この新しい中つ国物語でモルドールを戦い進み、あなたを動かす精霊の正体に迫り、力の指輪の秘密を暴き、新たな伝説を作り、最後にはサウロンの悪に立ち向かおう。
ユーザーレビュー: 非常に好評 (17,487 件のレビュー)
リリース日: 2014年9月30日

このゲームをウィッシュリストに追加したり、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

お知らせ: 本バージョンのShadow of Mordor は日本語をサポートしていません。

Middle-earth: Shadow of Mordor を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Middle-earth: Shadow of Mordor Premium Edition を購入する

2 アイテムを同梱: Middle-earth: Shadow of Mordor - Season Pass, Middle-earth™: Shadow of Mordor™

Middle-earth: Shadow of Mordor Season Pass を購入する

 

キュレーターによりおすすめされています

"Would be a competent but unremarkable Arkham-style open world game about killing orcs but made special with the Nemesis system and excellent voice work."
ここでレビューの全文を読む

最新の更新 全て表示(7)

3月23日

Update: Build v1951.11

Stability Fixes:
  • Fixed memory leak when SLI is enabled that could lead to “out of memory” crashes.
  • Fixed crash that could occur when saving if user had >200 uncollected Runes on the map. (Game now only saves 32 best uncollected Runes left on map.)
  • Fixed crash that could occur when closing game on skin selection window.

General Fixes:
  • Fixed an edge-case where Uruks were not re-populating empty spaces in the hierarchy, leading to extremely empty hierarchies.
  • Leaderboards now navigate properly.
  • Improved detection of monitor native resolution.

ːShowdownː

34 件のコメント 詳細を見る

2月17日

Update: Build v1951.6

New Features:
  • Bright Lord DLC support added. (Note: Bright Lord DLC requires slightly higher system specs than Main Game Campaign. If you’re noticing a loss in performance, please lower system settings.)

Continued PC Improvements:
Stability:
  • Fixed rare crash encountered when going into Skills Menu.
  • Fixed a crash that could occur if blood failed to render.
  • Fixed issue where game would crash after a video card driver crash.
  • Fixed crash related to physics.

Performance:
  • Improved rendering on domination FX to improve framerate.

Save/Load:
  • Fixed issue where users save progress could be lost after watching benchmark to completion.

UI:
  • Added ability to skip Splash Screens after first launch.

General:
  • Steam Achievements not being awarded properly. (Issue 1: Occasionally Achievement wasn’t awarded even though game criteria satisfied. Game now verifies again whether Achievement criteria has already been met and will re-pop. In some cases, it may be required to perform unlock a 2nd time. Issue 2: Some Achievements weren’t being awarded in Challenge Mode even though they should have. This issue should now be resolved.)
  • Fixed issue where player would lose Orc Hunter Rune when restarting Lord of the Hunt DLC.

ːShowdownː

161 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“AMAZING”
9.3/10 – IGN

“Revolutionary”
5/5 – Joystiq

“Remarkable”
4.5/5 – VideoGamer

Coming to SteamOS/Linux

Middle-earth™: Shadow of Mordor™ will be available on SteamOS and Linux in Spring 2015.

このゲームについて

この新しい中つ国物語でモルドールを戦い進み、あなたを動かす精霊の正体に迫り、力の指輪の秘密を暴き、新たな伝説を作り、最後にはサウロンの悪に立ち向かおう。

システム要件

    Minimum:
    • OS: 64-bit: Vista SP2, Win 7 SP1, Win 8.1
    • Processor: Intel Core i5-750, 2.67 GHz | AMD Phenom II X4 965, 3.4 GHz
    • Memory: 3 GB RAM
    • Graphics: NVIDIA GeForce GTX 460 | AMD Radeon HD 5850
    • DirectX: Version 11
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 25 GB available space
    Recommended:
    • OS: 64-bit: Win 7 SP1, Win 8.1
    • Processor: Intel Core i7-3770, 3.4 GHz | AMD FX-8350, 4.0 GHz
    • Memory: 8 GB RAM
    • Graphics: NVIDIA GeForce GTX 660 | AMD Radeon HD 7950
    • DirectX: Version 11
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 40 GB available space
参考になったカスタマーレビュー
93 人中 86 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 53.5 時間
投稿日: 2014年10月2日
良い点
・グラフィックが綺麗
・軽快で爽快感のあるアクション
・広いフィールドと大量の敵
・豊富なスキル、キルムーブ
・盛り上げてくれるBGM

