Gyromancer is a Pop Cap / Square Enix collaboration. This is a Puzzle RPG. Join Rivel and his companion, Laska, on a grand chase spanning twelve stages. What awaits at the end of the hunt? Each stage contains its own objectives, from defeating the beasts that block your way to solving puzzles before time runs out.
ユーザーレビュー: ほぼ好評 (100 件のレビュー)
リリース日: 2009年11月18日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Gyromancer を購入する

 

キュレーターによりおすすめされています

"It's rare to have a matching-puzzler with such beautiful art and imagination. It's 'Bejeweled Twist' with RPG elements, story and much more challenge."

このゲームについて

Gyromancer is a Pop Cap / Square Enix collaboration. This is a Puzzle RPG.
Join Rivel and his companion, Laska, on a grand chase spanning twelve stages. What awaits at the end of the hunt?
Each stage contains its own objectives, from defeating the beasts that block your way to solving puzzles before time runs out. Rivel can learn to summon dozens of the beasts he encounters, bending their power to his will. Each beast you command in battle is unique, so find the one that best suits your play style.
Hidden within each stage are a number of awards earned for completing feats great and small. Finding them all won't be easy. Are you up to the challenge?
  • New battle system based on Bejeweled Twist
  • Command unique beasts to battle your foes
  • Search the map for items, coins, and new beasts to fight at your side
  • Gain levels in battle and acquire powerful new beasts
  • Assume the role of Rivel, a deadly mage, as he rids Aldemona Wood of a brooding darkness

システム要件

    • OS: Windows Vista, XP
    • Processor: 2.4 GHz
    • Memory: 512MB
    • Graphics: DirectX 9 compatible video card with Shader model 2.0 Capability
    • DirectX®: 9.0c
    • Hard Drive: 170MB
    • Sound: 9.0c Compatible
参考になったカスタマーレビュー
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 3.9 時間
投稿日: 5月16日
I loved Puzzle Quest, Puzzle Kingdoms and Clash of Heroes, but Gyromancer is the first game of this match-3/RPG hybrid genre that I just don't find fun at all. There's no equipment, no choices when levelling, you only get one unit in a fight, you can only have 3 units in your "roster" at a time and have to take into a map and have to pay in-game currency each time you want to replace one, the overland movement in a map is sloooow, as is the actual combat. Some parts of a map don't open up until you defeat the boss - and then you're dumped straight to level selection so you have to start the map over from the beginning if you want to explore it further. And the enemies in a fight don't even make moves the way you do - instead they automatically gain action points (or whateve their called) and then place countdown tiles similar to the way goons do it in Marvel Puzzle Quest.

And I had to use a third party utility to limit the framerate to 60, becuase the game insisted on putting my GPU at 96% load for 800-1500fps, and the ATI drivers were as useless at forcing vsync as they always are.

Really, the only reason you might want to play this game is the "rotation" mechanic for gem matching which I haven't seen in any other Puzzle Quest style game. And I personally don't like it, but some might find it a refreshing change of pace.

The story seemed ok so far, but I honestly don't want to keep playing the game just to find out what happens.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 15.9 時間
投稿日: 6月12日
I was lured in by pretty graphics and match 3 gameplay. I quietly suffered through cringeworthy writing and an interface that is so bad I was amazed that any one at Square Enix allowed it to be published. I made it through an obnoxious boss battle where the guy keeps running away but the screen dramatically announces my "DEFEAT", then I chase him around on the silly map until he finally stops and I can go through it over (... and over and over) again.

These weren't the reasons I decided to put the game away for good. What really got to me were the things added to provide a "challenge". I need a good challenge but there comes a point when it's not fun anymore. I'm very familiar with match 3 games and lots of them add things like locking or freezing pieces on the board or making pieces require timely removal before something bad happens. This game uses all of those but in ways that are excessive. There were too many times when a dangerous piece appeared but had a very short timer and I had no matches on the board and frequently no matching colors anywhere near the piece. So I'd have to make what the game calls "Idle Twists" to move the pieces where I needed them. The game makes sure you know every time you've done this by filling the screen with the words "IDLE TWIST" in an overly dramatic way and punishing you. It feels excessive because it's making an awfully big deal about a necessary part of the strategy.

Then to top it off, when you produce a special attack piece it gets locked in place. I don't know why. It seems unnecessarily cruel. But it's fine, right? I mean, in most match 3 games that's not such a big deal but in this "twisting" style of game it creates big limitations and to top it off you need those pieces fairly quickly to advance but you also immediately need to get rid of the "bad" pieces but none of the matching colors you need are on the board or if they are you still need to slowly nudge them over while getting punished with every careful and tedious click. On some boards I played I had absolutely no chance of winning because of the game's design and algorithms. That wouldn't have been so annoying if a loss didn't mean such a heavy penalty as it does in this game because of the "rpg" elements. I just wanted to play a cool twisty match 3 with a fantasy story and pokemon-like pet collecting and nice pictures. That's not what this is. This is a game that hates the players and wants us to suffer.

