Live through an epic role-playing Viking saga where your strategic choices directly affect your personal journey. Make allies as you travel with your caravan across this stunning yet harsh landscape. Carefully choose those who will help fight a new threat that jeopardizes an entire civilization.
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (114 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 114 件中 88% が好評です。
総合:
非常に好評 (7,948 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 7,948 件中 90% が好評です
リリース日: 2014年1月14日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

The Banner Saga を購入する

The Banner Saga - Deluxe を購入する

Deluxe Edition includes The Banner Saga and The Banner Saga - Soundtrack

The Banner Saga - 4-Pack を購入する

The Banner Saga - Soundtrack を購入する

The Banner Saga Deluxe Pack を購入する バンドル (?)

4 アイテムを同梱: The Banner Saga - Soundtrack, The Banner Saga, The Banner Saga 2, The Banner Saga 2 - Soundtrack

 

最新の更新 全て表示(18)

4月18日

Banner Saga 2 April 19th

Hello All!

Proud to have Banner Saga 2 launching at 10am PST on April 19th! That means you have less than 24 hours to grab the game for a 10% discount.

http://store.steampowered.com/app/281640/

It's been over 2 years of work, but we're excited to get all of you back in our world and hear what you think of where the story goes! Thank you all for the wonderful support, comments, and mentions. You all rock!

-Stoic

2 件のコメント 詳細を見る

4月12日

Minor TBS Update

Hello All

Apologies on the delay with this info but we recently had a small update for Banner Saga.

  • Fixed recurring issue that sometimes caused the 'Continue' button to be unresponsive after a battle
  • Added new heraldry crests
  • Fixed some minor memory leaks

Nothing too crazy, but we found some memory things in TBS2 that we could easily bring back to TBS1 so we thought we should.

8 件のコメント 詳細を見る

レビュー

“Game of Thrones Meets Vikings Meets Disney. The Banner Saga is blindingly lovely and arguably just as intriguing to play. Built atop a world that all but demands the attention of travel documentaries, it's epic in the literal sense of the word.”
100% – US Gamer

“With a refreshingly unique aesthetic, well-written story, and challenging gameplay, The Banner Saga is an excellent adventure well worth your time.”
90% – Games Radar

“The Banner Saga deserves commendation for the strength of its art and music experience alone, which shatters conventions.”
86% – IGN

Coming to SteamOS/Linux

The Banner Saga will be available on SteamOS and Linux in March 2015.

デジタルデラックスエディション

The Deluxe Edition – Combines The Banner Saga with the official soundtrack which includes 29 tracks by Grammy nominated, and two time BAFTA Award winning, composer Austin Wintory, performed by the Dallas Winds orchestra plus a powerhouse trio of acclaimed YouTube sensations: vocalists Peter Hollens and Malukah and violinist Taylor Davis.

このゲームについて

Live through an epic role-playing Viking saga where your strategic choices directly affect your personal journey. Make allies as you travel with your caravan across this stunning yet harsh landscape. Carefully choose those who will help fight a new threat that jeopardizes an entire civilization. Every decision you make in travel, conversation and combat has a meaningful effect on the outcome as your story unfolds. Not everyone will survive, but they will be remembered.

Key Features

  • Player choice that drives your own narrative – every decision you make in travel, conversation and combat has a meaningful effect on the outcome as your story unfolds.
  • Over 25 playable characters from 2 different races, human and varl, the horned giants – embark on your epic journey with a variety of characters from 7 different classes, each with unique abilities and upgrade options to fit your play style.
  • Strategic combat with consequences - victory or defeat and even the permanent loss of a character depends on which characters you choose to take into battle and what decisions you make afterwards.
  • The journey is as important as battle – your role in building and managing your caravan as you travel the vast frozen landscape is critical to not only your own survival but the survival of an entire civilization.
  • An epic Viking saga brought to life in 2D glory – beautifully hand drawn combat sequences and animations, accompanied by an evocative score from Grammy-nominated composer Austin Wintory, will immerse you into a fantasy realm inspired by Norse mythology.
  • Multiplayer Combat Enhanced – sharpen your combat skills in the free multiplayer game “Factions”. Compete against other players with many of the character classes you see in The Banner Saga.

The Banner Saga is the first part of a planned trilogy. If you complete this game, your unique progress and storyline will carry over to the next part of the story.

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    最低:
    • OS: Windows XP SP3
    • メモリー: 2 GB RAM
    • ストレージ: 4 GB 利用可能
    推奨:
    • OS: Windows 7 SP1
    • メモリー: 4 GB RAM
    • ストレージ: 6 GB 利用可能
    最低:
    • OS: MAC OSX 10.7.5
    • メモリー: 2 GB RAM
    • ストレージ: 4 GB 利用可能
    推奨:
    • OS: MAC OSX 10.7.5
    • メモリー: 4 GB RAM
    • ストレージ: 6 GB 利用可能
    最低:
    • メモリー: 2 GB RAM
    • ストレージ: 4 GB 利用可能
    推奨:
    • メモリー: 4 MB RAM
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
非常に好評 (114 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (7,948 件のレビュー)
最近の投稿
4910
17.4 hrs
投稿日: 6月14日
交互ターンを採用したシミュレーションRPG
ゲーム進行自体はオートセーブですが、別にやり直しは効くのでそこは安心設計。

救われないストーリーと世界観なだけあって人やヴァールの命が凄まじく軽く
判断を誤ると今まで戦っていた仲間があっさり死ぬこともあるのが怖い。
(このゲームで味方が永久離脱する原因は基本的にイベントの選択肢による分岐が大半)
あれ?こんなので死ぬの?みたいな雰囲気で離脱されることもあるので選択肢は慎重に選びましょう
とあるキャラクターを最後まで生存させるのは心が疲れました。

