3人のルーファスが、さらなる混沌、破壊に立ち向かいます。 待望のポイントクリックアドベンチャーコメディーGoodby Deponia。今回の大騒動で中心にいるのは、1人でも2人でもなく3人のルーファスです。 オルガノンがデポニアーの破壊を計画。かわいいゴールは(再び)姿を消し、ヒーローではないルーファスは相変わらずまごまごするのを止めることができません。 自由な心を持つ発明家ルーファスが望んだこと。それはゴミに埋もれた星デポニアーを脱出して、デポニアーを周回する上流階級の人々のためのパラダイス「エリシウム」に行くことでした。 ルーファスが恋するエリシウムの少女ゴール。彼女はいまだにルーファスの行動のカギであり...そして彼が宇宙に出るための重要なカギでもあるようです。
ユーザーレビュー: 非常に好評 (764 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 764 件中 87% が好評です
リリース日: 2013年10月17日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Goodbye Deponia を購入する

Goodbye Deponia Premium を購入する

Includes the soundtrack, concept art, deponia animation workbook and “Introduction to the Deponia world” book.

このゲームが含まれるパッケージ

The Daedalic Armageddon Bundle を購入する

11 アイテムを同梱: Deponia, Chaos on Deponia, Goodbye Deponia, The Whispered World Special Edition, The Dark Eye: Chains of Satinav, A New Beginning - Final Cut, Memoria, The Night of the Rabbit, Edna & Harvey: The Breakout, Edna & Harvey: Harvey's New Eyes, 1954 Alcatraz

 

最新の更新 全て表示(5)

2015年10月20日

Hot News: "Goodbye Deponia" is now available with Spanish subtitles and Italian voice-over & texts!

We're very happy to announce that our Italian fans can now enjoy "Goodbye Deponia" in their native language. Additionally, our Spanish fans can play "Goodbye Deponia" with Spanish subtitles.

This version is available automatically to all new players. For players who already have a version of "Goodbye Deponia", the Italian version and Spanish subtitles will be available after the next automatic Steam update.

Qué te diviertas!
Buon divertimento!
Your team Daedalic

39 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“A cool story with many twists, relatively complex puzzles, but most of all the brilliant, omnipresent humor make Goodbye Deponia the best part of the trilogy - and Daedalic finally a worthy heir of LucasArts.”
9.5/10 – GamersGlobal

“Goodbye Rufus and goodbye Deponia. Even 20 years from now, I certainly will remember our trip fondly, telling everyone what a good ride we've had. You will be missed, but not forgotten. Farewell!”
9/10 – Gamereactor

“The dialogue, the bizarre characters and the slapstick humor measure up to those of 'Day of the Tentacle'.”
91% – GameStar

このゲームについて

3人のルーファスが、さらなる混沌、破壊に立ち向かいます。 待望のポイントクリックアドベンチャーコメディーGoodby Deponia。今回の大騒動で中心にいるのは、1人でも2人でもなく3人のルーファスです。 オルガノンがデポニアーの破壊を計画。かわいいゴールは(再び)姿を消し、ヒーローではないルーファスは相変わらずまごまごするのを止めることができません。

自由な心を持つ発明家ルーファスが望んだこと。それはゴミに埋もれた星デポニアーを脱出して、デポニアーを周回する上流階級の人々のためのパラダイス「エリシウム」に行くことでした。 ルーファスが恋するエリシウムの少女ゴール。彼女はいまだにルーファスの行動のカギであり...そして彼が宇宙に出るための重要なカギでもあるようです。 最終的に、ルーファスは一見完璧に見える計画を思いつきます。

