Combining action and strategy in a unique way, Sang-Froid: Tales of Werewolves transports you into an epic folktale co-written with best-selling Canadian author Bryan Perro (Amos Daragon, Wariwulf), in which two feuding brothers will have to put aside their differences to save their sister, who is pursued by the Devil himself!
ユーザーレビュー:
総合:
非常に好評 (1,380 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 1,380 件中 87% が好評です
リリース日: 2013年4月5日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Sang-Froid - Tales of Werewolves を購入する

 

レビュー

"Sang-froid: Tales of Werewolves is one of my favorite recent indicators that strategy gaming is alive [...] Games this good don't come around often enough"
5 Stars out of 5Quarter to Three

"...an exhilaration I can't remember feeling in that many other games."
9/10 - Eurogamer

"A beautiful and creative indie gem."
9/10 - PC PowerPlay

Steam Greenlight

このゲームについて

Combining action and strategy in a unique way, Sang-Froid: Tales of Werewolves transports you into an epic folktale co-written with best-selling Canadian author Bryan Perro (Amos Daragon, Wariwulf), in which two feuding brothers will have to put aside their differences to save their sister, who is pursued by the Devil himself!

This time however, sheer brute strength won't be enough to save the day as your enemies are way stronger than you are. Only your wits and the ability to combine ingenious traps to setup deadly ambushes will give you a chance to see the sun rise again on your frozen piece of forest...

Key Features

  • Plan your strategy! – Take advantage of the calm during the day to fill your forest with all kinds of traps that are as inventive as they are deadly.
  • Hunt your enemies! – When night falls, use the wind and lure the diabolic beasts into your traps using bait... But watch out! You have to be on constant guard to make sure you don't become the prey of the beasts you are tracking!
  • Fight heroically! – If some of the beasts get past your traps, that's when it gets bloody! First you can shoot them with your trusty musket and then eliminate the ones that survive by slaughtering them with your axe! Action and carnage guaranteed!
  • Use fear to your advantage! – All the mechanics of the game revolve around the innovative concept of Fear Factor, which makes your ability to intimidate your enemy your best weapon. For example, use fire to frighten the wolves and scatter their packs.
  • Customize your character! – Choose one of the two O'Carroll brothers and develop your character using a skill system based on role-playing games (RPGs), making your hero as unique as he is powerful!
  • Discover a rich universe! – Immerse yourself in 19th century Canada where legends meet History in a world filled with lore and wonders. Buy historical weapons and items, fight mythical beasts and uncover the truth about werewolves...

システム要件

    Minimum:
    • OS:Windows XP, Vista or 7
    • Processor:dual-core
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:nVidia GeForce 9 series or better or ATI HD4000 series or better.
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:4 GB HD space
    • Additional:This game requires a monitor that supports a 1280X720 @ 60hrz (32 bits) resolution.
    Recommended:
    • OS:Windows XP, Vista or 7
    • Processor:Intel Core i5 or better or AMD equivalent
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics:nVidia GeForce 9 series or better or ATI HD4000 series or better.
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:4 GB HD space
    • Additional:This game requires a monitor that supports a 1280X720 @ 60hrz (32 bits) resolution.
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
非常に好評 (1,380 件のレビュー)
最近の投稿
ayuxayu
( 記録時間: 9.9 時間 )
投稿日: 2015年6月19日
アクションタワーディフェンスです。チュートリアル含めて30ステージくらい。
このジャンルや人狼などの世界観が好き、かつセール中で300円くらいであれば買っても良いと思います。
ジャンル未プレイであれば日本語化されていてプレイしやすい、有名なオークスマストダイシリーズなどから入ることをお勧めします。
英語ですがタワーディフェンス経験者ならトラップの概要は読めました。
細かい字(多分世界観のtips)は飛ばしましたがストーリー自体も王道なので理解できました。
マップ自体がかなり広く、予め敵の数、配置やルートが分かっており罠ごとに細かく設定(制約)があります。
例えば狼は確殺できるけど人狼には軽ダメージ+足止めしか出来ない罠、強いけど3体敵が乗らないと発動しない棘床など。
罠はステージが始まる前に設置して、途中追加は出来ません。
「こことここは自力で防衛、こっちは遠いから直接行かなくても罠で倒せるように配置しておこう…」というような感じのゲーム進行です。
コミカルでわらわらなだれ込んでくる敵をぶっとばすOMDのような爽快感はなく、シリアスムードで冷静に敵を狩る感じです。
数は多くないですが敵が強くシビアなので緊張感がありました。
たまに罠が発動してくれなかったり計算がずれてしまうと、マップが広すぎてリカバリーが利かず(できてもその後の予定がめちゃくちゃ)結局やり直す事になるのがストレスかもしれません。
そういった事態にも多少アクションでカバーが利けばもっと評価したんですけどね。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ぐらんぱ
( 記録時間: 1.9 時間 )
投稿日: 2015年3月30日
爺ちゃん的オススメ度:★★★☆☆
日本語:2015/3/30現在無し