シナリオ的なところを見るとメインの会話に絡んでいるのはだいたいルーク(Rook)・アイヴァー(Iver)・アレート(Alette)。
それ以外のキャラクターに会話がないとは言わないけど、シナリオの進行上会話の比率が偏るのはしょうがないのかなと思った
ハコンをメインにプレイできるシナリオも思ったより少ないので、もう1パートぐらいハコン側の視点が欲しかったかなという気がします
また、道中で発生するランダムイベントによって食料や名声を入手したり、同行する市民などにも影響が出るため
「自身の判断がどんな影響を及ぼすのか」じっくりと考えさせられるのはよいシステムだと思います。
でも基本的に食糧難で死人が出ても戦闘するキャラクターたちにとっては戦闘開始時の精神力が落ちるだけだったりするので
実績を意識してプレイしない限りはそんな足かせにならなかったりもする。
ルーク側が常にぎりぎりの管理を強いられてるせいでそっちにまで構う余裕が少ないというのもありますが。

戦闘のシステムは実に洋ゲーらしいと思った。(小学生並の感想)
攻撃役、防御を下げるブレイク役、攻撃を受けるタンク役としっかり分かれているのでキャラの個性はかなり強め。
敵は当然ながら、味方をすり抜けられないので(ルークやエイリク(Eirik)除く)ので次にどう動くかも考えて配置するのも面白い。
メインの敵であるドレッジよりも、たまにある人間・ヴァールとの戦いのほうがむしろ選択肢が多く大変だなあという印象が強かった。
まあ、基本的に使えないキャラというのはほとんどいないので好みで選んでもまったく問題はないレベル。
レベルアップのステータス割り振りもある程度自由ですが、基本的に役割分担がはっきりしてるゲームなので
何度かやると的確な割り振りが固定されがちではあったり。ルークのブレイクや盾持ちヴァールの防御力とか。

日本のゲームではなかなか味わえない濃厚でダークなお話がとても魅力的なので
ぜひともプレイし、歯ごたえのあるゲーム性を堪能してみましょう。全員生存も慣れればなんとかなります。
2作目もやりたいが英語は苦手です。有志による日本語訳が出るまで待ちましょう。待たねば。

あと、ルーク側に一人いる隠しキャラクターはパッチを当てる以外でどうやって出るのでしょうか。
ストアページの背景にいるあのオッサン(Trygvvy)のことですが。そこだけ気になったぐらいでした。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
eggpon
23.7 hrs
投稿日: 4月17日
The Banner Saga 2も近々発売と言う事と日本語化が可能と言う事で購入しました
1周やってみた感想ですが、とっても良かったです。

なにが良かったって、雰囲気・音楽・ストーリーなど現実的な話としてお値段に見合う内容だった事でしょうか(セール時に購入はしましたが・・・)
よくあるRPGのように、どんどん強くなるわけでもなく、戦闘も多数あるわけでもなく限られた戦闘の回数の中で、誰を戦闘に参加させて誰がトドメをさすか等を悩みながらやるゲームです(トドメをさした敵の数&名声と言うポイントを使ってLvアップなので)
ボリューム自体は、それほど無いですが仲間がプレイヤーの選択によって軽く死んでしまう為に、プレイの仕方によればそれなりに時間がかかる様な気もします

全員が生きたままor仲間になったままストーリーが最後までいけるのか、日本語での攻略Wikiなども発見できなかった為、情報に頼る事もできず、『え・・・ここで亡くなるの・・・さっきレベルあげたのに・・・』と悔しい思いもしながら、1周楽しめました
2周目は、もうちょっと仲間増えないかなと・・・1周目の選択を思い出しながら始めたところです

しばらくは2の有志による日本語化は来ないでしょうが、とっても続きが気になってます(私の英語力では・・・応援してます!)
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Teeeez
11.2 hrs
投稿日: 4月6日
The Banner Saga―
それは旗に縫いこまれた、人の記憶。旅の記録。そして旗の物語。

ストーリー
昔々、人間と巨人族《ヴァール》は領土や支配権を巡って争いを続けていた。そこで神は黒き破壊者《ドレッジ》を創った。
新たなる脅威を前に人間とヴァールは戦争を終結させ、同盟を組み、二度の大戦を経てドレッジを地下深くに封じ込めた。
以降ドレッジは地上に姿を見せる事もなく、世界は平和な時代を迎える。

太陽が動きを止めたその日、ドレッジが再び地上に姿を現すまで。


決して後戻りはできない旅
このゲームの目玉とも言える行軍システム。プレイヤーはキャラバンのリーダーとなり、旅のあらゆる局面で判断を下す必要がある。
キャラバンの疲労を考え休息をとるか、一刻も早く目的地に到達するため行軍を続けるか。
ドレッジの大軍の正面を突破するか、見つからないように迂回をするか。
キャラバンを飢えさせないために食料を買うか、それともキャラバンを守るために戦士の強化を行うか。
選択の結果次第では、仲間を失うこともある。
このゲームはオートセーブ1つとチャプター開始時のセーブのみとなっており、イベントがどのような結果になろうとも後戻りはできない。
(どうしてもやり直したいなら、チャプターの頭からやり直すことになる)


ボードゲームのような戦闘
戦闘システムはシンプルかつ独特で、メインとなるステータスは防御力、体力、精神力の3つ。
細かいルールは割愛するが、敵を倒すとRenown、名声ポイントが手に入る。
味方は戦闘不能になると、数日間負傷状態となりステータスが低下する。
キャラのレベルアップにはこの名声ポイントが必要なのだが、キャラバンの食料や装備アイテムの購入にも名声ポイントが用いられる。
イベントの結果であっさりキャラが死んだり離脱したりする可能性があるので、慎重にレベルアップをする必要がある。

また、
・レベルアップによって強化できるステータスは5つあるのに対し、1レベル上がるごとに割り振ることが出来るのは2ポイントのみであり、1レベルアップによるステータスの差はあまり大きくない。
・負傷やイベントによりキャラの入れ替わりが頻繁に起こるので、そのときのメンバーに合った戦略で臨機応変に戦うことになる。
この2点により、「強キャラのレベルを上げて無双する」ような戦い方が通用せず、限られた持ち駒でボードゲームをしているような、シンプルながらも奥深い戦闘システムとなっている。