悪い点
・戦闘が単調になりやすい
・売りであるネメシスシステムが活躍するのが中盤以降
・短めのストーリー

オープンワールドなファンタジー・アクション。
各地に点在しているミッションを受注することでストーリーやサイドミッションを進めていく方式。
戦闘システムはバットマンとほぼ同じで、コンボを繋ぎ、ある程度つなぐと特殊な攻撃を出せるようになる。
戦闘自体は単調になりがちではあるが、豊富なモーションと迫力のある演出のお陰でプレイヤーを飽きさせない。
また、プレイヤーにとどめを刺したモブが昇格してネームドになったり、敵同士で地位を争ったりといったシステムは非常にユニークだった。他にも敵幹部の護衛を操って幹部を暗殺したり、敵の軍勢を味方につけたりとこのシステムのお陰でプレイの幅が広がっている。

しかし、この肝心のシステムが主に使えるようになるのが中盤以降であり、ストーリーが短いのもあってか魅力が減ってしまっているのが残念なところ。序盤は使えるスキルが少ないこともあって、ゲームをなおさら単調にしてしまっていると感じた。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
81 人中 77 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 33.1 時間
投稿日: 2014年10月20日
Middle-earth:Shadow of Mordor

プレイ時間24時間ほど
本編クリア済み:レビュー投稿時の実績解除率76%

※ネタバレは極力省いています

・前置き

ストーリーモードをクリアしたので投稿。
本作は、映画にもなった「指輪物語」の時系列より前のお話。
主人公タリオンは黒門を守るレンジャー。そこへ、モルドールに帰還したサウロンの軍勢に黒門を襲われ、
妻子を殺され自身も死んだ……ハズが、呪いでエルフの幽鬼に憑かれ不死の身体に。
そんなこんなで呪いを解くためにエルフの幽鬼とともにサウロンの軍勢と戦っていく流れ。
なお、エルフの正体はトレーラーやゲームを進めるとすぐに分かる。

・ゲームシステム

オープンワールド/サンドボックス型のアクションゲーム。
しかし、TESシリーズの様に生活感のあるタイプではない。収集品やサイドクエスト以外にこれといって各地を巡る必要性はなく、
GTAのようなオープンワールド型だと思っていただければ問題ない。

本作はアクション性を重視。豊富なキルムーブ、ステルス、弓、洗脳などがあるが、長剣は通常戦闘、短剣はステルス専用と、自由に武器が使えるわけではない。
もっといえば、成長要素はスキルのアンロックによって行い、武器の強化も敵のボスがドロップするルーンをはめ込むことによって行うだけである。
違う装備を買い替えていったり…といった要素はない。

戦闘システムは同じWBのバットマンシリーズに酷似しており、それにアサシンクリードを足した感じだ。全体的にスムーズな剣戟アクションは見ていて楽しく、キルムーブにてオークが豪快に斬首されていくのは一種のカタルシスといえる。
なお、育ったタリオンは強いものの、アサクリほど無双はできず、油断をすると死ぬ。そういう難易度。
倒し方、またはボスの弱点耐性にさえ注意すれば、全体的な難易度は高くない。
冒険が進めば、獣に乗って駆け巡ったりできる。

グラフィックスレベルは問題なく評価できる。キャラクターの造形にも違和感はない。
PC版にはHD化DLCが配布されているので、なおさら高画質を体験できる。

ウリのネメシスシステムだが、中々にユニークだった。
オーク社会のヒエラルキーは段々とマンネリ化するが、自身を倒した一兵卒がリーダーに昇格したり強くなったりする点は、妙な嬉しさと憎ったらしさがあったりと。
また、以前であったオークと再戦した際にその時の出来事を話すといった要素も初めは楽しいが、これも次第にマンネリ化する。なにより同じオークと何度も戦うという機会がそうない。タリオンが強くなる中盤以降はより顕著だ。
洗脳システムは使えばかなり有利に働くため、無限湧き・大量湧きの多い本作では頼りになる。
色々と手厳しく指摘したが、更に練り上げられていけば大きく化ける可能性を感じさせてくれるシステムだった。

やりこみ要素は世界観を深める要素、ゲーム実績にもマッチした収集系。武器縛りのサイドクエスト系など。
シングルプレイゲームなので、実績のコンプリートも十分目指せる内容なので高ポイントだ。

・ストーリー

指輪物語のファンであれば楽しめる。
タリオンとエルフの幽鬼の会話は独特であるし、収集品を発見した際には2人の思いの丈を聞けたり。
サウロンやゴラムなど、ファンにはお馴染みのキャラクターも登場し、特に美しい頃のサウロンには不思議な感動があって嬉しかった。

