Rage through 32 single player levels and 6 deathmatch levels of sheer terror and fully immersive sound and lighting. Arm yourself against the cannibalistic Ogre, fiendish Vore and indestructible Schambler using lethal nails, fierce Thunderbolts and abominable Rocket and Grenade Launchers.
ユーザーレビュー: 主に好評 (799 件のレビュー)
リリース日: 2007年5月31日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

Quake を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

QUAKE Collection を購入する

8 アイテムを同梱: QUAKE, QUAKE II, QUAKE II Mission Pack: Ground Zero, QUAKE II Mission Pack: The Reckoning, Quake III Arena, QUAKE III: Team Arena, QUAKE Mission Pack 1: Scourge of Armagon, QUAKE Mission Pack 2: Dissolution of Eternity

Quakecon Bundle 2015 を購入する

34 アイテムを同梱: Fallout 3: Game of the Year Edition, Fallout: New Vegas Ultimate Edition, Fallout 2: A Post Nuclear Role Playing Game, Fallout Tactics: Brotherhood of Steel, Fallout: A Post Nuclear Role Playing Game, Wolfenstein: The New Order, Wolfenstein: The Old Blood, The Elder Scrolls V: Skyrim, The Elder Scrolls V: Skyrim - Dawnguard, The Elder Scrolls V: Skyrim - Hearthfire, The Elder Scrolls V: Skyrim - Dragonborn, The Evil Within, The Evil Within: The Assignment, The Evil Within - The Consequence, The Evil Within: The Executioner, Dishonored, Dishonored: The Brigmore Witches, Dishonored - Void Walker Arsenal, Dishonored - The Knife of Dunwall, Dishonored: Dunwall City Trials, Doom 3: BFG Edition, Master Levels for Doom II, QUAKE Mission Pack 1: Scourge of Armagon, QUAKE Mission Pack 2: Dissolution of Eternity, QUAKE III: Team Arena, QUAKE II Mission Pack: Ground Zero, QUAKE II Mission Pack: The Reckoning, QUAKE II, QUAKE, DOOM II, Final DOOM, Ultimate Doom, Quake IV, Quake III Arena

 

キュレーターによりおすすめされています

"RPS's best FPS ever"
ここでレビューの全文を読む

このゲームについて

Rage through 32 single player levels and 6 deathmatch levels of sheer terror and fully immersive sound and lighting. Arm yourself against the cannibalistic Ogre, fiendish Vore and indestructible Schambler using lethal nails, fierce Thunderbolts and abominable Rocket and Grenade Launchers.

システム要件

    Minimum: A 100% Windows XP/Vista-compatible computer system
参考になったカスタマーレビュー
10 人中 10 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 0.4 時間
投稿日: 6月28日
WolfensteinやDOOMをFPSの始まりだとすれば、このQuakeは現代FPSの始まり、父と言う事が出来ると思う。敵モデルは全て3Dになり、マウスで視点を上下左右自由に変更出来、Quakeの系譜、Sourceエンジンの祖父である、現代FPSの基礎は出来上がった。バニーホップが登場する初めてのゲームであり、マウスsensitivityの値などは現代のSourceエンジンとそのまま同じ値を使用できたりと、その面影は多分に現代にまで残っている。

武器とモンスターに関しては武器はショットガン系の武器はあまり強くなく、強力な華の武器ロケットランチャー、強力なライトニングで攻撃するライトニングボルト等がある。モンスターは強力な敵が多く、一定間隔で飛び掛ってくるFiend,Spawn、グレネードを発射してくるOgre、ライトニングで攻撃してくる強敵Shamblerなどがいる。リズムゲーム的な避け方を求める攻撃が多く、一見シビアだが慣れればよく見て攻撃を避ける事も出来る。

ゲーム全体のバランスに関してはDoomよりややヒットポイントの高い敵が多く、常にMAPを自由に走り回れたDOOMと比べるとやや爽快感にかける。が、そこで登場するのがQuadダメージというアイテムである。このアイテムの効果中は自分の武器のダメージがなんと四倍になる。ダメージが四倍になるので自爆ダメージには気をつけなくてはならないが、このQuadダメージを使って敵をバタバタと<<破砕>>(文字通り敵が粉々になる)していくのは実に爽快である。多少技術が必要となってしまうがQuadダメージにさらにバニーホップを加えMAPを走り回るというのは大変に爽快である。(技術を必要とせずに爽快感をうむDOOMはやはり凄い)

