Fight through Mordor and uncover the truth of the spirit that compels you, discover the origins of the Rings of Power, build your legend and ultimately confront the evil of Sauron in this new chronicle of Middle-earth.
ユーザーレビュー: 非常に肯定的 (8,776 件のレビュー)
リリース日: 2014年9月30日

このゲームをウィッシュリストに追加したり、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Middle-earth: Shadow of Mordor を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Middle-earth: Shadow of Mordor Premium Edition を購入する

2 アイテムを同梱: Middle-earth™: Shadow of Mordor™, Middle-earth: Shadow of Mordor - Season Pass

Middle-earth: Shadow of Mordor Season Pass を購入する

 

キュレーターによりおすすめされています

"Would be a competent but unremarkable Arkham-style open world game about killing orcs but made special with the Nemesis system and excellent voice work."
ここでレビューの全文を読む

最新の更新 全て表示(2)

10月16日

Update: Build v1636.29

Middle-earth: Shadow of Mordor, build v1636.29
Photo Mode:

  • Photo Mode added to Shadow of Mordor. For more information, check here.
Updates:
  • Various bug fixes and improvements

ːShowdownː

135 件のコメント 詳細を見る

10月10日

Update: Build v1426.21

Middle-earth: Shadow of Mordor, build v1426.21
Stability:

  • Fixed a source of the game failing to launch due to a corrupt VCRedist installation.
  • Fixed the issue with error message box being destroyed upon shutdown, allowing more detailed information to some players when game crashes during launch.
  • Fix for most common crash when partner of a sync-action is removed.
Graphics:
  • SLI profile for Shadow of Mordor is on the way. More information as it’s available.
Investigating:
  • We are looking in to the source of our save file loss issue. If this is happening to you, please contact Customer Support at http://support.wbgames.com/.

ːShowdownː

106 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“AMAZING”
9.3/10 – IGN

“Revolutionary”
5/5 – Joystiq

“Remarkable”
4.5/5 – VideoGamer

このゲームについて

Fight through Mordor and uncover the truth of the spirit that compels you, discover the origins of the Rings of Power, build your legend and ultimately confront the evil of Sauron in this new chronicle of Middle-earth.

システム要件

    Minimum:
    • OS: 64-bit: Vista SP2, Win 7 SP1, Win 8.1
    • Processor: Intel Core i5-750, 2.67 GHz | AMD Phenom II X4 965, 3.4 GHz
    • Memory: 3 GB RAM
    • Graphics: NVIDIA GeForce GTX 460 | AMD Radeon HD 5850
    • DirectX: Version 11
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 25 GB available space
    Recommended:
    • OS: 64-bit: Win 7 SP1, Win 8.1
    • Processor: Intel Core i7-3770, 3.4 GHz | AMD FX-8350, 4.0 GHz
    • Memory: 8 GB RAM
    • Graphics: NVIDIA GeForce GTX 660 | AMD Radeon HD 7950
    • DirectX: Version 11
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 40 GB available space
参考になったカスタマーレビュー
71 人中 64 人 (90%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 38.7 時間
良い点
・グラフィックが綺麗
・軽快で爽快感のあるアクション
・広いフィールドと大量の敵
・豊富なスキル、キルムーブ
・盛り上げてくれるBGM

悪い点
・戦闘が単調になりやすい
・売りであるネメシスシステムが活躍するのが中盤以降
・短めのストーリー

オープンワールドなファンタジー・アクション。
各地に点在しているミッションを受注することでストーリーやサイドミッションを進めていく方式。
戦闘システムはバットマンとほぼ同じで、コンボを繋ぎ、ある程度つなぐと特殊な攻撃を出せるようになる。
戦闘自体は単調になりがちではあるが、豊富なモーションと迫力のある演出のお陰でプレイヤーを飽きさせない。
また、プレイヤーにとどめを刺したモブが昇格してネームドになったり、敵同士で地位を争ったりといったシステムは非常にユニークだった。他にも敵幹部の護衛を操って幹部を暗殺したり、敵の軍勢を味方につけたりとこのシステムのお陰でプレイの幅が広がっている。

しかし、この肝心のシステムが主に使えるようになるのが中盤以降であり、ストーリーが短いのもあってか魅力が減ってしまっているのが残念なところ。序盤は使えるスキルが少ないこともあって、ゲームをなおさら単調にしてしまっていると感じた。
投稿日: 10月2日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
38 人中 35 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 29.6 時間
戦闘システムがバットマンになったSkyrimというとSkyrim感はあまりないが、戦闘メインのオープンワールドRPG。非常におもしろい。