オオカミから家を守れ!爺が大暴れするアクションディフェンスゲーム

襲い掛かるオオカミの種類に合わせて的確な罠の配置を考え
爺自身もフィールド上を駆け回り敵を狩る!

罠も爺も単品では守りきれないので両方駆使する必要もあるけど
そのせいでやや移動がメンドクサイと思ってしまう事もしばしば
また、オオカミの襲ってくるスタート地点やタイミングは事前にわかっているので
どちからと言えばパズルよりのゲームに近いかも。。。

またAIが単調なせいか爺との直接戦闘の際には作業感でてしまうのは残念です。

ただ、タワーディフェンス+アクション系のゲームの数は少ないので
こういったゲームをプレイしてみたい方には十分選択の余地あり!

また、Steamを含むあらゆる販売サイトで比較的セールになりやすいゲームでもあるので
安くなった所を狙うのも手ですよb
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
fei_nantoka
( 記録時間: 32.2 時間 )
投稿日: 2015年2月21日
ノーマルとハードクリアしました。めちゃくちゃ難しくもなく簡単すぎるわけでもなく程よいバランスのゲームでした
良かった点:ほど良いゲームバランス、アクション苦手でも罠をちゃんと使えばクリアできる。逆に攻撃罠無しの脳筋プレイでもクリアできる絶妙なバランス(時間稼ぎの罠は必須)
いろいろ罠や予算を考えながらプレイするのは面白かった

気になった&悪い点:銃がほぼ罠起動用で使い物にならない(まあ年代考えれば当たり前だけどさ・・・)
ゲームオーバーからリスタートがいちいちローディングながくて面倒
ノーマルとハードでキャラが変わるがストーリーや展開はまったく同じ、ちょっとはアレンジがほしかったかも

意外とパズル的要素の強いゲームなのでアクション&パズルが好きな人にオススメ(´¬`)b
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
velvet worm
( 記録時間: 7.5 時間 )
投稿日: 2015年1月13日
7/10 良い。概ねおすすめ。
非常に長いロード時間と低クオリティで古臭いグラフィックが許容出来るなら、適度な難易度、適度なボリュームがありやって損はないと思う。

ユーザータグにタワーディフェンスが入っているので特記しておくが、あくまで三人称視点のアクション要素の強いディフェンシブなストラテジーゲームなのでいわゆるタワーディフェンスゲームを期待すると肩透かしかもしれない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ainz
( 記録時間: 1.0 時間 )
投稿日: 2014年12月12日
チュートリアルがあるので日本語でなくても楽しめる
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ZenDo
( 記録時間: 18.6 時間 )
投稿日: 2014年10月9日
罠を駆使して戦うタワーディフェンス+アクション。
他と違うのは全ての設置物が消費型。
さらに銃で撃つなど手動で起動しなければならない物がほとんど。
数に数をぶつけるのでは無く、敵を処理する段取りが重要なのでパズルに近い。
とにかく走る!罠起動!走る!飛ぶ!そんな感じ。

ウィル・オー・ウィスプさんが耐性強すぎて銀武器が死んでるのが残念。
ほとんどの罠に耐性持ってるから聖別武器持って殴るしかないよなぁ!