後半の尻すぼみな感じがネックだが、個人的にこの結末はアリ。
原作のあるスピンオフ作品である本作が、どういうオチを付けてくるのか興味があったので、エンディングには思わず「おおっ……」と少しばかり身震が(笑)


長所
・魅力的なキャラクター
・グラフィックスレベル
・テンポのよい操作感
・スムーズな剣戟アクションとゴア
・タリオンが有利になるトラップの存在
・ネメシスシステムなどの新たな試み

短所
・メインのボリュームの無さ
・マップは広いが駆り立てるものの無さ
・飽きの早い戦闘
・中途半端なゴア表現
・あってもなくても困らない騎乗要素
・ネメシスなど、本作のウリが主に中盤からの登場
・ボス戦

ここからは、主に悪い点を述べる。

まず目立つのが、メインストーリーのボリュームの少なさだろう。
サイドクエストなどを無視すれば、10時間にも満たずにクリアできるのではないか。
それに加えて、話の内容は中々に惹きつけるのに、終盤の尻すぼみで急速に終わっていくストーリーは少々勿体無い。
演出自体は中々いいだけに、そして最後のオチは個人的に好きなだけに、話のふくらませ方にもっと工夫をして欲しかった。
タリオンやエルフの幽鬼との冒険(生活)、一緒に過ごした時間を感じられるような作りならば、終盤の盛り上がりは最高のものだったのではないかと残念でならない。

また、オープンワールドは素晴らしいのだが、戦闘しかすることがないので肝心の世界を巡る楽しさが乏しい。
収集品やサブクエ巡りは良いとして、マップ設計がチープなMMOのレベルで、何とも心に残らない。
手抜きは感じないが、センスが足りない、そんな印象でゲームシステムとチグハグして勿体無い。

戦闘の飽きの早さは如何ともし難い。とにかく戦闘しかできることがないため、必然的に消化が早くなってしまう。
スキルのアンロック制で多少は紛れるのだが、武器の固定といった要素が単調さに拍車をかけている。
この点はRPGライクであれば、装備の収集といったモノで延命できるのだが本作ではそれも叶わない。
ゴア表現は斬首は素晴らしいが、良し悪しは別として出血要素はかなり少なく、世界観のファンタジーやモルドールの血生臭さと合わせて何とも中途半端である。

ラスボスとその手前のボスは、かなり批判の的だろう。
演出としてある程度は仕方ないにしても、もう少し何とかならなかったのだろうか……。

・最後に

指輪物語のファンなら、ボリュームの少なさを理解した上でなら定価で買っても楽しめる。
あくまで外伝の域はでないが、最新の技術でこの世界観に触れることができるだけで感動する。

もし貴方がそこまでのファンでないのなら、セールを待っても良いだろう。
現在ではDLCの数も少なく、コンテンツ量は多いとはいえない。
今でも十分な良ゲーで、かつ定価でも後悔のない作品だとは思うが、ソロゲーなので焦る必要がないのもまた事実。

私としては、ストーリーは是非さいごまで見届けて欲しいという感じ。
また、ネメシスシステムなどの新要素はとても可能性に満ちている。

今度は映画の版権要素と合わせて、ぜひとも次回作に期待したいと言った感じだ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
41 人中 38 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 42.6 時間
投稿日: 2014年9月30日
戦闘システムがバットマンになったSkyrimというとSkyrim感はあまりないが、戦闘メインのオープンワールドRPG。非常におもしろい。

装備は剣、弓、短剣だけでルーンをはめて強化する。バットマンをやっている人ならわかると思うけど、スキルをアンロックして使える技が増えていく。

敵の拠点にスニークか正面突破か、はたまたボスの弱点をリサーチして挑むかは自分次第。主人公はどんな壁でもよじ登り、どんな高さから落ちても死なない(既に死んでいる)ので安心です。

舞台はホビットの冒険と指輪物語の間のモルドール。オークさん達がヒャッハーしてる世界でオークハントに励むのが、主人公と相棒のエルフのすごい人。世界観も主人公の境遇も暗いけど、あまりそんなことを感じずにサクサクとライバルたちを葬り去っていきます。

トレイラーの動画にも描かれているように、オークさん達の仁義なき戦いを裏であやつるフィクサーかつヒットマンとしての活躍が待っているので、序盤のメインクエストは早く進めるとよいです。