ちなみにバニーホップとは前進キー(W)を使わずに右キー(D)と左キー(A)とジャンプキーだけを使って素早く移動する技術の事である。FPSプレイヤーとしてはバニーホップの方法を知っていて損は無い。ここにバニーホップの方法を簡単に書いておきたいと思う。バニーホップの基本は前に書いたように前進キー(W)を使わずに右キー(D)と左キー(A)とジャンプだけで蛇行しながら前進するという事、詳しく書くと次のようになる。絶えずジャンプしながら左キーを押している間はマウスで視点を左に移動させ右キーを押している間は視点を右に移動させる。これが出来るようになるには少し練習が必要だと思う、習得したい方は練習してみてください。

またQuakeにはQuakeWorldと呼ばれるマルチプレイヤーモードがある。(coopも可能。)このQuakeWorldはいわゆるスポーツ系FPSというものの始まりであって、デスマッチ、その基本も現代とあまり変わりなくやはり既に完成している。しかし武器の威力があまりに高くシビアなゲームプレイを求められる。という点では原始的なゲームバランスと言える。

このQuakeは総合的にシングルプレイヤーモードではDoomを超える事が出来なかったと思う。が、クアッドダメージの爽快感は一度試してみる価値はあると私は感じている。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.4 時間
投稿日: 4月29日
これは面白かった。
DOOMとはちがい完全3Dを実現したFPSです。
大味な内容ではあるもののガンガン敵を倒して進むDOOMっぽさと
3Dのマップの融合が上手く出来ていると思います。
quakeHDというエンジンがあるのでそれで遊ぶことをおすすめします。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 10.6 時間
投稿日: 3月1日
ポリゴンにて表現された3Dフィールドを舞台にした名作FPS。
『DOOM』シリーズと似た世界観で、ステージクリアタイプのホラーFPSとなっている。
フィールドはほぼ全てポリゴンなので、高さ、奥行きなど現代のFPSの基本は完成している。

シングルモードのみプレイ済だが適度に厳しめな難易度で楽しめた。
弾薬と体力が常に際どい状態で、途中の補給で何とか進めるレベルだった。
敵にしても全体的に高火力で動きが素早く、ジャンプを駆使するパズル的要素もあるため、
難易度的には『DOOM』シリーズより高いと感じた。

steam版だとBGMが流れないため、少々味気ない。
(外部パッチを当てると導入可能とのこと)

ゲーム的には洗練されており、FPSとしても快適に進めた。
高さの概念はあるが、中盤のスイッチを撃つ場面まで操作に気付かなったため注意。
(マウスホイールを押すと、照準の角度を変えられる)

この手のFPSにありがちだが、ラスボスは一風変わった攻略が必要で、苦戦させられた。
ほぼ偶然のクリアとなったが、よくよく見ると「なるほどー」とわかる仕掛けだった。
『Wolfenstein 3D』、『DOOM』後に『Quake』をプレイすると、進化の軌跡がわかって感動できる。


<一言攻略メモ>

・マルチプレイは未プレイ。
・敵が強いので、慎重に撃破。特にグレネードを飛ばす敵は厄介。
・照準の角度調整可能なので、索敵&高い位置の敵を倒しながら進むと良い。
 (デフォルトだとマウスホイール押し込み)
・困ったときはネイルガン連射が強い。
・ラスボス戦は、落ち着いて周囲観察。怪しいと思ったら色々探ってみるべし。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
283 人中 264 人 (93%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 10.4 時間
投稿日: 4月12日
This game had brown walls before Call of Duty.

This game had map design before Counter Strike.

This game had space marines before Halo.

This game had zombies before 90 percent of the mature rated game population.

This game had a nail gun before nothing else since no other game had a nail gun.


WhyDontOtherGamesTakeInspirationAndHaveNailGunsAsWeapons/10
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
98 人中 94 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
記録時間: 1.7 時間
投稿日: 2月25日
Review at A Glance

Pros:
Grand-daddy of full 3D First Person Shooters
Gripping, visceral, atmospheric soundtrack
Inventive, diverse level and enemy design (Lovecraftian)
Addictive multiplayer gameplay, with myriad iterations/mods; alive to this day
Unparalleled, dark, medieval, ghoulish atmosphere

Cons:
So many Source Ports and MODS, which ones to choose?!!?
****Steam version does not include the game's original Soundtrack, easy online fix available****

Conclusion:
Essential gaming for fans of First Person Shooters; cemented the id Software legend. Most popular game engine of its time. If you don't have this already, what are you waiting for?! For current generation play, I recommend one of the common source ports, such as Ultimate Quake (DarkPlaces+).