スキルツリーは結構豊富。縛りプレイ好きにオススメ。
他人のプレイが見たくなる。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Hollet
( 記録時間: 0.9 時間 )
投稿日: 2014年10月8日
つくりの丁寧さが感じられる
英語だけど説明が親切だし、画面構成も分かりやすいので文章分からなくても理解できる
爽快感はあまりない
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
DonDon
( 記録時間: 3.4 時間 )
投稿日: 2014年10月2日
雰囲気はよく出てますが、全体的にもっさり。
キャラ移動、リロード、エイミング、スタミナの回復、すべてがスローです。
まるで水の中で戦っているかのよう。
もっさりゲーと言われたダークソウル2でもそんなに遅いと感じなかったもっさり耐性(?)がある私ですが、
このゲームのもっさり具合についてはストレスを感じるほどでした。

UIまでスロー。
カーソルの動きは遅い。トラップ設置やウィンドウ切変の際、クリックしてから反映するまで間がある。
ブリーフィングの際、敵のルートが表示されますが、
バリケードを設置した時のルートの再思考がものすごく遅い。
広くもない2Dマップで、何故それほど時間がかかるのか・・・。

グラフィックのクオリティの低さとオブジェクトの少なさの割には、ローディングが長い。
起動時の一分近いローディングは、いったい何を読み込んでるのか・・・。
(一回見れば済む)オープニングムービーを毎回読み込んでるのでしょうか?

会話パートやシステム説明も頻繁に挟まれるので、テンポが悪い。
序盤にいたっては、ここに行け、このトラップをここに置けと、やらされてる感が酷い。
しかも、リトライ時にはまた同じ説明が繰り返されるので、スキップするのも面倒に感じる。
なのに、戦闘は5分かからずに終わる。

このゲームは、会話メインのアドヴェンチャーゲームで、
イベントの合間合間にミニゲームとしてTDをやってる、という感覚でした。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
gipsydog
( 記録時間: 10.2 時間 )
投稿日: 2014年6月5日
カナディアンフォークロアといった雰囲気で狼男を題材にしたディフェンスゲームである。

似たようなTPS視点のディフェンスゲームで「Orc must die」などがあるが、こちらは敵をバッタバタとなぎ倒すような痛快アクションではない、
どちらかと言えばリアルよりで敵一体一体が手ごわく、パズルの解法を探すように迎撃プランを綿密に練る必要がある。

開発陣も難易度のシビアさは理解しているようで各ミッションで任意にプレイヤーはヒントを見る事が出来る、最悪これを見さえすればそのミッションでのガイドラインは立つので詰まったらこれを頼ろう、それでも迎撃プランを完遂するにはトライ&エラーが必要な場面もあるだろう。
スキルポイントの割り振りでキャラクターを強化出来るのだが、全スキルを取得するにはポイントが足りないので取捨選択が必要となる。
個人的には割り振りによってキャラクターの成長に個性が出るので良いポイントに思える。

また主人公が二人居て開始時にどちらかを選ぶ事で難易度の選択となっている、ストーリーも異なってくるようなので最初は素直にノーマル難易度(主人公兄弟の弟)を選択する事をお勧めする。
まだハードにあたる兄パートをクリアしていないのではっきりはわからないが、同じ場面を違う視点から見るクロスオーバーのようなストーリー組みだと思える。

