このコンテンツをプレイする為にはベースとなる Train Simulator 2016 がSteam上に必要です。

ユーザーレビュー:
総合:
非常に好評 (61 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 61 件中 88% が好評です
リリース日: 2013年2月21日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

ダウンロードコンテンツ

このコンテンツをプレイする為にはベースとなる Train Simulator 2016 がSteam上に必要です。

London-Faversham High Speed を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Train Simulator: London Faversham Collection を購入する

4 アイテムを同梱: Train Simulator: London-Faversham High Speed Route Add-On, Train Simulator: Sheerness Branch Extension Route Add-On, Train Simulator: Southeastern Class 465 EMU Add-On, TS Marketplace: Southeastern Class 375 Dark Blue Livery Add-On

 

このコンテンツについて

London-Faversham High Speed brings together the exhilaration of high speed trains with the more serene ‘classic’ third rail lines of Kent all in one route, complete with the streamlined Southeastern Class 395.

The newest high speed route in the UK opened fully in November 2007 with domestic commuter services beginning on the route in December 2009 from the stunning London St Pancras station into the heart of Kent.

Departing London St Pancras, the route for Train Simulator passes under the City with Class 395s reaching speeds of 140mph before stopping at Stratford International on the edge of the London 2012 Olympic Park. Speeding through the Essex countryside and under the River Thames, high speed services stop at Ebbsfleet International Station, where power switches from overhead electrification to third rail pick-up. From here, Class 395s cross onto the ‘classic’ Kent lines, pausing at stations including Gravesend, Rochester and Sittingbourne, before terminating at Faversham.

The Class 395 is one of the most advanced high speed passenger trains in the UK and the fleet was built by Hitachi, famous for their Japanese bullet trains and on which the Class 395 was based. The model is capable of fast acceleration and deceleration to minimise travelling time, a feature of the bullet trains, and run on dual voltage systems for overhead and third rail pick up. The Class 395 is also unique in being able to run under TVM430 track-to-train signalling on the high speed section of the route and traditional aspect signalling on the ‘classic’ section.

The Southeastern Class 395 for Train Simulator features extensive internal and external detailing, including full start-up procedure, in-cab lighting, passenger view, roof detailing with working fans, driver vigilance system, accurate overheard catenary, trackside detailing including AWS boxes and ramps, and up to the minute signalling on the ‘classic’ route.

London-Faversham High Speed is an accurate depiction of a fantastic modern image UK route with stunning scenery through the Kent countryside, accurate depictions of London St Pancras Station, Ebbsfleet International Station, Rochester Castle and Cathedral, and the QEII Bridge at Dartford, and many hours of enjoyable and challenging driving.

The Class 395 is officially licensed by Southeastern and has been produced with the kind help and cooperation of Hitachi Rail Europe.

Scenarios


Five Scenarios For the Route
  • Class 395 Driver Training: Driving the Class 395
  • Class 395 Driver Training: TVM Signalling
  • Far Horizons
  • Frost Fall
  • There & Back Again

More scenarios are available on Steam Workshop online and in-game. Train Simulator’s Steam Workshop scenarios are free and easy to download, adding many more hours of exciting gameplay. With scenarios being added daily, why don’t you check it out now!

Click here for Steam Workshop scenarios.

Key Features

  • Full 51 mile route from London St Pancras to Faversham, including high speed OHLE from London St Pancras to Ebbsfleet, and ‘classic’ third rail from Ebbsfleet to Faversham.
  • TVM430 signalling on high speed section with accurate overhead catenary system.
  • Class 395 in Southeastern blue High Speed livery, with features including extensive internal and external detailing.
  • Southeastern Class 375 (Quick Drive compatible)
  • Scenarios for the route
  • Quick Drive compatible
  • Download size: 1,400mb
Note: London-Faversham High Speed includes the Train Simulator core technology. To play London-Faversham High Speed, launch Train Simulator 2013 from your library after purchase.

