will appear the moment the race leader starts his last lap
- Modding: extra animations now binded to three channels NUM 4, 5 and 6 (group animations to make them play simultaneously, otherwise each clip will be played separately)
- Modding: rotating object support for cooling fans [ROTATING_OBJECT_0] in extra_animations
- Modding: series scripts added for digital speed bars [SPEED_SERIE_0] in digital_instruments

84 件のコメント 詳細を見る

7月14日

Assetto Corsa v1.7 and RED PACK available!

The new build of Assetto Corsa offers a sensible amount of updates and new features asked by the simracing community, with the aim to offer a plenty of new options and keep the good path of improvements seen until today from the very first release.

One of the most wanted updates, included in the build 1.7, is the introduction of jump starts, that allows the drivers to perform a false start resulting in diverse selectable penalties.

Tyre model improvements and v10
The new build also introduces improvements of the current v7 tyre model, with tyre temperatures being more sensitive to initial tyre pressures, improvements in the realigning force and more. Furthermore, as an additional proof of KUNOS commitment to realistic physics, we introduce the new tyre model v10 for some of the new RedPack cars. The new tyre model follows the handling philosophy of KUNOS and offers a very similar driving feel, but at the same time is a complete rewrite that permits us to validate much better our results with real life data, hence the jump from v7 to v10. All Assetto Corsa cars will be eventually updated to the new tyre model, in the following months.

Introducing brake temperatures for some of the RedPack cars.
Assetto Corsa now simulates brake temperatures. Following our tradition of step by step evolution, some cars from the RedPack have now brake temperature. In the following months, we will add more features like air ducts and pads and all Assetto Corsa cars will be updated with brake temperatures and their effects.

Power Unit.
MGU-K, MGU-H, ICE with variable Turbo, Batteries charging and energy deployment
Another KUNOS tradition is to update the physics engine with new features, every time we have a new car with very specific characteristics. RedPack includes the Ferrari F138 and SF15-T. The F138 features a typical KERS system that can be simulated very well by our existing hybrid simulation, as seen in the LaFerrari and McLaren P1. Nevertheless the F138 required a maximum energy deployment per lap feature, as well as a bypass button. Both features are now simulated in Assetto Corsa and this permitted also an update of the McLaren P1 that now includes a push to pass button.
On the other hand the SF15-T has the new power unit with a very complex ERS system. The system includes an MGU-K with specific charge and deploy energy values, various profiles of energy deployment, different levels of energy charging, active rear braking pressure, MGU-H for energy harvesting from the Turbo that can be directed to the batteries or to the MGU-K, and different ICE engine braking levels. It has been a very intense period of research and implementation but everything has been coded and simulated in Assetto Corsa and it is available through keys and driving buttons for all Assetto Corsa users to configure!

Physics features commands are now configurable on keyboard and controllers.
Relevant features like Traction Control, ABS, Turbo, MGU-K, MGU-H, Engine brake etc, can be configured on the gaming device, and on the keyboard.

AI improvements, multiplayer improvements
The update includes new artificial intelligence algorithms, improving overtaking manoeuvres; also, now AI drivers are much more variable in performance during a single lap and during a session.
New experimental multiplayer code (selectable from server manager) that greatly reduces bandwidth usage and improves quality. Fixed setups can now be saved and loaded.


More improvements in various other aspects of Assetto Corsa as for example, pitstop time requirements improvements and others, are described in the changelog.

Assetto Corsa REDPACK

KUNOS Simulazioni and 505 Games are proud to present the "RED PACK", the DLC package for ASSETTO CORSA that includes seven legendary Italian sports cars and Austria’s RedBull Ring circuit.
Since the birth of modern motorsports, Red has historically been the colour of choice for Italian Manufacturers & competitive teams. In keeping with that theme, the RED PACK includes some of the most wanted cars from the most iconic italian Factories, Ferrari, Lamborghini and Maserati!

