Explore the rocky terrain and sandy wastes of Mars in this brand new installment to the Take On series. Developed by the creators of the award-winning Arma series and DayZ, Take On Mars places you right in the middle of mankind's most exciting undertaking. Pioneer the exploration of Mars.
ユーザーレビュー:
最近:
賛否両論 (21 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 21 件中 52% が好評です。
総合:
賛否両論 (874 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 874 件中 66% が好評です
リリース日: 2013年8月1日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

早期アクセスゲーム

今すぐアクセスしてプレイ開始;開発途中のゲームに参加しよう。

注: この早期アクセスゲームは不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。 詳細はこちら

開発者からの注意書き:

早期アクセスにした理由

“Early Access allows us to involve the community from early on in the project, meaning the players very much help shape the game. This allows us to make decisions based on what the community wants. After all, we are making the game for them, not only for ourselves.”

このゲームは大体どのくらいの期間早期アクセスですか?

“The game is planned for release in the the second half of 2015.”

早期アクセスバージョンと計画されているフルバージョンの違いは?

“Until the game leaves Early Access, it's likely that it will feature some unpleasant bugs or confusing features. With final release, we aim to deliver a more streamlined experience, including tutorials and fixes for bugs and issues the community reports via our Feedback Tracker website."”

早期アクセスバージョンの現状はどうなっていますか?

“At present, Take On Mars is in the Beta development stage. It means that the game should not dramatically change in terms of gameplay possibilities, but we will keep adding new content and features during the Beta stage”

早期アクセス期間中と期間後ではゲームの価格は変わりますか?

“We intend to slightly increase the price upon the release.”

どうやって開発プロセスにコミュニティを参加させる予定ですか?

“We listen to your feedback and we aim for very open communication. While we sometimes need to prioritize, we take the ideas and suggestions of our community very seriously. As an example, the entire robotic section of the Space Program mode was completely overhauled from a linear set of missions to sandbox style progression where technologies determine which missions are available.”
詳細を見る
日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Take On Mars を購入する

Take On Mars 4-Pack を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Bohemia Interactive Bundle を購入する

25 アイテムを同梱: Arma 3, Arma 3 Apex, Arma 3 Helicopters, Arma 3 Marksmen, Arma 3 Karts, Arma 2, Arma 2: British Armed Forces, Arma 2: Operation Arrowhead, Arma 2: Army of the Czech Republic, Arma 2: Private Military Company, ARMA: Gold Edition , DayZ, Take On Helicopters: Hinds, Pound of Ground, Fish Fillets 2, Alternativa, Pat & Mat, Alpha Prime, Take On Helicopters, Carrier Command: Gaea Mission, Memento Mori, Original War, UFO: Afterlight, Memento Mori 2, Take On Mars

 

最新の更新 全て表示(25)

8月18日

Radiation, shielding and broken helmets...

Hello everyone!

Today we released a major new update featuring some improvements, fixes and additions.
To name a few of the shiny new things:

* Radiation shielding (based on material and thickness)
* Radiation sickness (slowed movement, vomiting - visual can be switched off)
* Adaptive physics setting (automatically adjusts based on your FPS)
* Slope slippage (can no longer walk up ridiculous slopes)
* Helmet and suit damage (with escaping air, can be patched using Suit Patch)
* Printable Suits, Suit Patches and Emergency Oxygen bottles
* Injured movement (slowed movement)
* Communications ranges (affects map etc)
* Background communications chatter
* ISS model update (interior now much closer to reality)

And some fixes:
* Manned Mobile Lab screens malfunctioning
* Manned Ascent Vehicle auto-docking speed bug
* Radiation spike bug at sunset in multiplayer
* Respawn and join issues in multiplayer
* Mars Yard rover testing bug where multiple vehicles remained
* Disappearing models and particles in complex scenes
* Some crashes and NULL pointer issues

So, what major features remain?
* Life Support Module (used to pressurize/depressurize bases)
* Gases and their quantities (tracking in atmospheric zones)

Once those major remaining features are done, we will move towards finishing up the minor remaining features (such as pressurizing vehicles) and, most importantly, move on to bug-fixing and polishing.

We hope you all enjoy the new content and a big THANK YOU goes out to all those who have believed in us thus far! We certainly hope to deliver a polished simulator that you will all enjoy.


