Take firefights to a futuristic new level in Blacklight: Retribution, a free-to-play FPS. See through walls with the HRV, deploy mechanized Hardsuits, and customize your weapons to dominate the opposition.
ユーザーレビュー:
最近:
賛否両論 (183 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 183 件中 60% が好評です。
総合:
ほぼ好評 (14,489 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 14,489 件中 77% が好評です
リリース日: 2012年7月2日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Blacklight: Retribution をプレイ

 

最新の更新 全て表示(8)

3月31日

Hotfix Patch 2.17 Releasse

Hotfix 2.17 is about to turn live! We are releasing a quick hotfix to resolve some issues. We had some issues that we rushed out a fix for so you can continue the fun BLR experience.

Bugs fixes for PC:

  • Crash fixes
  • Fixed a bug using a taunt in more than one slot
  • Fixed a bug where carrying Rival Agent / Warlord when switching teams
  • Suicide notifications are now fixed
  • Various bugs with the Revival Injector
  • Fixed a bug in Onslaught where the dead player's body would be deleted too quickly
  • Fixed a bug in Onslaught where the match would start when not everyone opted to Ready Up
  • Various backend fixes
  • Level restrictions for playlists / matches should now be fixed
  • Smoothed out ping
  • The Easter baskets should now be visible
  • Friend List sorting should now be fixed
  • Various issues with Revival Spawns should now be fixed
  • Fixed a bug where the player would have 8 taunt slots is now fixed
  • No spectating when in Training Mode
  • Invisibility bug is now fixed, if you can see it :P
  • Bug with the Pink Bunny Ears trophy is now fixed
  • The correct message should now appear to Onslaught players if they aren't in first place
  • Spectating abuse should be fixed now
  • Player selection context menu should now be fixed
  • Level restrictions on PC is now fixed
http://www.hardsuitlabs.com/2016/03/hotfix-2-17/

32 件のコメント 詳細を見る

3月21日

Spring Event!


Starting on March 22nd and lasting until April 5th, we will have a Spring Event.

Be sure to play it while it lasts!



The Spring Event has an ultimate mission. If you collect all 10 Bunny Ear Trophies before April 5th, 2016, you will get a special Helmet reward. THIS WILL BE AWARDED ON THE 6th of APRIL.The Helm of Caerbannog (pictured in the above ad). There are four missions below that will grant you the first four ears. The rest of the Bunny Ears you will have to find out how to earn!

Egg Basket Hunt - Mission
This mission will be achievable in the Egg Hunt Playlist for the Spring event. Similar to the St. Patrick's Day Playlist, you'll be collecting eggs in egg baskets. The eggs dropped in each basket will be randomly generated.



Hunting Rabbits - Mission
In this mission you will need 1500 kills with the Shortgun AR-k before the spring event is over! 

Run Rabbit, Run! - Mission
For this mission, you will need to sprint for 4,000,000 steps in Last Team Standing before the Spring Event comes to a close.

Simply to Dye For - Mission
Play 100 matches in Domination before the Spring event is over!

Holiday Items
  • Helm of Caerbannog Helmet
  • Bunny Ears Red Trophy
  • Bunny Ears Green Trophy
  • Bunny Ears Pink Trophy
  • Bunny Ears Magenta Trophy
  • Bunny Ears Blue Trophy
  • Bunny Ears Cyan Trophy
  • Bunny Ears Orange Trophy
  • Bunny Ears Purple Trophy
  • Bunny Ears Yellow Trophy
  • Bunny Ears White Trophy
  • Dyed Hard Blue Body Camo
  • Dyed Hard Green Body Camo
  • Dyed Hard Pink Body Camo
  • Dyed Hard Purple Body Camo
  • Dyed Hard Yellow Body Camo
  • Dyed Hard Blue Weapon Camo
  • Dyed Hard Green Weapon Camo
  • Dyed Hard Pink Weapon Camo
  • Dyed Hard Purple Weapon Camo
  • Dyed Hard Yellow Weapon Camo

In Closing
We hope you enjoy this update and new content, and we look forward to hearing your thoughts on it. As always, if you find any new bugs or glitches please report them via the Blacklight Service Desk HERE.