The CARS:
Ferrari SF-15T
Ferrari F138
Ferrari 488 GT3
Maserati 250F 6C
Maserati 250F T2 12C
Maserati GranTurismo MC GT4
Lamborghini Aventador SuperVeloce

The TRACK:
Spielberg REDBULL Ring Circuit

The Ferrari SF15-T is the first Ferrari GP car to debut for ASSETTO CORSA, it is the second car made by Ferrari since the reintroduction of turbo engines in 2014. The red single seater has been reproduced in cooperation with Ferrari.
The Ferrari F138 (originally known as the Ferrari F2013, and sometimes referred to by its project number, the Ferrari 664) is a Formula One racing car designed and built by Scuderia Ferrari for use in the 2013 Formula One season. It was driven by two-times World Champion Fernando Alonso and his team-mate Felipe Massa. The chassis was named F138 to represent the year that it would be raced in, 2013, and to mark the final season that Formula One would use V8 engines.
The Maserati 250F took part of Formula One racing between January 1954 and November 1960, when rules allowed 2.5 liter unsupercharged or 750 cc supercharged engines.
Maserati went with the former, chosing a straight six aspirated engine configuration; in 1956 it mounted a V12 engine.
With a quite roomy cockpit, Maserati 250F featured a 4 gears transmission (plus reverse) and Continental fashion pedals arrangement: clutch, throttle and brake in this order.
The Ferrari 488 GT3 is the the racing version of the latest 488 GTB, presented at the Ferrari Finali Mondiali, as replacement for the 458 Italia.This car features large side intakes to provide a better air flow to its twin-turbocharged 3.9-liter V8.
With increased power, lower weight, improved aerodynamics and innovative technologies the Lamborghini Aventador LP 750-4 Superveloce is the most pure incarnation of a Lamborghini to date: unmistakable Lamborghini super sports car DNA, dynamic superiority and exceptional driving precision.
A focus on weight reduction while incorporating innovative technologies has resulted in the most sports-oriented, fastest and most emotional series production Lamborghini ever. The weight has been further reduced by 50 kg through enhanced lightweight engineering including significant use of carbon fiber. The naturally aspirated V12 engine's power is increased to 750 hp. This results in a power-to-weight-ratio of 2,03 kg/hp. The Superveloce accelerates from 0 to 100 km/h in 2.8 seconds and powers on to reach a top speed of more than 350 km/h.
After the experience with Trofeo Series, Maserati is ready to push the GranTurismo MCs into a new challenge: the international GT4 series.
The modifications needed for GT4 homologation mainly concern the engine and aerodynamics. The car's overall technical make-up will be unchanged: the 4700cc engine, electro-actuated transmission with paddle-shift commands and a kerb weight of 1410 kg will stay. The fitting of an air scoop will reduce the car's power output to 430 bhp from its current 488 bhp while a newly-designed rear spoiler and modified diffuser will bring the car's performance into line with that of the other GT4 cars.
The RedBull Ring has been reproduced for Assetto Corsa to the highest level of detail through the use of laserscan technology.


The Circuit of RedBull Ring
Due to its complexity, it took nine months of work to reproduce the Circuit of Catalunya. Laser Scanning Technology allowed the team to recreate the most faithful version of the Spanish track available in any racing game to date.
For the first time ever in a PC racing simulation, the Circuit of Spielberg has been digitally recreated using Laser Scanning Technology. The resulting accuracy combined with the advanced physics model of Assetto Corsa offers an unprecedented driving experience blurring even more the difference between virtual racing and reality.

REDPACK DLC – List of Contents

Track
Circuit of RedBull Ring – GP / NATIONAL version

Cars
Ferrari SF15-T
Ferrari F138
Ferrari 488 GT3
Maserati 250F 6C
Maserati 250F 12C
Maserati GranTurismo GT4
Lamborghini Aventador SuperVeloce


