The Dark Eye - Demonicon is a thrilling action-RPG set in the extraordinarily popular universe of “The Dark Eye”, a richly crafted fantasy world beloved by fantasy gamers across the globe. The Dark Eye - Demonicon tells the tragic story of a brother and sister who become pawns of sinister forces in a world of cruelty and depravity.
ユーザーレビュー:
最近:
非常に好評 (10 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 10 件中 80% が好評です。
総合:
賛否両論 (483 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 483 件中 68% が好評です
リリース日: 2013年10月24日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Demonicon - The Dark Eye を購入する

 

レビュー

“… shaping up to be a fantastic game”
Gaming Excellence

“Demonicon may well be the RPG that both gamers and Dark Eye fans have been waiting for”
Gamercast

“Demonicon will get a lot of gamers excited”
PCGZine Issue #58

このゲームについて

The Dark Eye - Demonicon is a thrilling action-RPG set in the extraordinarily popular universe of “The Dark Eye”, a richly crafted fantasy world beloved by fantasy gamers across the globe.

The Dark Eye - Demonicon tells the tragic story of a brother and sister who become pawns of sinister forces in a world of cruelty and depravity. In this bleak yet magical world, their affection is both a blessing and a curse. Both are constantly threatened by mortal danger and demonic temptation, and must find a way through their tortured lives by facing serious moral decisions. Their common destiny will determine that of the entire continent, and will be decided by the choices they make. Hordes of fiends block their way to freedom and peace, and only through battle and magic they will truly become free of the darkness.

  • A third-person action-RPG featuring brutal melee attack combos and dazzling magic spells
  • Powerful storytelling with an elaborate narrative rich with twists, as well as believable conflicts and ethical decision-making opportunities
  • Action-packed battles, where pin-point timing and clever tactics play important roles
  • Unique magic system: a dark talent grants the player devastating mystical powers and changes his physical appearance
  • Comprehensive crafting system allows for creation of potions, poisoned blades and enchanted armor
  • State-of-the-art 3D visuals using the powerful Havok Vision engine
  • A richly detailed game world embedded in the extensive fantasy world of The Dark Eye

システム要件

    最低:
    • OS: Windows XP SP3 (32bit), Windows Vista / 7 / 8
    • プロセッサー: 2 GHz Dual-core
    • メモリー: 2 GB RAM
    • グラフィック: Dedicated DirectX 9.0c compatible graphics card with 512MB VRAM and Shader Model 4.0 support. ATI/AMD Radeon 3800 series and higher, NVIDIA GeForce 9600GT and higher
    • DirectX: Version 9.0c
    • ストレージ: 10 GB 利用可能
    • サウンドカード: DirectX compatible
    推奨:
    • OS: Windows Vista / 7 / 8 (64bit)
    • プロセッサー: 3 GHz Quad-core
    • メモリー: 4 GB RAM
    • グラフィック: Dedicated DirectX 9.0c compatible graphics card with 1GB VRAM and Shader Model 5.0 support
    • 追記事項: Best played with Xbox 360® controller for Windows
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
非常に好評 (10 件のレビュー)
総合:
賛否両論 (483 件のレビュー)
最近の投稿
sato375
( 記録時間: 15.6 時間 )
投稿日: 2015年8月5日
ダークファンタジーをテーマにしたアクションRPG。
日本語には対応していませんが、なんやかやで楽しめました。(XBOXコントローラー使用、難易度EASYでクリア)

クエストに沿ってゲームを進めていきますが、いつでもマップ表示が出来、行き先を確認することが出来ます。基本的にはマーカーに従って進んでいけば良い訳です。
NPCとの会話で選択肢が出ますが、適当に選んでおけば何とかなるようです。主人公のステータス値によっては選べない選択肢もあります。選んだ内容によって、もしかしたら先の展開に有利不利の差が出るのかもしれません。

アクション部分は敵との戦闘シーンのみで、トゥームレイダーやプリンスオブペルシャのようなアクロバティックな場面は出てきません。
Xボタンで近接攻撃、Yボタンで遠距離攻撃、LTボタンで回避。またRBボタン+ABXYで特殊攻撃。RT+ABXYで魔法が使えます。ジャンプはありません。
ゲーム開始直後は基本的な攻撃しか出来ず地味な感じでしたが、特殊攻撃・魔法を使えるようになると面白くなります。

育成部分ですが、敵との戦闘、アイテムの取得等でAPとGPの2種類の経験値を取得出来ます。
GP値は魔法の習得に使用し、ABXYのボタンに任意で割り当てることが出来ます。(複数の魔法を習得しても、同時に4つまでしか使用出来ません)
AP値はキャラクターのステータスアップ、スキルと特殊攻撃の習得使用します。特殊攻撃も、魔法同様ABXYのボタンに割り当てて使います。
ステータスは攻撃力、防衛力、機敏性、体力等ごくごくありふれた内容です。
スキルは、知識、開錠、会話術、製作技術等あります。
"plant lore"、"legend lore"は落ちているアイテムを拾う際に有効です。値が低いと拾えないアイテムが出てきます。
"medicine"は体力回復に影響します。一部NPCの回復にも使用出来、お礼としてアイテムを貰えたりします。
"pick lock"、"blacksmith"は宝箱の開錠、罠の解除に使用します。罠が作動しても、体力があればごり押しは出来ます。
"haggle"、"fast talk"はアイテムの売買、会話の選択肢に影響します。