8 件のコメント 詳細を見る

レビュー

"This is not only a great example of a professional and credible free-to-play game, but it's also one of the best first-person shooters I've played. I am quite serious when I say that, too. This game is a serious FPS contender, and its freemium status should not diminish your expectations. I wholeheartedly recommend you jump in and give it a try. It'll cost only your time to give it a whirl, and I am certain that it'll be time well spent."
90 - Destructoid


"Great shooting mechanics and deep customization options make for an addictive combination, and its free-to-play model makes it easy to jump into with no upfront cost."
85 - IGN


"The matter is simple – the game is free to play and, if you take my word for it, an excellent shooter. In a perfect world, it would knock the CoD series on its ass."
90 - Computer Games

このゲームについて

Take firefights to a futuristic new level in Blacklight: Retribution, a free-to-play FPS. See through walls with the HRV, deploy mechanized Hardsuits, and customize your weapons to dominate the opposition.

In Blacklight, mastering the futuristic tech is half of victory. You'll need to carefully balance your loadout, from the extreme customization possible in designing your firearms, to the equipment you carry and the in-match bonuses you can unlock. The Hyper Reality Visor (HRV) allows you to look through walls and spot enemies, and attack from where they aren't expecting - but be careful, because you're vulnerable while using it.

The other half of victory? Raw skill, same as it's always been. Good hunting, Agent...

PUNKBUSTER INCLUDED
PunkBuster™ Anti-Cheat from Even Balance, Inc. is required to play Blacklight Retribution. This program will be installed alongside the game client.

Key Features

  • Hardsuits - Use a variety of upgrades in each match, including calling in the hulking Hardsuit mech. Powerful but slow, this armored suit packs a one-shot, one-kill railgun and a high velocity minigun to clear rooms... fast.
  • Hyper Reality Vision - HRV Technology allows Agents to scout their enemies through the walls, pinpoint vital mission objectives, or locate weak points in an enemy Hardsuit.
  • Weapon Depots - Scattered across the battlefield are Weapon Depots that supply your team with additional ammo, heavier weapons such as a Rocket Launcher, or provide the ability to call down airstrikes and Hardsuits.
  • Free to Play! - Blacklight: Retribution is a fully Free-to-Play shooter. Earn Game Points (GP) after every match and use them to unlock various armor and weaponry for your Agent in game.
  • Customize Your Loadout - An Agent’s gun is their livelihood. Choose from 1000 different gun combinations by modifying your receivers with customizable Stock, Muzzle, Barrel, Magazine, and Scope, Camo, and Weapon Tags.
  • Protect Yourself - Whether your play style is run and gun, or survivability, or long range sniping the choice is yours to make in fully customizing your armor loadout.
  • Level Progression - Gain experience and levels through combat to unlock access to additional weapons, armor, and equipment.
  • Tons of Game Modes and Maps - Combat is engaged on a number of different 7 different game modes across 9 beautifully detailed maps. Game modes includes classics such Team Death Match, Domination, Capture the Flag, and Kill Confirmed while introducing new favorites likes Netwar.
  • Private Servers - Want to scrim with your clan mates? Challenge someone 1vs1? The private server option allows Agents to set up their own password protected server away from the pesky trolls.
  • Spectator Mode - Learn tips and tricks from the top players in Spectator mode, or simply enjoy the chaos from the best seat in the house.

システム要件

    Minimum1:
    • OS:Windows® XP / Vista / Windows 7 (32-bit)
    • Processor:Dual-Core CPU
    • Memory:2 GB RAM
    • Graphics:256MB DX9 GPU (Geforce 8xxx or Radeon HD2xxx)
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:8 GB HD space
    • Sound:DirectX 9.0c compatible sound card
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
    Recommended:
    • OS:Windows 7 (64-bit)
    • Processor:Quad-Core CPU
    • Memory:4 GB RAM
    • Graphics:1GB+ DX11 GPU
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:8 GB HD space
    • Sound:DirectX 9.0c compatible sound card
    • Other Requirements:Broadband Internet connection
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムがアップデートされました! 詳細を見る
最近:
賛否両論 (183 件のレビュー)
総合:
ほぼ好評 (14,489 件のレビュー)
最近の投稿
esh
3.6 hrs
投稿日: 5月30日
正直、面白かったイメージしかない。
続編あるいは精神的続編が出るならフォローしたい。
確か2014年に初プレイ、その後数日でアンインストールしてしまっている。
辞めた理由は当時でも過疎ってたからだと思う。
同時期に遊んだF2P/B2Pのシューター系の中では頭一つ抜きん出ていた・・と思う。
本日この存在を思い出し、記録の意味もこめてレビュー。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
candela829
277.8 hrs
投稿日: 5月21日
,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ
      /   ´・  ・`  l    BLRは死んだんだ
    (l     し    l)    いくら呼んでもプレイヤーは帰っては来ないんだ
     l    __   l    もう終わって、君ももっと楽しいゲームと向き合う時なんだ
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ユーフー YUFU
413.5 hrs
投稿日: 3月12日
このゲームは非常に楽しいことに使用されます。銃は反動を持っていたように、それはスキルのまともな量を必要としました。しかし、今では、 CODのようなものです。重い鎧は無限のスタミナを持っており、反動がほぼ完全に除去されたビルドします。それはまだゲームをプレイ古い友人に会うための唯一の良いことです。私も、私は彼らが意味をなさないランダム拡散を、追加したので、に使用されるようなAMRを使用することはできません。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
kakio4649
82.7 hrs
投稿日: 2015年12月25日
アップデートで劣化したとの声が多いですが、それでも銃のカスタマイズにおいては昨今のFPSに引けを取らない奥深さがあります。
F2Pタイトルにおいてはトップクラスの拡張性があるので、無課金でも課金しても十分にやり込めるでしょう。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
imHealthy
53.4 hrs
投稿日: 2015年12月22日
オワコン
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
YS.
0.7 hrs
投稿日: 2015年11月15日
馬鹿。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
AKLO
11.9 hrs
投稿日: 2015年10月25日
PAY 2 WIN !! PAY 2 CUSTOMIZE !!!