Assetto Corsa 1.7 Changelog
- Added Red Bull Ring track (Red Pack DLC)
- Added Ferrari SF15-T (Red Pack DLC)
- Added Ferrari F138 (Red Pack DLC)
- Added Ferrari 488 GT3 (Red Pack DLC)
- Added Lamborghini Aventador SC (Red Pack DLC)
- Added Maserati GranTurismo MC GT4 (Red Pack DLC)
- Added Maserati 250F 6 cylinder (Red Pack DLC)
- Added Maserati 250F 12 cylinder (Red Pack DLC)
- Added Maserati Levante S
- Performance Delta App: Added instant velocity difference bar
- Realtime App: Added road/ambient temperatures and grip
- Fixed system messages when ABS and TC are not available
- Added loading/saving system for fixed setup sessions
- Added audio device selector on Audio App. If saved device is not there, main device will be used
- Added volume ramp function to overcome issues with logitech headphone drivers
- Added Precision slider in Photo App
- Added missing icons on replay interface
- Added QUANTITY_MULT in system/cfg/skidmarks.ini
- Fixed RX-7 Tuned turbo sound behavior
- Fixed Alfa 155 mixing route for external sounds
- Fixed Ferrari F40 low-pass filter and some events volume
- Balanced exterior volume for all the cars
- New Bmw M3 e92 external sounds
- Added brake disc temperature simulation to (Ferrari 488 GT3, Maserati GranTurismo MC GT4,Maserati Levante)
- New Drivemotive Drifting School livery for BMW M3 e92 drift and S1 variants
- Tyre pressure now influences temperature spread and build up
- Added dynamic controller for EBB (electronic brake balance). Use file ctrl_ebb.ini for the controller.
- Added daylight function on "lights" script
- Added multiple turbo analogue instruments management
- Added server hints on RaceControl screen
- Added TC, ABS, Turbo keys to controller interface (both up and down)
- now TC and ABS can be cycled back through CTRL + SHIFT
- Added Flashing lights
- Showroom: Added video editing camera controls
- Showroom: Added car lights trigger as script "SHOWROOM""LOAD_LIGHTS" (previews are made without car lights)
- Showroom: Added support for extra animations (extra_animations.ini). Numkey_6
- Added blinking light system
- Fixed Volume App not saving bumper audio
- Added jump start
- Added penalty for "ESC to pits" during race
- Fixed some car/track combination resetting to pits at the start of HotLap sessions
- Improved remote cars movements over curbs
- AI is not making brake mistakes for cars that have ABS available
- Different level of engine brake are now selectable by the users on cars that offer the option (Ctrl+E)
- Added graphics smoothing for rigid bodies coming from physics
- Onboard brake bias now follows same limits in the FRONT_BIAS section in setup.ini
- Red lines and indications for gear change in the GUI are now considering damage rpms as well as limiters
- Laps completed indications in the GUI during races now refer to "leader completed laps" and not player completed laps
- Performance Delta app is now using spline position for calculation instead of distance calculated from car speed (less realistic but much more precise)
- New camera view at start, showing car instead of track
- New AI algorithms for race craft
- AI drivers are now much more variable in performance during a single lap and during a session
- "Lights on/off" is now a status of a car instead of a switch and gets replicated over the network properly
- Tyre radius is now also a function of tyre angular velocity
- Fixed self align torque going to negative values too early
- New Tyre Model V10 for selected cars
- Additional general bugfixing on car graphics and some improvements to lods across the entire vehicle content
- 3D improvements on the Nissan R34 Skyline
- 3D improvements on the Nissan 370Z Nismo
- 3D improvements on the Ferrari LaFerrari
- General bugfixes in several tracks
- New clouds textures
- Improved PPeffects
- Improved Weathers
- Fixed GUI not showing on Oculus with PP off and AA on
- Added the possibility to launch sim directly. Add section
[AUTOSPAWN]
ACTIVE=1
To race.ini then start AssettoCorsa.exe
- Added experimental Bandwidth Optimizer to acServer

106 件のコメント 詳細を見る

このゲームについて

NEXT GENERATION RACING SIMULATOR
Assetto Corsa features an advanced DirectX 11 graphics engine that recreates an immersive environment, dynamic lighthing and realistic materials and surfaces. The advanced physics engine is being designed to provide a very realistic driving experience, including features and aspects of real cars, never seen on any other racing simulator such as tyre flat spots, heat cycles including graining and blistering, very advanced aerodynamic simulation with active movable aerodynamics parts controlled in real time by telemetry input channels, hybrid systems with kers and energy recovery simulation. Extremely detailed with single player and multiplayer options, exclusive licensed cars reproduced with the best accuracy possible, thanks to the official cooperation of Car Manufacturers.
ASSETTO CORSA has been developed at the KUNOS Simulazioni R&D office, located just inside the international racing circuit of Vallelunga, allowing the team to develop the game with the cooperation of real world racing drivers and racing teams.

