「Anodyne」(鎮痛剤)。本作で冒険の舞台となるのは、ヤングという少年の無意識が生み出した世界。プレイヤーは大自然、都市、抽象的世界を冒険し、戦い抜いていきます。ゲームボーイカラーや 16 ビットゲーム機を彷彿とさせるビジュアルスタイルとどこか夢の世界を思わせる印象的な音楽が特徴的な本作が、ついに日本語版になって登場です。
ユーザーレビュー: 非常に好評 (648 件のレビュー)
リリース日: 2013年3月22日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Anodyne を購入する

このゲーム用のダウンロードコンテンツ

 

キュレーターによりおすすめされています

"An emotionally divergent coming of age story that takes Nintendo’s early 2d arcade RPGs as its blueprint, puzzles and all"
ここでレビューの全文を読む

最新の更新 全て表示(13)

2月9日

2nd Anodyne Anniversary!

Anodyne, the surreal indie zelda-like is on sale! It's the 2nd anniversary of anodyne ! 50% off! Hooray! Follow our new game Even the Ocean: . Note: Sale won't start till normal steam sale start time.


(note: this is the 2nd anniversary of the original release, which is feb 4, 2013, not steam's initial release whichw as in march 2013)

4 件のコメント 詳細を見る

レビュー

「このゲームをプレイしていると、"喪失" としか形容できない感覚が沸き上がってくる (決して "見捨てられた" 感覚ではない) 。謎と不思議、そして懐かしさに満ちた世界で、プレイヤーはいつの間にか冒険を進めるための情報をすくい取り、歩みを進めていくのだ」
The Ambivalest

「Sean Hogan 氏と Jonathan Kittaka 氏は本作に魔法を込めたようだ。足を踏み入れるには勇気がいるが、一度入ったら外に出たくなくなる、そういう魔法を…。鮮やかさと細やかさの両立した世界、バリエーション豊かなエリアたち…。またゲーム中の音楽は、かつてドット絵のゲームが到達し得なかった雰囲気を醸し出している。まだ 2 月だが、本作からは「ゲーム・オブ・ジ・イヤー」の強烈なオーラが見える」
Mash Those Buttons - 4.7/5

「2D ゲームというフィールドで、2 人の大学生がゼルダに並ぶタイトルを作ったという事実に、とにかく驚きを禁じ得ない。本作は一部の点において、宮本茂氏よりも宮本氏的とも言える」
TruePCGaming

「Anodyne は『ゼルダの伝説 夢をみる島』に通じるような楽しさや可愛らしさも携えているが、全体的な雰囲気はより不安定で、うっすらとした悪意のようなものが感じ取れる。ちょうどインディーホラータイトル「Lone Survivor」にも似た「何かが少し妙だぞ」と感じさせる感覚だ。この世界ではすべてが移ろいゆくように見えるが、先に進むにつれてテーマとモチーフはその姿を表していく。進めるほどに、自己を見つめざるをえない気持ちにするゲームといえるだろう」
PC Gamer - 84/100

Steam Greenlight

9/4: Available in Japanese !日本語版発売!

ついに日本語版になって登場です。9/4 発売.

このゲームについて

「Anodyne」(鎮痛剤)。本作で冒険の舞台となるのは、ヤングという少年の無意識が生み出した世界。プレイヤーは大自然、都市、抽象的世界を冒険し、戦い抜いていきます。ゲームボーイカラーや 16 ビットゲーム機を彷彿とさせるビジュアルスタイルとどこか夢の世界を思わせる印象的な音楽が特徴的な本作が、ついに日本語版になって登場です。

