伝説の名作アクションゲーム『ストライダー飛竜』が、横スクロールのハイスピード探索アクションとして現代に新生する!スピーディーな戦闘とダイナミックなアクションはそのままに、新たな能力を加えた飛竜が広大なカザフの地を駆け巡る。目の前に立ち塞がる強敵たちを斬り払い、最終ターゲット“冥王グランドマスター”を目指せ!完全版をダウンロードし、ストライダーの鼓動を体感せよ。
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (17 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 17 件中 100% が好評です。
総合:
非常に好評 (1,397 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 1,397 件中 87% が好評です
リリース日: 2014年2月19日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

 

レビュー

“Hiryu is back, and better than ever”
9.5 – Destructoid

“Strider is a great reboot and a fresh action experience for newcomers to the franchise”
8.75 – Game Informer

“Strider nails the thrill of being that ultimate ninja badass”
8.5 – Polygon

Steam Big Picture

このゲームについて

伝説の名作アクションゲーム『ストライダー飛竜』が、横スクロールのハイスピード探索アクションとして現代に新生する!スピーディーな戦闘とダイナミックなアクションはそのままに、新たな能力を加えた飛竜が広大なカザフの地を駆け巡る。目の前に立ち塞がる強敵たちを斬り払い、最終ターゲット“冥王グランドマスター”を目指せ!完全版をダウンロードし、ストライダーの鼓動を体感せよ。

システム要件

    最低:
    • OS: Windows Vista SP2 x64, Windows 7 x64, Windows 8 x64 (64ビットOS必須)
    • プロセッサー: Intel Core 2 Quad Q9550, 2.83GHz以上 / AMD Phenom II X3 720, 2.8GHz以上
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: ATI Radeon HD 5770以上 / GeForce GTX 460以上(DirectX 11対応グラフィックスカード必須)
    • DirectX: Version 11
    • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
    • ストレージ: 3700 MB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX 9.0c対応の標準オーディオデバイス
    • 追記事項: DirectX 11(必須)
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
最近:
非常に好評 (17 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (1,397 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:


(what is this?)
24 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( ほぼ好評)
最も参考になったレビュー  全て
58 人中 54 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 5.2 時間
投稿日: 2015年7月4日
昔、アーケードで人気を博した
ストライダー飛竜シリーズの新作。
カプコンとは書いていますが外注で
悪名高いLOST PLANET3の開発スタッフが関わっています。

~ 初期のアクション性 ~
・攻撃(八方向)
・ジャンプ
・壁張り付き
・スライディング

最初はblade kittenのアクションを
減らした程度の動きしか出来ませんが、
ストーリーを進めれば、二段ジャンプやクナイ攻撃、溜め攻撃など
様々なアクションが追加されていきます。


プレイをした感想ですが…個人的には
褒められる点を探す方が難しい作品でした。
今作からメトロイドの様な探索要素も追加されたのですが
探索の為にMapを広くしたせいで
移動に時間がかかってスピード感が無くなり、
過去に評価されたアクション性も
探索要素の弊害で大味になってしまい
合体事故を起こした感じになっています。

その他にも
・似た様な風景が多い
・イライラ棒の様なギミックが多い
・BGMが地味
・SEに迫力がない
・カメラワークが悪い
・敵の種類が少ない
・ボスの攻撃パターンが少ない
・雑魚敵が硬いorギミック以外で倒す意味があまりない

ゴリ押し前提のゲームデザインで
基本ボタン連打で敵の攻撃を被弾しながら
突進で進むか、ジャンプで無視しながら進むのが早いです。
そこら中に溢れるほどの
回復アイテムが落ちているので立ち回る必要がありません。

無双系の爽快感重視アクション?
それを意識してデザインしているのかと思えば
敵は一人一人が硬く、また
溜め攻撃や火属性でないと倒せない雑魚が混ざっていたり
触れたら戻されるギミックがあったり
爽快感を阻害する要素が満載です。