[Pros]
  • 二転三転するストーリー
  • 後戻りはできない行軍システム
  • シンプルながらも奥が深い戦闘システム
  • 美しいアニメーションと音楽
  • 設定が盛り込まれたマップ画面

[Cons]
  • モッサリした戦闘モーション
  • 早送りできない行軍シーン


The Banner Sagaは3部作となっており、今作では壮大な物語の導入部が描かれる。
ストーリーにはところどころで分岐があり、マルチエンド。
難易度ノーマルでクリアするのに10時間ほどで、人によってはボリュームは少なく感じるかもしれないが密度の濃いストーリーとなっている。
2016年4月現在、とても上質な有志日本語化MODが配布されているため、英語が得意でなくても快適にプレイできる。
2では今作のセーブデータが引き継ぎ可能となるようなので、この際にプレイしてみてはいかがだろうか。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
CeleG1820
21.6 hrs
投稿日: 2月3日
このゲームなかなか深い・・・深いよ・・・・SoooDeeep・・・・

とりあえず一周したのでレビューを・・・
戦闘はよくあるターン制のコマ進めゲーです いろいろスキル合わせてコンボ決めるのがたのしいです。(小並感)

それよりも僕がこのゲームに深みを感じているのは人間臭いストーリーなんですなあ・・・
普段 浅瀬でチャプチャプ呆けている僕に深みを感じさせるなんてすごいことですよ はい

ストーリーは所々に選択肢が設けられているのですが、この選択をどうするかで後々の展開がかなり変わってきます。

こいつは仲間にするべきなのか 突き放して敵対させるのか 
そこの選択をウンウン悩みながら決断していき、結局裏切られた時の絶望感 Marvellous・・・・・

また、冒険中は基本的にキャラバンを率いて旅をしていくことになります。
キャラバンには一般の市民や戦闘員がいて、そいつらがまたしょうもない争いごとを起こします。
そういう問題をどう解決していくかも自分の選択次第です。 (盗賊さんお願いですから食料盗まないでくださいなんでもしますから)

話しを進めていって自分の選択は正しかったのか 改めて考えさせられることが多々ありました

どの選択肢を選ぶべきなのか ぜひキャラクターになりきって悩んでみてください 知恵熱出ます



PS: ストーリー読まずに選択肢ポチポチしてるあなた  そのキャラ死にますよニコッ b
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
aggai
13.2 hrs
投稿日: 2015年12月14日
独特なストーリーで淡々と死人がでるので、ゲームにひきこまれました。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
YTakanashi
5.5 hrs
投稿日: 2015年11月26日
北欧・ノルド的な世界観のRPG。
(かなり大雑把に言うと)巨人族と人間族の住まう地を黒い騎士達が侵略してきたので、キャラバンを組んで逃げながら戦うといった感じです。

ゲームはキャラバンパートと戦闘パートに分かれており、キャラバンパートでは様々なイベントが起こります。選択肢によっては味方が減ってしまったり、食料を盗まれたり、士気が下がったりとデメリットのある結果となることも少なくありません。そのため、英語が読めないと少し厳しい部分があります。(有志の方による日本語化パッチがありますので、それを使うとスムーズに進められるかと思います)

戦闘においては「アーマー」と「ヘルス」がそれぞれ設定されており、アーマーを削る攻撃か、ヘルスを削る攻撃かを選択できます。キャラクターによってどちらを破るのに適しているのかが違っているので、オールラウンダー的な育成をするより、適材適所で特化した育成を行った方が戦いやすくなります。ヘルスが減り瀕死状態になると攻撃力も激減してしまうので、防御面にも気を遣いながら戦闘をしなければなりません。
戦闘不能になったキャラクターは数日間の間戦闘に参加できなくなります。permadeathではありませんが、深追いをしてやられると次の戦いが厳しくなります。引き際を見極めるのも肝心です。

システム面も然ることながら、絵や音楽が良いところも好印象です。北欧神話風の神秘的な雰囲気を持ちながら、少し寂しげなツンドラの空気を感じることが出来るでしょう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
[S.W]yupika.jp
12.6 hrs
投稿日: 2015年11月14日
大人版FEというか、ハード・ファンタジーSLG。

まず仲間が死ぬ。永久に死ぬ。それも戦闘に負けてじゃなくて、イベントでだ。
僕みたいなあんまりリロードしながらベスト選択肢探したくない勢には戦々恐々のシステム。
どんな選択をしても死ぬキャラもいれば、何かとトレードオフなこともある。(多分)

難易度ノーマルでも一戦一戦は重く苦しい。
HPは≒攻撃力なので、HPが減ったキャラは誰も倒せないし倒される。
基本的に戦略はそういった消耗と戦線離脱は念頭に置いて戦うことになる。
イージーでやってみたらものすごい簡単だったので、クリアしたいだけ、物語読みたいだけでやりたい方はイージーにすればいいだろう。
ただ、この難易度の高さと選択肢の容赦のなさが相まって、とてもいい味になっている。

世界の終わりを実感できるようなゲーム。

雰囲気としては今は無きコンパイルから出たAfterDevilForceというゲームが似ています。

日本語化は有志の方が99%終わらせているし、とても丁寧な訳でオススメ。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
xxx-rinatin-xxx
41.0 hrs
投稿日: 2015年10月2日
日本語化できるまで放置してたからレビュー出遅れてもうたー(><; あたたた。
とりあえずNarmalをクリアしましたので感想をば。(注:一部ネタバレあり)

面白いの一言。
とは言え、人によっては合わない人も居るかも知れませんが...。
全体的に見て、北欧神話のような神話の世界をまるで短編小説を読みながら
主人公達を通して体感しているといった感じです。

ゲーム内容の詳細については他の方々のレビューを参考にしてもらって、
私は独自の違う視点でレビューします。

ゲーム進行(物語)は主にハコン(ヴァールという巨人族の戦士)とルーク(人間の狩人)の
2人の目線で物語が描かれ、もう一方の進行が終わるともう一方の進行に移るといった
感じで進んでいきます。

