Cities in Motion 2 is the sequel to the popular mass transit simulation game Cities in Motion. Build, manage and lead your transportation network to provide cities with their ever changing needs. CIM2 introduces new features including multiplayer game modes, day and night cycles, timetables and dynamic cities.
ユーザーレビュー:
最近:
賛否両論 (17 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 17 件中 58% が好評です。
総合:
賛否両論 (1,520 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 1,520 件中 58% が好評です
リリース日: 2013年4月2日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Cities in Motion 2 を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Cities in Motion 2 Collection を購入する

8 アイテムを同梱: Cities in Motion 2, Cities in Motion 2: Trekking Trolleys, Cities in Motion 2: Back to the Past, Cities in Motion 2: Bus Mania, Cities in Motion 2: Lofty Landmarks, Cities in Motion 2: Metro Madness, Cities in Motion 2: Olden Times, Cities in Motion 2: Wending Waterbuses

Cities in Motion 1 and 2 Collection を購入する

20 アイテムを同梱: Cities in Motion, Cities in Motion 2, Cities in Motion 2: Trekking Trolleys, Cities in Motion 2: Back to the Past, Cities in Motion 2: Bus Mania, Cities in Motion 2: Lofty Landmarks, Cities in Motion 2: Metro Madness, Cities in Motion 2: Olden Times, Cities in Motion 2: Wending Waterbuses, Cities in Motion: Design Classics, Cities In Motion: Design Dreams, Cities in Motion: Design Marvels, Cities in Motion: Design Now, Cities in Motion: Design Quirks, Cities in Motion: German Cities, Cities in Motion: Metro Stations, Cities in Motion: Paris, Cities in Motion: Tokyo, Cities in Motion: Ulm, Cities in Motion: US Cities

Paradox Platinum Pack を購入する

6 アイテムを同梱: Cities in Motion 2, Crusader Kings II, Europa Universalis IV, Knights of Pen and Paper +1 Edition, Magicka, Warlock 2: The Exiled

 

Steam Workshop



Now you can create and share new rules, scenarios, and maps for your cities and vehicles. Tweak game values to increase bus capacity, create new objectives, or create entirely new custom city maps. Subscribe to other modifications made and shared by the community to expand your game.

このゲームについて

Cities in Motion 2 is the sequel to the popular mass transit simulation game Cities in Motion. Build, manage and lead your transportation network to provide cities with their ever changing needs. CIM2 introduces new features including multiplayer game modes, day and night cycles, timetables and dynamic cities.

Building the transportation network will directly affect how the city grows. Affordable transportation brings middle class housing and work places, while more expensive and exotic choices bring high end businesses. Take advantage of many different types of vehicles including buses, trams, ferries and more.

Build alone or play cooperatively with a friend. Use the newly implemented bus lanes to build efficient traffic free roadways. Tackle rush hour by managing transportation timetables and meeting the needs of the citizens.

Key Features

  • Dynamic cities
  • Player’s choices effect city growth
  • Day and night cycle
  • Manage the timetables
  • Multiplayer with both co-operative and competitive modes
  • Campaign and sandbox modes

システム要件

Windows
Mac OS X
SteamOS + Linux
    Minimum:
    • OS:Microsoft Windows XP/Vista/7/8
    • Processor:2 GHz Dual core
    • Memory:3 GB RAM
    • Graphics:nVIDIA GeForce 8800, 512 MB RAM or ATI Radeon HD 3850, 512 MB RAM
    • DirectX®:9.0
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    Recommended:
    • OS:: Microsoft Windows 7/8
    • Processor:3 GHz Quad core
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics:nVIDIA GeForce GTX460, 1 GB RAM or AMD Radeon HD 6850, 1 GB RAM
    • DirectX®:9.0
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    Minimum:
    • OS:OSX Snow Leopard 10.6.3
    • Processor:2 GHz Dual core
    • Memory:3 GB RAM
    • Graphics:nVIDIA GeForce 8800, 512 MB RAM or ATI Radeon HD 3850, 512 MB RAM
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    Recommended:
    • OS:OSX Snow Leopard 10.6.3 or later
    • Processor:3 GHz Quad core
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics: nVIDIA GeForce GTX460, 1 GB RAM or AMD Radeon HD 6850, 1 GB RAM
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    Minimum:
    • OS:Ubuntu 12.04 LTS
    • Processor:Intel Core Duo Processor (2GHz or better)
    • Memory:3 GB RAM
    • Graphics:nVIDIA GeForce 8800, 512 MB RAM or ATI Radeon HD 3850, 512 MB RAM
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    • Additional:GLSL 1.3, OpenGL 2.1. Controller support: 3-button mouse, keyboard and speakers. Internet Connection or LAN for multiplayer
    Minimum:
    • OS:Ubuntu 12.04 LTS
    • Processor:Intel Core Duo Processor (2GHz or better)
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics:nVIDIA GeForce 8800, 1024 MB RAM or ATI Radeon HD 3850, 1024 MB RAM
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    • Additional:GLSL 1.3, OpenGL 2.1. Controller support: 3-button mouse, keyboard and speakers. Internet Connection or LAN for multiplayer
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
賛否両論 (17 件のレビュー)
総合:
賛否両論 (1,520 件のレビュー)
最近の投稿
limitednaoya
469.3 hrs
投稿日: 1月30日
良いところ
とてもいいゲームだと思う。