Martin Melicharek,
Project Lead

Radiation sickness:

Radiation Detector:

Suit and Helmet damage + patching:

ISS interior update:

51 件のコメント 詳細を見る

7月1日

Still alive and kicking!

Hello everyone!

Straight off the bat I'd like to sincerely apologize for the lack of announcements and news about Take On Mars on Steam.

I've noticed many have started to suspect the game to be dead. This could not be further from the truth. In reality we have been extremely busy this half year, adding in resource usage, the new modular 3D Printer and a plethora of additional features such as vehicle to vehicle docking (in space), the new Manned Landing Vehicle (with Ascent stage), ladder functionality and many, many more features and additions too long to fit in here.


Amongst the most recent additions to the game is the International Space Station (ISS), with full interior, docking, and physics. Yes, you can accidentally (or intentionally) smash it to pieces.


So, I am sure many of you would ask, why? Why all these features? Why can't you just finish the darn game?! Firstly, these features have been planned for a very long time. They are an integral part of the vision that is to be TKOM 1.0, and are important for the Manned section to the Space Program mode.

That leaves us with one final question - Release. Our intention is to polish, bug-fix and release Take On Mars 1.0 within the next few months, certainly before the year's end. To add weight to that statement I would mention that we are almost feature-complete. The last remaining features are almost ticked off and we can then move to a feature-lock state where only bug-fixes and polish remain.


With the launch just around the corner, we will strive to improve our communication with you all on the news pages, posting announcements more often.

Thank you all for your support, understanding and we look forward to your feedback!

Martin Melicharek,
Project Lead

133 件のコメント 詳細を見る
全てのスレッドを表示

このゲームの掲示板でバグを報告したりフィードバックを残そう

Expedition One now available!

このゲームについて

Explore the rocky terrain and sandy wastes of Mars in this brand new installment to the Take On series. Developed by the creators of the award-winning Arma series and DayZ, Take On Mars places you right in the middle of mankind's most exciting undertaking. Start out in the seat of a rover operator, pushing your vehicles to the max. Finish as the first human to have ever set foot on Mars. With a scientific arsenal at your disposal, you will pioneer the exploration of another planet, unlocking the secrets of Mars’ distant past.

Key Features

  • Space Program Campaign - Explore the Red Planet from the perspective of a science-driven space agency. Become a rover operator, allowing you to control various fully simulated mobile rovers and stationary landers, and make your way through numerous scientific missions.
  • Mars Rover Simulation - Take a seat of an operator in the mission control center, commanding rovers, landers or probes over the distance of hundreds of millions of kilometers, and collect important scientific data about Mars.
  • Expedition One Multiplayer - Use the opportunity to become Mars astronauts and work together to establish the foundations for a first human colony on Mars. Build your own habitat, drive various vehicles, and manage the resources needed to keep your crew alive.
  • Real Life Locations - Travel across a vast, unforgiving Martian terrain with locations based on actual satellite data from famous locations such as Victoria Crater and Deimos.
  • Physics Simulation & Dynamic Destruction - Experience motion in locations with different gravity strength (including Zero-G). Break off cameras, robotic arms, or even individual struts and wheels - all affecting the way your vehicle handles.
  • Content Creation Tools & Modding Support - Create your own scenarios in the 3D Editor and share them on the Steam Workshop, or dive into Take On Mars’ powerful Workbench editing suite to develop new terrains, addons and total modifications.


Explore content made by other players via the Steam Workshop!

システム要件

    Minimum:
    • OS:Windows Vista or Windows 7
    • Processor:Intel Core2Duo 2.5 GHz or AMD Athlon Phenom X4 or faster
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:Nvidia Geforce 8800GT or ATI Radeon HD 3870 with Shader Model 3 and 512 MB VRAM, or faster
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Sound:DirectX Audio compatible
    Recommended:
    • OS:Windows 7
    • Processor:Intel Core i5 or AMD Athlon Phenom X4 or faster
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics:Nvidia GeForce GTX 560 or AMD Radeon HD 7750 or faster
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
賛否両論 (21 件のレビュー)
総合:
賛否両論 (874 件のレビュー)
最近の投稿
Litochin[^-^]
2.3 hrs
早期アクセスレビュー
投稿日: 2月28日
チュートリアルがゴミすぎて、水の汲み方が1時間プレイしてもわからずじまいでした。

