伝説の名作アクションゲーム『ストライダー飛竜』が、横スクロールのハイスピード探索アクションとして現代に新生する!スピーディーな戦闘とダイナミックなアクションはそのままに、新たな能力を加えた飛竜が広大なカザフの地を駆け巡る。目の前に立ち塞がる強敵たちを斬り払い、最終ターゲット“冥王グランドマスター”を目指せ!完全版をダウンロードし、ストライダーの鼓動を体感せよ。
ユーザーレビュー: 非常に好評 (985 件のレビュー)
リリース日: 2014年2月19日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Strider を購入する

 

キュレーターによりおすすめされています

"A great interpretation of the classic sidescroller with slick visuals and metroidvania elements."
ここでレビューの全文を読む

レビュー

“Hiryu is back, and better than ever”
9.5 – Destructoid

“Strider is a great reboot and a fresh action experience for newcomers to the franchise”
8.75 – Game Informer

“Strider nails the thrill of being that ultimate ninja badass”
8.5 – Polygon

Steam Big Picture

このゲームについて

伝説の名作アクションゲーム『ストライダー飛竜』が、横スクロールのハイスピード探索アクションとして現代に新生する!スピーディーな戦闘とダイナミックなアクションはそのままに、新たな能力を加えた飛竜が広大なカザフの地を駆け巡る。目の前に立ち塞がる強敵たちを斬り払い、最終ターゲット“冥王グランドマスター”を目指せ!完全版をダウンロードし、ストライダーの鼓動を体感せよ。

システム要件

    Minimum:
    • OS: Windows Vista SP2 x64, Windows 7 x64, Windows 8 x64 (64ビットOS必須)
    • Processor: Intel Core 2 Quad Q9550, 2.83GHz以上 / AMD Phenom II X3 720, 2.8GHz以上
    • Memory: 4 GB RAM
    • Graphics: ATI Radeon HD 5770以上 / GeForce GTX 460以上(DirectX 11対応グラフィックスカード必須)
    • DirectX: Version 11
    • Network: Broadband Internet connection
    • Hard Drive: 3700 MB available space
    • Sound Card: DirectX 9.0c対応の標準オーディオデバイス
    • Additional Notes: DirectX 11(必須)
参考になったカスタマーレビュー
16 人中 16 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.2 時間
投稿日: 7月4日
昔、アーケードで人気を博した
ストライダー飛竜シリーズの新作。
カプコンとは書いていますが外注で
悪名高いLOST PLANET3の開発スタッフが関わっています。

~ 初期のアクション性 ~
・攻撃(八方向)
・ジャンプ
・壁張り付き
・スライディング

最初はblade kittenのアクションを
減らした程度の動きしか出来ませんが、
ストーリーを進めれば、二段ジャンプやクナイ攻撃、溜め攻撃など
様々なアクションが追加されていきます。


プレイをした感想ですが…個人的には
褒められる点を探す方が難しい作品でした。
今作からメトロイドの様な探索要素も追加されたのですが
探索の為にMapを広くしたせいで
移動に時間がかかってスピード感が無くなり、
過去に評価されたアクション性も
探索要素の弊害で大味になってしまい
合体事故を起こした感じになっています。

その他にも
・似た様な風景が多い
・イライラ棒の様なギミックが多い
・BGMが地味
・SEに迫力がない
・カメラワークが悪い
・敵の種類が少ない
・ボスの攻撃パターンが少ない
・雑魚敵が硬いorギミック以外で倒す意味があまりない

ゴリ押し前提のゲームデザインで
基本ボタン連打で敵の攻撃を被弾しながら
突進で進むか、ジャンプで無視しながら進むのが早いです。
そこら中に溢れるほどの
回復アイテムが落ちているので立ち回る必要がありません。

無双系の爽快感重視アクション?
それを意識してデザインしているのかと思えば
敵は一人一人が硬く、また
溜め攻撃や火属性でないと倒せない雑魚が混ざっていたり
触れたら戻されるギミックがあったり
爽快感を阻害する要素が満載です。

カメラが勝手に寄って
敵が見えなくなる事もあります。
敵はお構いなしに飛び道具を撃ってきます。↓
http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=475248761