ハコンの巨人族グループは食料も豊富で戦士数も多く、ぶっちゃけごり押し(突撃オンリー)でも
なんとかなっちゃいます(笑

一方、ルーク側は食料が乏しい上に戦士数も少なく、おまけに民間人も一緒にキャラバンに
同行するため、厳しい戦闘や食糧不足に悩まされます。
またキャラバン行軍時に発生する様々なイベントで、リーダーとしてどう決断すべきか
初めは選択することに悩むことになるでしょう。(私も悩みましたよー)

で、2回目(最初の1回目は途中勝てなくて挫折)
意を決してゲーム進行中(行軍中)の途中でキャンプを張り、
無理やり食料0にして、100日以上キャンプを張り続け民間人0、戦士0、ヴァール0
の状態にしてみました。
結果、...どうやら主要メンバーは兵量0になっても死なないようです(笑

私はこの民間人0、戦士0、ヴァール0の状態でゲームを続け、なんとクリアしてしまったorz
どういうこっちゃー!
しかも途中で発生するイベントの中で、食料0なのに食料を盗まれただと!?・・・。

まぁゲーム上では民間人を誰一人救えなかった、ただの無能なリーダーですよ...はい。
しかも盗まれるはずのない食料盗まれてるし(笑

更に言えばヴァールの大橋で死体運び手してたら、いきなり鉄壁のエギル君死んじゃうし!
(※自分の選んだ選択肢によって、手塩に育てたキャラがあっさり死にます。しかも文章で)
( 同様に序盤村人を助けるを選択したら、仲間になるはずの双子の兄弟がメンバーに
( 入らなかったりします。)

終盤に居たっては、アレーレが・・・私のアレーレ、アレーレがぁ~~~・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
まぁこうなることは前々から察してはいたのですが、いざそうなるとやっぱり意気消沈します。

話も悪く言えば『尻切れトンボ』で終わります。え?終わり?って感じです。
とは言え、すぐThe Banner Saga2も出るので、話の続きが気になるところ。

2でアレーレ復活お願いしますぅ~~(-人-;)
姉や妹でもいいから、そっくりさんの別人ってことで...って、たぶん無理でしょうね。


とまぁ話は尻切れトンボの状態で終わってしまいますが、
あのとき、こっちの選択を選んでいたら??
こっちのキャラを今度は育ててみよう等など、2週目3週目をついついやりたくなる
そんなゲームです。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Haco Slacker
24.9 hrs
投稿日: 2015年5月14日
約24時間で難易度Normalをクリアしたのでレビュー。
本当に「考えることを要するゲーム」でした。

はじめに
  • 神話の面影が世界のあちこちに残り、人と巨人が共存する世界。
  • 地図を広げれば、世界の1つ1つの場所に与えられた設定。
  • 武器の重量感やキャラの息遣いが感じられるアニメーション。
  • 美しい旋律に彩られたBGM。
  • 優美なアートワーク。
パッと思いつくだけでも魅力的なところが幾つも挙がります。細かなところまで設定が行き届いていた世界を求めていたので、あっという間に引き込まれていきました。

ひとつ残念なのは、英語が難しく卓越した英語力がないとストーリーを完全に把握するに至らない点です。私は分からない単語が出る度に辞書をひいてはプレイしていました。それでも出てこない単語があるのです…。是非ローカライズを検討して欲しいというのが本音です。


「*いしのなかにいる*」の再来
原則オートセーブのため時折現れる選択肢のチョイスが非常に重要で、選択1つによってはテキストでのストーリーテリングの中で、先ほどまでピンピンしていたユニットが簡単に死んでしまいます。死亡したユニットに支払った通貨やアイテムは戻ってこないため、理不尽な死に対して憤りを感じてしまうかもしれません。私も大切に育てていたユニットに限って死んでいき、その後の戦闘がつらくて何度か投げ出そうと思ったところが何回かありました。(無駄に時間がかかっているのは投げ出し未遂によるものです…)

ロードすればいいじゃない、ときっとお思いでしょう。1回のチェックポイント分戻される時間とユニットの死のトレードオフはなかなか難しい判断だと思います。ひょっとすると死とはセーブ&ロードによってコントロールできるべきではないという意図が含まれているのかもしれません。


戦いとは、いつも二手三手先を考えて行うものだ
戦闘不能に陥ったユニットは負傷状態となり、一定期間を経るまで戦闘能力が低下した状態での参戦となるため、極力戦闘不能とならないように終わらせたいのは誰しもが思うはずです。しかしながら、平面だといって侮っていると難易度Normalでもユニットが本当によく戦闘不能に陥ります
一般的なシミュレーションRPGでは出現した敵を各個撃破すればするほど自軍は有利となりますが、このゲームは行動順序が必ず自軍と敵と交互となるため、闇雲に敵を倒していると行動順が遅く敵同士の立ち位置で阻まれていた無傷の敵が連続行動して自軍が全滅する、というのも割とよく見る光景なのです。


現実をきちんと見すえてよりよい選択肢を選ぶのだ
レベルアップは一定数の敵を倒したという条件を満たした上に、レベルアップに必要な対価を支払うことで行われます。この対価はキャラバンの食糧維持やアイテム購入のために使われる通貨と同じリソースとなっており、通貨の供給自体がイベントと戦闘でしか得られず有限であるため、大変貴重となっています。使う場面を誤ると引き連れているキャラバンの民が餓死したり、強力なアイテムが店頭に並んでいる時に金欠となっていたりと、本当に頭を悩ませることでしょう。


禁忌の呪文「Developerモード」
以下は一度クリアした方が抱えた不満を解消?するための魔法です。一度もクリアしていない方は本来の楽しさを失ってしまうかもしれません。そもそもはMOD開発のために用意されたモードであることも補足しておきます。MOD開発者と開発者のやり取り原文はコチラを参照ください。

Developerモードの導入方法
  1. SteamライブラリにてThe Banner Sagaのプロパティを開く。
  2. 一般タブより「起動設定...」を選択。
  3. プロンプトにて「--developer」 と入力してOKをクリック。
  4. The Banner Sagaを起動するとDeveloperモードがアクティブとなっています。
※上記方法でアクティブになっているかどうかはゲーム内でコンソール起動で確認可能です。
※未検証のものもありますので、At your own riskでお願いします。