LEGENDARY TRACKS
The circuits have been developed using Laser scan technology, in order to guarantee the highest level of accuracy possible in reproducing real world motor racing environments.
Monza, Silverstone, Imola, Mugello, Spa, Brands Hatch and many more tracks, including the historical reproduction of Monza, that brings again to life the legendary Sopraelevata, the high-speed oval where races were staged until 1961.

EXCLUSIVE CARS
The Assetto Corsa physics engine is all new, using practical knowledge acquired from working closely with the elite of motorsport in order to engineer the best possible accuracy of physics and tactility of feeling.
A physics engine like this begs to be used with officially licensed contents: Abarth, Audi, BMW, Classic Team Lotus, Ferrari, KTM, Lamborghini, Lotus cars, McLaren, Mercedes, Scuderia Glickenhaus, Pagani, Tatuus and many more!

HARDWARE COMPATIBILITY
Enjoy ASSETTO CORSA using any kind of game device: keyboard, joypad, joystick, steering wheels including any kind of professional device and the most common motion systems.
ASSETTO CORSA is also compatible and ready for triple monitor view, Track IR, 3D VISION and VR (WIP).

GAMEPLAY & FEATURES
Assetto Corsa includes a career mode, a list of special and unique events and challenges, as well as a fully customizable, single player and multiplayer modes featuring quick races, race weekends including free practice session, qualifying session and race. Drag races, drift challenges and much more! Four driving assist profiles (gamer, racer, pro, plus a fully-customizable profile) allow any kind of player to enjoy the simulation at their desired level.
Advanced setup options and telemetry for data analysis; dynamic simulation of the tyre rubber deposited on track, depending on the car laps; an adjustable time of the day mode, featuring sun position calculated in realtime, depending by geographical coordinates of the track and by the sun curve according to time and date, in order to get the same light conditions of the real tracks!

MODDING & CUSTOMIZATION
Assetto Corsa will allow for considerable customisation and modification, in order to satisfy the expectations of professional simracers, gamers who prefer to approach the driving experience more progressively, and hobbyists who just like to reproduce and share their cars and tracks, taking advantage of the same editing tools developed and used by the developers of the game.

Available content:


CARS

PRODUCTION
- Abarth 595 EsseEsse (3 variants)
- Abarth 500 EsseEsse (2 variants)
- Alfa Romeo Giulietta QV
- Alfa Romeo Giulietta QV Launch Edition
- Alfa Romeo MiTo QV
- Audi Sport Quattro (2 variants)
- Audi S1
- Bmw 1M (2 variants)
- Lamborghini Miura S.V.
- Lotus Elise SC (3 variants)
- Maserati Levante S
- Shelby Cobra
- RUF CTR Yellowbird
- Toyota GT-86
- Ford Mustang 2015
- Chevrolet Corvette C7 Stingray

GT
- Bmw M3 E30 Evo (3 variants)
- Bmw M3 E30 Group A
- Bmw M3 E30 DTM
- Bmw M3 E92 (3 variants)
- Bmw Z4 E89 (3 variants)
- Lotus Evora GTC
- Lotus Evora GX

GTR
- McLaren MP4-12c GT3
- Bmw Z4 GT3
- Bmw M3 GT2
- Ferrari 458 GT2
- P4/5 Competizione
- Mercedes SLS GT3

CLASSIC GP
- Classic Team Lotus Type 49
- Classic Team Lotus 98T
- Ferrari 312T

SUPERCAR
- Audi R8 Plus
- Ferrari LaFerrari
- Ferrari 458 Italia (2 variants)
- Ferrari F40 (2 variants)
- Ferrari 599xx
- McLaren Mp4 12c
- Mercedes SLS AMG
- Nissan GTR NISMO
- Pagani Zonda R
- Pagani Huayra
- Lotus Evora S (2 variants)
- Lotus Exige S Roadster
- Lotus Exige Scura
- Lotus 2 Eleven GT4