装備は剣、弓、短剣だけでルーンをはめて強化する。バットマンをやっている人ならわかると思うけど、スキルをアンロックして使える技が増えていく。

敵の拠点にスニークか正面突破か、はたまたボスの弱点をリサーチして挑むかは自分次第。主人公はどんな壁でもよじ登り、どんな高さから落ちても死なない(既に死んでいる)ので安心です。

舞台はホビットの冒険と指輪物語の間のモルドール。オークさん達がヒャッハーしてる世界でオークハントに励むのが、主人公と相棒のエルフのすごい人。世界観も主人公の境遇も暗いけど、あまりそんなことを感じずにサクサクとライバルたちを葬り去っていきます。

トレイラーの動画にも描かれているように、オークさん達の仁義なき戦いを裏であやつるフィクサーかつヒットマンとしての活躍が待っているので、序盤のメインクエストは早く進めるとよいです。

指輪物語が大好きで英語がわかると更におもしろいはずです。
投稿日: 9月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
1,551 人中 1,466 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 31.9 時間
Shadow of Mordor is an excellent third person action game that takes the best parts of the Batman Arkham games, places it in Mordor, throws in a little (of the best of) Assassin's Creed and some outstanding voice work and out comes an excellent game.

Here's the tl;dr Pros/Cons:

Pros
+ Looks great. Sounds great.
+ Exceptionally optimized. Don't be fearful of the requirements. I came across no bugs whatsoever.
+ Takes one of the best combat systems in recent gaming history and applies it to a world that it really excels in. Combat animations are brutal (in a good way). Sneaking up on orcs and/or mauling a large pack of orcs is fun throughout the entire game. Some awesome "orc death" animations. The sight of an orc head flying away never gets old.
+ Strong story in a world that is teeming with stories.
+ A TON of stuff to do. Sidequests, hunting, collectibles, challenge modes. Nemesis system essentially creates a neverending enemy hierarchy.
+ Encourages further reading of Tolkien.
+ Stealth is fun and easy to get the hang of.
+ Fun with Carigors! When you hear an orc say "It's a carigor!" Climb up high, and have fun siccing them on orcs.

Cons
- Story can be finished quickly unless you take your time.
- An absolute fart of a final boss fight. Total copout in terms of design.
- A smattering of quicktime events that are annoying and take you out of the immersion.
- Some forgettable supporting characters. Lack of Middle Earth races represented. Mostly just men and orcs.
- Respawning of enemies in areas cleared prior happen almost immediately and is another immersion killer.
- Game map (there are two sections, one opens later in the game) seems small for a game that is a 35 gigabyte download.
- A bit easy. Lack of a choice of skill level hurts replayability.

I'm writing this review shortly after completing the story. According to Steam, I have 20.3 hours invested into it. I did not do everything there is to do and I imagine had I taken more time I could easily have gotten 50 hours into it. However, I found myself into the story and enjoyed the missions a lot, so I kept at it especially after gaining one particular ability. I won't spoil it, but it starts with a "B" and you get it roughly 60-70% of the way into the story and can totally change how you approach any skirmish in the game, big or small. Needless to say "B" is awesome and plays a key role in the lead up to the final confrontations. I am on the fence as to returning to the game to finish the plethora of side missions and I am probably going to wait until story DLC before I do so.

Without going into too much detail of the story, the game is one that grabs you immediately. Put simply, the Shadow of Mordor is a story of revenge and the opening is done so exceptionally well that I was immediately engaged and wanting to destroy orcs within minutes of taking control of the main character, Talion. While the game does a decent job of keeping this interest, I do feel there were some shortcuts taken in almost every respect. The story is not immediately predictable, but does run into some typical cliches that may have been unavoidable. The big bad guys that are your true "targets" (they're not orcs) are more fearful in terms of their look than their bite once you fight them.

One of the most remarkable aspects of the game is what's being termed as "the nemesis system". What this means is that when you are defeated in battle, the orc that defeats you grows in power, remembers you, and you are encouraged to seek him out to exact your revenge. There is almost a neverending limit to orcs that get promoted, so as you kill one, another will take his place in the power hierarchy in essence creating a constant power struggle amongst the orcs of Mordor. They will even fight themselves, plot against one another, and you can essentially push this one way or another by the choices you make. Unfortunately, this system does not have an effect on the story and could almost be considered a meta game as the story missions are mostly unaffected by this system until nearer the end. Despite this, the nemesis system is one that I imagine will be copied and perfected by other games. I am already imagining something like this in a game of political intrigue, or with a terrorist mastermind who becomes stronger via the choices you make. This is an excellent mechanic that deserves to be explored more fully.