※追記あり。前半部分は古い情報になりました。読み飛ばして頂いて結構です


まあなんですかね。たかが7時間くらいプレイしただけで低評価つけるなんてCoDボーイかよと自分でも思いますが心底呆れたので正直に書きます。

このゲームに対して、自分としてはかなり期待しており、今か今かとプレイ環境が整えられるまで楽しみにしてつい先日始めたわけですが、まあ落差がひどかった。
最初の数試合で負けるのなんかどこのFPSでもそうでしょう。マップも覚える必要があるしね。ただよーく見てみると自分以外のいいスコア稼いでるプレイヤーには軒並み財布のマークがついてるわけなんですね。これがPrimeといって今年の夏のパッチ以前からプレイしていた人たちには無料で半永久で使えるように配られている課金チケットです。ない人、つまりパッチ以降に始めてしまったかわいそうなプレイヤーはこれを5ドル突っ込んで買わなきゃいけない。


で、このPrimeの何が悪いのか?
どっかしらマネタイズしなきゃならないんだから、いいじゃん、と思うでしょ?
僕も最初はそう思っていました。

このゲームのウリは銃を購入したりカスタマイズすることなんですが、これがまた妙に高額なんですね。ゲーム内通貨(GP)が一試合でおよそ200ほど稼げるわけですが、アクセサリ一個を「一日貸し出ししてもらう」だけで120~200程度かかる。銃本体のワンデイだと200~300ですね。
で、さらに銃本体を永続でアンロックするためには7000ほどかかる。コンテンツとしての延命を考えても、やたらボッたくられるわけです
しかも貸し出し・永続問わず、強力な武器を使うためには規定レベルまで到達していなければならない。このレベル稼ぎがほんっっっとうに長い。そりゃそうだ。周りが2発キルできる高精度バトルライフル持ってる中で自分だけカービンだもん。遠距離で撃たれたら素直に死ぬしかないでしょ。


で、それでもへこたれず、7000稼ぐ!としますよ。
はい稼いだ!やったぞー!これで新しい銃が永久で


……買えないんですね。はい。
ここでさっきブツブツ文句たれたprimeが出てくる。そう、このゲーム、primeに加入してないと通貨を貯めても永久アンロックができないんですよ。
たまーにフラッシュセールで「永久アンロックできるよ~」と出てくるもののみ、ゲーム内通貨で取引できる。あのアホみたいな価格で。
わかります?「お前ら貧民に銃を買う権利をやろう」ですよ、銃をカスタマイズするゲームで「土台」の銃も、アクセサリーも手に入らんわけです

確かに初期装備のアサルトライフルだって悪くない性能です、近距離においては。でも他の銃に比べると威力がやたら低く精度も悪いんですね。だから上記のように遠めの位置から頭出しなんかされたらもう何も打つ手はないです。そのへんにいい銃が転がってるのを祈るしかないというのが実際のところです

照準器もみづらいアイアンサイト、バレルもストックもマズルもマガジンもそんな感じですから、泣く泣くワンデイ貸し出しを使う。アーマーも厚い物を買わないといけないなあ。はいおよそ1000GPの出費です。また一歩アンロックが遠のきますね。
この繰り返しです。まさかワープア問題をゲームでも味わうことになるとは思いもよらなかったよ。