TRACKDAY
- KTM X-Bow R
- Lotus 2 Eleven
- Lotus Evora GTE
- Lotus Evora GTE Carbon
- Lotus Exige 240R (2 variants)
- Lotus Exige V6 Cup

OPEN WHEEL
- Tatuus FA-01
- Lotus Exos T125 (2 variants)

TRACKS
- Magione - "Autodromo dell'Umbria"
- Imola - "Autodromo Enzo e Dino Ferrari"
- Mugello - "Autodromo Internazionale del Mugello"
- Silverstone - GP
- Silverstone - International
- Silverstone - National
- Monza - "Autodromo di Monza"
- Monza - "Classic 60's Edition" (3 variants)
- Nurburgring - GP
- Nurburgring - Sprint
- Spa Francorchamps
- Vallelunga - "Autodromo Piero Taruffi"
- Vallelunga - Circuito Club
- Zandvoort
- Trento - Bondone Hillclimb
- Drift Track
- Drag strip

SHOWROOMS
- Standard showroom
- The Beach
- Hangar
- Industrial
- Sunset

GAME MODS
- Free Practice
- Racing against AI
- Career
- Online Multiplayer
- HotLap
- Time Attack
- Special Events
- Drift
- Drag race

FEATURES
- In game telemetry and apps
- Advanced car setup management
- Flags
- Penalties

APPS LIST
- Basic info
- Chat app
- Tyre app
- Real time app
- Help
- Lap time
- Friends Leaderboard
- Camera On Board Customization
- Time of the day display
- Input monitor
- Time performance indicator
- Gear/rpm indicator
- Track map
- Rankings
- G-meter indicator

システム要件

    最低:
    • OS: Windows Vista Sp2 - 7 Sp1 - 8 - 8.1 - 10
    • プロセッサー: AMD Athlon X2 2.8 GHZ, Intel Core 2 Duo 2.4 GHZ
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: DirectX 10.1 (e.g. AMD Radeon HD 6450, Nvidia GeForce GT 460)
    • DirectX: Version 11
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 15 GB 利用可能
    • サウンドカード: Integrated
    推奨:
    • OS: Windows Vista Sp2 - 7 Sp1 - 8 - 8.1 - 10
    • プロセッサー: AMD Six-Core CPU, Intel Quad-Core CPU
    • メモリー: 6 GB RAM
    • グラフィック: DirectX 11 (e.g. AMD Radeon 290x, Nvidia GeForce GTX 970)
    • DirectX: Version 11
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 30 GB 利用可能
    • サウンドカード: Integrated
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
最近:
非常に好評 (163 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (8,334 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:


(詳細情報)
58 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 非常に好評)
最も参考になったレビュー  全て
41 人中 37 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
9 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 189.9 時間
投稿日: 2015年3月11日
ハンドルコントローラーがないと本当の面白さが分からないゲームです。
市販車からレースカーにフォーミュラと程よいジャンルの車種があり、ケチをつけるとしたらラリーカーが現状ない点位。
とはいえ、物足りないクルマやコースはMODでカバーでき、導入が容易なのも好印象ですね。
カーシミュレーターの中ではグラフィックが優れており、文句のつけようがありません。