システム要件

    Minimum:
    • OS:Windows® Vista / 7 / 8
    • Processor:Processor: 2.8 GHz Core 2 Duo (3.2 GHz Core 2 Duo recommended), AMD Athlon MP (multiprocessor variant or comparable processors)
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:512 MB with Pixel Shader 3.0 (AGP PCIe only)
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:6 GB HD space
    • Sound:Direct X 9.0c compatible
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    • Additional:Quicktime Player is required for playing the videos
    Recommended:
    • Graphics:Laptop versions of these chipsets may work but are not supported. Updates to your video and sound card drivers may be required
    • Additional:Quicktime Player is required for playing the videos
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
総合:
非常に好評 (61 件のレビュー)
最近の投稿
donkichi
投稿日: 2月6日
買いましょう。車内信号式。225Km/h。第三軌条方式の在来線。高速線はトンネル区間が多いんですが、在来線は平野。買いましょう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
Poplar
投稿日: 2015年1月1日
1872年イギリスのお雇い外国人エドモンド・モレル指導の元、新橋(旧汐留)ー横浜が開通してから約140年....
日本の鉄道車両が鉄道発祥国イギリスに導入される事になった。その第1 号がクラス395(愛称:ジャベリン)です。
このDLCはロンドン・セント・パンクラス駅からCTRL区間でエブスフリート国際駅、そこから第三軌条方式で終点フェイヴァシャム駅へ。
都会から田舎や古い町並みへと変わる景色はなかなか良いものかと。
タイトルにあります「High Speed」最大225km/h!さすが英国高速鉄道です。

良い点
・高速運転
225km/h区間は短い...ですが期待を裏切らない熱い走りです。第三軌条下でも85mph(約135 km/h)出します。
視点を変えて車窓から景色を楽しめます。

・分かりやすい運転システム
TS全体に言えることですが、ドア開けて→発車して→停車するの繰り返しで簡単です。
日本の今は亡き鉄道シミュレータ達のように2段制動3段弛めや2秒以内の定着がないので楽に全線走破できます。
マウスのみで出来ることも素晴らしいです。

悪い点
・バグ
人が線路に平然と歩いてたりと恐ろしい光景を何回か見ました。

・お値段
定価3980円は高すぎる...
DLCたった1路線3ダイヤでこのお値段です。
購入の際はぜひセール時を狙ってください...

総評
そもそも鉄道好きかどうかで評価が分かれる物。しかもDLC商法でTS2015の評価自体あまり良くない。
それでもいくつか持っているDLCの中で唯一完全走破できたDLCでした。
日立製作所にお勤めの方や日立が好きな方、既にTS2015を持っていて日本に近い鉄道シュミレーションをやりたい方はオススメです。
ただお値段はかなり高いです。


参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
5 人中 5 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
投稿日: 2015年1月1日
1872年イギリスのお雇い外国人エドモンド・モレル指導の元、新橋(旧汐留)ー横浜が開通してから約140年....
日本の鉄道車両が鉄道発祥国イギリスに導入される事になった。その第1 号がクラス395(愛称:ジャベリン)です。
このDLCはロンドン・セント・パンクラス駅からCTRL区間でエブスフリート国際駅、そこから第三軌条方式で終点フェイヴァシャム駅へ。
都会から田舎や古い町並みへと変わる景色はなかなか良いものかと。
タイトルにあります「High Speed」最大225km/h!さすが英国高速鉄道です。

良い点
・高速運転
225km/h区間は短い...ですが期待を裏切らない熱い走りです。第三軌条下でも85mph(約135 km/h)出します。
視点を変えて車窓から景色を楽しめます。

・分かりやすい運転システム
TS全体に言えることですが、ドア開けて→発車して→停車するの繰り返しで簡単です。
日本の今は亡き鉄道シミュレータ達のように2段制動3段弛めや2秒以内の定着がないので楽に全線走破できます。
マウスのみで出来ることも素晴らしいです。

悪い点
・バグ
人が線路に平然と歩いてたりと恐ろしい光景を何回か見ました。

・お値段
定価3980円は高すぎる...
DLCたった1路線3ダイヤでこのお値段です。
購入の際はぜひセール時を狙ってください...

総評
そもそも鉄道好きかどうかで評価が分かれる物。しかもDLC商法でTS2015の評価自体あまり良くない。
それでもいくつか持っているDLCの中で唯一完全走破できたDLCでした。
日立製作所にお勤めの方や日立が好きな方、既にTS2015を持っていて日本に近い鉄道シュミレーションをやりたい方はオススメです。
ただお値段はかなり高いです。


このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
投稿日: 2月6日
買いましょう。車内信号式。225Km/h。第三軌条方式の在来線。高速線はトンネル区間が多いんですが、在来線は平野。買いましょう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い