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    OS: Win XP +
    CPU:1.5 GHz、シングルコア
    メモリ:1 GB RAM
    グラフィクス:特になし
    ハードディスク:100 MB 以上の空き容量
    サウンド:特になし
    その他: 本タイトルは高性能 GPU を必要としません
    OS: Win XP +
    CPU:1.5 GHz、シングルコア
    メモリ:1 GB RAM
    グラフィクス:特になし
    ハードディスク:100 MB 以上の空き容量
    サウンド:特になし
    その他: 本タイトルは高性能 GPU を必要としません
    OS: 10.6 +
    CPU:1.5 GHz、シングルコア
    メモリ:1 GB RAM
    グラフィクス:特になし
    ハードディスク:100 MB 以上の空き容量
    サウンド:特になし
    その他: 本タイトルは高性能 GPU を必要としません
    OS: 10.6 +
    CPU:1.5 GHz、シングルコア
    メモリ:1 GB RAM
    グラフィクス:特になし
    ハードディスク:100 MB 以上の空き容量
    サウンド:特になし
    その他: 本タイトルは高性能 GPU を必要としません
    CPU:1.5 GHz、シングルコア
    メモリ:1 GB RAM
    グラフィクス:特になし
    ハードディスク:100 MB 以上の空き容量
    サウンド:特になし
    その他: Adobe AIR 2.6 のインストールが必須です (インストールスクリプト同梱)
    その他: Linux 版は Steam Cloud 未対応です
    その他: 本タイトルは高性能 GPU を必要としません
    CPU:1.5 GHz、シングルコア
    メモリ:1 GB RAM
    グラフィクス:特になし
    ハードディスク:100 MB 以上の空き容量
    サウンド:特になし
    その他: Adobe AIR 2.6 のインストールが必須です (インストールスクリプト同梱)
    その他: Linux 版は Steam Cloud 未対応です
    その他: 本タイトルは高性能 GPU を必要としません
参考になったカスタマーレビュー
10 人中 10 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 10.9 時間
投稿日: 1月31日
ジャンプのできる2Dゼルダ
有名フリーゲーム「ゆめにっき」の影響を受けたというが
シュールなテキストといい、場の雰囲気といいどちらかというと「MOTHER」っぽい
2Dゼルダのゲーム性を踏襲したこのゲームだが
ゼルダよりは謎解きが単純な反面、割と高度なプレイヤースキルを要求する
とはいえ、大量のチェックポイントが存在するため理不尽すぎることはない

そしてステージの作りこみが恐ろしく高い
探索ゲームのお手本といっても過言ではないすばらしいステージデザインである

このゲームに興味を持ったならいかなるプレイ動画も見ずにプレイしてほしい
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 4 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.1 時間
投稿日: 4月14日
ゲームボーイ時代のゼルダ感覚で遊べそうだと期待して購入しました。
操作性、ギミックに関しては期待通りの出来だったのですが、
ゲームを進めるモチベーションとなる導線が全くないため
制作者の自己満足を押し付けられているような感じがしました。
悪の大魔王をやっつけるぞ!という単純明快な目的なら楽しめたと思います。
ひたすら説明不足で、無駄に何かありそうな感じを臭わせるばかりで
ストレスを感じてきたのでプレイを止めました。

「私は何歳でしょう?」と聞かれて「〇歳」と答えたら、
「さあ、幾つでしょうね?」返されるような、そんな感覚のするゲームでした。

あくまで個人的な意見で、ゲームの内容そのものは悪くないと思うので
向き不向きがありそうだという程度に受け取っていただければ幸いです。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
34 人中 33 人 (97%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 10.0 時間
投稿日: 2014年12月23日
It's basically existentialist Zelda on acid with less combat.

This is a weird game. It's got the appearance of a classic zelda game, but there are more areas where you just wander around and talk to random people. You also don't so much unlock sexy new combat abilities and weapons, but just unlock new areas with new traps and puzzles to deal with. There are still boss fights, some of which will give you a challenge, but don't expect the non-stop action of a zelda game. This is much more of an exploration of the mildly dark and mildly bizarre. Not for everyone, but I think many people will find it worthwhile.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 7 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 5.5 時間
投稿日: 1月15日
Anodyne is a deliberate Zelda clone that takes the dreamy world of Link's Awakening and applies it to a more modern-day hero. While providing a fun and tight gameplay experience, it also raises questions about the state of the Gamer generation, about friendship, and about fitting in.
Although crippled by bugs (if you try to break the game, you will break the game), I highly recommended this for the colorful, retro visuals and the fantastic soundtrack.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 9 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 2.5 時間
投稿日: 2014年12月1日
Anodyne is a brilliantly designed adventure that translates well-worn mechanics into a package that feels genuinely new and exciting. While an over-reliance on frustrating jumping puzzles keeps it from greatness, it's a remarkable achievement for its tiny team – a freaky, fascinating exploration of the darker side of gamer psychology. 10/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.1 時間
投稿日: 3月11日
If you like good 2D adventure action games... this fits the bill with higher than average production values.