誰もが楽しめるようなゲームではありませんが、クルマが好きな方はやって損はないと思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
38 人中 35 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
9 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 130.0 時間
投稿日: 2015年4月9日
今あるカーシムの中でも非常に完成度が高く、総じて違和感のない仕上がり。
もちろんアーケード的な派手な要素は全くなく、カスタムパーツ等も存在しないが、各車体で変更可能な部位のセッティングは数値上で細かく変更することが出来る。
ほとんどのレースイベントやオンラインレースはデフォルトセッティングのままでは絶対に勝てないので、車体とコース毎に最適なカスタマイズを行う必要がある。
挙動への影響は絶妙に反映されるので、コツコツ弄る↔テスト走行→タイムアタックの流れが好きな人は楽しめるはず。と言うかゲームの内容自体がストイックなのでこれを楽しめないとクソゲーと感じる可能性が高いと思われる。
シム系の繊細な挙動を制しバッチリ決めて上手く走れた時の達成感と爽快感は結構あります。
FFBの動作も非常に気持ち良く作り込こまれているので、是非ともハンコンでプレイしてみて欲しいゲームでもある。
また、車体とコースともにMODが大量に作られているので、色々試しながら末永く遊べるかと思います。
DLCのDream Packのニュル北やGT-Rも完成度は高く、逆に心配になるぐらいの低価格なので購入をオススメします。
サブタイトル:YOUR RACING SIMULATORの言葉に偽りなし。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
34 人中 31 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 106.4 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2013年11月27日
グラフィック、サウンド、挙動など、レースシムにおける条件要素は全て完成度が高い。
特にFFBエフェクトは豊富で正確性があり、ブレーキのロックやケツの滑り出しへも瞬時に対応できる。
現時点でAIとマルチ対戦は実装されておらず製品版の完成が待たれるが、下地としてはこの上ない出来となっている。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
30 人中 27 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 92.5 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年6月12日
レースゲー、レースシミュとして最高だと思います
コースもレーザースキャンしてるそうで実現度はかなり高いかと
アプリを入れればHotLapで世界の人と競えます
AI、マルチも実装されました
MODもスキンからコース、アプリと多彩で車種もMODで増やせるようになるのかな?

個人的には車を眺めるモードがあるのがGOODです、車内まで見れます
一応日本語化もあります
レースゲームするなら今はこれしかないですね

※追記
自分はハンコンDFGTで操作してますが箱コンでは出来ないと指摘されて箱コンでプレイしてみました
結果操作できなくはないですが、正直操作は難しい部類に入ると思います
少し設定が必要なのかな?
細かく見てないので解りかねますがデッドゾーンとかステアリング速度とかの設定もあったのでその辺りを試してみるといいかもしれません
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
30 人中 26 人 (87%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 323.5 時間
投稿日: 2014年8月4日
リアル系レースゲーム好きでハンコン持ってる人なら十分楽しめる出来でしょう。
MODで車、コース、サウンド等追加変更できます。

自分のお気に入りの車が見つかれば、あとはコース追加していって永久に遊べるんじゃないでしょうか。
敵車AIをいれたレースはバカすぎてストレスしかたまらないのでこれは無視しておきましょう。

一人で黙々とタイムアタックというのが好きな人なら買いです。
マルチもありますが人がいるサーバは海外になるためレースするのが難しいです。何度かやってみましたが接近戦は無理でした。(ワープしまくる)

12/28/2014追記
キャリアモードも追加されておりAIも少しは良くなってるが、まだ追突してきたりする。
AIの強さも調整できるようになってるが、たまに追いつけないような速さを出すのもいる。
初心者でもアシスト機能onにしてタイヤをスリックソフトにすれば路面に張り付いてくれるのでプレイできると思う。
それでもちゃんと走れないなら向いてないからあきらめろ。

ステアリング角は900度とかでやるより540度に設定したほうが実際に運転してる感覚になると思う。

1/3/2016追記
AIが良くなってる。ある程度避けるようになったし、当たってもこっちが一方的に弾き飛ばされることもなくなった。
無理にアシスト全オフでプレイしなくても良いんだよ。
実際の運転は体全体で情報得て運転するもんだ。
ゲームだとハンコンだけが情報源、足りない情報をアシストで調整して走ればいいんだよ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
19 人中 16 人 (84%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 23.4 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年1月24日
現存するカーシミュレーターの中で最高傑作。
収録されている車の数やコース数はもの足りないが、質では他の作品を圧倒している。
買い。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
16 人中 14 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 264.9 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2013年11月27日
EarlyAccessしてみた。
所謂リアル系に属するゲームで普段Shift2でまったり遊んでる身としては
なかなか硬派でとっつきにくい面もある。
UIは正直な所イマイチなところが多々あるが
挙動はなかなかに良いと思う。