ですが、うまくいかない可能性があれば、物事は何でも突然悪い方向に進むものです。 ハイウェイ・クルーザーの中で気づいたとき、不機嫌なルーファスは、こわもてのオルガノンに囲まれていることに気づきます。一方で、ゴールは行方不明になってしまいます。 クローンマシーンを見て、彼はこれで脱出できると考えます。 クローンを作れば、この苦境からの脱出を手伝ってくれるはず。 しかし、「説明不能の」エラーによって事態はさらに複雑化し、ゴールは再び我らがヒーローの手からこぼれおちてしまいます。 今、彼は3つの問題を解決しなければなりません。 ゴールを再び見つけ出すこと。エリシウムにたどりつくこと。オルガノンの手によるデポニアーの完全破壊を阻止することです。
これは、3つともルーファスが取り組むしかありません。そこでこの不幸な発明家は、自分自身をクローンすることを決断するのです! プレイヤーは、この決断によって大きな影響を受けます。 Goodbye Deponiaでは、プレイヤーは適宜3人の
ルーファスを操作する必要があるのです。彼らを使って3つの問題を一緒に解決してください - ルーファスは時には自分自身と遭遇することになりますが。

Goodbye Deponia はDeponia三部作の壮大な完結編であり、2013年におけるドイツ最高のゲーム(ドイツコンピューターゲームアワード)の続編です。
数々の賞を受賞してきたDeponiaシリーズは、ゴミの星Deponiaの奇抜なアドベンチャーストーリー3篇で構成されています。 クラシックなポイントクリックコメディであり、コメディファンやアドベンチャーゲームのベテランだけでなく、このジャンルの初心者でも楽しむことができます。 美しい手書きのコミック調2Dグラフィック、サーカスティックなセリフ、そしてたくさんのブラックユーモアが、愉快なDeponiaシリーズを彩ります。 シリーズは多くのプレスアワードを受賞しています。中には、ドイツコンピューターゲームアワード(Deutscher Computerspielpreis)、その他ドイツのデベロッパー関連アワードが含まれています。

主な特徴


  • 独自の世界でのクラシックなポイントクリックアドベンチャー。ダグラス•アダムズ、テリー•プラチェット、マット・グレイニング作品の伝統を継承。
  • Memoria、Edna & Harvey: The Breakout、A New Beginning、Edna & Harvey: Harvey's New Eyesなどに関わったクリエーターが制作。
  • 伝統あるDeponiaシリーズの壮大な完結編。
  • コミック調のユニークなHD 2D手描きグラフィック。
  • かわいらしいアニメーション、音楽と合わせたカットシーン。

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows Vista/7/8
    • プロセッサー: 2.5 GHz Single Core Processor or 2 GHz Dual Core Processor
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: OpenGL 2.0 compatible with 256 MB RAM (Shared Memory is not recommended)
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    • 追記事項: Mouse
    推奨:
    • OS: Windows Vista/7/8
    • プロセッサー: 2.5 GHz Single Core Processor or 2 GHz Dual Core Processor
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: OpenGL 2.0 compatible with 512 MB RAM (Shared Memory is not recommended)
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    • 追記事項: Mouse
    最低:
    • OS: Lion (10.7)
    • プロセッサー: 2 GHz (Dual Core) Intel
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: 256 MB RAM
    • ストレージ: 3 GB 利用可能
    • 追記事項: Mouse
    最低:
    • OS: Linux x86_64
    • プロセッサー: 2.5 GHz Single Core Processor or 2 GHz Dual Core Processor
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: OpenGL 2.0 compatible with 256 MB RAM (Shared Memory is not recommended)
    • ストレージ: 3500 MB 利用可能
    • サウンドカード: OpenAL compatible
    • 追記事項: Mouse
参考になったカスタマーレビュー
8 人中 6 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 30.6 時間
投稿日: 2015年9月5日
Deponia/Chaos on Deponia/Goodbye Deponiaの3部作をクリアしたのでレビュー。

<ゲーム内容について>
語弊を恐れず言うと、ストーリーを付けた脱出ADVゲーム集+ミニゲーム集。
ボリュームはそこそこあり、3部作合わせると60時間程度。
本編+ミニゲームの謎解きの難易度もそれなりに高く、
全て自力でクリアするのは難しい。特に2の本編の一部の謎解き。
難易度が高い理由のひとつとして、桶屋を儲からせるために風を吹かせるような
ギミックが多いという事実も挙げられるが、とにかく進んだ時の爽快感・アハ体験は保証できる。
まずはさっと一通りのことを試行錯誤しながらやってみて、ど~しても詰まったら
攻略サイトを見て一歩だけ進む、というプレイスタイルを推奨。