オープンワールドでは無くほぼ一本道のストーリーですが、ゲーム後半に、序盤で歩いたマップを通るので拾い広い損ねたアイテム、開け損ねた宝箱の回収は可能です。
自分は、ゲーム前半は"plant lore"、"legend lore"、"pick lock"を、中盤から"blacksmith"、"medicine"、"fast talk"を上げていきました。(最終的にはすべてマックスまで上げました。逆に特殊攻撃は半分程度しか取得していません)
また拾ったアイテムを組み合わせて、体力回復アイテム等を作ることも出来ます。解毒や攻撃補助のアイテムも作れるようですが、結局、体力回復アイテムしか作りませんでした(とどのつまりは効力が良く判らないので・・・)。これらのアイテムが購入することも出来ます。
武器は剣と斧、防具は鎧・腕防具・脚防具の3種類。これらは特殊アイテムを付け足して、キャラのステータスをアップさせることが出来ます。
アイテムを拾ったり作ったりしても経験値が増えるので、ある程度たまったらどんどん使っていった方が良いと思います。

英語がさっぱり判らないのでストーリは皆目見当付きませんが、それでもクリアするまで楽しむことが出来ました。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
17 人中 16 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
4 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 15.6 時間
投稿日: 2015年8月5日
ダークファンタジーをテーマにしたアクションRPG。
日本語には対応していませんが、なんやかやで楽しめました。(XBOXコントローラー使用、難易度EASYでクリア)

クエストに沿ってゲームを進めていきますが、いつでもマップ表示が出来、行き先を確認することが出来ます。基本的にはマーカーに従って進んでいけば良い訳です。
NPCとの会話で選択肢が出ますが、適当に選んでおけば何とかなるようです。主人公のステータス値によっては選べない選択肢もあります。選んだ内容によって、もしかしたら先の展開に有利不利の差が出るのかもしれません。

アクション部分は敵との戦闘シーンのみで、トゥームレイダーやプリンスオブペルシャのようなアクロバティックな場面は出てきません。
Xボタンで近接攻撃、Yボタンで遠距離攻撃、LTボタンで回避。またRBボタン+ABXYで特殊攻撃。RT+ABXYで魔法が使えます。ジャンプはありません。
ゲーム開始直後は基本的な攻撃しか出来ず地味な感じでしたが、特殊攻撃・魔法を使えるようになると面白くなります。

育成部分ですが、敵との戦闘、アイテムの取得等でAPとGPの2種類の経験値を取得出来ます。
GP値は魔法の習得に使用し、ABXYのボタンに任意で割り当てることが出来ます。(複数の魔法を習得しても、同時に4つまでしか使用出来ません)
AP値はキャラクターのステータスアップ、スキルと特殊攻撃の習得使用します。特殊攻撃も、魔法同様ABXYのボタンに割り当てて使います。
ステータスは攻撃力、防衛力、機敏性、体力等ごくごくありふれた内容です。
スキルは、知識、開錠、会話術、製作技術等あります。
"plant lore"、"legend lore"は落ちているアイテムを拾う際に有効です。値が低いと拾えないアイテムが出てきます。
"medicine"は体力回復に影響します。一部NPCの回復にも使用出来、お礼としてアイテムを貰えたりします。
"pick lock"、"blacksmith"は宝箱の開錠、罠の解除に使用します。罠が作動しても、体力があればごり押しは出来ます。
"haggle"、"fast talk"はアイテムの売買、会話の選択肢に影響します。

オープンワールドでは無くほぼ一本道のストーリーですが、ゲーム後半に、序盤で歩いたマップを通るので拾い広い損ねたアイテム、開け損ねた宝箱の回収は可能です。
自分は、ゲーム前半は"plant lore"、"legend lore"、"pick lock"を、中盤から"blacksmith"、"medicine"、"fast talk"を上げていきました。(最終的にはすべてマックスまで上げました。逆に特殊攻撃は半分程度しか取得していません)
また拾ったアイテムを組み合わせて、体力回復アイテム等を作ることも出来ます。解毒や攻撃補助のアイテムも作れるようですが、結局、体力回復アイテムしか作りませんでした(とどのつまりは効力が良く判らないので・・・)。これらのアイテムが購入することも出来ます。
武器は剣と斧、防具は鎧・腕防具・脚防具の3種類。これらは特殊アイテムを付け足して、キャラのステータスをアップさせることが出来ます。
アイテムを拾ったり作ったりしても経験値が増えるので、ある程度たまったらどんどん使っていった方が良いと思います。

英語がさっぱり判らないのでストーリは皆目見当付きませんが、それでもクリアするまで楽しむことが出来ました。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い