QuickTip: Focus on Ranger abilities first. They are integral to strengthening Talion.

Most of the enemies in this game are run of the mill orcs. Some are stronger than others (i.e. Captains) and require some aspect of a mission (kill X number of guys a certain way) before they appear. It is very Arkham-esque in certain respects as most of the foot soldiers are complete pushovers. That said, I found most of this game entirely too easy. The only times I felt truly challenged by my enemies was when they were completely overwhelming or I was stuck in a chokepoint unable to defend myself. You will die, but I guarantee you will feel "cheated" at times regarding your manner of death. The lack of a skill level selection hurts this game's replayability.

QuickTip: Run a benchmark when you first launch the game and experiment with the settings from there. I was able to Ultra everything even if the benchmark put me at high on everything!

All in all, I am extremely impressed by Shadow of Mordor. It's an engaging and fun third person action game in a familar world with great mechanics and some new ones that should be staples in future games. It's technologically sound, and while I felt extremely let down by the final boss "fight", the journey was worth it. I wanted Talion to succeed and that is half the battle in a game like this. When the player cares about the "avatar", you've got yourself a great starting point. If you are at all a fan of this world, you owe it yourself to play this game.

Overall: 8/10
投稿日: 10月2日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
16 人中 15 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 29.1 時間
Middle-earth:Shadow of Mordor

プレイ時間24時間ほど
本編クリア済み:レビュー投稿時の実績解除率76%

※ネタバレは極力省いています

・前置き

ストーリーモードをクリアしたので投稿。
本作は、映画にもなった「指輪物語」の時系列より前のお話。
主人公タリオンは黒門を守るレンジャー。そこへ、モルドールに帰還したサウロンの軍勢に黒門を襲われ、
妻子を殺され自身も死んだ……ハズが、呪いでエルフの幽鬼に憑かれ不死の身体に。
そんなこんなで呪いを解くためにエルフの幽鬼とともにサウロンの軍勢と戦っていく流れ。
なお、エルフの正体はトレーラーやゲームを進めるとすぐに分かる。

・ゲームシステム

オープンワールド/サンドボックス型のアクションゲーム。
しかし、TESシリーズの様に生活感のあるタイプではない。収集品やサイドクエスト以外にこれといって各地を巡る必要性はなく、
GTAのようなオープンワールド型だと思っていただければ問題ない。

本作はアクション性を重視。豊富なキルムーブ、ステルス、弓、洗脳などがあるが、長剣は通常戦闘、短剣はステルス専用と、自由に武器が使えるわけではない。
もっといえば、成長要素はスキルのアンロックによって行い、武器の強化も敵のボスがドロップするルーンをはめ込むことによって行うだけである。
違う装備を買い替えていったり…といった要素はない。

戦闘システムは同じWBのバットマンシリーズに酷似しており、それにアサシンクリードを足した感じだ。全体的にスムーズな剣戟アクションは見ていて楽しく、キルムーブにてオークが豪快に斬首されていくのは一種のカタルシスといえる。
なお、育ったタリオンは強いものの、アサクリほど無双はできず、油断をすると死ぬ。そういう難易度。
倒し方、またはボスの弱点耐性にさえ注意すれば、全体的な難易度は高くない。
冒険が進めば、獣に乗って駆け巡ったりできる。

グラフィックスレベルは問題なく評価できる。キャラクターの造形にも違和感はない。
PC版にはHD化DLCが配布されているので、なおさら高画質を体験できる。

ウリのネメシスシステムだが、中々にユニークだった。
オーク社会のヒエラルキーは段々とマンネリ化するが、自身を倒した一兵卒がリーダーに昇格したり強くなったりする点は、妙な嬉しさと憎ったらしさがあったりと。
また、以前であったオークと再戦した際にその時の出来事を話すといった要素も初めは楽しいが、これも次第にマンネリ化する。なにより同じオークと何度も戦うという機会がそうない。タリオンが強くなる中盤以降はより顕著だ。
洗脳システムは使えばかなり有利に働くため、無限湧き・大量湧きの多い本作では頼りになる。
色々と手厳しく指摘したが、更に練り上げられていけば大きく化ける可能性を感じさせてくれるシステムだった。