会話ログなどは追えないので、英語が全くできないとなると厳しい。
一応謎解きの進行に深く関わる重要な会話は何度も聞くことが可能。


<ストーリーについて>
ストーリーは完全につながっているので、プレイするなら1~3をぶっ通しでクリアすることを強く推奨。
1と3を比較してもインターフェースもグラフィックもほとんど変わらないので、
ウィッチャー3を楽しむためにウィッチャー1をやるような苦行めいたことにはならない。

話の中身は、シリアス1%にも満たないコメディー。
感情移入が全くできないレベルに自己中な主人公を愛することができれば楽しめる。
個性的なサブキャラクターの面々と、彼らとのやりとりも面白い。
とんでもない選択肢が出ることもあるが、ストーリーは一本道なので
「こんな事ルーファスに言わせたら面白いな」、という視点で気軽にプレイするとよい。

しかし、『終わりよければ全てよし』、という諺がある。
多くを書くつもりはないが、このゲームをおすすめしていない唯一無二の理由は3作目のエンディングである。


<まとめ>
ゲームとして面白い。ストーリーも面白い。
バンドルで安く売ってたら買い。


※ただし後味は悪い。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
31 人中 27 人 (87%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 13.0 時間
投稿日: 2015年10月9日
The final chapter of developer Daedalic Entertainment's award-winning point-and-click adventure series is sadly coming to a close. Goodbye Deponia completes the trilogy following the exploits of one of the most hilarious antiheroes ever to grace the gaming scene. Since the first game, Rufus has failed in every attempt to escape the garbage world of Deponia and enter a life of luxury on the floating spaceship city called Elysium. Does Goodbye Deponia finally see our "hero" achieve his dream? Well, no spoilers here. You'll have to finish the story and see for yourself.

What I can tell you is that Goodbye Deponia keeps the exact gameplay formula from the past games, but cranks up the insanity to stratospheric levels. I wouldn't have thought it possible after some of the jaw-dropping moments found in the second game of the series, Chaos on Deponia. After all, we saw Rufus offer a shoe to a homeless person to eat, purposely get our leading lady Goal struck by lightning, and knowingly had baby dolphins chopped up and processed into cans of tuna.

I kept wondering whether Goodbye Deponia would finally see Rufus mature, and even find his moral center. Nope. Rufus is just as egotistical, self-congratulatory, and selfish as ever, with a horseshoe shoved firmly up his ♥♥♥♥. At times, you'll be ashamed at yourself for laughing at some of his pranks, but it's impossible not to. The scriptwork in this final chapter is absolutely flawless, and delivered pitch perfect by the veteran cast of voice actors.

But it's not just Rufus and his antics that deliver a gold-star performance. The entire ensemble is crafted with loving care, each character with their own personality that after two games you will have found yourself emotionally attached to: Doc as the master tinkerer that Rufus is always trying to belittle, Bozo and his pacifist nature, even Rufus' snobbish "twin" Cletus, whom you're never quite sure who's side he's on. And lest we forget Goal, whom Rufus tries to charm to no end, who is more adorable than ever... you'll see why.

As a point-and-click adventure game, Goodbye Deponia follows all the standard conventions. Gameplay consists of jaunting through areas, searching for items to pick up and interact with, with puzzles scattered around that require solving in order to advance the story. However, the Deponia series crashes through conventional realism barriers due to the nature of the story and the idea that any item can be plausibly accepted by the player since the action occurs on a planet comprised of trash. Thus, Goodbye Deponia requires you to think outside of the box... way outside. Any obtainable object can be placed in Rufus' coat pockets, no matter the size, whether it's a living creature or an open flame. These objects can sometimes be combined to create new items.Characters help at impasses by retaining any conversation options that provide hints to solving the particular dilemma.