Enjoyable romp for any and all gamers.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.8 時間
投稿日: 2014年12月23日
Anodyne is basically a Legend of Zelda clone, but it's a good Legend of Zelda clone, with familiar mechanics, original art, and a weird psychological plot. Recommended for any LoZ fans.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 10.7 時間
投稿日: 1月1日
Anodyne is small, 2d-Zelda-like game. It remindes me a lot of Links Awakening, with the world being a dream and the jumping-puzzles, although the latter being much more present in this game.
It is quiet simple, your only weapon is a broom. Enemies have a good variety and the levels are very well designed, especially the dungeons. They require some thinking to solve the puzzles and the game does not hold your hand, which I think is good. Reminded me of the old times and the feeling figuring out on yourself is very rewarding. Half-way through the game you get jumping boots and thats where the game got frustrating for me. The controls are very spongy and the jumps require pixel-perfect jumps, sometimes under pressure: jumping on one-tile-platforms with rolling bars of death? So much fun, especially when you realize that you get knocked back every time you get hit.
The story is very confusing and the writing keeps it that way. I'm not sure if I get it at all or it was deliberate that way, since it all happens in a dream and dreams don't always make sense. Still it reminds me somewhat of the story of Links Awakening, the bosses seem to warn you that be beating them, you will eventually destroy the whole world - at least thats what I got from it.
If you like the old, 2d-Zelda games, Anodyne is very well done spin on it. Especially the dungeons are very well designed, but the jumping puzzles can get frustating.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.4 時間
投稿日: 1月3日
The ending is disappointing, but the journey there is very fun. I wish I could discern it's theme (if it even has one). This is like classic legend of Zelda, but in a very esoteric, dream like work. It's fun if you like Legend of Zelda or Metroidvania games.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 6.9 時間
投稿日: 2月13日
Murdered everybody in a town for a card.....unique game play with a weird story, if you could call it that. Its fun tho and i got it for free.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 32.8 時間
投稿日: 4月13日
I haven't finished the game yet but so far I really I like it, it is reminding my a lot of the Zelda's, which in my opinion is a good thing and I do not belive that they are copying Nintendo at all however it is pretty similar to Zelda. Defintly a real good game and very fun.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 4.6 時間
投稿日: 2月3日
Played for 15 minutes, rock told me I have no friends. Rate: 9/10 depressions
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 9.2 時間
投稿日: 2014年12月13日
This is one of my favorite games right now. It is difficult when it needs to be, requiring skill and intution to complete areas. I find myself cursing more than once as my last bit of life is exhausted, but keep playing again and again to learn the patterns and skill to make it through. It's not too hard, but just right. Plenty of save points to make sure you feel like you are making progress even if you keep dying. The story is interesting but ambiguous at first, but as I go along it keeps expanding and surprising me. The world is rich and fun to explore. Plenty of good humorous nostalgic dialogue between memorable and interesting characters/creatures. I highly recommend this game if you are looking for a good nostalgic Nintendo era style game.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 6.4 時間
投稿日: 3月23日
Anodyne feels like an homage to The Legend of Zelda: Link's Awakening, but everything is just very... strange. Just like the classic Zelda game, it's played from a top-down perspective and many of the enemies are even based on similar enemies from the Zelda series. Some of the dialog is even a direct reference to Link's Awakening.

Young, the character you play as, wields a trusty broom instead of a sword. Sometimes the broom must be used to push around piles of dust in order to solve simple puzzles. These puzzles never feel to be the main focus, though, and there's an unexpected amount of jumping obstacles in many of the dungeons. You discover a few add-ons for your broom throughout the game, but that's the limit of the items you can use.