まあなんですか、壁の透視などゲームとしての基幹部分は秀逸だとは思いますが、「働けど働けど」と石川啄木の気持ちを味わうことになるのでお勧めはできません。

・高額な武器価格
・一向に積めないキャリア経験、低い賃金(ゲーム内報酬)
・本来買えるであろうものを買う権利すら与えられるまで持ち得ない

この「ブラック」環境に適応できるなら楽しめると思いますよ。
新規プレイヤーの皆様のご活躍をお祈りしております



※2016/2/7 追記

・マネタイズまわり
昨年12月のパッチでPrimeが廃止され、装備品のレベル制限が解除されたので、一応はなんでも買えるようになりました
したがってギアも買いやすくなり、回復キットや弾薬を気軽に渡せるようになったので、チームプレイも多少しやすいです
GPの獲得量や武器の値段はいまだにキッツイですが、レンタルを使いつつとりあえずでプレイするぶんには問題ないレベルになってます

・リコイル問題
いまだに東京マルなんとかの旧世代電動ガンかよってくらい抑えられていて、やたらヘビーライフルが強いことには変わりないんですが、そのかわり全プレイヤーが安価に貸出で利用できるようになってるので
そういう意味では、まあまあ悪くないといったところでしょうか?


パッチによってとりあえずF2Pと呼んでいいくらいの塩梅にはなりました
…ただ堂々と万人にオススメできるか、っつーと微妙なトコでして
1day貸し出しを中心に、その日暮らしが出来るようになったかなぁと言ったところ
まあ以前のブラック労働環境が酷すぎたんで、あくまで前よりマシになったな…みたいな…

もし貴方が、まったく課金せずにプレイしようと思っているなら
割りきってレンタルだけ使って軽く楽しむか、どっしり腰を据えてアンロックを狙うかのどっちかに絞ったほうがいいです



 Q.で、このゲーム結局どうなのよ?

 A.ウーン……そこそこ まあライブラリが寂しいなら入れといてもいいんじゃない?
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ENDBOX
80.0 hrs
投稿日: 2015年10月3日
1万以上課金しましたが最後は理不尽なBANで終わりました心から倒産してほしいです
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
ranru000
302.5 hrs
投稿日: 2015年9月5日
新参は数戦ほどでアンインストール、古参は急激な変化に耐えられるわけもなく。

※このレビューが初の投稿なので、至らぬ点があるかと思いますが、ご了承を。

結論から言ってしまうと現状況ではゲーム運営的にとてもまずいです。
認知度の影響でレビュー数が少ないため、現状ユーザーレビュー上では(これを指標にするのもどうかと思いますが)
「非常に好評」となっていますが、もう少しレビューが多かった場合、間違いなく「賛否両論」以下になっているかと。


今回のアップデートで追加された要素は多くありますが、問題点を上げると以下のとおり。

  1. Blacklight Primeの追加。
    まずは最初にこれから。
    これについてあげられる問題点はあまりにも唐突過ぎた、ということでしょうか。

    レビューにて散々言われているので説明する必要はないでしょうが、
    いわゆるプレミアムアカウントの購入権、5$で買えます。
    ちなみに、アップデート前からのプレイヤー全員にこのPrimeが無償で配布されています。
    これを購入することにより、大体のゲーム内アイテムの無期限版をゲーム内通貨で買えるようになります。

    ちなみにですが、定期購入の必要はありません。一回買えば、再購入の必要はなしです。

    一応、オンラインゲームは「商売」なので、こういったものの存在を否定しませんが、
    最初に言ったように、あまりにも実装が唐突すぎたので、あまりよい印象で受け入れられていません。
    プレイヤーがいままでの課金要素皆無な状況に慣れすぎたというものありますが……
    それ以上の問題として期限品を維持するのに時間が必要というのが原因だと思います。

    一戦(10分)で得られるゲーム内通貨(GP)はせいぜい140GP程度。一時間やったとしても700GP。
    そして装備品一式を揃えるのに約2500GPが必要となります。

    まあ他ゲーと違い、初期武器がとても優秀なので、無パーツでも割となんとかなります。
    なので、武器代を除けば1000GP以内に収めることは可能ですが……一日ごとに購入が必要なので面倒すぎますね。
    一試合の獲得GPを上げれば、割とこのPrime問題については解決するのでは? と思います。


  2. リコイルの大幅な軽減。(無反動化とも)
    アップデート後一番の変化がこれでしょうか。もう本当にいくら撃とうと全くぶれません
    その後、リコイルを修正するパッチが入ったものの一部を除き効果は全く感じられず。何がしたかったのか。
    これのせいで「カスタムによる楽しさ」が完璧に消えました。
    以前は威力を上げればリコイルが上がり、制御しにくくなるため、いい感じになるよう試していたわけですが……
    今はもう何も考えず威力を上げれば良くなっています。
    今の主流は高威力(で高反動であるはず)のヘビーアサルトライフルです。