指輪物語が大好きで英語がわかると更におもしろいはずです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
88 人中 64 人 (73%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 49.9 時間
投稿日: 1月10日
貴方が日本人で今から初めて日本語verを買うなら問題無いです。
以前から購入して日本語化して遊んでいた立場で言うと、アップデートで日本語対応するものだと思っていたのでガッカリです。
まさか別ver販売だとは・・・もう一回買い直せと?。
誤解を招くような販売方法(インターフェイスの日本語にチェック入ってたり)や日本語化も出来ないようにしたりと中々あくどい売り方
ゲームとしてはステルスや無双好きなら楽しめる良質アクションゲーなのに残念。

追記
再度の日本語化は可能でした、一回やってるとやり方が変わるだけです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
69 人中 51 人 (74%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 77.0 時間
投稿日: 2014年12月5日
steamのレビュー機能には "良い" or "悪い" しか無いので"良い"にしとくが、点数的には60点ぐらい。
・良い点 → 難易度が低い。
・悪い点 → 難易度が低い。

■戦闘
通常攻撃は威力が低いため、連続8ヒットごとに発動可能になる必殺技が重要になる。これを当てると雑魚は即死 & ボス格には大ダメージを与えられる。

・攻撃を連続でヒットさせると強力な必殺技を発動できる
・攻撃を空振りすると連続ヒットのカウントはリセットされる
・敵の攻撃を食らってもカウントはリセットされる

上の3つが戦闘の基本ルール。攻撃を外さないよう & 敵の攻撃を喰らわないように立ち回る。敵の攻撃に合わせて右クリックを押すと回避 & カウンターが発動するので、それも利用してコンボを維持する。

連続ヒットのカウントが自然消滅するまでの猶予はかなり長いし、カウンターの入力猶予も同じく長い。早めor遅めに入力しても余裕で成立し、ノーダメージで敵の攻撃を受け流してくれる。KOEIのあの脳死無双シリーズほど単調ではないが、負けず劣らずヌルい。

■武器
1種類で固定。ボス格のオークを倒すと手に入るルーンを付け替えして強化。バリエーション少なめだが、一応は貴重なランダムドロップ要素。

■スキルツリー
ポイントにかなり余裕があり、片っ端からスキルを解除していける。なので一点特化のビルドを組むような多様性はない。

■クエスト
結局全てオーク虐殺に行き着くので、これも多様性はあまりない。

■マップ
全体マップはElder Scrollsシリーズのように広くはない。街やダンジョンは無く、殺すべきオークが大量に徘徊してるのみ。街で買い物や泥棒をしたり、ダンジョンに潜ってトレハンしたりする要素はない。

マップ上にあるもの
・無限に沸いてくるオークの群れ
・オークのキャンプ地とか砦
・オークと敵対してる野生の生きもの数種
・スキルポイント稼ぎ & 実績用の収集アイテム多数(めんどい)

マップ上にないもの
・街
・ダンジョン

■ステルス
バレずに敵の背後に回って攻撃すると一撃で殺せるという定番のアレ。判定がすげえヌルい。普通に歩いて近付いてもほぼバレないし、正面から襲いかかっても数秒間は暗殺判定になる。真正面からガーッと走って行ってザクッとやる。実際ステルスでも何でもないが、とにかく一発で殺せる。

要するに"プレイヤースキルの上達"ではなく、"手軽にオークを虐殺できる"ことで気持ち良くなれるよう設計されてるゲーム。歯ごたえは豆腐級。

ちなみにFraps やDxtory の様なキャプチャソフトを起動しているとSteamオーバーレイが機能しなくなる問題があり、"実績が解除されない" "Steamクライアントからスクリーンショットが撮れない" 等の不具合が起きる。大したことじゃないが発売から2ヶ月ほど経った現在未修正。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
24 人中 22 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 18.2 時間
投稿日: 2014年11月2日
(11/2現在)
日本語化が可能です、GameのDateFileを直接弄ることで日本語化が可能になっています。
当然メーカー非公認なので自己責任でお願いします。

ゲームは世界観が好きでアサシンクリードのようなステルスアクション要素が楽しめるという方にお勧めだと思います。
ストーリーは映画『ホビットの冒険』と『指輪物語』の間を繫ぐストーリーとして描かれているゲームなのでこの映画が好きな人も楽しめると思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
30 人中 25 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 75.0 時間
投稿日: 2014年12月10日
『ホビットの冒険』と『指輪物語』の間を繫ぐストーリーとして描かれているゲーム
映画『ホビット』『ロード・オブ・ザ・リング』に出てきた設定だけでなく
原作で言及されてきただけの設定も生かしている名作