カメラが勝手に寄って
敵が見えなくなる事もあります。
敵はお構いなしに飛び道具を撃ってきます。↓
http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=475248761

無双系爽快アクションでもないし
攻撃を見切って戦う立ち回りアクションでも無し。
探索アイテムもゲージの量をUp系ばかりで
ワクワク感が今ひとつ。
何を作りたかったのか、制作者の心が見えない作品です。

そこら中にやたら回復アイテムが設置してあるのは
制作者もテストプレイをして
微妙だというのに気付いたんじゃないでしょうか。
修正するには納期に間に合わないから
クリアだけ出来る様にしておいた感を個人的に感じます。

ニンジャで遊びたい人以外にはお勧めできません。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
84 人中 63 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 5.2 時間
投稿日: 2014年2月19日
ストライダー飛竜という名前の懐かしさに早々と注文して遊んだのだが・・・

メガドライブで出た時は、巨大な敵がうにょうにょ動いたり、大きな自キャラが動くという事だけで凄い事だった。

今作はステージクリアタイプではなく、
メトロイドや悪魔城系の探索系のアクションゲームとなっている。
隠されたヒットポイントアップなどを探し、中ボスを倒して2段ジャンプを入手し、パワーアップすることにより探索出来る場所が広がっていく。

移動はもっさりとしており、攻撃は爽快感なく、敵の攻撃は容赦ないけどHP回復が至る所にあり、
現状ノーマルで遊んでいるからなのか、難易度もぬるい。

ダラダラと遊び、パワーアップしたら面白くなるかな、と
我慢して遊んでいたのだが、どうにも盛り上がらず似たような敵との単調な戦いに。

「あーこれはもしかして、面白く無いのかも」

と、パッドを置いた。

この系統なら Guacamelee! Gold Edition
忍者系としてのアクションなら Mark of the Ninja
安くて面白い作品は他にもある。

15ドルだしてまで買うようなものではない。

安心の日本語環境だけどいつものおま国。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
33 人中 27 人 (82%) がこのレビューが参考になったと投票しました
4 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 22.3 時間
投稿日: 2015年2月16日
初見ノーマルを8時間ほどでクリア。達成率は約7割。
価格以上にやりがいのある良質なアクションゲームです。
良い点は他の方が書いてくれているので、不満点を幾つか。

1.サイファーが弱い。
敵が硬いというか単純にサイファーの威力が低いです。
最初のザコ敵すら数回ヒットさせないと倒せないレベル。
中盤以降強化されることで使い勝手は上がりますが、根本的な威力不足は改善されず・・・

2.ボス戦での飛び道具の強さ
1.に付随しますが、基本ボス戦はサイファーで斬りつけるよりも飛び道具のクナイを使ったほうが楽です。
下手に近寄るよりもクナイをちまちま撃ってるほうが効率的なため、ボス戦は単調になりがちです。

3.収集アイテムを拾った時に自動的にセーブされない。
このゲームにはマップ中に散らばっている収集アイテムをコンプさせていく要素があるのですが、拾った時点ではセーブされないため
セーブされる前に死んでしまうともう一回取り直さないといけないという手間のかかる仕様になっています。
このせいで取り忘れなどが多々発生してしまうのです。

4.周回プレイが出来ない。
広いマップを探索し強化アイテムを集めて飛竜を強くしても、その強さを堪能できるのはゲームをクリアするまでです。
強いままニューゲームが出来るかと思いスタートを選択すると、そこにいるのは最初の弱い飛竜という無情な仕様・・・
次作がある場合は是非周回プレイを導入してもらいたいです。

なお、プレイはキーボードでも可能ですが、基本的には箱コンの使用をおすすめします。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
75 人中 49 人 (65%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 4.1 時間
投稿日: 2014年7月15日
AC版ストライダー飛竜のようにスパスパとサイファーが振れるが敵が無駄に固かったり
強力サイファーを出す為の飛ゲージが伸び率悪過ぎ。
パワーアップすることにより移動する際に色々とショートカットができるようになるが
それまではずっと面倒くさいルートを辿ったりしなければいけなく、そういう部分が目立ちすぎ。
あと移動に制限かける障害物が多過ぎ。