改善してほしいところ
メトロの車両の種類が少ないと思う。(DLCを含めて5種類。組み合わせるのも含めて10種)
メトロとトラム(路面電車)で折り返しができないのが不便だった。
車庫(depot)の収容数がやや少ない。増設できるモジュールや、他の車庫からの応援とかができるようにしてほしい。
路面電車の停留所を安全地帯のように作れるようにしてほしい。
メトロの複々線の内側の線路にもホームを設置できるようにしてほしかった。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ATIS
256.0 hrs
投稿日: 1月2日
200時間ちょいプレイ。

道路交通のシミュレーションに関してはよくできてるゲーム。
初代Cities in Motionでできていた鉄道のホームでの直接折り返しができなくなたのが地味に不満。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
potelka_juze
114.0 hrs
投稿日: 2015年2月10日
交通シミュレーションとして、かなり完成度が高いゲームだと思います。
ただし、日本語化できないので英語が苦手な方にはオススメできません。

私はA列車で行こうのファンで、シリーズは一通りプレイしていますが
交通シミュレーションとしてはこちらの方が優れていると思います。

1.通行人には一人一人、出発地と行き先(住所)の設定があります。
  到着駅の周辺で目的の施設を探すとか、
  ジャンルが合ってればどこでもOKとかではなく、まず行き先の住所ありきです。
  この点がA列車やシムシティとは違います。
  これにより、人の流れが非常に複雑でリアリティがあります。
  通行人が移動する様子は描画されますので、ストーキングすると面白いです。

2.通行人は、複数の交通手段を乗り継いで目的地に向かいます。
  徒歩で駅まで行って、電車で3つ先の駅で降りて、
  駅前のバス停でバスに乗り・・といった感じです。

3.乗り物は、全て車庫から出発して、運行が終わると車庫に戻ります。
  プレイヤーは車庫をどこに設置するか考えなければなりません。
  これは、交通シミュレーションとして重要な要素です。

4.キャンペーンは、すでに成長した都市から始まります。
  都市開発や成長の要素はありますが、少ないです。
  個人の好みがあると思いますが、無人の荒野から始めなくていいので
  私はそれが気に入っています。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
hydro-guppy
6.4 hrs
投稿日: 2015年1月12日
前バージョンのCiMのファンだったが、操作性とゲームバランスが極端に悪くなった気がする。
最も単純なバス路線ひとつ開設するにも、個別の路線ウィンドウを出すのに経由するメニューウィンドウの方が大きく、画面を圧迫して面倒くさく感じる。
また、そもそも実際に二車線以上で一方向しか行けない街路なんてものがまずないにもかかわらず、なぜあれほど一方通行をゲーム上重視して設計したのかが分からない。そしてこの一方通行に従わされるバス・トラム・トロリーバスの路線は、前作のようなつもりで引くと極端な迂回だらけになってエラい目に遭う。
かといって自由路線な鉄道は、急勾配が置けないにも関わらず、インゲームの整地機能がないためちょっとした丘や谷が障害になりやすく敷設がしんどい。
後は料金体系。ゾーニング導入で前よりは良くなったが、日本人に取って当たり前の「乗車距離に応じて運賃が決まる」「同じ機関でも乗り継ぎすれば改めて運賃が発生する」システムには出来ないため、路線がカバーする範囲が増えるほど損をする仕組みに変わりがない。また以前よりModでいじれる余地も少なく、ユーザー側でおもしろくするのも難しい。
そして一番の問題は、フル3D・リアル時系列に経路処理が重なって路線が増えるとすぐ重くなること。抜本的にシステムが良くならないとお勧めできない。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
_sobataro
138.4 hrs
投稿日: 2014年12月6日
満足できる点:
  • 市民ひとりひとりがそれぞれの目的地に向けて移動すること。A列車シリーズの残念システムに比べて大変まとも。
  • グリッドがなく、3D空間に任意の路線をひくことができる。
  • MacBook Pro Late 2013内蔵のIrisGraphicsでも、画質設定を下げれば1920x1080の解像度で動作する。
  • 混雑解消ゲームであるSimutransを3D化したらこうなる、といった雰囲気。基本的には混雑解消ゲームであり、乱開発も可能。