ゲーム内容としては
簡単に言えば、ゴリゴリ戦えるアサクリ
スローモーション効果を駆使し連撃したり、高台から矢の雨を降らしたり
影から影に潜み音も無く制圧したりとスーパープレイも出来る様になっています

ボリュームは少なめと感じる人も居ますが
急いで終わらせようと思わなければやりこみ要素も含めて
楽しめる要素は数多くあります

メインクエだけ触ってクリアした事にしてしまう人にとっては
値段の割りにボリュームが少ないと感じてしまうでしょう
逆に、世界観に浸りつつやりこみ要素もこなしていくタイプの人には
値段相応、もしくは値段以上の作品になっています

原作もあり、つくりこまれてる作品を愛し
愛すべきゲームは骨までしゃぶりつくした上に
フレにギフトしまくる一個人としては文句なしの満点としてオススメできます
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
20 人中 19 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 14.2 時間
投稿日: 1月11日
指輪物語の世界観で構成された
オープンワールドアクションゲーム。
ひょんな事から不死身になった主人公が
オークの様な軍団を壊滅したり仲間に引き入れたりして
悪党を倒しにいく王道的な物語。

オープンワールドにありがちな内職の様なクエストは少なく、
サブクエストにちょっとしたテキストや演出が
あるのは良い感じです。
ボリュームは少なめでメインだけ追うなら
7~8時間でクリア可能かもしれません。


で、プレイをした感想ですが…
個人的な感想としては、非常に勿体ない作品。
名作らしい手応えを感じますが、
誰もが感じるであろう
現役の有名大手作品であるアサシンクリードやバットマンの影。

そのままシステムをコピーして軽く手を加えただけかと錯覚するほど
戦闘も移動もAIも似ていて、新鮮みがありません。
このゲームの個性である敵の軍団を味方に引き入れたり
成長させるネメシスシステムも、中盤以降にならないと利用出来ないので
イマイチ影が薄い感じでした。

敵を尋問して、部隊長の弱点などを聞き出せますが
大体が怯ませてボタン連打でOKなので
弱点を聞かなくても楽勝です。
唯一根性を見せるのが、処刑攻撃無効化の部隊長ですが、
それも別の攻撃パターンを試すとアッサリ倒せてしまいます。

このゲームにしか無い軍団システムをさらに洗練させて
前面に出していたら
とても魅力的な作品に感じたかもしれません。

メインストーリーもステルスミスで一からやり直しなど
アサクリのいらない部分まで真似ており
出る感想はアサシンクリードやバットマンに似てますね、の一言。


楽しめる作品ですが、現役有名タイトルの影がちらつく為に
せっかくの個性が失われている印象。
アサシンクリードやバットマンのシステムが好きなら
問題なく楽しめると思うので
試して見るのは有りだと思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2,165 人中 2,043 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 33.9 時間
投稿日: 2014年10月2日
Shadow of Mordor is an excellent third person action game that takes the best parts of the Batman Arkham games, places it in Mordor, throws in a little (of the best of) Assassin's Creed and some outstanding voice work and out comes an excellent game.

Here's the tl;dr Pros/Cons:

Pros
+ Looks great. Sounds great.
+ Exceptionally optimized. Don't be fearful of the requirements. I came across no bugs whatsoever.
+ Takes one of the best combat systems in recent gaming history and applies it to a world that it really excels in. Combat animations are brutal (in a good way). Sneaking up on orcs and/or mauling a large pack of orcs is fun throughout the entire game. Some awesome "orc death" animations. The sight of an orc head flying away never gets old.
+ Strong story in a world that is teeming with stories.
+ A TON of stuff to do. Sidequests, hunting, collectibles, challenge modes. Nemesis system essentially creates a neverending enemy hierarchy.
+ Encourages further reading of Tolkien.
+ Stealth is fun and easy to get the hang of.
+ Fun with Carigors! When you hear an orc say "It's a carigor!" Climb up high, and have fun siccing them on orcs.

Cons
- Story can be finished quickly unless you take your time.
- An absolute fart of a final boss fight. Total copout in terms of design.
- A smattering of quicktime events that are annoying and take you out of the immersion.
- Some forgettable supporting characters. Lack of Middle Earth races represented. Mostly just men and orcs.
- Respawning of enemies in areas cleared prior happen almost immediately and is another immersion killer.
- Game map (there are two sections, one opens later in the game) seems small for a game that is a 35 gigabyte download.
- A bit easy. Lack of a choice of skill level hurts replayability.