チュートリアルで基地の建設方法がなかった。
火星に降り立っても、展開方法とかまったくわからないので何もできませんでした。

参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ponkotuchan
6.4 hrs
早期アクセスレビュー
投稿日: 2015年5月15日
英語がすごい悩みのたねになりますがわかってくると楽しい!流れとしては、
ミッションをこなす→報酬のお金をもらう→新たなテクノロジーを研究する→新たなミッション
こんな感じでどんどん火星を調査するゲームです。
はじめはプローブという映像を写すものしか飛ばせませんし、
ミッションもプローブを飛ばすというものしかありませんが、研究を進めていくと
車のようなものもつくれるし、環境の調査などさまざまなことができます!
自分が宇宙開発に携わっている気分になれるそんなゲームです。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Prof_KovCheren
17.7 hrs
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年7月7日
最近火星入植できるようになったが、それでも地味。ただただ地味。
だがこの地味さこそが宇宙開発気分を盛り上げているのは紛れもない事実なのだ。

PVを見ればわかるが、簡単に言えば「火星(+小惑星)探査シミュ」
基本は「探査機打ち上げ→探査目標を達成→報酬で技術ツリーを進める」の繰り返し。ただ、資金繰りは中々シビア。
作りたい探査機を選べば必要な技術がハイライトされるのでまずはライトランダー(探査プラットフォーム)から作ろう。

最初は投げっぱなし探査機のプローブぐらいしか打ち上げできないが、技術ツリーを進めれば火星だけでなく小惑星の探査機なんかも作れてしまう。気分ははやぶさ。
ただ、この小惑星探査は激ムズ。ちょっとジェットをふかしただけで探査機はグルングルン回り、慎重に動かしても小惑星着陸は中々出来ない。だがそれがイイ。(追記:この強すぎる慣性はオプションでなくすことが出来るようだ。)

編成次第では一台のローバー(自走探査機)で同じ地域のミッションを幾つもこなすことができるが、移動が如何せん遅いので、離れた所にあるミッションでは移動だけで20分も30分もかかる。ここはARMAに通じるものがあるかもしれない。
火星は障害物が少ないので自動操縦で放置して進ませてもいいのだが、油断してると大岩にぶつかって車載機器が破損してたりする。
大金払って開発し、送り込んだ探査機に着地の衝撃で駆動系エラーが出たりもする。
イライラするかもしれないが、惑星探査とはそういうものだと割りきって、むしろその不便さを楽しむのがこのTake On Marsというゲームなのかもしれない。

ビジュアルは地味、システムは硬派でUIは使いづらい。果てしない時間を注ぎながらも、エラーを吐き一定時間毎に右駆動系が止まる探査機を駆るのが止められないのは無限に広がる大宇宙への憧れからなのか?

入植パートはあまり触れていないので割愛するが、殺風景な火星を骨の髄までしゃぶり尽くしたい人や、探査機オペレーターになりたい人、単調な作業を通じて忍耐力を高めたい人は買ってみよう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
BIG-MON
2.5 hrs
早期アクセスレビュー
投稿日: 2013年9月24日
まさかの火星探査シミュレーション。
大気を採取したり、岩石を削り取ってみたり、写真を撮ったりする。
しかも割りと本気で作っていて、感心する。

ミッションをこなしていって科学技術の発展に貢献し、
探査機をちょっといいパーツに換装して火星での職務に殉じましょう。
広大なクレーターのほか、変わらない景色と孤独があなたを待っています。

シミュレーターが好きでなければお勧めはできないけれど、
一度は火星探査の雰囲気を体験してみてもらいたい。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ojisan
2.8 hrs
早期アクセスレビュー
投稿日: 2013年9月14日
火星を探査機で、ミッションをこなしながら探索する
火星探索シュミレーションゲーム。

最大の難関はマニュアルでの探査機着陸。
何度挑戦しても軌道がずれ見事に探査機が木っ端微塵になります。
でも安心して下さい。オートメーション化された着陸モードに切り替えれば
誰でも簡単に着陸できます。
不親切・同じ景色・探査機が本気でとろくさい・ゲーム内の音楽は風の通る音のみ。
この4重奏で貴方も立派なサイエンティスト。