コンソール起動
Ctrl+Shift+@日本語の106キーボードでは左記の3キーを同時押し

コンソールコマンド
developerdeveloperモードの有効、無効切り替え
items_unlockアイテムのレベル制限を取っ払う
saga item_all全てのアイテムをキャラバンに加える(難易度崩壊)

どこでも
Ctrl+Shift+F8クイックセーブ(編成中・戦闘中・イベント中は不可能)
Ctrl+Shift+F9クイックロード(最寄のチェックポイントまたはクイックセーブ)
Ctrl+Shift+F10ロード画面

戦闘中
Ctrl+Shift+H選択したユニットのアーマーを剥がす
Ctrl+Shift+J
Ctrl+Shift+K
Ctrl+Shift+L降伏(敗北)

キャラバン
Ctrl+Shift+→加速
Ctrl+Shift+←減速

おわりに
華々しい業績を経て晴れて続編が製作されることが決定しているようです。今作からどの程度、後の話が描かれるのか今から楽しみでなりません。次回作はXboxOneとPS4でのリリースも決定しているとのことですので、ローカライズにも期待したいところです。
もし貴方がシミュレーションRPGやストラテジーが大好きならば是非プレイしてみてください!
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Assassin cat
10.1 hrs
投稿日: 2015年1月1日
日本語非対応 比較的難しい単語が出てくるので、英語力が必要になる

珍しくキックスターターで始まり、ちゃんと完成したゲームの一つ

このゲームの面白い点はアートスタイルだ

一枚一枚丁寧に手で書かれたキャラや世界が送る世界は、幾ら見ていても飽きがこない出来になっている
さらに色使いが上手く、是非壁紙にしたいほどだ

では肝心のゲームだが、文句を付けれる所は余無いだろう

イベントは可成り厳しく、一つでも判断を誤ると大事に育てて来たキャラクターがあっけなく死ぬ事だ
それも一人だけでもないので、判断の一つ一つに緊張が生まれるので良かった
少し厳しいのでは?という意見も有るだろうが、厳しいからこその楽しみが出てくるのだ

戦闘は必ず1ターンごとに交代するという事だ
ようは自分が移動したら敵が、敵が行動したら自分、という風にだ
人間のユニットは一マスしか取らないが、大きいユニットは2x2のエリアを取るので、戦略も大きく変わってくる
一風変わった戦闘なので、此れ目当てで買っても良いかもしれない

少々たどたどしい日本語のレビューになってしまったが申し訳ない
上手く文字にして説明できないのだが、素晴らしいゲームだと理解してくれればokだ

ただオプションが貧相なので、そこは改善してほしかったりする
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
127 人中 117 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
7 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 22.9 時間
投稿日: 2014年12月15日
美しいイラストで構成されたSRPG。

戦闘などは目新しい要素はありませんが
キャラバンといいますか、行軍といいますか…
旅先で様々な人達と出会い、
何百人という仲間と共に旅をするシステムが見所です。

時間と食料の概念があり、
休まず長時間移動をしていると仲間は疲労します。
さらに人数分の食料が確保されていないと、
バタバタとメンバーが飢え死にします。

旅先で町を見つけたら補給をするか?仲間の装備を強化するか?
または人数を増やさないようにするか?
数はいるけど金や食料を持っている部隊を仲間に入れるか?
など個性的な戦略を楽しめます。

プレイ時間は1週6~7時間程度。
ED分岐有りです。


~ プレイ中に個人的に気になった点 ~

中々面白みのある行軍システムですが
キャラの歩いているアニメと華麗なイラストを見ろ!
と言いたげに早送りやスキップが出来ません。
歩くシーンを長々と眺める事になり、テンポが悪い欠点もあります。

最初は綺麗だなーと見ていますが、見慣れてきたら
早く次に進みたいのに時間ばかりが過ぎていきます、二週目なら尚のこと。
セガサターン版 北斗の拳が頭によぎりました、
いや、あっちより断然面白いですが。

あと仲間の種類は多いのですが、出入りが激しく
アイテムや経験値が無駄になる事もしばしば。


アート寄りでゲームとしては色々不自由な点はありますが、
個性的なイラストに行軍システム。
中々練られた戦闘バランスと楽しめる要素はあります。

セールの時なら有りな作品だと思いますが、
選択肢の要求が数十箇所もあるので、
英語が苦手な方だと少々辛いかもしれません。
※日本語化が可能になりました。


~追記 12月20日~
説明書っぽい簡易ガイドを作成しました。
駄文ですが、何か判らない部分があったら流し読みでもどうぞ。
http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=357833615
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
63 人中 60 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 10.7 時間
投稿日: 2014年1月29日
このゲームはタクティクスオーガのようなターン制RPGなのだが、ユニークなのはフィールド上の行軍システムだ。主人公の一団は村人や戦士などの随行者とともに目的地を目指すが補給の概念があり食料が尽きると随行者がバタバタと死に始める。行軍中にはさまざまなイベントが発生し、選択次第で仲間を増やせもすれば、減らせもする。食料は随行者が増えるほど必要となり戦略が必要となる。

戦闘は一人ずつ動かしていくターン制戦術RPGで特に複雑な要素がないので非常にとっつきやすくSLGに苦手意識がある人も得意なひとも楽しめる。

フィールドの移動中、背景がとても綺麗で見ていて楽しい。

バイキングとロードオブザリングが出会ったような世界観なので、ファンタジー好きにはおすすめだ。しかし個人的には全編英語テキストで音声もないのがちょっと辛い。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
23 人中 23 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 11.2 時間
投稿日: 4月6日
The Banner Saga―
それは旗に縫いこまれた、人の記憶。旅の記録。そして旗の物語。

ストーリー
昔々、人間と巨人族《ヴァール》は領土や支配権を巡って争いを続けていた。そこで神は黒き破壊者《ドレッジ》を創った。
新たなる脅威を前に人間とヴァールは戦争を終結させ、同盟を組み、二度の大戦を経てドレッジを地下深くに封じ込めた。
以降ドレッジは地上に姿を見せる事もなく、世界は平和な時代を迎える。