I'm writing this review shortly after completing the story. According to Steam, I have 20.3 hours invested into it. I did not do everything there is to do and I imagine had I taken more time I could easily have gotten 50 hours into it. However, I found myself into the story and enjoyed the missions a lot, so I kept at it especially after gaining one particular ability. I won't spoil it, but it starts with a "B" and you get it roughly 60-70% of the way into the story and can totally change how you approach any skirmish in the game, big or small. Needless to say "B" is awesome and plays a key role in the lead up to the final confrontations. I am on the fence as to returning to the game to finish the plethora of side missions and I am probably going to wait until story DLC before I do so.

Without going into too much detail of the story, the game is one that grabs you immediately. Put simply, the Shadow of Mordor is a story of revenge and the opening is done so exceptionally well that I was immediately engaged and wanting to destroy orcs within minutes of taking control of the main character, Talion. While the game does a decent job of keeping this interest, I do feel there were some shortcuts taken in almost every respect. The story is not immediately predictable, but does run into some typical cliches that may have been unavoidable. The big bad guys that are your true "targets" (they're not orcs) are more fearful in terms of their look than their bite once you fight them.

One of the most remarkable aspects of the game is what's being termed as "the nemesis system". What this means is that when you are defeated in battle, the orc that defeats you grows in power, remembers you, and you are encouraged to seek him out to exact your revenge. There is almost a neverending limit to orcs that get promoted, so as you kill one, another will take his place in the power hierarchy in essence creating a constant power struggle amongst the orcs of Mordor. They will even fight themselves, plot against one another, and you can essentially push this one way or another by the choices you make. Unfortunately, this system does not have an effect on the story and could almost be considered a meta game as the story missions are mostly unaffected by this system until nearer the end. Despite this, the nemesis system is one that I imagine will be copied and perfected by other games. I am already imagining something like this in a game of political intrigue, or with a terrorist mastermind who becomes stronger via the choices you make. This is an excellent mechanic that deserves to be explored more fully.

QuickTip: Focus on Ranger abilities first. They are integral to strengthening Talion.

Most of the enemies in this game are run of the mill orcs. Some are stronger than others (i.e. Captains) and require some aspect of a mission (kill X number of guys a certain way) before they appear. It is very Arkham-esque in certain respects as most of the foot soldiers are complete pushovers. That said, I found most of this game entirely too easy. The only times I felt truly challenged by my enemies was when they were completely overwhelming or I was stuck in a chokepoint unable to defend myself. You will die, but I guarantee you will feel "cheated" at times regarding your manner of death. The lack of a skill level selection hurts this game's replayability.

QuickTip: Run a benchmark when you first launch the game and experiment with the settings from there. I was able to Ultra everything even if the benchmark put me at high on everything!

All in all, I am extremely impressed by Shadow of Mordor. It's an engaging and fun third person action game in a familar world with great mechanics and some new ones that should be staples in future games. It's technologically sound, and while I felt extremely let down by the final boss "fight", the journey was worth it. I wanted Talion to succeed and that is half the battle in a game like this. When the player cares about the "avatar", you've got yourself a great starting point. If you are at all a fan of this world, you owe it yourself to play this game.

Overall: 8/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
22 人中 20 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 24.2 時間
投稿日: 2014年10月11日
ロードオブザリングをモチーフにした、オープンワールドアクションゲーム

まずグラフィックだが、シナリオにちょいちょい挿入されるムービー
通常play時ともに高品質だった

また臨場感を盛り上げるBGMも良い

特に目立つバグもなく
ストーリーも妻子を殺された主人公が、幽鬼の力をかりて復讐するという
ありきたりではあるが、しっかりした内容だった

肝心のアクション部分は スキルの組み合わせで単調にならず
ステルスplayや ごり押しplayなどある程度の自由度もあり爽快感も高い

特筆すべきは ネメシスというシステムで 敵のmobやボスを洗脳して自分の配下にするという
なかなか面白いシステムが導入されている
残念なのは中盤以降に導入されるので、かなり中盤以降は面白いのだが 導入後すぐにゲームクリアに
なってしまうところだ