たいへん不満足な点:
  • 地面に対する相対高度でしか、道路や線路を建設できない点。このせいで、凹凸のある丘陵地帯に高速道路を建設すると、上り・下りの高さが合わない (それぞれ別に建設しなければならない)。
  • 複々線の線路の内側線にホームを設置できない点。このせいで、複々線で緩急接続をするためには、(1)4本の単線 or 2本の複線をひいてそれぞれにホームを設置するか、(2)駅部分のみ複々線を複線に変更するか、のいずれかの方法しかない。(1)では建設が大変、(2)では走行可能な列車数が減り複々線の意味が薄れる。
  • 道路の右折・左折専用レーンなどを自由に設定できない点。このせいで、片側3車線の道路を引いても、1車線の左折レーンのみ大混雑し、残り2車線はガラガラ、といった状況が発生する。
  • 路線の任意の位置に新しい駅・停留所が追加できず、路線末尾にしか追加できない点。単純に不便。

不満を感じたが我慢できる点:
  • ゲーム内の駅はすべて、1つのホーム + 路上出入口でしかない点。このため、別ホームへの乗り換えは必ず路上に出ての乗り換えとなる。横断歩道を経由する乗り換えは道路の混雑の原因にもなるし、駅コンコースや駅ビルが建設できたらよかった。
  • 建物や路線がグリッドに縛られないのはいいが、まっすぐな路線が引きづらい。グリッドに合わせる建設モードもあるとよかった。
  • Avenue (中央分離帯のある道路) に沿ってモノレールや線路を敷設すると、柱が一切表示されない。中央分離帯の上なのだから、柱がある方が自然だと思う。

全体的に、Simutransを3D化・非グリッド化したらこうなる、といった雰囲気で、混雑解消ゲームが楽しめるなら本作も楽しめるはず。ただし上記のように、細かい部分の作り込みは甘いと感じた。もし次回作が出たとして、上記「たいへん不満足な点」のいずれも改善されていなければ、今度は購入しないだろう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
DRMRed
120.2 hrs
投稿日: 2014年9月7日
前作のCities in Motionに続けて購入しました。前作に比べると道路の曲線やレール等など町の描写が細かくなったと感じます。
前作同様ですが、各客層に合ったルート運行とドライバーAIのお馬鹿さんぶりを考慮したバス停配置を考えないといけないのは改善されていないようです。
また、新要素としては時刻表と車庫(Depot)と車両耐久度が追加になったことでしょうか
こちらの詳細についてはWiki等に記載されています。
前作と比べると、DLCの概念が強い為か、デフォルトの状態では車両の数の少なさにがっくりですが、やり込んでいくとさほど気になりません。
日本語Wikiページもあるので、初心者の方でもプレイ可能です。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
asukanokuni
1,226.2 hrs
投稿日: 2014年8月19日
起動しようとしても画面が真っ黒のままでどうしようもありません。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
0'[aiwtp9us
1.1 hrs
投稿日: 2014年8月17日
っまんねー駅前のGEOいってくる^^v
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ark
61.5 hrs
投稿日: 2014年6月28日
それぞれの住民が行先の目的を持っているので、自分が作った交通網を利用する一人一人の動きを追えるのは楽しい。ただ、やはり移動経路や乗り換えの思考ルーチンが適当なのが残念。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Tabisama
75.2 hrs
投稿日: 2014年6月22日
シムシティ4をやりながら、「ああ~鉄道網引いて地下鉄引いて人の流れが変わっていくの見るのサイコ~」と思っていた人なら100時間はまれる
シムシティと違って都市建設機能はかなりお粗末だが、その分人の流れと公共交通機関にリソースを注いでいるので自分の引いた路線に人が増えていくのを眺めるのが好きな人、利便性を常に向上させるのが好きな人にはオススメ
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
34 人中 32 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 138.4 時間
投稿日: 2014年12月6日
満足できる点:
  • 市民ひとりひとりがそれぞれの目的地に向けて移動すること。A列車シリーズの残念システムに比べて大変まとも。
  • グリッドがなく、3D空間に任意の路線をひくことができる。
  • MacBook Pro Late 2013内蔵のIrisGraphicsでも、画質設定を下げれば1920x1080の解像度で動作する。
  • 混雑解消ゲームであるSimutransを3D化したらこうなる、といった雰囲気。基本的には混雑解消ゲームであり、乱開発も可能。