Tl;dr: I feel like the people who made this game didn't have an understanding of what makes a match 3 game fun to play.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 2 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 13.5 時間
投稿日: 5月29日
Game is really cool in theory and is actually really fun at first. Unfortunately a few levels in the monster balance really begins to fall apart and the game ends up requiring a lot of luck to get through. Would recommend if the game were quicker and easier to restart, however later fights can be quite slow and dull.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 10 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 30.6 時間
投稿日: 2014年9月30日
全マップクリアまで30時間……

宝石を並べて敵を倒す、今ではわりとよくあるタイプのパズルRPG。どうせ、パクるクエストの類だろうと期待もせずに安く買ったら意外に本格的な作りで本気になって遊び尽くしてしまった。スタイリッシュなグラフィックとBGM、何よりパズルシーンのテンポが良く中々の中毒性がある。完全日本語版で定価が648円(2014/10/01)では安すぎるぐらいの超優良作。まずは開発してみよう。

他の3マッチゲームに無い特色としては、ブロックが右周りにしか回転しないことが挙げられる。このため従来のように「なんとなく同色の石を寄せておけばクリアできる」ことがなく、一手一手慎重に先を読まねばならない局面が生じるようになった。敵の攻撃ジェムはしばしば消去困難な形で配置されるので、さくさく先へ進めたいプレイヤーにとってはストレスの溜まるゲームであるかもしれない。それでも考慮時間によるペナルティはなく自分のペースでじっくり遊ぶことができるのは大きな利点と言える。
逆にRPG要素の方はこの値段なりの物足りなさを感じる。手持ちモンスターのレベルは主人公に連動して一斉に上がるだけで、育成の楽しみはない。メインストーリーをクリアした時点で、ほぼレベルの上限に達することになるのでその後のやり込み要素も少ない。「挑戦者の扉」には少し手こずったが、他のステージの難度は低めで、慣れてくると戦闘そのものも面倒臭くなってくる。上述したようにパズルとしては複雑な面がある一方で、戦闘バランスは自キャラの攻撃力が圧倒的に強くてボスキャラ以外は緊張感が薄いのだ。一応ステージ毎のハイスコアは記録されるので、その自己記録更新を目指して一戦一戦丁寧に相手するのでなければ楽しみがないと思う。HARDモードがあれば喜んでもう一周おかわり出来るぐらい完成度の高いゲームなのに……。Steam版には実績がないのも残念だった。
動作は安定していたが、「挑戦者の扉」だけ初戦勝利のリザルト画面で頻繁にフリーズした。原因・対処策は不明。初戦に限った現象なので許してあげることにする。

お手軽だけど本格派。ややM寄りのカジュアルパズラーにお勧めします。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 45.7 時間
投稿日: 2014年4月11日
Gyromancer (2014/4/12)
進度:ストーリークリア+全マップクリア、45時間
評価:★★★★☆
ジェム消し系のパズルゲーム。最初から日本語でプレイできる。このゲームには3つの特徴がある。1つめは、敵AIの行動ターンが一切なく、いつも俺のターンであること。かといって好き勝手できるわけではない。いい消し方をすれば、敵にダメージを与える攻撃ジェムが早く、多く出現する。無駄な手が多ければ、敵のドクロジェムが、早く多く出現する。こちらからは攻撃ジェムを消さなければ、敵にダメージを与えることはできない。ドクロジェムは、ターン経過でカウントダウンし、0になると爆発してこちらがダメージを受ける。結局、カウントダウン前にドクロジェムを消去しつつ、攻撃ジェムで敵のHPを0にするゲーム。2つめの特徴は、ジェムを時計回りにしか回転できないこと。これは人によって、かなりストレスがたまるだろう。これにイラつく人は、このゲームに向かない。一応、1度だけ逆回転にできるアイテムもあるが、アイテムはすべて使い切りの個数限定なので、ここぞというとき以外には使えない。3つめは、状況によって1手が非常に重い価値を持つこと。ドクロジェム周りの攻防で、1ターン間に合わずにドクロが連鎖大爆発、大ダメージを食らうこともある。体験版で出来る範囲では、この1手ペナルティがまだ軽いので、ゲームの難易度がヌルすぎるように感じるが、3マップ目あたりから、無駄な回転を極力抑える必要がある。召喚して戦わせるモンスターによって、特徴や敵との相性がある。ワイアームやケルベロス、バンニップやヘカトンケイルなど、ファンタジー系の洋物ゴツイグラフィックの仲間が満載なので、そういうのが好きな人にはうれしい。ケットシーも、ラッパ吹いてるドワーフのオッサンみたいで、全然かわいくない。自由にジェムを回転できなくなる、ロック系の能力がひとつのポイントで、この能力を扱う味方・敵の組み合わせで、難易度が大きく変わることがあり、良い組み合わせを発見できたときは嬉しい。一応メインストーリーはあるが、おまけ程度に考えたほうがいい。個人的には高評価をつけたいゲームだが、おそらく人を選ぶパズルゲーム。ジェムの逆回転不可を許せるかどうかが、購入の分かれ目か? ジェム消し連鎖をつくる意味と効果が薄いこと、中盤は青、終盤は赤の攻撃系でゴリ押しすれば楽すぎること、敵AIのターンがないので対戦している感覚が薄いこと、獲得したコインの使い道がモンスター入れ替えのみであること、アイテムが個数限定で気軽に使えないこと、よくも悪くも一度マップを出ると敵がすべて復活してしまうこと、などを考慮して、★4つ。ちなみに、各マップとも複雑で、構造を記憶することは困難。私は全マップ、紙に鉛筆手書きで記録した。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い