ただ15時間くらい面白いアクションやりたいぜ!つう方には
かなりオススメ

続編がでたら まちがいなく購入する一品
個人的には 世界観・システムともに好印象
85点
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
30 人中 23 人 (77%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 6.2 時間
投稿日: 1月11日
唯でさえ日本語は遅れて導入されたにも関わらず、発売してすぐにこのゲームを買っくれた購入者達をこうも簡単に裏切るようなメーカーはいずれ客を失うと思う。
もうちょっと客を大事にしてもらいたい。最近の各パブリッシャーの日本に対する露骨な儲けようとする姿勢には憤りすら感じる。
ゲーム自体は面白いのに残念でならない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
42 人中 29 人 (69%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 28.5 時間
投稿日: 2014年12月26日
サポート言語で日本語にチェックが入っていますが、
現時点ではゲームのオプション等で日本語の設定は提供されていませんので注意してください。
日本語ファイル自体は入ってるようで、非公式なファイルや作業を用いて日本語化は可能なようです。
ー追記ー
日本語対応版というのが別にリリースされたようです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
44 人中 30 人 (68%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 2.2 時間
投稿日: 1月13日
公式で日本語字幕アリとあるが実際ナシ。
ユーザー側で作業してやっと日本語化ができる。
公式がこの体たらくなので、少なくとも定価で買う作品ではない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
28 人中 21 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.7 時間
投稿日: 2014年9月30日
基本的にはオープンワールド上に点在するミッションをクリアしながらメインクエストを進めて行くTPS
アーティファクトや紋章をみつけたり、敵を倒し経験値を入手してスキルを開放していく。
武器は弓・近接用の剣・暗殺用の剣の三つ。それぞれ[ルーン]とよばれるいわゆる強化アイテムをつけることが可能
動物を従わせて乗り物にすることができるので広いステージの移動も楽にだったりします。
雰囲気は全体的に暗め。
おすすめ十段階評価 7
満足度  7
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 13 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 24.8 時間
投稿日: 2014年10月1日
原作が好きで購入。
日本の公式トレーラーにあったような恐怖を広めるシステム?アレの存在を確認できないままにストーリーをクリアしちゃいました。
内容もボリュームもしっかり詰まっていて、ストーリーをどんどん進めてしまっていました。
戦闘のシステムはバットマンのアレと似た感じですが、すこしシビアになってる気がする。
ネメシスシステムが活用できるフリーモード的なのも欲しかったです。
ストーリーモードのほかに、チャレンジモードがあるのですが、どうしてもラトバグは仲間にしないといけないような感じになってるのがいただけない。
同じストーリーは無いとうたっていたのに、割りと他の人も同じ用に進めていたと思う。

オークの社会は非常に上手く動いているので、後はもうちょい自由に遊ばせて欲しいです。
まだ出たばかりなので、今後の修正なども期待しておきます。

それと今はまだDLCなど無いので、シーズンパスは抜きで買ってみてもいいと思います。

ストーリーのボリュームは普通に遊んで12時間ほどだったので、まずまず。
やりこみ要素とは違いますが、あれこれサイドミッションも多いので、それも入れれば15~20時間ほどは遊べるかと。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 13 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 28.7 時間
投稿日: 1月3日
指輪物語を題材にしたACTゲームです。
指輪物語原作をリスペクトして制作されているのがよく分かる良作です。
ロードなどの細かい点も丁寧にできているので、あまりストレスなくプレイできます。

■あらすじ
黒門を守護するレンジャーのタリオンは、サウロン帰還によって力を増したサウロン軍の襲撃を受け、家族もろとも殺されてしまう。
しかしエルフの幽鬼に取りつかれて復活し、ウルク・ハイなどで構成されるサウロン軍を率いる「サウロンの黒の手」への復讐を誓う。
(時系列的にはホビットの冒険と指輪物語の間、サウロンがモルドールに帰還したあたりです)

■システム
戦闘はバットマン、パルクール・ステルス・マップ周りはアサシンクリードを大胆にパクリスペクトした感じになっています。
しかし本家並みに快適にプレイできますし、本家よりも遊びやすさが増している部分もあり、単なる劣化コピーではありません。
また、これらのシステムを指輪物語の世界観に違和感なく落とし込んでいるところも良いですね。

■ネメシスシステム
本作のウリにネメシスシステムというものがあります。
サウロン軍には軍団長、小隊長、一般兵の階級があり、小隊長以上のウルクには性格や記憶が設定されています。
各自の強みや弱みを利用して戦闘を有利に進めることができますし、タリオンとの戦闘経験があるウルクの場合は「また来やがったか!」といった反応をしてくれます。
また、サウロン軍は完全実力制なので、下位の隊長や兵士が下剋上を起こしたり、空いたポストをぶんどったりして、軍勢内の勢力が刻々と変わって行きます。
さらに途中から敵を洗脳して仲間にすることができるようになりますので、軍団長や小隊長を洗脳すれば軍勢内に自分の勢力を食い込ませることもできるのです。
こうしてサウロン軍を把握・コントロールして有利な状況を作っていくことになります。