思い出補正を通り越してクソゲー認定、75%offだったら買ってやってもいいレベル
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 13 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.1 時間
投稿日: 4月20日
ハイスピード探索アクションと銘打たれているように爽快感のあるアクシ
ョン+探索の楽しみを合わせたアクションが売りの横スクロールアクショ
ンゲームとなっている。確かにゲームの序盤は雑魚キャラを切り捨てて進
み、壁を登ってあちらこちらへ進むことが出来るため、銘に相応しいゲー
ムになっている。

ただ、終盤になると敵が固くなり、特定の能力の攻撃のみしかダメージを
通さない敵やダメージの大きい攻撃をする敵が出てきて爽快感が無くなっ
てしまう。爽快感と難易度の両立が難しいのはわかるが、途中から難易度
へと舵きりを行っている。
ボスはパターン攻撃ばかりのボスばかり。一定の攻撃パターンで攻撃する
→攻撃の合間に隙が出来るので攻撃、で簡単に攻略できる。同じボスが何
度も再登場したり、攻撃パターンがあまり変わらない亜種が登場したりと低
価格ゲームの制作の苦悩を思わせるようなボスばかりになっている。

アクションは基本的にタイミングゲー、難しい操作など必要なくオブジェ
クトの移動にあわせて移動していくようなものがほとんど。ときどき独創
的な場所もあるにはあるが、ステージ構成がどのステージも似通った構成
になっているため、アクションも似たようなアクションを求められる。あ
まりアクション要素に期待するべきではない。

また、このゲームの売りの一つである探索要素だが、確かに探索要素はあ
る。あるが、上にも書いたがステージ構成がどのステージも似ており、探
索する楽しみは乏しい。あるとするなら、アップグレードや能力を取得す
ることができることだろうか。能力を取得することで行ける場所が増え、
探索できるようになるのは面白さを感じる。探索先も残念ではあるが。

総論としては低予算ゲームとしてはそれなりのゲームではあると思うが、
面白いゲームかと言われると面白いとは言い難い。プレイ時間も短いため
アクション好きな人が息抜きにプレイするにはちょうどいいかもしれない。
ちなみにゲームとしてはロックマンにそっくりだと思った。

キーコンフィグがないので不便。日本語対応。UI+字幕が日本語。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 15 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 17.7 時間
投稿日: 2015年1月24日
メトロイド型の探索アクションゲーム。
7時間程度でクリアできる程度のボリュームで、実績自体もやりこみがそれほど必要がないので気軽に遊べる。
元TeamNINJAの開発スタッフが関わっているということで、忍者的な美学は共通している部分がある。
問題としては「ザコ敵からダメージを受けながら突き進む」というのが前提なので、ノーダメージで遊ぶ美学を持っているという人には抵抗感がある。

アイテムを収集する時に2箇所、ちょっとした応用操作が必要な所がある。
そこはyoutubeなどで取り方が紹介されているので、詰まった時には参照してもらうと吉。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 14 人 (78%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 74.0 時間
投稿日: 2014年10月20日
ノーマル、ハード一回ずつクリア。60/100点。

■良かったところ
・爽快感がありMVCのモーションを色々なアクションで見ることが出来る。原作、MVC両方が好きなら動かすだけでそこそこ楽しめる。他のレビューでもあるがウロボロス(オプションC)やXF(スーパーモード)のようなものもあり、ひたすら前進しながらプレイ出来る。ロックマンZEROなどが好きな人には特におすすめ出来る。

・良い意味で難易度が低め、一発即死で難易度を水増ししていないのは英断だと思う。アクション好きなら最初からハードのほうが良いくらいのレベル。ストライダー飛竜としての難易度を期待していると肩透かしを喰らうだろう。