    しかもこのHAR、購入可能LvがLv68と非常に高い。数ヶ月以上やり続けるか、課金でもしなければ絶対に購入できません。
    そしてこの異常なまでの購入制限はアーマー系や銃パーツ以外の全てに課せられています。


  3. ラグ。
    とりあえず壁に隠れた後にやられるのが普通というくらい酷い。これ以上の説明はないくらいです。
    日本から接続しているとはいえ、さすがに……。


  4. 初心者部屋、及びチュートリアルの完全廃止。
    まずチュートリアルの廃止、これが一番の問題であり、初心者がすぐにこのゲームをやめてしまう原因となっています。
    このゲームには壁の向こうの様子がわかる(俗にいうウォールハック)HRVというものがありますが、特定のキー(初期設定Vキー)を押さなければ起動できません。
    これを全く知らずに、しかも経験者だらけの戦場へ放り出されるのですからたまったものではありません。
    そしておそらくは回復アイテムなどを買える自販機「デポ」の存在も、このゲームの顔とも呼べるハードスーツも知らずに終わるでしょう。
    ひどい場合はタクティカルギア(医療キットやシールドなど)の取り出し方すら……。

    ともかく、早急にチュートリアル、初心者部屋の再実装を願います。


  5. 劣悪なチームバランス。
    K/Dにより、チームを割り振るチームバランスというものがありますが、実装されてないのではと思うほど全く機能していません。
    そしてあろうことかチームシャッフル機能もどうみても無い。
    そのため、一方的な試合が続き、30点差は普通、酷い時には80点差という試合も。

実装されたものにいくつか良いもの(HSの機動性向上など)があったことは事実ですが、いまのところ上記の要因により、全てが無になっています。

せめて、チュートリアルとリコイル、そして購入制限……この3つは本当にどうにかしていただきたい。
このBlacklight:Retributionが、素晴らしいゲームになることを望みます。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
MolkisE
61.7 hrs
投稿日: 2015年9月1日
反動調整やスタミナ無限など、度々アップデートでゲーム性が大きく変わる点などに戸惑いを覚えましたが、友人と楽しく遊べる程度のゲームではあるように思えます。

が、本日突然アカウントがBANされてしましました。心当たりはありません。
高額の課金をしていたわけではありませんが、非常に残念です。

BL:Rのサービス終了とPWEの倒産を心より願っております。
参考になりましたか? はい いいえ 面白い
最も参考になったレビュー  全て
31 人中 27 人 (87%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 330.4 時間
投稿日: 2015年8月29日
THANK YOU BLR and GOOD-BYE BLR WORLD!

反動パッチに期待したのですが結局残念なままだったのでレビュー
結論から言うと、先のアップデートで何もかも劣化しました。
このゲーム(BLR)が優れていた要素を改悪し、BLRをただのCoDモドキにしてしまいました。
特にヒドイのが今まで各種パーツが共通だったのを専用品に切り替えたことです。
一つパーツを買えばそれをアサルトライフルやスナイパーライフルなど様々な銃に付けることが出来、無駄にならなかったのが
今後はアサルトライフルで一つスナイパーライフルで一つと結構高価なのに個別購入を強要するシステムに。
しかも永久品を買うにはPrimeチケットなる課金が必要になり、強欲さが増しています。

反動について
パッチでわずかながらマシになったとはいえ反動が以前とは比べ物にならないほど無くなりました。
ゲームパッドでプレイさせるつもりなのかと疑いたくなるほど緩いです。
他レビュでレーザーとかNo-recoilなんて表現がありましたがまさにそんな感じです。
元々このゲームの反動は強めに設定されており、それをカスタマイズで調節していい塩梅を探る所に楽しさがあったのです。
反動を弱めると威力が下がる。でも威力を上げると今度は精度が...と考えながら理想のビルドを目指す要素が破壊されました。
前述した個別購入との合わせ技でより凶悪さが増しています。

総評

無課金にも優しいシステムは消えさり、課金を煽るPay 2 Winゲームになりました。
スタミナ要素廃止で無限ダッシュ、デザインも操作性も最悪の新UIなどもう見るに堪えません。残念です。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
19 人中 19 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 244.8 時間
投稿日: 2014年9月14日
F2PのFPSの中で…いや、下手なパッケージ版のFPSよりも完成度の高いFPSだと思う。過剰評価かも知れないが、それほどやってて楽しいFPSだった。課金要素はあるものも、武器スロットと武器の色変更、ヒーロー(一部を除く)以外は課金せずとも使える上、初期武器のARが他の武器よりも優秀な為、基本は無課金でも十分遊べる。また、この手のFPSにしては珍しく、籠り不利の傾向があるためスピーディーなゲーム展開になるのもGood。