太陽が動きを止めたその日、ドレッジが再び地上に姿を現すまで。


決して後戻りはできない旅
このゲームの目玉とも言える行軍システム。プレイヤーはキャラバンのリーダーとなり、旅のあらゆる局面で判断を下す必要がある。
キャラバンの疲労を考え休息をとるか、一刻も早く目的地に到達するため行軍を続けるか。
ドレッジの大軍の正面を突破するか、見つからないように迂回をするか。
キャラバンを飢えさせないために食料を買うか、それともキャラバンを守るために戦士の強化を行うか。
選択の結果次第では、仲間を失うこともある。
このゲームはオートセーブ1つとチャプター開始時のセーブのみとなっており、イベントがどのような結果になろうとも後戻りはできない。
(どうしてもやり直したいなら、チャプターの頭からやり直すことになる)


ボードゲームのような戦闘
戦闘システムはシンプルかつ独特で、メインとなるステータスは防御力、体力、精神力の3つ。
細かいルールは割愛するが、敵を倒すとRenown、名声ポイントが手に入る。
味方は戦闘不能になると、数日間負傷状態となりステータスが低下する。
キャラのレベルアップにはこの名声ポイントが必要なのだが、キャラバンの食料や装備アイテムの購入にも名声ポイントが用いられる。
イベントの結果であっさりキャラが死んだり離脱したりする可能性があるので、慎重にレベルアップをする必要がある。

また、
・レベルアップによって強化できるステータスは5つあるのに対し、1レベル上がるごとに割り振ることが出来るのは2ポイントのみであり、1レベルアップによるステータスの差はあまり大きくない。
・負傷やイベントによりキャラの入れ替わりが頻繁に起こるので、そのときのメンバーに合った戦略で臨機応変に戦うことになる。
この2点により、「強キャラのレベルを上げて無双する」ような戦い方が通用せず、限られた持ち駒でボードゲームをしているような、シンプルながらも奥深い戦闘システムとなっている。


[Pros]
  • 二転三転するストーリー
  • 後戻りはできない行軍システム
  • シンプルながらも奥が深い戦闘システム
  • 美しいアニメーションと音楽
  • 設定が盛り込まれたマップ画面

[Cons]
  • モッサリした戦闘モーション
  • 早送りできない行軍シーン


The Banner Sagaは3部作となっており、今作では壮大な物語の導入部が描かれる。
ストーリーにはところどころで分岐があり、マルチエンド。
難易度ノーマルでクリアするのに10時間ほどで、人によってはボリュームは少なく感じるかもしれないが密度の濃いストーリーとなっている。
2016年4月現在、とても上質な有志日本語化MODが配布されているため、英語が得意でなくても快適にプレイできる。
2では今作のセーブデータが引き継ぎ可能となるようなので、この際にプレイしてみてはいかがだろうか。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
20 人中 20 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.5 時間
投稿日: 2015年11月26日
北欧・ノルド的な世界観のRPG。
(かなり大雑把に言うと)巨人族と人間族の住まう地を黒い騎士達が侵略してきたので、キャラバンを組んで逃げながら戦うといった感じです。

ゲームはキャラバンパートと戦闘パートに分かれており、キャラバンパートでは様々なイベントが起こります。選択肢によっては味方が減ってしまったり、食料を盗まれたり、士気が下がったりとデメリットのある結果となることも少なくありません。そのため、英語が読めないと少し厳しい部分があります。(有志の方による日本語化パッチがありますので、それを使うとスムーズに進められるかと思います)

戦闘においては「アーマー」と「ヘルス」がそれぞれ設定されており、アーマーを削る攻撃か、ヘルスを削る攻撃かを選択できます。キャラクターによってどちらを破るのに適しているのかが違っているので、オールラウンダー的な育成をするより、適材適所で特化した育成を行った方が戦いやすくなります。ヘルスが減り瀕死状態になると攻撃力も激減してしまうので、防御面にも気を遣いながら戦闘をしなければなりません。
戦闘不能になったキャラクターは数日間の間戦闘に参加できなくなります。permadeathではありませんが、深追いをしてやられると次の戦いが厳しくなります。引き際を見極めるのも肝心です。

システム面も然ることながら、絵や音楽が良いところも好印象です。北欧神話風の神秘的な雰囲気を持ちながら、少し寂しげなツンドラの空気を感じることが出来るでしょう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
39 人中 30 人 (77%) がこのレビューが参考になったと投票しました
4 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 10.1 時間
投稿日: 2015年1月1日
日本語非対応 比較的難しい単語が出てくるので、英語力が必要になる

珍しくキックスターターで始まり、ちゃんと完成したゲームの一つ

このゲームの面白い点はアートスタイルだ

一枚一枚丁寧に手で書かれたキャラや世界が送る世界は、幾ら見ていても飽きがこない出来になっている
さらに色使いが上手く、是非壁紙にしたいほどだ

では肝心のゲームだが、文句を付けれる所は余無いだろう

イベントは可成り厳しく、一つでも判断を誤ると大事に育てて来たキャラクターがあっけなく死ぬ事だ
それも一人だけでもないので、判断の一つ一つに緊張が生まれるので良かった
少し厳しいのでは?という意見も有るだろうが、厳しいからこその楽しみが出てくるのだ

戦闘は必ず1ターンごとに交代するという事だ
ようは自分が移動したら敵が、敵が行動したら自分、という風にだ
人間のユニットは一マスしか取らないが、大きいユニットは2x2のエリアを取るので、戦略も大きく変わってくる
一風変わった戦闘なので、此れ目当てで買っても良いかもしれない

少々たどたどしい日本語のレビューになってしまったが申し訳ない
上手く文字にして説明できないのだが、素晴らしいゲームだと理解してくれればokだ

ただオプションが貧相なので、そこは改善してほしかったりする
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
15 人中 13 人 (87%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 21.6 時間
投稿日: 2月3日
このゲームなかなか深い・・・深いよ・・・・SoooDeeep・・・・