音楽やストーリーといったフレバー的な要素も良く出来ているし、チュートリアルも充実している、けして大きくない開発チームのものながら丁寧に作られたゲームといった印象を受ける。

不便ほどではないが野暮ったいUIや画面の暗さ(狼がくるのはいつも夜なので)など難点と言えるほどではない不満も少なからずあるのだが、総合的に見ると良ゲーだと思います。

読まなければ行けない文章の量はそう多くはないのですが、一部の重要アイテムの説明などは読まないとクリアが難しい部分もあるので
英語に抵抗のある人にはとっつきにくいかもしれません。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
YSYK
( 記録時間: 2.7 時間 )
投稿日: 2014年4月11日
※ゲーム内容は、まだプレイできていないため、未評価。


その前にゲームの起動自体でこけたので、備忘録。
Windows7 64bit環境において、
初回起動時に「mfc100u.dllがありません」と出て、起動できない場合

ゲームのインストール先フォルダ内をたどり、
Sang-Froid Tales of Werewolves
→_CommonRedist
→vcredist
→2008
の中の、
vcredist_x86.exe
をインストールしましょう。

64bit版の「vcredist_x64.exe」ではエラー回避できませんでした。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
24 人中 23 人 (96%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 15.6 時間
投稿日: 2013年11月9日
バイオリンの軽快なBGMを聴きながら迫りくる狼を惨殺しよう!
敵の数は少なめのタワーディフェンス。
自身でも戦う事はできるがボンファイアを置かないと一方的に殴られて死ぬ。
敵には得意不得意の属性があるらしく、斧でウェアウルフを殴ってるとレジスタンスとかでて腹立つ。
トラップを駆使して敵の数を可能な限り減らしていけ。

自身の行動によって狼に位置を知られる危険性があったり
逆にあえて大きな音を立ててワナまで敵を誘導したりと面白い。話が進むと風向きが出てきて匂いでばれたりもする。

グラはプレツー初期のゲーム程度だがBGMが優秀なのでとても気持ちよくプレイできる。日本語対応のゲームではないが、アクションやトラップの扱い方はすべて動画のチュートリアルが用意されているので扱いに困ることはない。

困るのは敵の属性とスキルツリーかな。その辺は攻略サイトを見よう。(あるかは知らない)

7ドルくらいなら買いだと思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 18 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 18.6 時間
投稿日: 2014年10月9日
罠を駆使して戦うタワーディフェンス+アクション。
他と違うのは全ての設置物が消費型。
さらに銃で撃つなど手動で起動しなければならない物がほとんど。
数に数をぶつけるのでは無く、敵を処理する段取りが重要なのでパズルに近い。
とにかく走る!罠起動!走る!飛ぶ!そんな感じ。

ウィル・オー・ウィスプさんが耐性強すぎて銀武器が死んでるのが残念。
ほとんどの罠に耐性持ってるから聖別武器持って殴るしかないよなぁ!

スキルツリーは結構豊富。縛りプレイ好きにオススメ。
他人のプレイが見たくなる。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
17 人中 17 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 24.0 時間
投稿日: 2013年8月17日
狼と人狼の襲撃を、トラップと手斧とライフル、そしてそれらを駆使した戦略で撃退するストラテジー要素強めのアクション。防御拠点は複数あって1つでも陥落するとアウト。トラップは攻撃手段として使うのはもちろん、寄せ餌を使ってトラップにおびき寄せたり(敵の進攻を遅延する効果もある)、焚き火で進路をつぶして迂回させたりといったことができる。迫撃砲や火薬樽(狙撃か手動スイッチで起動)で一網打尽にできると特にうれしい。カナディアンな楽曲も力作ぞろいで雰囲気を出すのに一役買ってる印象(ゲームの舞台がそもそもカナダで、インディアンやウェンディゴが出てくる)。似たプレイフィールのゲームとして、『Sanctum』とか『Orcs Must Die!』とか挙げてたけど『刻命館』が近いかもなー。そこそこ難しいけど、かなりオススメ
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
19 人中 18 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 10.2 時間
投稿日: 2014年6月5日
カナディアンフォークロアといった雰囲気で狼男を題材にしたディフェンスゲームである。