欠点を上げるとすれば、多少スペックが必要な点と、日本からの会員登録が面倒な点(Proxyを刺す必要性がある)。あとは、他のFPSには無い機能が多いため、その点で慣れが必要な点。

とりあえずARに狙いやすいサイトを購入して、次にタクティカルギアの回復ギアを購入すれば、大体の場面でやっていける。サイトに関しては、Lvアップボーナスで期間限定品が支給される為、それで気に入ったサイトを使うといいだろう。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
12 人中 11 人 (92%) がこのレビューが参考になったと投票しました
7 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 277.8 時間
投稿日: 5月21日
,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ
      /   ´・  ・`  l    BLRは死んだんだ
    (l     し    l)    いくら呼んでもプレイヤーは帰っては来ないんだ
     l    __   l    もう終わって、君ももっと楽しいゲームと向き合う時なんだ
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 10 人 (91%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 11.9 時間
投稿日: 2015年10月25日
PAY 2 WIN !! PAY 2 CUSTOMIZE !!!


※追記あり。前半部分は古い情報になりました。読み飛ばして頂いて結構です


まあなんですかね。たかが7時間くらいプレイしただけで低評価つけるなんてCoDボーイかよと自分でも思いますが心底呆れたので正直に書きます。

このゲームに対して、自分としてはかなり期待しており、今か今かとプレイ環境が整えられるまで楽しみにしてつい先日始めたわけですが、まあ落差がひどかった。
最初の数試合で負けるのなんかどこのFPSでもそうでしょう。マップも覚える必要があるしね。ただよーく見てみると自分以外のいいスコア稼いでるプレイヤーには軒並み財布のマークがついてるわけなんですね。これがPrimeといって今年の夏のパッチ以前からプレイしていた人たちには無料で半永久で使えるように配られている課金チケットです。ない人、つまりパッチ以降に始めてしまったかわいそうなプレイヤーはこれを5ドル突っ込んで買わなきゃいけない。


で、このPrimeの何が悪いのか?
どっかしらマネタイズしなきゃならないんだから、いいじゃん、と思うでしょ?
僕も最初はそう思っていました。

このゲームのウリは銃を購入したりカスタマイズすることなんですが、これがまた妙に高額なんですね。ゲーム内通貨(GP)が一試合でおよそ200ほど稼げるわけですが、アクセサリ一個を「一日貸し出ししてもらう」だけで120~200程度かかる。銃本体のワンデイだと200~300ですね。
で、さらに銃本体を永続でアンロックするためには7000ほどかかる。コンテンツとしての延命を考えても、やたらボッたくられるわけです
しかも貸し出し・永続問わず、強力な武器を使うためには規定レベルまで到達していなければならない。このレベル稼ぎがほんっっっとうに長い。そりゃそうだ。周りが2発キルできる高精度バトルライフル持ってる中で自分だけカービンだもん。遠距離で撃たれたら素直に死ぬしかないでしょ。


で、それでもへこたれず、7000稼ぐ!としますよ。
はい稼いだ!やったぞー!これで新しい銃が永久で


……買えないんですね。はい。
ここでさっきブツブツ文句たれたprimeが出てくる。そう、このゲーム、primeに加入してないと通貨を貯めても永久アンロックができないんですよ。
たまーにフラッシュセールで「永久アンロックできるよ~」と出てくるもののみ、ゲーム内通貨で取引できる。あのアホみたいな価格で。
わかります?「お前ら貧民に銃を買う権利をやろう」ですよ、銃をカスタマイズするゲームで「土台」の銃も、アクセサリーも手に入らんわけです

確かに初期装備のアサルトライフルだって悪くない性能です、近距離においては。でも他の銃に比べると威力がやたら低く精度も悪いんですね。だから上記のように遠めの位置から頭出しなんかされたらもう何も打つ手はないです。そのへんにいい銃が転がってるのを祈るしかないというのが実際のところです

照準器もみづらいアイアンサイト、バレルもストックもマズルもマガジンもそんな感じですから、泣く泣くワンデイ貸し出しを使う。アーマーも厚い物を買わないといけないなあ。はいおよそ1000GPの出費です。また一歩アンロックが遠のきますね。
この繰り返しです。まさかワープア問題をゲームでも味わうことになるとは思いもよらなかったよ。