とりあえず一周したのでレビューを・・・
戦闘はよくあるターン制のコマ進めゲーです いろいろスキル合わせてコンボ決めるのがたのしいです。(小並感)

それよりも僕がこのゲームに深みを感じているのは人間臭いストーリーなんですなあ・・・
普段 浅瀬でチャプチャプ呆けている僕に深みを感じさせるなんてすごいことですよ はい

ストーリーは所々に選択肢が設けられているのですが、この選択をどうするかで後々の展開がかなり変わってきます。

こいつは仲間にするべきなのか 突き放して敵対させるのか 
そこの選択をウンウン悩みながら決断していき、結局裏切られた時の絶望感 Marvellous・・・・・

また、冒険中は基本的にキャラバンを率いて旅をしていくことになります。
キャラバンには一般の市民や戦闘員がいて、そいつらがまたしょうもない争いごとを起こします。
そういう問題をどう解決していくかも自分の選択次第です。 (盗賊さんお願いですから食料盗まないでくださいなんでもしますから)

話しを進めていって自分の選択は正しかったのか 改めて考えさせられることが多々ありました

どの選択肢を選ぶべきなのか ぜひキャラクターになりきって悩んでみてください 知恵熱出ます



PS: ストーリー読まずに選択肢ポチポチしてるあなた  そのキャラ死にますよニコッ b
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 12.6 時間
投稿日: 2015年11月14日
大人版FEというか、ハード・ファンタジーSLG。

まず仲間が死ぬ。永久に死ぬ。それも戦闘に負けてじゃなくて、イベントでだ。
僕みたいなあんまりリロードしながらベスト選択肢探したくない勢には戦々恐々のシステム。
どんな選択をしても死ぬキャラもいれば、何かとトレードオフなこともある。(多分)

難易度ノーマルでも一戦一戦は重く苦しい。
HPは≒攻撃力なので、HPが減ったキャラは誰も倒せないし倒される。
基本的に戦略はそういった消耗と戦線離脱は念頭に置いて戦うことになる。
イージーでやってみたらものすごい簡単だったので、クリアしたいだけ、物語読みたいだけでやりたい方はイージーにすればいいだろう。
ただ、この難易度の高さと選択肢の容赦のなさが相まって、とてもいい味になっている。

世界の終わりを実感できるようなゲーム。

雰囲気としては今は無きコンパイルから出たAfterDevilForceというゲームが似ています。

日本語化は有志の方が99%終わらせているし、とても丁寧な訳でオススメ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 24.9 時間
投稿日: 2015年5月14日
約24時間で難易度Normalをクリアしたのでレビュー。
本当に「考えることを要するゲーム」でした。

はじめに
  • 神話の面影が世界のあちこちに残り、人と巨人が共存する世界。
  • 地図を広げれば、世界の1つ1つの場所に与えられた設定。
  • 武器の重量感やキャラの息遣いが感じられるアニメーション。
  • 美しい旋律に彩られたBGM。
  • 優美なアートワーク。
パッと思いつくだけでも魅力的なところが幾つも挙がります。細かなところまで設定が行き届いていた世界を求めていたので、あっという間に引き込まれていきました。

ひとつ残念なのは、英語が難しく卓越した英語力がないとストーリーを完全に把握するに至らない点です。私は分からない単語が出る度に辞書をひいてはプレイしていました。それでも出てこない単語があるのです…。是非ローカライズを検討して欲しいというのが本音です。


「*いしのなかにいる*」の再来
原則オートセーブのため時折現れる選択肢のチョイスが非常に重要で、選択1つによってはテキストでのストーリーテリングの中で、先ほどまでピンピンしていたユニットが簡単に死んでしまいます。死亡したユニットに支払った通貨やアイテムは戻ってこないため、理不尽な死に対して憤りを感じてしまうかもしれません。私も大切に育てていたユニットに限って死んでいき、その後の戦闘がつらくて何度か投げ出そうと思ったところが何回かありました。(無駄に時間がかかっているのは投げ出し未遂によるものです…)

ロードすればいいじゃない、ときっとお思いでしょう。1回のチェックポイント分戻される時間とユニットの死のトレードオフはなかなか難しい判断だと思います。ひょっとすると死とはセーブ&ロードによってコントロールできるべきではないという意図が含まれているのかもしれません。


戦いとは、いつも二手三手先を考えて行うものだ
戦闘不能に陥ったユニットは負傷状態となり、一定期間を経るまで戦闘能力が低下した状態での参戦となるため、極力戦闘不能とならないように終わらせたいのは誰しもが思うはずです。しかしながら、平面だといって侮っていると難易度Normalでもユニットが本当によく戦闘不能に陥ります
一般的なシミュレーションRPGでは出現した敵を各個撃破すればするほど自軍は有利となりますが、このゲームは行動順序が必ず自軍と敵と交互となるため、闇雲に敵を倒していると行動順が遅く敵同士の立ち位置で阻まれていた無傷の敵が連続行動して自軍が全滅する、というのも割とよく見る光景なのです。


現実をきちんと見すえてよりよい選択肢を選ぶのだ
レベルアップは一定数の敵を倒したという条件を満たした上に、レベルアップに必要な対価を支払うことで行われます。この対価はキャラバンの食糧維持やアイテム購入のために使われる通貨と同じリソースとなっており、通貨の供給自体がイベントと戦闘でしか得られず有限であるため、大変貴重となっています。使う場面を誤ると引き連れているキャラバンの民が餓死したり、強力なアイテムが店頭に並んでいる時に金欠となっていたりと、本当に頭を悩ませることでしょう。


禁忌の呪文「Developerモード」
以下は一度クリアした方が抱えた不満を解消?するための魔法です。一度もクリアしていない方は本来の楽しさを失ってしまうかもしれません。そもそもはMOD開発のために用意されたモードであることも補足しておきます。MOD開発者と開発者のやり取り原文はコチラを参照ください。