You travel through varied environments and have many odd encounters. Throughout the game, the mood shifts between being slightly "off" to very wrong. It's hard to explain, but here's an example: in one dungeon, there are inexplicably a bunch of identical-looking men that just wander the screen. You can't speak to them or attack them, but they stop your movement and you can push them out of the way. Whenever these men are on screen, there is a creepy sound effect. At another point in the game, you walk down a dock to a fisherman. When you press the button to try to talk to him, Young instead pushes him into the lake and he drowns in a bloody whirlpool. Even later, you must kill a bunch of townspeople so a guy will let you into his house. It's some very odd stuff, and much of it is accompanied by a somewhat creepy atmospheric soundtrack without much of a melody.

As a big fan of classic 2D Zelda games, I was excited to try out Anodyne. It's definitely a unique experience. Gameplay-wise, it never feels as well-polished as your typical Zelda game, but I did enjoy my time with it for the most part. There were a few times when I got lost and had to consult some maps online, though. At the very end of the game, I found that I had to get 36 of the hidden "cards" to progress. Fortunately I had gotten most of them while playing through, but it could have been particularly frustrating if I hadn't been collecting them throughout my game.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 2 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 2.4 時間
投稿日: 5月5日
I won this game with Gems... so yeah... not bad game at all!
7/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
40 人中 34 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 17.6 時間
投稿日: 2014年8月25日
レトロチックアクションアドベンチャー
単純なアクション要素や戦闘は、ちょっぴり懐かしく心躍る
加えてシナリオやフィールド・全体的なゲームの雰囲気自体は鬱蒼としていて
まるでグリム童話に出てくる、深い森の中に迷い込んだように錯覚してしまったかのような
ちょっとしたほの暗い不安を掻き立てる作品になっています。

このゲームの見どころとして、三つあげるとすれば
愛・友情・儚いほどの不安定さ、といった具合でしょうか。
ストーリーそのものは確かに、友情や儚さだけを描いてはいましたが
この作品には、友人や家族と一緒にゲームを作ったという背景があります。
大袈裟かもしれませんが、その事も相混ざって
この作品には、製作者たちの家族愛や友情がちりばめられているように感じました
その上で作られた、この喪失感や郷愁を思い起こさせる脚本は
ただ単に不安になるだけでなく、ちょっぴり何だか、温かさが残る作品に感じ取れました。

エンディングロールの温かい言葉は、クリア後も素晴らしい余韻を残し続けてくれます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
7 人中 7 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.9 時間
投稿日: 2014年1月23日
クリア時間は4~5時間、ゼルダ風+欝要素
扉を開けるにはカードが必要なので集めるためにすべての部屋を回る必要がある
操作はジャンプと通常攻撃のみなので何か物足りない
開始5分で合わなかったら積んでいいと思う
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
10 人中 7 人 (70%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 8.8 時間
投稿日: 2014年2月26日
箒と埃の2Dアクション
かなりゼルダの影響を受けてる
ゼルダと比べれば謎解きは難しくなく、攻撃方法も箒ではたくのみとシンプル
ブラックなストーリーだけどジョークな会話が多い
カードを一定数集めることでゲートが開いて先へ進める
36枚集めればクリアできるけどスワップアタッチメントを獲得後に入手できる隠しカードを集めればトゥルーエンドになる・・・と思う(そこまではやってない)
日本語あり
パッド対応
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 10 人 (59%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 5.6 時間
投稿日: 2014年1月13日
"Anodyne"とは、鎮痛剤という意味。

クリアは5時間程度。
16bit時代のアクションゲームを想起させる作り。世界観はある人物の無意識下ということもあって、おどろおどろしい雰囲気を漂わせていいる。
SFC時代の"ゼルダの伝説"よろしく、ジャンプと攻撃のみのアクションで、様々な仕掛けの施されたダンジョンをクリアしていく。
一定のタイミングで火を噴き出す床、ポールの周りをぐるぐる回る火の玉、乗ったら一定の方向に動く床、時間制限で落ちる床等々、ダンジョンごとに独特の対応を要求されるのでプレイヤーを飽きさせない工夫が施してある。