似たようなTPS視点のディフェンスゲームで「Orc must die」などがあるが、こちらは敵をバッタバタとなぎ倒すような痛快アクションではない、
どちらかと言えばリアルよりで敵一体一体が手ごわく、パズルの解法を探すように迎撃プランを綿密に練る必要がある。

開発陣も難易度のシビアさは理解しているようで各ミッションで任意にプレイヤーはヒントを見る事が出来る、最悪これを見さえすればそのミッションでのガイドラインは立つので詰まったらこれを頼ろう、それでも迎撃プランを完遂するにはトライ&エラーが必要な場面もあるだろう。
スキルポイントの割り振りでキャラクターを強化出来るのだが、全スキルを取得するにはポイントが足りないので取捨選択が必要となる。
個人的には割り振りによってキャラクターの成長に個性が出るので良いポイントに思える。

また主人公が二人居て開始時にどちらかを選ぶ事で難易度の選択となっている、ストーリーも異なってくるようなので最初は素直にノーマル難易度(主人公兄弟の弟)を選択する事をお勧めする。
まだハードにあたる兄パートをクリアしていないのではっきりはわからないが、同じ場面を違う視点から見るクロスオーバーのようなストーリー組みだと思える。

音楽やストーリーといったフレバー的な要素も良く出来ているし、チュートリアルも充実している、けして大きくない開発チームのものながら丁寧に作られたゲームといった印象を受ける。

不便ほどではないが野暮ったいUIや画面の暗さ(狼がくるのはいつも夜なので)など難点と言えるほどではない不満も少なからずあるのだが、総合的に見ると良ゲーだと思います。

読まなければ行けない文章の量はそう多くはないのですが、一部の重要アイテムの説明などは読まないとクリアが難しい部分もあるので
英語に抵抗のある人にはとっつきにくいかもしれません。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
21 人中 17 人 (81%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 2.7 時間
投稿日: 2014年4月11日
※ゲーム内容は、まだプレイできていないため、未評価。


その前にゲームの起動自体でこけたので、備忘録。
Windows7 64bit環境において、
初回起動時に「mfc100u.dllがありません」と出て、起動できない場合

ゲームのインストール先フォルダ内をたどり、
Sang-Froid Tales of Werewolves
→_CommonRedist
→vcredist
→2008
の中の、
vcredist_x86.exe
をインストールしましょう。

64bit版の「vcredist_x64.exe」ではエラー回避できませんでした。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
14 人中 10 人 (71%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1.9 時間
投稿日: 2015年3月30日
爺ちゃん的オススメ度:★★★☆☆
日本語:2015/3/30現在無し

オオカミから家を守れ!爺が大暴れするアクションディフェンスゲーム

襲い掛かるオオカミの種類に合わせて的確な罠の配置を考え
爺自身もフィールド上を駆け回り敵を狩る!

罠も爺も単品では守りきれないので両方駆使する必要もあるけど
そのせいでやや移動がメンドクサイと思ってしまう事もしばしば
また、オオカミの襲ってくるスタート地点やタイミングは事前にわかっているので
どちからと言えばパズルよりのゲームに近いかも。。。

またAIが単調なせいか爺との直接戦闘の際には作業感でてしまうのは残念です。

ただ、タワーディフェンス+アクション系のゲームの数は少ないので
こういったゲームをプレイしてみたい方には十分選択の余地あり!