まあなんですか、壁の透視などゲームとしての基幹部分は秀逸だとは思いますが、「働けど働けど」と石川啄木の気持ちを味わうことになるのでお勧めはできません。

・高額な武器価格
・一向に積めないキャリア経験、低い賃金(ゲーム内報酬)
・本来買えるであろうものを買う権利すら与えられるまで持ち得ない

この「ブラック」環境に適応できるなら楽しめると思いますよ。
新規プレイヤーの皆様のご活躍をお祈りしております



※2016/2/7 追記

・マネタイズまわり
昨年12月のパッチでPrimeが廃止され、装備品のレベル制限が解除されたので、一応はなんでも買えるようになりました
したがってギアも買いやすくなり、回復キットや弾薬を気軽に渡せるようになったので、チームプレイも多少しやすいです
GPの獲得量や武器の値段はいまだにキッツイですが、レンタルを使いつつとりあえずでプレイするぶんには問題ないレベルになってます

・リコイル問題
いまだに東京マルなんとかの旧世代電動ガンかよってくらい抑えられていて、やたらヘビーライフルが強いことには変わりないんですが、そのかわり全プレイヤーが安価に貸出で利用できるようになってるので
そういう意味では、まあまあ悪くないといったところでしょうか?


パッチによってとりあえずF2Pと呼んでいいくらいの塩梅にはなりました
…ただ堂々と万人にオススメできるか、っつーと微妙なトコでして
1day貸し出しを中心に、その日暮らしが出来るようになったかなぁと言ったところ
まあ以前のブラック労働環境が酷すぎたんで、あくまで前よりマシになったな…みたいな…

もし貴方が、まったく課金せずにプレイしようと思っているなら
割りきってレンタルだけ使って軽く楽しむか、どっしり腰を据えてアンロックを狙うかのどっちかに絞ったほうがいいです



 Q.で、このゲーム結局どうなのよ?

 A.ウーン……そこそこ まあライブラリが寂しいなら入れといてもいいんじゃない?
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
39 人中 25 人 (64%) がこのレビューが参考になったと投票しました
14 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 61.7 時間
投稿日: 2015年9月1日
反動調整やスタミナ無限など、度々アップデートでゲーム性が大きく変わる点などに戸惑いを覚えましたが、友人と楽しく遊べる程度のゲームではあるように思えます。

が、本日突然アカウントがBANされてしましました。心当たりはありません。
高額の課金をしていたわけではありませんが、非常に残念です。

BL:Rのサービス終了とPWEの倒産を心より願っております。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
4 人中 4 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめしません
記録時間: 302.5 時間
投稿日: 2015年9月5日
新参は数戦ほどでアンインストール、古参は急激な変化に耐えられるわけもなく。

※このレビューが初の投稿なので、至らぬ点があるかと思いますが、ご了承を。

結論から言ってしまうと現状況ではゲーム運営的にとてもまずいです。
認知度の影響でレビュー数が少ないため、現状ユーザーレビュー上では(これを指標にするのもどうかと思いますが)
「非常に好評」となっていますが、もう少しレビューが多かった場合、間違いなく「賛否両論」以下になっているかと。


今回のアップデートで追加された要素は多くありますが、問題点を上げると以下のとおり。

  1. Blacklight Primeの追加。
    まずは最初にこれから。
    これについてあげられる問題点はあまりにも唐突過ぎた、ということでしょうか。

    レビューにて散々言われているので説明する必要はないでしょうが、
    いわゆるプレミアムアカウントの購入権、5$で買えます。
    ちなみに、アップデート前からのプレイヤー全員にこのPrimeが無償で配布されています。
    これを購入することにより、大体のゲーム内アイテムの無期限版をゲーム内通貨で買えるようになります。

    ちなみにですが、定期購入の必要はありません。一回買えば、再購入の必要はなしです。

    一応、オンラインゲームは「商売」なので、こういったものの存在を否定しませんが、
    最初に言ったように、あまりにも実装が唐突すぎたので、あまりよい印象で受け入れられていません。
    プレイヤーがいままでの課金要素皆無な状況に慣れすぎたというものありますが……
    それ以上の問題として期限品を維持するのに時間が必要というのが原因だと思います。

    一戦(10分)で得られるゲーム内通貨(GP)はせいぜい140GP程度。一時間やったとしても700GP。
    そして装備品一式を揃えるのに約2500GPが必要となります。

    まあ他ゲーと違い、初期武器がとても優秀なので、無パーツでも割となんとかなります。
    なので、武器代を除けば1000GP以内に収めることは可能ですが……一日ごとに購入が必要なので面倒すぎますね。
    一試合の獲得GPを上げれば、割とこのPrime問題については解決するのでは? と思います。