……しかしながら、フィールド及びダンジョンのマップがなんとも見にくい。
同じ大きさの部屋が碁盤の目のように隣接している構成になっているので、小マップではなく都度全体マップを開く必要があり、それによって自分が全体のどの位置いるかを把握する事が必須事項となる。
加えて問題はもう一つあって、部屋が隣接しているからといって、そこを通り抜けられるというのは全く別問題であるということだ。
未探索の部屋が隣だと思ったら、反対側からぐるりと外周を回らされたなんてことがあったりするので、プレイ時には注意が必要だ。
とはいえ、一度目的を果たしたギミックを何度も繰り返させないようにマップをショートカットさせる配慮が見られるのと、いつでも自由にダンジョンの出口に戻れる機能は非常に助かった。
もしかしたら、製作者もマップの複雑性を感じていて、その救済策として用意しているのかもしれない。

また、本作にはカードという収集要素も有り、カードの集めた数によって開放される扉があったり、後々物語に関わる大変重要な要素となっている。マップやダンジョンのあちこちに宝箱という形で落ちているので、マップやダンジョンの隅々まで、くまなく探しておくことを強いられる。これが結構煩わしく、過去にクリアしたダンジョンで取りこぼしてしまうと、カードの枚数を数えながら、あちこちを東奔西走する羽目になる。
余談だが、間抜けな筆者はその取りこぼしで面倒な思いをした。

その様子はまるで宮沢賢治著"雨ニモマケズ"の如くで、

"東の森にカードの取りこぼしあれば、行って茨に体を裂かれ"
"西の浜辺にカードの取りこぼしあれば、行って砂に足を取られ"
"南の池にカードの取りこぼしあれば、行って泥にまみれ"
"北の高山にカードの取りこぼしあれば、行ってはしごを登り"
"取得済みだった時は、ここでもないと涙を流し"

そんな感じでsteamフォーラムガイドには何度も世話になった。

本作は敵のバリエーションも豊富である。
出会った当初は苦戦もするだろうが、動きにパターンがあるのでそれさえ見きってしまえばどうとでもなる。通常の敵はマップを移動するごとに復活するので、雑魚敵を倒し続けることで落とすライフを取得し続ければ、常に体力満タンの状態を維持することも可能。
敵も自分も攻撃を受けた直後は無敵時間が存在するので、ヒットアンドアウェイ先方が基本戦法となる。
そして、マップの終わりには個性的なボスも存在する。初見では厳しいこともあるが、体力次第ではごり押しでどうにかなってしまうこともあるので、積極的に攻めてみるのもいいだろう。

操作キーはデフォルトでは微妙なところに配置されているので、ゲーム開始直後に以下を例とした割り振りをした方がやりやすい。
もちろん、プレイされる方のお好みで設定してしまって全くかまわない。
(ちなみに筆者はFPS操作に慣れ親しんでいるので、すべて左手でプレイできるようにキーバインドした)

* Up = W
* Down = S
* Left = A
* Right = D
* Jump = Space
* Attack Command = Enter
* Menu = Tab

セーブポイントはマップのそこかしこに点在しており、ボタン一つで簡易セーブが可能なところは非常に便利。
セーブポイントは、どれも「ここまで来て死んだらあの面倒くさいアクションをやり直しか……」と思うところに用意されているので至れり尽くせりであった。ちなみに初回時に限りセーブポイントは体力を全回復させてくれる。

最後に、これは世界観に合わせて"あえて"なのだろうが、音楽がとてつもなく退屈、かつ単調なものの繰り返しとなっている。
はっきり言って聞けたものではない。
いいゲームには花を添えるようにいい音楽が存在するものだが、この単調さははっきり言って苦痛の類い。クリア後に何一つ頭に残らなかった。

ストーリーについても特筆すべきものはない。無意識下という状況の中なので、夢と現実が混在した違和感を感じさせようとする努力はうかがえるが、残念ながら脚本が追いついていないように感じる。例えるならば致死性のない毒。一部のマップなどにはセンスを感じるだけに残念。

長くなってしまったので総じるが、温故知新なアクションゲームとして巧みに作られており好印象。ストーリー、マップに不満も残るが、破綻するほどではない。

だが音楽……お前はダメだ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 17.7 時間
投稿日: 2013年10月9日
90年代中頃までのどこかに何か大事なものを置いてきてしまった、
或いは、その時代の遺物を未だに捨てきれず胸の中に持っている、おそらくはそんな人の為のゲーム
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い