■ダメな点
あまりないですが、ストーリーが若干短くさっぱりしすぎているように思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
45 人中 30 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 2.6 時間
投稿日: 1月15日
日本語対応しているようにチェック入っていますが、対応していませんので注意。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 12 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 46.1 時間
投稿日: 2014年11月1日
 このゲームは、戦闘に特化したアサシンクリードといった所です。ただマップは二つしかないので、序盤で慣れた頃に単調さに気づき始めて、ちょっと飽きます。後半から「洗脳」スキルが使えるようになり、多少マンネリ感は無くなりますが、やっぱり同じことの繰り返しになってしまいます。
 更に、序盤あたりの「進んでない感」が半端ないです。戦闘終了間際に真後ろに出現し後頭部をドつくオーク、その後オークの無限湧きや、あまり意味の無い割に手間のかかる「敵隊長の特徴調査」など、改善点は山ほどあります。
 EDを迎えた後から考えても、ちょっと値段は高いかなと思いました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1,084 人中 1,005 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 32.9 時間
投稿日: 2014年10月3日
The experience that stands out most for me was encountering an Orc named Zakadush The Warrior. This ♥♥♥♥♥♥♥ showed up everywhere. He was also immensely terrifying. Not just because of his insane strength, but because of his personality. You see, Zakadush never spoke. He would only breathe heavily, giggle, and scream. There were many times I found myself with the upper hand in an intense combat situation, only to hear heavy breathing from behind -- and BAM -- Mr. Giggles (Zakadush) would ambush me, fling me around (literally), and beat me to a pulp. When I finally bested him during one of his many ambushes, I felt sweet relief and satisfaction. I was finally done with that psychopath.
NOPE.JPEG.
Zakadush somehow found his way back from beyond the grave and hunted me down again. This time, scars covered his face and gave him the look of an all-familiar clown villain from another series we're all familiar with. Mr. Giggles continued to be a pain in the ♥♥♥ for the rest of my game. I finally threw him off a cliff about an hour ago. Since I didn't cut off his head, there's no way to know for sure if that's the last I'll see of him. I want to believe he's dead, but I've learned that this game is cruel.


Middle-earth: Shadow of Mordor may be one of the most surprising games of the year. My expectations were hugely surpassed by this gem -- and a shiny gem at that, the game is gorgeous and smooth. The main storyline is alright. The overall plot is interesting, but it feels disconnected between missions and has odd pacing. You can tell it isn't the main focus of the game, which is fine as I spent all 32 some-odd hours crafting my own story.


The combat flows smoothly and is incredibly brutal. There is weight behind every sword swing, stab, leap, throw -- you see where I'm going, it feels good to control. The combat is heavily borrowed from the Batman: Arkham games, but I feel it adds its own flavor to it as well. The animations are amazing through and through and make the combat, movement, and just about everything else feel very immersive and smooth.


The open world exploration is heavily reminiscent of the Assassin's Creed franchise and a bit of the Far Cry series. Movement feels good and climbing is nowhere near as clunky as it is in Assassin's Creed. Climbing isn't without its faults though, there are a few hang ups with the parkouring system, though they aren't big issues and are hardly worth commenting on. The stealth system is a nice mix between what is found in the Batman and Assassin's Creed games -- overall, there is a bit to be desired, but the mechanic is satisfying nonetheless.


I have beaten my enemies and have been bested brutally many times. The game isn't a cakewalk and rewards quick-thinking as well as slow tactic. You can be easily overwhelmed if you're not careful and sometimes you can't bounce back. As you get used to the controls and systems at play, the game naturally gets a bit easier -- especially when leveling up. As a difficulty junkie, I was still experiencing death in the late game, though significantly less often.


Death is satisfying in Mordor -- it's the main way you build stories with your many enemies. The Orcs who slay you will grow in power, they'll taunt you the next time you meet, and they remember every meeting. They'll recall their defeats and your demise. You develop an enemy -- a nemesis. The system is dense.


The nemesis system is probably one of the most dynamic, deep, and satisfying AI tech I've seen in quite awhile. The stories that unfold through the gameplay are amazing -- they're also unique, in that they're YOUR stories and experiences. The replay value is absurd. It's incredibly hard to stress just how great this game is, but it may be one of my all-time favorites now. The potential this game has met, and the systems it has introduced, are immense. I very much look forward to experiencing more of Middle-earth and I'm going to be playing in this world for quite some time.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 11 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 0.3 時間
投稿日: 1月5日
日本語対応にチェックがついているのに日本語対応していない。
対応していないならチェックを外すべき。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い