In-depth review, not for the faint of heart: "Abandon all hope, ye who enter here":

1996. DooM had introduced "Deathmatch" to the popular lexicon three years earlier. id Software managed to capitalize on the addictive nature of online multiplay, while advancing the technical limits of FPS gaming. What followed was the most popular game engine of its time, and it revolutionized online multiplay. Engine novelties included polygonal models, fully 3D environments, easy tools for Game Modding and hardware 3D acceleration. Quake may single handedly be the game that made a cutting-edge graphics card an essential component for the modern PC gamer. Unique gameplay features included bunny hopping and rocket-jumping. Game emphasis was on the online, multiplayer experience, utilizing a client-server model rather than peer to peer, the preeminent model of the time. This model allowed players to create and mantain a session, while additional players would be able to join or leave at any time, without disrupting the game.

Story:

BAHAHAHAHAHAH!! Story?! Pffffftt. Don't let it get in the way of an epic, legendary, awesome FPS game. Beat the 4 episodes and collect the rune at the end, solve environmental puzzles, kill everything with a pulse...or rather, that moves! 'Nuff Said. There is something resembling a story that was thrown in to provide the semblance of a gaming thread.

Gameplay:

Fast paced, bunny hopping, rocket jumpin' non-stop, edge of your seat, deathmatchin' action. Gameplay intuitive enough to allow a beginner to jump in and start fraggin', yet, complex enough to allow a bustlin' pro scene to develop, and spawn a successful franchise. Responsive controls allow you to float through inspired levels and maneuver your character, even when airborne! Weapon selection established the standard with a good variety of now conventional, classic weapons; including the revered Shotgun, the seminal Rocket Launcher and the mighty Lighting Gun. Weapon balance and choice, depending on level design and range of combat, had never been this intricate.

Design:

Iconic palette hard on black/browns with excellent use of lighting and shadows for emphasis and scares. Weapon design is a bit blocky, by today's standards, but sits nicely with the dark, medieval theme. Enemy/monster designs are inventive, with great variety, and a multitude of baddies that attack from above, at ground level and in the water. At the time, probably the only other big title that offered hazards with such a degree of freedom of movement was "Descent." Enemies appear as something out of a medieval demonic nightmare with a hodgepodge of humanoid, hellish Lovecraftian creatures coming at you and wielding a good array of weapons and attacks. The color palette and enemy design allows for baddies to pop out of dark corners and portions of the level, setting up multiple scares, providing a racemic mixture of action and horror that is hard to match.

The level design, with its gothic architecture and variety of environmental puzzles and hazards, resulted in classic levels that would eventually be ported to multiple other engines and games.

Sound:

Immaculate, crisp environmental, creature, character and weapon sound effects that were mostly concocted/mixed in-house by the talented id crew utilizing innovative techniques and processing. Trent Reznor/NIN soundtrack provides a chilling backdrop with industrial, ambiental brilliance that peppers the game with a pumping, blood curling soundtrack, which seamlessly potentiates the dark visuals and sound effects.

Replayability:

The online multiplayer experience is at the core of Quake. It would offer more options than any other FPS at the time and, out of the box, would allow for Deathmatch, Team Deathmatch and Cooperative Play. It would also allow for Time and/or Frag limits. After some time, popular free modifications included Team Fortress and Capture the Flag modes. The transition to a Client:Server model would permit a server to run continuously and for players to drop in and pop out of the game, without interrupting it. This dramatically improved the chances of finding a working game. Moreover, whereas most multiplayer experiences at the time emphasized 1:1 or games of up to 8 players, Quake allowed up to 16 simultaneous players in its original iteration; resulting in unprecedented chaos and murderous destruction.


Conclusion:

Quake is a legendary, classic game from FPS greats, id Software (id Tech 2). The Quake engine fueled the upcoming games for a generation and set the blueprint for FPS and online gaming. Dark atmosphere with ghoulish, sadistic enemy design set in a medieval, gothic world full of environmental dangers and light puzzles. Online experience is the core of the game, and would shape the FPS landscape for the foreseeable future. If you enjoy FPS, horror, inventive level design, Lovecraftian creatures, NIN/Trent Reznor or are just interested in gaming history, you cannot go wrong with this game.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い