おじさんスコア 64/100
コスパ満足度 49/100
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
18 人中 17 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 17.7 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2014年7月7日
最近火星入植できるようになったが、それでも地味。ただただ地味。
だがこの地味さこそが宇宙開発気分を盛り上げているのは紛れもない事実なのだ。

PVを見ればわかるが、簡単に言えば「火星(+小惑星)探査シミュ」
基本は「探査機打ち上げ→探査目標を達成→報酬で技術ツリーを進める」の繰り返し。ただ、資金繰りは中々シビア。
作りたい探査機を選べば必要な技術がハイライトされるのでまずはライトランダー(探査プラットフォーム)から作ろう。

最初は投げっぱなし探査機のプローブぐらいしか打ち上げできないが、技術ツリーを進めれば火星だけでなく小惑星の探査機なんかも作れてしまう。気分ははやぶさ。
ただ、この小惑星探査は激ムズ。ちょっとジェットをふかしただけで探査機はグルングルン回り、慎重に動かしても小惑星着陸は中々出来ない。だがそれがイイ。(追記:この強すぎる慣性はオプションでなくすことが出来るようだ。)

編成次第では一台のローバー(自走探査機)で同じ地域のミッションを幾つもこなすことができるが、移動が如何せん遅いので、離れた所にあるミッションでは移動だけで20分も30分もかかる。ここはARMAに通じるものがあるかもしれない。
火星は障害物が少ないので自動操縦で放置して進ませてもいいのだが、油断してると大岩にぶつかって車載機器が破損してたりする。
大金払って開発し、送り込んだ探査機に着地の衝撃で駆動系エラーが出たりもする。
イライラするかもしれないが、惑星探査とはそういうものだと割りきって、むしろその不便さを楽しむのがこのTake On Marsというゲームなのかもしれない。

ビジュアルは地味、システムは硬派でUIは使いづらい。果てしない時間を注ぎながらも、エラーを吐き一定時間毎に右駆動系が止まる探査機を駆るのが止められないのは無限に広がる大宇宙への憧れからなのか?

入植パートはあまり触れていないので割愛するが、殺風景な火星を骨の髄までしゃぶり尽くしたい人や、探査機オペレーターになりたい人、単調な作業を通じて忍耐力を高めたい人は買ってみよう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 7 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 6.4 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2015年5月15日
英語がすごい悩みのたねになりますがわかってくると楽しい!流れとしては、
ミッションをこなす→報酬のお金をもらう→新たなテクノロジーを研究する→新たなミッション
こんな感じでどんどん火星を調査するゲームです。
はじめはプローブという映像を写すものしか飛ばせませんし、
ミッションもプローブを飛ばすというものしかありませんが、研究を進めていくと
車のようなものもつくれるし、環境の調査などさまざまなことができます!
自分が宇宙開発に携わっている気分になれるそんなゲームです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 8 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.8 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2013年9月14日
火星を探査機で、ミッションをこなしながら探索する
火星探索シュミレーションゲーム。

最大の難関はマニュアルでの探査機着陸。
何度挑戦しても軌道がずれ見事に探査機が木っ端微塵になります。
でも安心して下さい。オートメーション化された着陸モードに切り替えれば
誰でも簡単に着陸できます。
不親切・同じ景色・探査機が本気でとろくさい・ゲーム内の音楽は風の通る音のみ。
この4重奏で貴方も立派なサイエンティスト。

おじさんスコア 64/100
コスパ満足度 49/100
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 9 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.5 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2013年9月24日
まさかの火星探査シミュレーション。
大気を採取したり、岩石を削り取ってみたり、写真を撮ったりする。
しかも割りと本気で作っていて、感心する。

ミッションをこなしていって科学技術の発展に貢献し、
探査機をちょっといいパーツに換装して火星での職務に殉じましょう。
広大なクレーターのほか、変わらない景色と孤独があなたを待っています。

シミュレーターが好きでなければお勧めはできないけれど、
一度は火星探査の雰囲気を体験してみてもらいたい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 2.3 時間
早期アクセスレビュー
投稿日: 2月28日
チュートリアルがゴミすぎて、水の汲み方が1時間プレイしてもわからずじまいでした。

チュートリアルで基地の建設方法がなかった。
火星に降り立っても、展開方法とかまったくわからないので何もできませんでした。

このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い