やりこみ要素は世界観を深める要素、ゲーム実績にもマッチした収集系。武器縛りのサイドクエスト系など。
シングルプレイゲームなので、実績のコンプリートも十分目指せる内容なので高ポイントだ。

・ストーリー

指輪物語のファンであれば楽しめる。
タリオンとエルフの幽鬼の会話は独特であるし、収集品を発見した際には2人の思いの丈を聞けたり。
サウロンやゴラムなど、ファンにはお馴染みのキャラクターも登場し、特に美しい頃のサウロンには不思議な感動があって嬉しかった。

後半の尻すぼみな感じがネックだが、個人的にこの結末はアリ。
原作のあるスピンオフ作品である本作が、どういうオチを付けてくるのか興味があったので、エンディングには思わず「おおっ……」と少しばかり身震が(笑)


長所
・魅力的なキャラクター
・グラフィックスレベル
・テンポのよい操作感
・スムーズな剣戟アクションとゴア
・タリオンが有利になるトラップの存在
・ネメシスシステムなどの新たな試み

短所
・メインのボリュームの無さ
・マップは広いが駆り立てるものの無さ
・飽きの早い戦闘
・中途半端なゴア表現
・あってもなくても困らない騎乗要素
・ネメシスなど、本作のウリが主に中盤からの登場
・ボス戦

ここからは、主に悪い点を述べる。

まず目立つのが、メインストーリーのボリュームの少なさだろう。
サイドクエストなどを無視すれば、10時間にも満たずにクリアできるのではないか。
それに加えて、話の内容は中々に惹きつけるのに、終盤の尻すぼみで急速に終わっていくストーリーは少々勿体無い。
演出自体は中々いいだけに、そして最後のオチは個人的に好きなだけに、話のふくらませ方にもっと工夫をして欲しかった。
タリオンやエルフの幽鬼との冒険(生活)、一緒に過ごした時間を感じられるような作りならば、終盤の盛り上がりは最高のものだったのではないかと残念でならない。

また、オープンワールドは素晴らしいのだが、戦闘しかすることがないので肝心の世界を巡る楽しさが乏しい。
収集品やサブクエ巡りは良いとして、マップ設計がチープなMMOのレベルで、何とも心に残らない。
手抜きは感じないが、センスが足りない、そんな印象でゲームシステムとチグハグして勿体無い。

戦闘の飽きの早さは如何ともし難い。とにかく戦闘しかできることがないため、必然的に消化が早くなってしまう。
スキルのアンロック制で多少は紛れるのだが、武器の固定といった要素が単調さに拍車をかけている。
この点はRPGライクであれば、装備の収集といったモノで延命できるのだが本作ではそれも叶わない。
ゴア表現は斬首は素晴らしいが、良し悪しは別として出血要素はかなり少なく、世界観のファンタジーやモルドールの血生臭さと合わせて何とも中途半端である。

ラスボスとその手前のボスは、かなり批判の的だろう。
演出としてある程度は仕方ないにしても、もう少し何とかならなかったのだろうか……。

・最後に

指輪物語のファンなら、ボリュームの少なさを理解した上でなら定価で買っても楽しめる。
あくまで外伝の域はでないが、最新の技術でこの世界観に触れることができるだけで感動する。

もし貴方がそこまでのファンでないのなら、セールを待っても良いだろう。
現在ではDLCの数も少なく、コンテンツ量は多いとはいえない。
今でも十分な良ゲーで、かつ定価でも後悔のない作品だとは思うが、ソロゲーなので焦る必要がないのもまた事実。

私としては、ストーリーは是非さいごまで見届けて欲しいという感じ。
また、ネメシスシステムなどの新要素はとても可能性に満ちている。

今度は映画の版権要素と合わせて、ぜひとも次回作に期待したいと言った感じだ。
投稿日: 10月20日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
27 人中 20 人 (74%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 4.5 時間
基本的にはオープンワールド上に点在するミッションをクリアしながらメインクエストを進めて行くTPS
アーティファクトや紋章をみつけたり、敵を倒し経験値を入手してスキルを開放していく。
武器は弓・近接用の剣・暗殺用の剣の三つ。それぞれ[ルーン]とよばれるいわゆる強化アイテムをつけることが可能
動物を従わせて乗り物にすることができるので広いステージの移動も楽にだったりします。
雰囲気は全体的に暗め。
おすすめ十段階評価 7
満足度  7
投稿日: 9月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