Developerモードの導入方法
  1. SteamライブラリにてThe Banner Sagaのプロパティを開く。
  2. 一般タブより「起動設定...」を選択。
  3. プロンプトにて「--developer」 と入力してOKをクリック。
  4. The Banner Sagaを起動するとDeveloperモードがアクティブとなっています。
※上記方法でアクティブになっているかどうかはゲーム内でコンソール起動で確認可能です。
※未検証のものもありますので、At your own riskでお願いします。

コンソール起動
Ctrl+Shift+@日本語の106キーボードでは左記の3キーを同時押し

コンソールコマンド
developerdeveloperモードの有効、無効切り替え
items_unlockアイテムのレベル制限を取っ払う
saga item_all全てのアイテムをキャラバンに加える(難易度崩壊)

どこでも
Ctrl+Shift+F8クイックセーブ(編成中・戦闘中・イベント中は不可能)
Ctrl+Shift+F9クイックロード(最寄のチェックポイントまたはクイックセーブ)
Ctrl+Shift+F10ロード画面

戦闘中
Ctrl+Shift+H選択したユニットのアーマーを剥がす
Ctrl+Shift+J
Ctrl+Shift+K
Ctrl+Shift+L降伏(敗北)

キャラバン
Ctrl+Shift+→加速
Ctrl+Shift+←減速

おわりに
華々しい業績を経て晴れて続編が製作されることが決定しているようです。今作からどの程度、後の話が描かれるのか今から楽しみでなりません。次回作はXboxOneとPS4でのリリースも決定しているとのことですので、ローカライズにも期待したいところです。
もし貴方がシミュレーションRPGやストラテジーが大好きならば是非プレイしてみてください!
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 23.7 時間
投稿日: 4月17日
The Banner Saga 2も近々発売と言う事と日本語化が可能と言う事で購入しました
1周やってみた感想ですが、とっても良かったです。

なにが良かったって、雰囲気・音楽・ストーリーなど現実的な話としてお値段に見合う内容だった事でしょうか(セール時に購入はしましたが・・・)
よくあるRPGのように、どんどん強くなるわけでもなく、戦闘も多数あるわけでもなく限られた戦闘の回数の中で、誰を戦闘に参加させて誰がトドメをさすか等を悩みながらやるゲームです(トドメをさした敵の数&名声と言うポイントを使ってLvアップなので)
ボリューム自体は、それほど無いですが仲間がプレイヤーの選択によって軽く死んでしまう為に、プレイの仕方によればそれなりに時間がかかる様な気もします

全員が生きたままor仲間になったままストーリーが最後までいけるのか、日本語での攻略Wikiなども発見できなかった為、情報に頼る事もできず、『え・・・ここで亡くなるの・・・さっきレベルあげたのに・・・』と悔しい思いもしながら、1周楽しめました
2周目は、もうちょっと仲間増えないかなと・・・1周目の選択を思い出しながら始めたところです

しばらくは2の有志による日本語化は来ないでしょうが、とっても続きが気になってます(私の英語力では・・・応援してます!)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 41.0 時間
投稿日: 2015年10月2日
日本語化できるまで放置してたからレビュー出遅れてもうたー(><; あたたた。
とりあえずNarmalをクリアしましたので感想をば。(注:一部ネタバレあり)

面白いの一言。
とは言え、人によっては合わない人も居るかも知れませんが...。
全体的に見て、北欧神話のような神話の世界をまるで短編小説を読みながら
主人公達を通して体感しているといった感じです。

ゲーム内容の詳細については他の方々のレビューを参考にしてもらって、
私は独自の違う視点でレビューします。

ゲーム進行(物語)は主にハコン(ヴァールという巨人族の戦士)とルーク(人間の狩人)の
2人の目線で物語が描かれ、もう一方の進行が終わるともう一方の進行に移るといった
感じで進んでいきます。

ハコンの巨人族グループは食料も豊富で戦士数も多く、ぶっちゃけごり押し(突撃オンリー)でも
なんとかなっちゃいます(笑

一方、ルーク側は食料が乏しい上に戦士数も少なく、おまけに民間人も一緒にキャラバンに
同行するため、厳しい戦闘や食糧不足に悩まされます。
またキャラバン行軍時に発生する様々なイベントで、リーダーとしてどう決断すべきか
初めは選択することに悩むことになるでしょう。(私も悩みましたよー)

で、2回目(最初の1回目は途中勝てなくて挫折)
意を決してゲーム進行中(行軍中)の途中でキャンプを張り、
無理やり食料0にして、100日以上キャンプを張り続け民間人0、戦士0、ヴァール0
の状態にしてみました。
結果、...どうやら主要メンバーは兵量0になっても死なないようです(笑

私はこの民間人0、戦士0、ヴァール0の状態でゲームを続け、なんとクリアしてしまったorz
どういうこっちゃー!
しかも途中で発生するイベントの中で、食料0なのに食料を盗まれただと!?・・・。

まぁゲーム上では民間人を誰一人救えなかった、ただの無能なリーダーですよ...はい。
しかも盗まれるはずのない食料盗まれてるし(笑

更に言えばヴァールの大橋で死体運び手してたら、いきなり鉄壁のエギル君死んじゃうし!
(※自分の選んだ選択肢によって、手塩に育てたキャラがあっさり死にます。しかも文章で)
( 同様に序盤村人を助けるを選択したら、仲間になるはずの双子の兄弟がメンバーに
( 入らなかったりします。)

終盤に居たっては、アレーレが・・・私のアレーレ、アレーレがぁ~~~・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
まぁこうなることは前々から察してはいたのですが、いざそうなるとやっぱり意気消沈します。

話も悪く言えば『尻切れトンボ』で終わります。え?終わり?って感じです。
とは言え、すぐThe Banner Saga2も出るので、話の続きが気になるところ。

2でアレーレ復活お願いしますぅ~~(-人-;)
姉や妹でもいいから、そっくりさんの別人ってことで...って、たぶん無理でしょうね。


とまぁ話は尻切れトンボの状態で終わってしまいますが、
あのとき、こっちの選択を選んでいたら??
こっちのキャラを今度は育ててみよう等など、2週目3週目をついついやりたくなる
そんなゲームです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い