たいへん不満足な点:
  • 地面に対する相対高度でしか、道路や線路を建設できない点。このせいで、凹凸のある丘陵地帯に高速道路を建設すると、上り・下りの高さが合わない (それぞれ別に建設しなければならない)。
  • 複々線の線路の内側線にホームを設置できない点。このせいで、複々線で緩急接続をするためには、(1)4本の単線 or 2本の複線をひいてそれぞれにホームを設置するか、(2)駅部分のみ複々線を複線に変更するか、のいずれかの方法しかない。(1)では建設が大変、(2)では走行可能な列車数が減り複々線の意味が薄れる。
  • 道路の右折・左折専用レーンなどを自由に設定できない点。このせいで、片側3車線の道路を引いても、1車線の左折レーンのみ大混雑し、残り2車線はガラガラ、といった状況が発生する。
  • 路線の任意の位置に新しい駅・停留所が追加できず、路線末尾にしか追加できない点。単純に不便。

不満を感じたが我慢できる点:
  • ゲーム内の駅はすべて、1つのホーム + 路上出入口でしかない点。このため、別ホームへの乗り換えは必ず路上に出ての乗り換えとなる。横断歩道を経由する乗り換えは道路の混雑の原因にもなるし、駅コンコースや駅ビルが建設できたらよかった。
  • 建物や路線がグリッドに縛られないのはいいが、まっすぐな路線が引きづらい。グリッドに合わせる建設モードもあるとよかった。
  • Avenue (中央分離帯のある道路) に沿ってモノレールや線路を敷設すると、柱が一切表示されない。中央分離帯の上なのだから、柱がある方が自然だと思う。

全体的に、Simutransを3D化・非グリッド化したらこうなる、といった雰囲気で、混雑解消ゲームが楽しめるなら本作も楽しめるはず。ただし上記のように、細かい部分の作り込みは甘いと感じた。もし次回作が出たとして、上記「たいへん不満足な点」のいずれも改善されていなければ、今度は購入しないだろう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
28 人中 23 人 (82%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 1,150.3 時間
投稿日: 2014年1月6日
良ゲームA列車とかも楽しんだ口ですが、シムシティより個人的には満足度がが高かったです
CiM1では発展していくと重くなっていって断念したのですが。今作ではそのような事も顕著ではなく大変満足です
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 12 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 1,706.7 時間
投稿日: 2013年7月4日
輸送網の構築に重点を置いたゲーム
都市開発要素には期待しない方が良い、あくまで輸送ゲーム
輸送ゲームであるにもかかわらずゲーム内で使用できる乗り物は非常に少ない
UI周りは実装だけしてあり使い易さを考えられていない部分が多い
パッチが出続けるなら期待しても良いかもしれないが、現状は機能不全・機能不足の要素が多い
マップエディタ・マルチプレイ・ワークショップなどの充実さは評価できる
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
18 人中 15 人 (83%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 120.2 時間
投稿日: 2014年9月7日
前作のCities in Motionに続けて購入しました。前作に比べると道路の曲線やレール等など町の描写が細かくなったと感じます。
前作同様ですが、各客層に合ったルート運行とドライバーAIのお馬鹿さんぶりを考慮したバス停配置を考えないといけないのは改善されていないようです。
また、新要素としては時刻表と車庫(Depot)と車両耐久度が追加になったことでしょうか
こちらの詳細についてはWiki等に記載されています。
前作と比べると、DLCの概念が強い為か、デフォルトの状態では車両の数の少なさにがっくりですが、やり込んでいくとさほど気になりません。
日本語Wikiページもあるので、初心者の方でもプレイ可能です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 6 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 51.6 時間
投稿日: 2013年12月1日
楽しい。一人でもくもくやっても良いけどマルチプレイは更に楽しい。
ダイヤは始発駅の発時刻を曜日や時間帯で区切って指定できるとか、一人一人の住人に勤務先と住居が設定されていたりとか、なにかと細かく、TropicoとSimutransが両方好きなら間違いなくハマる。