無双系爽快アクションでもないし
攻撃を見切って戦う立ち回りアクションでも無し。
探索アイテムもゲージの量をUp系ばかりで
ワクワク感が今ひとつ。
何を作りたかったのか、制作者の心が見えない作品です。

そこら中にやたら回復アイテムが設置してあるのは
制作者もテストプレイをして
微妙だというのに気付いたんじゃないでしょうか。
修正するには納期に間に合わないから
クリアだけ出来る様にしておいた感を個人的に感じます。

紫色のニンジャで遊びたい人以外にはお勧めできません。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
29 人中 23 人 (79%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 22.3 時間
投稿日: 2月16日
初見ノーマルを8時間ほどでクリア。達成率は約7割。
価格以上にやりがいのある良質なアクションゲームです。
良い点は他の方が書いてくれているので、不満点を幾つか。

1.サイファーが弱い。
敵が硬いというか単純にサイファーの威力が低いです。
最初のザコ敵すら数回ヒットさせないと倒せないレベル。
中盤以降強化されることで使い勝手は上がりますが、根本的な威力不足は改善されず・・・

2.ボス戦での飛び道具の強さ
1.に付随しますが、基本ボス戦はサイファーで斬りつけるよりも飛び道具のクナイを使ったほうが楽です。
下手に近寄るよりもクナイをちまちま撃ってるほうが効率的なため、ボス戦は単調になりがちです。

3.収集アイテムを拾った時に自動的にセーブされない。
このゲームにはマップ中に散らばっている収集アイテムをコンプさせていく要素があるのですが、拾った時点ではセーブされないため
セーブされる前に死んでしまうともう一回取り直さないといけないという手間のかかる仕様になっています。
このせいで取り忘れなどが多々発生してしまうのです。

4.周回プレイが出来ない。
広いマップを探索し強化アイテムを集めて飛竜を強くしても、その強さを堪能できるのはゲームをクリアするまでです。
強いままニューゲームが出来るかと思いスタートを選択すると、そこにいるのは最初の弱い飛竜という無情な仕様・・・
次作がある場合は是非周回プレイを導入してもらいたいです。

なお、プレイはキーボードでも可能ですが、基本的には箱コンの使用をおすすめします。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 14.5 時間
投稿日: 7月7日
あのストライダーが帰ってきた!

今回は従来のステージ方式ではなく・・・
スーパーメトロイドや近年のキャッスルヴァニアシリーズで採用されている、ゲーマーの間でメトロイドヴァニアと言われている方式のゲームになっている。

メトロイドヴァニア特有のパワーアップ回収の為、マップを往来する時が多いので・・・
ステージ方式より時間が掛かりやすい。

あと、隠しアイテムなんかもあるので・・・
それを集めようとすると更に時間が掛かる。

ステージ方式の手軽さは無くなったけど・・・
じっくりプレイしたい人にはオススメである。

それと、ステージの音楽やキャラクターのセリフなどに・・・
従来のストライダーシリーズを知ってる人に分かるネタが盛り込まれているのもポイント。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.1 時間
投稿日: 7月7日
君は特A級のエージェントして横スクロールアクションマップを自由に駆け巡る。
時には引き返すことも、壁をよじ登り建物の上を目指すことも、地下に降りて下水道を進むこともする。
難易度は割とあり、ロックマンなどに慣れている人でも苦戦することもあるだろう。
武器や特技、必殺技を駆使してターゲットを探しだし処分しろ。
君はストライダー、任務は絶対であり、失敗は許されない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.6 時間
投稿日: 7月14日
CAPCOMによる過去の名作を海外に丸投げシリーズ。
開発元はDouble Helix Games。
頑張ってはいるけど微妙なコレジャナイ感とファミコン的なイライラ要素が多く、残念な出来ばえでした。

WayForwardに開発を任せればよかったのにね~
73点


↓ちなみにストライダー飛龍の本当の続編はこれ
(飛龍のプロデューサーがCAPCOM子会社のミッチェルに移籍して制作)
◆キャノンダンサー(AC・1996)
https://www.youtube.com/watch?v=oKZulh9qpew
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い