・値段が(そこそこ)安い、コスパ的には悪くない

・ルートガイドが分かりやすく探索型だが迷う要素もなく、ストレスを感じにくい。良くも悪くも一本道。


■悪かったところ
・操作性が悪い上に、ゲーム側でボタン配置の変更が出来ない。最も致命的な欠点。おすすめしないにするか迷うくらいのものだった。アクションゲームでボタン配置の変更不可ってそれだけでクソゲー要因になりうると個人的には思っている。PS2コントローラーの右スティックが何故か認識せず、わざわざ箱○コントローラーを買ってまでプレイしたがこちらのボタン配置も変更不可であまり良い配置とも言えない、JoyToKeyと非公式ドライバを使ってやっとアクションで満足いく配置&感度になるという感じ。

・成長要素がいらない。探索型なので仕方がないとも言えるがせっかくアクションが楽しいのに制限されてるものが多く、特に二段ジャンプとリフレクトサイファーの有無は爽快感に直結しているためこれだけでも最初から持たせて欲しかった。スタイリッシュなアクションを最初から楽しめないとアクションが苦手なプレイヤーのモチベーションが保てないと思うし、アクション好きのプレイヤーからすると最初はやることが少なくて単調に感じるだろう。

・探索要素の入れ方がヘタクソ。良い部分でも述べたが良くも悪くも一本道で障害物発見→新たな能力を入手→突破が主な流れになり、探索型ゲームの楽しみである先回りして能力、アクションを入手するなどの自由度がない。ボスを倒す順番も完全固定で隠しボスなども存在せず、探索要素はひたすら飛竜のアップグレードと中身の薄いおまけ要素の収集でしかない。

・ゲームスピードがもっさりしている。個人的には2ぐらいのスピード感が欲しかった。今の1.5倍くらいの速度が丁度良いと思う。

・キャラのモデリングが悪い。好みの問題だが飛竜が完全に外人顔でイラストとゲームの違いが気になった、もっとかっこよくしてほしかった。飛竜だけでも日本語音声が欲しかったところ。東風三姉妹も変にゴツイ感じが・・・

・おまけ要素がショボい。ファーストランナー、サバイバルとあるがどのステージもSランクを取ったらもうプレイしなくていいやぐらいの出来。せっかくボス戦が面白いのだからボスラッシュぐらいは用意して欲しかった。


次回作(があったら)購入すると思うので是非悪かった点を改善してもらいたい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
23 人中 16 人 (70%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.6 時間
投稿日: 2015年7月14日
CAPCOMによる過去の名作を海外に丸投げシリーズ。
開発元はDouble Helix Games。
頑張ってはいるけど微妙なコレジャナイ感とファミコン的なイライラ要素が多く、残念な出来ばえでした。

WayForwardに開発を任せればよかったのにね~
73点


↓ちなみにストライダー飛龍の本当の続編はこれ
(飛龍のプロデューサーがミッチェルに移籍して制作)
◆キャノンダンサー(AC・1996)
https://www.youtube.com/watch?v=oKZulh9qpew
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 11 人 (79%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 12.0 時間
投稿日: 2014年9月17日
ノーマルクリア。 箱コン使用。 8割強探索して7時間ちょい。

名作ストライダー飛竜のアクションにドラキュラ月下の様な探索をプラス。
プレイ前は「こんなの飛竜じゃない」的な意見もありどうかなと思いましたが楽しめました。


■良い
・アーケードと変わらぬ多彩なアクション。
・アップグレードによる体術とサイファーの強化
・エリアによっては移動にパズルのような一捻り必要な要素もあり。
・ボス戦はかなりゴリ押しで倒せるのでアクション苦手でもパターンを見れば倒せる。
・アップグレード後オプションを絡めて猛攻かけると気持ちいい(^q^)

■不満点
・敵がちょっと固い。アーケードばりの無双感がない。
・レベルデザインが今ひとつ。もう少し色んな仕掛けが欲しい。
・ひとによっては探索がダルい。でも探索しないと後半辛い。
・チャレンジ系はメタルギアみたいなやり込み系がほしい。
・最終面に行くと引き返せず探索できなくなる。


お値段相応の面白さでした。最初の飛竜から遊んでいますが及第点だと思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
13 人中 10 人 (77%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 14.5 時間
投稿日: 2015年7月7日
あのストライダーが帰ってきた!