正直現段階ではすすめにくいものがあるがこれからコースや車種が増えると
リアル系では選択肢の一つになるのではないだろうか
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
20 人中 16 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.8 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年8月23日
生半可な気持ちでやったら大変なことに。
凄まじくリアルな動作で、これぞ究極と言わんばかり

リアルな運転をしたい人はオススメ!
これから完成版になるまでの過程が楽しみ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 12 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 25.0 時間
投稿日: 6月28日
このゲームはとてもいいと思います。
コースや車が少なくても、そこはMODで対応できるので、種類が少ないということは問題にはなりません。
また、基本的にはハンドルコントローラ推奨と思われますが、Xbox360コントローラでも特に不満なくプレイできているあたりが感心します。
(ただし、パッドの設定は自分の好みに合わせてしっかり調節すること。車に乗ったらシートポジションとか合わせるでしょ?

公式DLCとバニラ状態においては不満点はほぼ皆無と思います。
MODに関しては、コースについてはコースアウトしなければいい感じのこーすはかなりあります。
コースアウトするといきなり崖下に落ち続けてどうにもならなくなったり、
コース脇の障害物にぶつかったら、めりこんだまま動けなくなり、リスタートするしかなくなったり、
コース復帰ボタンがないので、コース復帰は必ずスタート地点になるとかw
(つまり20キロ近い長距離コースのゴール直前であってもスタート地点に強制復帰とかそういうこと
MODのコースは自分が上達すれば楽しめるようになると思います。

MODで追加する車については、見た目よくてもセッティングがどう考えてもおかしくないですか?みたいな車が結構あって、それがMOD作者の好みなのかなと思うところはありますが、作者のセッティングがおかしいんじゃないか?と思えるものや、セッティング可能範囲がずいぶん限定的だったりで、統一感がないためつらい。

セッティングが限定的になることで、車格の違いとかを再現しているのだとしたら、それはまぁそういうものなんだと諦めるしかないのかもしれないのですが、やはり自分の好きな車で自分の思い通りにセッティングできないのは実にもどかしい。

一部の車種においてはエンジン音がないとか、サイドブレーキがきかないとか、明らかにおかしなのもありますし、そういうところが気になるのであれば、MODで追加された車は使わずに、公式DLCのコースと車でだけ遊んだほうが、多分心が荒まないはず。

MODで追加される車種に、MOD作者の名前のブランドバッジを関するのは、あれはどうなんですかね・・・。
MODの車種を使わせてもらっておきながら言うのもなんですが、車を探しにくいです。

とりあえず、MODで追加される車種には、排気量と駆動方式によるテンプレート的なセッティングもつけてもらえるようになるといいなぁと思います。エンジンレイアウトと駆動方式と排気量と車重あたりを参考にしたテンプレMODカー設定みたいな。
そのうえで、MOD作者のセッティングもセットでついてくる、というような。

バニラ状態に公式DLCのみの範疇でプレイするなら多分車とコースの数に不満が出ると思いますが、MODを導入してプレイしていると、公式はいいぞ、と思うようになります。

車種やコースのMODは、もう「そういう縛りプレイ」だと思ってプレイするくらいのほうがいいんじゃないかなと。
でも細かいとこで愚痴は出るけど、プレイすると面白いんですよ・・・(´;ω;`)ウッ…

