Combining action and strategy in a unique way, Sang-Froid: Tales of Werewolves transports you into an epic folktale co-written with best-selling Canadian author Bryan Perro (Amos Daragon, Wariwulf), in which two feuding brothers will have to put aside their differences to save their sister, who is pursued by the Devil himself!
リリース日: 2013年4月5日
すべてのトレーラーを見る(全 4 本)

Sang-Froid - Tales of Werewolves を購入する

最新の更新 全て表示(9)

Our next project : CONFLICKS!

2014年6月12日

We've waited a long time (maybe too long for some of you), but at last, the time has come for us to unveil our next project, Conflicks: Revolutionary Space Battles!

For almost a year now, we've worked on the development of this new, extremely impassioning and unique project. Basically, it’s a space-themed real time strategy game in which players move their ships around the map by “flicking” them. Hard to visualize? Imagine a hybrid between a classic RTS and a physic-based game…

Our intention is to combine the chaos produced by the laws of physics governing the movement of many ships at once to the depth of a good RTS in order to create an accessible game experience that can also turn into something quite challenging for more involved players.

On the “universe” side, we invented a retro-futurist world full of old-fashioned gallantry and historical references, with a touch of cynical humor. Imagine impressive galactic galleons fighting flamboyant space zeppelins and imposing flying cathedrals in epic battles taking place in the outreaches of our galaxy!

And why are all these gentlemen fighting? As if there must be a reason… But yes, there is one. It’s a slightly ridiculous reason if you must know, as in most wars anyway, but we will let you discover it by yourself, by reading our future blog posts or by watching our debut trailer either on our facebook page (http://www.facebook.com/artificestudio) or on our website (http://www.artificestudio.com).

Cheers!

15 件のコメント 詳細を見る

レビュー

"Sang-froid: Tales of Werewolves is one of my favorite recent indicators that strategy gaming is alive [...] Games this good don't come around often enough"
5 Stars out of 5Quarter to Three

"...an exhilaration I can't remember feeling in that many other games."
9/10 - Eurogamer

"A beautiful and creative indie gem."
9/10 - PC PowerPlay

Steam Greenlight

ゲームについて

Combining action and strategy in a unique way, Sang-Froid: Tales of Werewolves transports you into an epic folktale co-written with best-selling Canadian author Bryan Perro (Amos Daragon, Wariwulf), in which two feuding brothers will have to put aside their differences to save their sister, who is pursued by the Devil himself!

This time however, sheer brute strength won't be enough to save the day as your enemies are way stronger than you are. Only your wits and the ability to combine ingenious traps to setup deadly ambushes will give you a chance to see the sun rise again on your frozen piece of forest...

Key Features

  • Plan your strategy! – Take advantage of the calm during the day to fill your forest with all kinds of traps that are as inventive as they are deadly.
  • Hunt your enemies! – When night falls, use the wind and lure the diabolic beasts into your traps using bait... But watch out! You have to be on constant guard to make sure you don't become the prey of the beasts you are tracking!
  • Fight heroically! – If some of the beasts get past your traps, that's when it gets bloody! First you can shoot them with your trusty musket and then eliminate the ones that survive by slaughtering them with your axe! Action and carnage guaranteed!
  • Use fear to your advantage! – All the mechanics of the game revolve around the innovative concept of Fear Factor, which makes your ability to intimidate your enemy your best weapon. For example, use fire to frighten the wolves and scatter their packs.
  • Customize your character! – Choose one of the two O'Carroll brothers and develop your character using a skill system based on role-playing games (RPGs), making your hero as unique as he is powerful!
  • Discover a rich universe! – Immerse yourself in 19th century Canada where legends meet History in a world filled with lore and wonders. Buy historical weapons and items, fight mythical beasts and uncover the truth about werewolves...

システム要件

    Minimum:
    • OS:Windows XP, Vista or 7
    • Processor:dual-core
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:nVidia GeForce 9 series or better or ATI HD4000 series or better.
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:4 GB HD space
    • Additional:This game requires a monitor that supports a 1280X720 @ 60hrz (32 bits) resolution.
    Recommended:
    • OS:Windows XP, Vista or 7
    • Processor:Intel Core i5 or better or AMD equivalent
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics:nVidia GeForce 9 series or better or ATI HD4000 series or better.
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:4 GB HD space
    • Additional:This game requires a monitor that supports a 1280X720 @ 60hrz (32 bits) resolution.
参考になったカスタマーレビュー
16 人中 12 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 375
22 件のレビュー
記録時間: 2.7 時間
※ゲーム内容は、まだプレイできていないため、未評価。


その前にゲームの起動自体でこけたので、備忘録。
Windows7 64bit環境において、
初回起動時に「mfc100u.dllがありません」と出て、起動できない場合

ゲームのインストール先フォルダ内をたどり、
Sang-Froid Tales of Werewolves
→_CommonRedist
→vcredist
→2008
の中の、
vcredist_x86.exe
をインストールしましょう。