今回は従来のステージ方式ではなく・・・
スーパーメトロイドや近年のキャッスルヴァニアシリーズで採用されている、ゲーマーの間でメトロイドヴァニアと言われている方式のゲームになっている。

メトロイドヴァニア特有のパワーアップ回収の為、マップを往来する時が多いので・・・
ステージ方式より時間が掛かりやすい。

あと、隠しアイテムなんかもあるので・・・
それを集めようとすると更に時間が掛かる。

ステージ方式の手軽さは無くなったけど・・・
じっくりプレイしたい人にはオススメである。

それと、ステージの音楽やキャラクターのセリフなどに・・・
従来のストライダーシリーズを知ってる人に分かるネタが盛り込まれているのもポイント。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最近の投稿
BEE
9.6 時間
投稿日: 9月2日
何が原因だかよくわからないけど、度々ゲームが落ちるのが残念でならない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Rei.O
1.8 時間
投稿日: 8月20日
スマブラXのサムスの半分も機敏じゃないストライダー飛竜が、雑魚殺すのにも数回攻撃せにゃならんファッキンブレード一本で敵地に乗り込むゲーム。
全体として恐ろしくすっとろくしたうえで爽快感やら達成感やらを削りとってひたすらストレスフルにしたメトロイド・アザーエムと化しており、端的に言ってクソゲー。
ストライダー飛竜が好きならメガドラ版やったほうがいい。

とにかく何もかもが遅い。処理が間に合っていないのかと思ったがFPSはしっかり出ている。倍速でようやくそれっぽいぐらいか?
判定もおかしい。ほとんど止まっているパンチや引き戻し中の突き出しトラップに吹き飛ばされ、どうみたってつま先さえかからないプラズマ防壁にぶっ殺され、明らかに逆方向に掲げられている盾に剣を止められる。
グラフィックだけはそれなりと見せかけてモデルは雑、モーションはFCロックマンのほうがよほどかっこいい始末。
マリオのコイン並みにばらまかれた謎球体は回復アイテムであり、モーションや判定の問題もあって戦術はゴリ押し一択 (回りこんだはいいがノーモーションで即反転されちゃあな!) 。
挙句の果てにチャージ攻撃は壁を貫通してギミックを作動させるし、パワーアップアイテムはボス撃破ドロップ……と見せかけてボスとの対戦エリア初期配置 (倒さないと開けられない) だし、敵配置は適当。

買わなきゃよかった。ゴミ。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
UNKO
27.1 時間
投稿日: 6月6日
     X
  ∠ ̄\∩
  |/゚U゚Lノ
 ~( ニ⊃
  ( ヽ/
  ノ>ノ
  UU
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
あいし
7.0 時間
投稿日: 5月15日
とても爽快
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
mariech
13.6 時間
投稿日: 4月2日
ゲームは面白いがコントローラーが使えないのがいただけない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Rizard
21.0 時間
投稿日: 2月13日
やりこむほどに「これぞストライダー飛竜」っていえる傑作。過去の飛竜の楽しみ方によってこの新しい飛竜が楽しめるかどうかが変わってきそう。テクニックではなく飛竜の知識の持ち合わせ方がかなり上級者向け。その分初代しか知らない知識でプレイすると半分くらいは「なんか期待した飛竜じゃない」っていう第一印象になってしまう。しかし中盤をすぎるあたりから初代のオマージュが増えてきて終盤では「すごく初代飛竜らしく」なってくる。知ったボスが登場してきてBGMも初代のものが増えてきて徐々に最後になるにつれゲームそのものが「実は飛竜でした!」ってなる謎のヴェールの取り方がすごくかっこいい。最初のボスはいきなり飛竜2のオマージュからはいってるのになぜ気づいてあげられなかったのか。演出も肩肘張らずに飾りすぎない姿勢に愛を疑うこともあったけど、そのストイックさが実に飛竜らしくてよかった。