ところで、このゲームのマルチプレイヤーモードでは時々「同期漏れ」が発生する。いずれかのプレイヤーが行った行為が、他のプレイヤーの目の前の世界には反映されないことがあるのだ。シミュレーション自体はローカルでも行われているらしく、同期が損なわれてもゲーム自体は何事もなく進行していくため、発見が遅れやすい。プレイヤーが行う行動のほとんどは会社の保有する現金の額を変動させるため、こまめに各プレイヤー間で現金の額を読み合わせたり、同期が取れている状態で小まめにセーブしたりするといった運用が必要。なお、トラブルがあった場合は存続させたいセーブデータを各プレイヤーに配布して上書きすればひとまずの続行はできるようだ。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
10 人中 8 人 (80%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 61.5 時間
投稿日: 2014年6月28日
それぞれの住民が行先の目的を持っているので、自分が作った交通網を利用する一人一人の動きを追えるのは楽しい。ただ、やはり移動経路や乗り換えの思考ルーチンが適当なのが残念。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 114.0 時間
投稿日: 2015年2月10日
交通シミュレーションとして、かなり完成度が高いゲームだと思います。
ただし、日本語化できないので英語が苦手な方にはオススメできません。

私はA列車で行こうのファンで、シリーズは一通りプレイしていますが
交通シミュレーションとしてはこちらの方が優れていると思います。

1.通行人には一人一人、出発地と行き先(住所)の設定があります。
  到着駅の周辺で目的の施設を探すとか、
  ジャンルが合ってればどこでもOKとかではなく、まず行き先の住所ありきです。
  この点がA列車やシムシティとは違います。
  これにより、人の流れが非常に複雑でリアリティがあります。
  通行人が移動する様子は描画されますので、ストーキングすると面白いです。

2.通行人は、複数の交通手段を乗り継いで目的地に向かいます。
  徒歩で駅まで行って、電車で3つ先の駅で降りて、
  駅前のバス停でバスに乗り・・といった感じです。

3.乗り物は、全て車庫から出発して、運行が終わると車庫に戻ります。
  プレイヤーは車庫をどこに設置するか考えなければなりません。
  これは、交通シミュレーションとして重要な要素です。

4.キャンペーンは、すでに成長した都市から始まります。
  都市開発や成長の要素はありますが、少ないです。
  個人の好みがあると思いますが、無人の荒野から始めなくていいので
  私はそれが気に入っています。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめしません
記録時間: 6.4 時間
投稿日: 2015年1月12日
前バージョンのCiMのファンだったが、操作性とゲームバランスが極端に悪くなった気がする。
最も単純なバス路線ひとつ開設するにも、個別の路線ウィンドウを出すのに経由するメニューウィンドウの方が大きく、画面を圧迫して面倒くさく感じる。
また、そもそも実際に二車線以上で一方向しか行けない街路なんてものがまずないにもかかわらず、なぜあれほど一方通行をゲーム上重視して設計したのかが分からない。そしてこの一方通行に従わされるバス・トラム・トロリーバスの路線は、前作のようなつもりで引くと極端な迂回だらけになってエラい目に遭う。
かといって自由路線な鉄道は、急勾配が置けないにも関わらず、インゲームの整地機能がないためちょっとした丘や谷が障害になりやすく敷設がしんどい。
後は料金体系。ゾーニング導入で前よりは良くなったが、日本人に取って当たり前の「乗車距離に応じて運賃が決まる」「同じ機関でも乗り継ぎすれば改めて運賃が発生する」システムには出来ないため、路線がカバーする範囲が増えるほど損をする仕組みに変わりがない。また以前よりModでいじれる余地も少なく、ユーザー側でおもしろくするのも難しい。
そして一番の問題は、フル3D・リアル時系列に経路処理が重なって路線が増えるとすぐ重くなること。抜本的にシステムが良くならないとお勧めできない。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 3 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 344.0 時間
投稿日: 2013年12月26日
交通機関に特化したシムシティーのようなゲームです。その手の人なら面白いと感じるかもしれません!
残念なのはDLCの種類が貧弱です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 5 人 (56%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 24.1 時間
投稿日: 2013年4月11日
シムシティの様に街を自分で創るソフトではありません。与えられた街でバスや地下鉄などの交通手段を細かく運営管理するソフトです。良作だと思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い