MOD導入は簡単なので、やってみるのもいいですが、まずはバニラ状態で遊んで、素材の良さを堪能したほうがいいと思います。
飽きたらMOD導入がいいと思うということで。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 12 人 (86%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 35.3 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年3月5日
まさに見事の一言!リアルな挙動や反動が伝わってきます。ハンドルコントローラーで操作するとまさに本物の車を運転してるような感覚になるぐらい面白いシムです。トリプルモニターでハンドルコントローラー握りながらトラッキング機能を使えばリアルすぎて100Km以上出すのが怖いぐらい。普段のレースゲームのようにサクサクカーブ曲がってギャリギャリドリフトとかしてる感覚で遊ぶと速攻でコーナーで曲がりきれずに激突します。まだ開発段階なのでそうなるかわからないけど今の所エンジンダメージ、ボディーダメージなどのダメージ表現ももりこまれるような感じだしマルチプレイもできるっぽいので今後に期待してハンコンをグレードアップするする予定。オススメ!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最近の投稿
RYU
17.2 時間
投稿日: 9月28日
エンジョイ勢なんでゲームコントローラーで遊んでます。慣れが必要ですが、楽しめない事は無いです。
しかしステアリングが欲しくなるのは事実。
MODの知識が無くてもドリームパック3つのセットを買えばそこそこにコンテンツ量は豊富だと思います。
最低必須スペックが抑えめなので、プロジェクトカーズが動かなくて涙を流した諸兄にも是非おすすめしたい。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
misosoup
32.9 時間
投稿日: 9月9日
挙動・見た目については語りつくされているのでそれ以外の点を。
・MODがかなり多い。導入も楽ちん。
・峠や日本車が揃っている。
・アンロックや金稼ぎが存在しない。
・Ping高めでもラグが殆どない。
・CTDやbsodは皆無。
・rF2と異なりマルチが有料でない。

好きなトラック・車で走るという目的を満たすには最高のシミュレータでしょう。
欲を言えば日本のトラック・車をもっとDLCで出してほしいですね。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
HGmac2
46.2 時間
投稿日: 9月1日
ハンコンを持ってるならオススメ
MODや新しい拡張パックを入れてちょっと走らせてみるゲームと化しており、キャリアモードやチャレンジモードはさほど遊ばないまま放り投げているけどグラフィックもFFBもいい感じなので楽しいです

標準のゲームモードはうまく走らせる以外にガソリンの量を絞ってタイムを削ったりスピンしやすいコーナーへの対策をとったりみたいなアセットな部分を無視できない難しさがあるため、難易度を妥協せず攻略するぞと意気込むとけっこうな苦行となるかもしれません
そのあたり万人向けとは言い難いかもしれませんが適当に走らせてみるくらいで遊ぶなら最高のゲームです
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
0877
3.2 時間
投稿日: 7月4日
すごく良い出来の「シュミレーター」です。現時点では最高精度を誇るのではないでしょうか。
しかしながら幾つかの不満点もあります。

まず最初に、キャリアモードは完全に「おまけ」です。レペル制、ポイント制も無ければもちろん資金システムもありません。
つまりはゲーム性は皆無です。私としてはここが一番悲しかったです。

次に現バージョンではダメージエフェクトが無いに等しいです。
たとえ300km/hで突っ込んだとしてもバンパーが申し訳程度に凹むくらいです。
レースでほとんど接触しない「お上手」なレーサーには関係のないことでしょうが、ガンガン傷をつけてでも走りたい私としては、「なにこれ?」って感想です。

まとめますと、ガチガチのシム好きレーサーにはとてもおすすめです。
しかし、私のようなゲーム性を求める人には向いていないと考えられます。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
RAY
46.1 時間
投稿日: 6月7日
やばいっすww最高の画質と最高の挙動です!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
KAMESAN
44.4 時間
投稿日: 6月7日
現代版のrfactorって感じですね。動作もrfactorよりも安定でgood!!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Gaiden Shinji
151.1 時間
投稿日: 6月6日
挙動・グラフィック・サウンドと全部好きですが
何よりもForceFeedBackのフィーリングがイイ。
ForceFeedBackがあるハンコンを持っているならプレイしてみるべき。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
hide_shine
127.1 時間
投稿日: 6月4日
すごく面白くて毎日やっています。楽しかったです。特にドリフト鯖の荒らしで外国の警察のように相手をスピンさせることができてうれしかったです
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
四暗刻大三元西単騎待
121.3 時間
投稿日: 6月4日
無料で入手した製品
おもしろい
実車との挙動の差はレーシングカーに乗ったことがないので分からないが、リアルっぽくはできている。
UIは個人差あるかもしれないが、取りあえずボタンを押してみればコースに出ることができる。ハンコンの設定も英語読めなくてもノリでできる。
車好きのフレンドとわいわいやってます。鯖立てもほかのゲームと比べるとかんたんなほうです。
日本人プレイヤーもっと増えるといいですね。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い