・なかなか死なないので緊張感がない。
・マップにジャンプアクション的な面白さがない
・ボスは全部ゴリ押しで攻略できそう
・探索して迷路を覚えるのがめんどくさい
・音楽が盛り上がらない、ずっとアンビエントな感じ。

これらが序盤を過ぎると解決されてくる。
2014 年版ストライダー飛竜はプレイの仕方としては旧作のサイファを連打する感覚よりは「溜めて狙ってしっかり斬る」感じで進めたほうがプレイしやすいし、乱暴なプレイになりにくい。序盤は力押しでも進められるが、攻撃せずに見ているとボスもしっかり攻略できるように作られているので、変に乱斬りするより、ジャンプでかわして「溜め斬り」していくと急に面白くなってくる。体力が多めなんで、ついラフプレイをしがちだけれども、結果的には丁寧に進めたほうが、効率的に早く進行できた。重要な要素だけど新しい飛竜は「どこから落ちても死なない」という大前提を覚えておくと、急にマップを移動しやすくなる。つぎの目的地も割と近いし、意地悪なマップもなくレーダー完備。いきなり難しいところが出てきたらそれはすぐに諦めるのが時間の節約になる、そこは行き止まりだ。そのあたりの作り手のさじ加減がわかってくると初めて「探索型の迷路」を楽しい、と思えた。
そのステージの中に飛竜1&2のギミックが地味にたくさんつめ込まれている。3Dグラフィックも素直に飛竜らしかったしイメージも損なわれなかった。実績解除の名前が飛竜2の厨二仕様でこれはこれで面白かった。フフってなる。世界観は改造人間ストロバヤ的なやつとか鋼鉄ゴリラ(メカPONG)とかもちゃんとでてくるが、80年代風のいかれたデザインでは登場しないので、そこだけは期待してはいけない。

BGM はオプションAを手に入れるあたりから、過去の飛竜BGMのアレンジが流れだしていい感じに。なぜかmacbook airのブートキャンプ環境では空中戦艦バルログ戦でしょっちゅう落ちるが、何度でも再挑戦したくなる出来になっている。飛竜2の要素やオマージュもふんだんにあるので飛竜2の知識も必要。飛竜1の知識だけで楽しもうと思うと後半まで焦らされる。エンディングを見る前に飛竜2をもう一度プレイしておくといいかもしれない。東風戦も意外と燃えたし、飛竜1で見せた壁に挟まれるトラップもあった。ボスも被弾しないように避ければ攻略しがいがあるしラスボスの展開も飛竜2っぽい、ベルトコンベアのギミックも逆重力もちゃんとあって後半になればなるほどストライダー飛竜してくる。

30分くらいで遊びきれる旧作とは楽しみ方が真逆になるが、そのぶん待ち焦がれた飛竜の新作を長く楽しめる。音とアクションでつむぐドラマティックな30分を楽しめる飛竜にも期待したい。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
野獣先輩
10.2 時間
投稿日: 2015年7月7日
君は特A級のエージェントして横スクロールアクションマップを自由に駆け巡る。
時には引き返すことも、壁をよじ登り建物の上を目指すことも、地下に降りて下水道を進むこともする。
難易度は割とあり、ロックマンなどに慣れている人でも苦戦することもあるだろう。
武器や特技、必殺技を駆使してターゲットを探しだし処分しろ。
君はストライダー、任務は絶対であり、失敗は許されない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い