また、Steamを含むあらゆる販売サイトで比較的セールになりやすいゲームでもあるので
安くなった所を狙うのも手ですよb
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 9.9 時間
投稿日: 2015年6月19日
アクションタワーディフェンスです。チュートリアル含めて30ステージくらい。
このジャンルや人狼などの世界観が好き、かつセール中で300円くらいであれば買っても良いと思います。
ジャンル未プレイであれば日本語化されていてプレイしやすい、有名なオークスマストダイシリーズなどから入ることをお勧めします。
英語ですがタワーディフェンス経験者ならトラップの概要は読めました。
細かい字(多分世界観のtips)は飛ばしましたがストーリー自体も王道なので理解できました。
マップ自体がかなり広く、予め敵の数、配置やルートが分かっており罠ごとに細かく設定(制約)があります。
例えば狼は確殺できるけど人狼には軽ダメージ+足止めしか出来ない罠、強いけど3体敵が乗らないと発動しない棘床など。
罠はステージが始まる前に設置して、途中追加は出来ません。
「こことここは自力で防衛、こっちは遠いから直接行かなくても罠で倒せるように配置しておこう…」というような感じのゲーム進行です。
コミカルでわらわらなだれ込んでくる敵をぶっとばすOMDのような爽快感はなく、シリアスムードで冷静に敵を狩る感じです。
数は多くないですが敵が強くシビアなので緊張感がありました。
たまに罠が発動してくれなかったり計算がずれてしまうと、マップが広すぎてリカバリーが利かず(できてもその後の予定がめちゃくちゃ)結局やり直す事になるのがストレスかもしれません。
そういった事態にも多少アクションでカバーが利けばもっと評価したんですけどね。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 3.4 時間
投稿日: 2014年10月2日
雰囲気はよく出てますが、全体的にもっさり。
キャラ移動、リロード、エイミング、スタミナの回復、すべてがスローです。
まるで水の中で戦っているかのよう。
もっさりゲーと言われたダークソウル2でもそんなに遅いと感じなかったもっさり耐性(?)がある私ですが、
このゲームのもっさり具合についてはストレスを感じるほどでした。

UIまでスロー。
カーソルの動きは遅い。トラップ設置やウィンドウ切変の際、クリックしてから反映するまで間がある。
ブリーフィングの際、敵のルートが表示されますが、
バリケードを設置した時のルートの再思考がものすごく遅い。
広くもない2Dマップで、何故それほど時間がかかるのか・・・。

グラフィックのクオリティの低さとオブジェクトの少なさの割には、ローディングが長い。
起動時の一分近いローディングは、いったい何を読み込んでるのか・・・。
(一回見れば済む)オープニングムービーを毎回読み込んでるのでしょうか?

会話パートやシステム説明も頻繁に挟まれるので、テンポが悪い。
序盤にいたっては、ここに行け、このトラップをここに置けと、やらされてる感が酷い。
しかも、リトライ時にはまた同じ説明が繰り返されるので、スキップするのも面倒に感じる。
なのに、戦闘は5分かからずに終わる。

このゲームは、会話メインのアドヴェンチャーゲームで、
イベントの合間合間にミニゲームとしてTDをやってる、という感覚でした。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 3 人 (50%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 0.9 時間
投稿日: 2014年4月6日
狩猟ToDみたいなゲーム

基本は罠を仕掛けTPS操作のプレイヤーで個々に対応といった感じで
敵(狼や狼男)を倒していく。ToD要素としてマップ上に守るべき家
があり、罠をタワーと見立ててそれぞれのwaveをクリアしていく。

率直に言ってしまえば中途半端なゲーム。ダメダメである。
上げればキリがないが、無駄に重い。丁寧なガイドが間に入り逆に
ゲームとしてのテンポを悪くしている。オプションの設定でマウス感度
や音量設定が3~5段階設定というのはありえない。

雰囲気はいい味を出している分もったいないゲーム

value of 3$
score 40
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.9 時間
投稿日: 2014年10月8日
つくりの丁寧さが感じられる
英語だけど説明が親切だし、画面構成も分かりやすいので文章分からなくても理解できる
爽快感はあまりない
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い