64bit版の「vcredist_x64.exe」ではエラー回避できませんでした。
投稿日: 2014年4月11日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
7 人中 7 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 201
8 件のレビュー
記録時間: 10.2 時間
カナディアンフォークロアといった雰囲気で狼男を題材にしたディフェンスゲームである。

似たようなTPS視点のディフェンスゲームで「Orc must die」などがあるが、こちらは敵をバッタバタとなぎ倒すような痛快アクションではない、
どちらかと言えばリアルよりで敵一体一体が手ごわく、パズルの解法を探すように迎撃プランを綿密に練る必要がある。

開発陣も難易度のシビアさは理解しているようで各ミッションで任意にプレイヤーはヒントを見る事が出来る、最悪これを見さえすればそのミッションでのガイドラインは立つので詰まったらこれを頼ろう、それでも迎撃プランを完遂するにはトライ&エラーが必要な場面もあるだろう。
スキルポイントの割り振りでキャラクターを強化出来るのだが、全スキルを取得するにはポイントが足りないので取捨選択が必要となる。
個人的には割り振りによってキャラクターの成長に個性が出るので良いポイントに思える。

また主人公が二人居て開始時にどちらかを選ぶ事で難易度の選択となっている、ストーリーも異なってくるようなので最初は素直にノーマル難易度(主人公兄弟の弟)を選択する事をお勧めする。
まだハードにあたる兄パートをクリアしていないのではっきりはわからないが、同じ場面を違う視点から見るクロスオーバーのようなストーリー組みだと思える。

音楽やストーリーといったフレバー的な要素も良く出来ているし、チュートリアルも充実している、けして大きくない開発チームのものながら丁寧に作られたゲームといった印象を受ける。

不便ほどではないが野暮ったいUIや画面の暗さ(狼がくるのはいつも夜なので)など難点と言えるほどではない不満も少なからずあるのだが、総合的に見ると良ゲーだと思います。

読まなければ行けない文章の量はそう多くはないのですが、一部の重要アイテムの説明などは読まないとクリアが難しい部分もあるので
英語に抵抗のある人にはとっつきにくいかもしれません。
投稿日: 2014年6月5日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 234
32 件のレビュー
記録時間: 0.9 時間
狩猟ToDみたいなゲーム

基本は罠を仕掛けTPS操作のプレイヤーで個々に対応といった感じで
敵(狼や狼男)を倒していく。ToD要素としてマップ上に守るべき家
があり、罠をタワーと見立ててそれぞれのwaveをクリアしていく。

率直に言ってしまえば中途半端なゲーム。ダメダメである。
上げればキリがないが、無駄に重い。丁寧なガイドが間に入り逆に
ゲームとしてのテンポを悪くしている。オプションの設定でマウス感度
や音量設定が3~5段階設定というのはありえない。

雰囲気はいい味を出している分もったいないゲーム

value of 3$
score 40
投稿日: 2014年4月6日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
77 人中 0 人 (0%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 200
4 件のレビュー
記録時間: 2.9 時間
素人っぽい作品 難しくて進めない さよならクソゲー
投稿日: 2014年1月31日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
53 人中 46 人 (87%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 133
12 件のレビュー
記録時間: 14.7 時間
A refreshing take on tower defense strategy with with a supernatural theme. Nice musical scoring, sound effects and a decent albeit simplistic storyline makes it more believable and immersive. It's quite addictive once you get into it. It's kinda short but I think has some decent replay value as the game's many traps, weapon types, magical artifacts and terrain based tactics provide for alot of flexibility and different approaches to progressing through the levels. There is also of course a fairly typical multi-branch skill tree that lets you develop your style however you want.

You basically plan your strategy and setup your traps during the day and then execute it at night, the object being to survive and make it to the next night, which progressively gets more difficult. There are many areas of the map that need defending, so careful planning, timing and execution are essential. And the devs of course left the ending wide open for a sequel which I can say I'm looking forward to. Definitely worth picking up on sale.
投稿日: 2014年1月30日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
19 人中 19 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 161
28 件のレビュー
記録時間: 11.9 時間
バイオリンの軽快なBGMを聴きながら迫りくる狼を惨殺しよう!
敵の数は少なめのタワーディフェンス。
自身でも戦う事はできるがボンファイアを置かないと一方的に殴られて死ぬ。
敵には得意不得意の属性があるらしく、斧でウェアウルフを殴ってるとレジスタンスとかでて腹立つ。
トラップを駆使して敵の数を可能な限り減らしていけ。

自身の行動によって狼に位置を知られる危険性があったり
逆にあえて大きな音を立ててワナまで敵を誘導したりと面白い。話が進むと風向きが出てきて匂いでばれたりもする。

グラはプレツー初期のゲーム程度だがBGMが優秀なのでとても気持ちよくプレイできる。日本語対応のゲームではないが、アクションやトラップの扱い方はすべて動画のチュートリアルが用意されているので扱いに困ることはない。

困るのは敵の属性とスキルツリーかな。その辺は攻略サイトを見よう。(あるかは知らない)

7ドルくらいなら買いだと思います。
投稿日: 2013年11月9日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