Visually, Goodbye Deponia is as gorgeous as ever. It's not so much a technical improvement over the last two games, but rather a clear sense of style and creativity that comes from Daedalic's artist, and the dedication that goes into each hand-drawn scene. The background animations in each area depict the dilapidation of the garbage world, although the actual travel of each character has set animations that at times feels out of place.

The music and sound effects feel genuine to the backdrop. Everywhere you go there are oddly constructed gadgets and poorly maintained appliances that fizzle, rattle, and chug along. The ambient music is filled with industrial-style synthesized beats, all very appropriate to the scene. And of course, the break in between each chapter is one I eagerly look forward to, where our banjo-playing bard of a narrator regales us with a jovial recap of the action and the manly chorus closes it out, followed by an epic orchestral climax

I apologize for anyone hoping for more tidbits about the story itself, but as the final chapter in a cult-inducing series, I have little doubt that fans will want to experience each sidesplitting moment of Goodbye Deponia for themselves. It is a great finish to a truly original tale, and a trilogy that anyone not already familiar with the series should absolutely purchase and enjoy. The only tragedy of Goodbye Deponia is that it truly is the final farewell to all our friends on Deponia.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 15 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.5 時間
投稿日: 2015年10月7日
“You should be glad I'm with you to point out all your stupid mistakes.”

Goodbye Deponia is a point & click adventure and the final part of a trilogy by the company Daedalic Entertainment with emphasis on character and story development.

Atmosphere & Details:

+ Original comic look creates an interesting world.
+ Appealing musical background.
+ Balanced difficulty level of puzzle sections.

o Complex puzzles can be skipped.

- The sometimes illogical item combinations can lead to a break in immersion.

Characters & Story:

+ Humorous depiction of the protagonist and side characters.
+ Witty dialogues and unconventional conversation options.
+ Amusing plot development based on split personalities.
+ High quality voice acting.

o Based on the German origin of the game, some of the jokes are lost in translation.

Summary:

Daedalic Entertainment has been able to forge a series with cult status. Great comedy, fun characters and several heart-felt moments, all wrapped together in a well-animated package bringing the trash-trilogy to a worthy end.
--

Estimated time for 100 % completion: +10 hours

You can obtain all achievements within one playthrough, just make sure to keep an eye on the “Catwalk Queen” and "Ornithorhynchologist" achievements.

There are no multiplayer achievements.

Aspirant level of commitment (achievement difficulty: 2 of 10)

Catwalk Queen [+1]
Ornithorhynchologist [+1]

A useful guide can be found on the link below (thanks to YinYangBeetl).

http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=187059144
--

Goodbye Deponia (PC) - Point & click adventure
(Fantasy / Science-Fiction) - 2013

Chaos on Deponia (PC) - Point & click adventure
(Fantasy / Science-Fiction) - 2012
Link to Steam review for Chaos on Deponia.

Deponia (PC) - Point & click adventure
(Fantasy / Science-Fiction) – 2012
Link to Steam review for Deponia.
--

Please also check out the Completing the Backlog’s Curator page here – follow for the regular updates on reviews for other games.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 10 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 10.7 時間
投稿日: 2015年11月17日
Review for the whole saga.

First of all, I don't really like point-and-click games,
but for some reasons... I loved Deponia saga.


Pros:
  • Puzzles: In a lot of point-and-click you have to figure it out on your own, without hints, and so you should try to combine random items\click everywhere\etc... In Deponia you'll get tons of hints, in dialogues\descriptions\etc... you'll always find great hints.
  • Awesome graphics
  • Awesome musics
  • Awesome voice acting
  • Nice story
  • FUNNY ! Dialogues\puzzles\descriptions\even trying to use the wrong item, will make you laugh.
  • The whole saga takes ~30h, it's never repetitive
  • Platypuses
  • Rufus
  • Great inventory system

Cons:
  • Last chapter (Goodbye Deponia) it's a bit buggy
  • I don't want to spoil so I'll just say that I'm REALLY REALLY REALLY disappointed with the ending...
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
16 人中 11 人 (69%) がこのレビューが参考になったと投票しました
16 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 13.4 時間
投稿日: 2015年9月16日
ORGANOOOOOOON OH ORGANOOOON
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い