  2. リコイルの大幅な軽減。(無反動化とも)
    アップデート後一番の変化がこれでしょうか。もう本当にいくら撃とうと全くぶれません
    その後、リコイルを修正するパッチが入ったものの一部を除き効果は全く感じられず。何がしたかったのか。
    これのせいで「カスタムによる楽しさ」が完璧に消えました。
    以前は威力を上げればリコイルが上がり、制御しにくくなるため、いい感じになるよう試していたわけですが……
    今はもう何も考えず威力を上げれば良くなっています。
    今の主流は高威力(で高反動であるはず)のヘビーアサルトライフルです。

    しかもこのHAR、購入可能LvがLv68と非常に高い。数ヶ月以上やり続けるか、課金でもしなければ絶対に購入できません。
    そしてこの異常なまでの購入制限はアーマー系や銃パーツ以外の全てに課せられています。


  3. ラグ。
    とりあえず壁に隠れた後にやられるのが普通というくらい酷い。これ以上の説明はないくらいです。
    日本から接続しているとはいえ、さすがに……。


  4. 初心者部屋、及びチュートリアルの完全廃止。
    まずチュートリアルの廃止、これが一番の問題であり、初心者がすぐにこのゲームをやめてしまう原因となっています。
    このゲームには壁の向こうの様子がわかる(俗にいうウォールハック)HRVというものがありますが、特定のキー(初期設定Vキー)を押さなければ起動できません。
    これを全く知らずに、しかも経験者だらけの戦場へ放り出されるのですからたまったものではありません。
    そしておそらくは回復アイテムなどを買える自販機「デポ」の存在も、このゲームの顔とも呼べるハードスーツも知らずに終わるでしょう。
    ひどい場合はタクティカルギア(医療キットやシールドなど)の取り出し方すら……。

    ともかく、早急にチュートリアル、初心者部屋の再実装を願います。


  5. 劣悪なチームバランス。
    K/Dにより、チームを割り振るチームバランスというものがありますが、実装されてないのではと思うほど全く機能していません。
    そしてあろうことかチームシャッフル機能もどうみても無い。
    そのため、一方的な試合が続き、30点差は普通、酷い時には80点差という試合も。

実装されたものにいくつか良いもの(HSの機動性向上など)があったことは事実ですが、いまのところ上記の要因により、全てが無になっています。

せめて、チュートリアルとリコイル、そして購入制限……この3つは本当にどうにかしていただきたい。
このBlacklight:Retributionが、素晴らしいゲームになることを望みます。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
10 人中 7 人 (70%) がこのレビューが参考になったと投票しました
5 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 1,507.8 時間
投稿日: 2015年1月18日
めっちゃハマってしまった・・・(適当
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 300.0 時間
投稿日: 2013年10月15日
現代ミリタリーものというよりも近未来SFあるいはサイバーパンクとでも言うべき世界観がまず気
に入った。
壁の向こうを透視しながら戦うのが斬新。マップにもよるがリスポーン直後の訳の分からない状態で、わけのわからないままやられる、ということは少ない印象。
一定時間の間敵も味方もトラップも透視できる「HRV」を活用すれば、味方と合流するかそのまま敵と戦うか判断しやすい。
スコアリングシステムも独特で、キルを取ったり敵にダメージを与えるだけでなく、「味方に有利になるよう働きかける様々な行動」がスコアになるため、撃ちあいに強いプレイヤーでなくとも勝利に貢献するチャンスが有る。試合中にたまったスコアで重火器を使うもよし、巨大ロボットを呼び出すもよし。
Blacklightシリーズならではのカスタマイズ要素も健在。銃のアタッチメントや服装、迷彩などを変更可能。課金せずともゲーム内のアイテムはほとんどゲーム内通貨で入手可能。課金プレイヤーが極端に強くなるということもなく、初期装備も癖がなく扱いやすい。(課金してできることといえばレベル制限装備の早期アンロック、ドレスアップアイテムの入手、部屋立て時の拡張オプションの利用などが殆ど)

Build your own soldier, SCAN and DESTROY :)
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 1.2 時間
投稿日: 2012年7月4日
これはお勧めできません
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
1 人中 1 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 139.1 時間
投稿日: 2014年9月14日
無料FPSなのにすごく面白い。FPSでは敵の位置が重要になってくるけど、HRVという敵の位置を壁越しに視認できるシステムがあり、ゲームにスピードを与える仕様になっている。これが予想を超えて面白い。もっと人増えてほしい。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い