このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

The Witcher: Enhanced Edition Director's Cut を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

The Witcher Trilogy Pack を購入する

3 アイテムを同梱: The Witcher 2: Assassins of Kings Enhanced Edition, The Witcher: Enhanced Edition Director's Cut, The Witcher® 3: Wild Hunt

 

キュレーターによりおすすめされています

"Action CRPG based on the awesome book series of the same name by Polish author Andrzej Sapkowski - play this one!"
ここでレビューの全文を読む

このゲームについて

以前は北米のゲーマーたちには体験できなかったアダルトなコンテンツも解禁。The Witcher: Enhanced Edition Director's Cutでデベロッパーが意図した通りのPC RPG of the Year(PC Gamer, GameSpy, IGNにて受賞) を体験せよ。

THE WITCHER: ENHANCED EDITIONについて

The RPG of the Yearに輝いたあのゲームが、パワフルな追加コンテンツと共にプレミアムエディションとなって帰ってきた!プレイヤーは伝説的なモンスタースレイヤー、WitcherのGeraltとなり、世界の覇権を巡って争いを繰り広げる者たちと戦う内に陰謀の渦へと巻き込まれていく。困難な決断を下しその結果を受け入れる、他に類を見ない非凡なる物語がプレイヤーを虜にするだろう。
RPGにおけるストーリーテリングの頂点の象徴、The Witcherがモラル的曖昧さの支配する世界における善悪の境界を突き崩す。The Witcherは活気あふれる世界にストーリーやキャラクター造形を際立たせるのみならず、戦術的深みのある画期的なリアルタイムコンバットまでも内包している。
オリジナルに90以上の賞を獲得させた傑作ゲームの内容はそのままに、そこに多数のゲーム的、技術的な発展を加えて完成させたのがThe Witcher: Enhanced Editionである。
  • 秀逸なダイアログとカットシーン -ゲーム体験をより整合性のとれたものするため、デベロッパーは英語バージョンでは5000行以上、ドイツ語バージョンの場合は全ての台詞部分の書き直しとボイスの再収録を行った。これに加え、会話やカットシーンでのキャラクターたちの動きを現実的にするため200以上のジェスチャーアニメーションを追加した。
  • 改良されたインベントリ - 新しいインベントリシステムではあらゆる錬金術の材料は別の袋に分けて入れられるようになり、またシンプルな分類と重ね置きの機能も追加され、アイテムの使用と整理がより簡単になった。インベントリのやりくりに使う時間を減らし、よりゲームを遊ぶことに時間を使えるように。
  • 技術の向上 - ゲームの技術的な面へと施された強化はリストとして記載するには多すぎるほどあるが、特に目立つものとしてはロード時間の大幅な短縮、大幅な安定化、戦闘のレスポンスの向上、インベントリ画面のロードの高速化、オートセーブのオンオフ設定の追加などがあげられる。
  • キャラクターバリエーションシステム - NPCとモンスターの外見により多くのバリエーションを持たせるため、多数のインゲームモデルの外見と色をランダム化する新しいキャラクターバリエーションシステムを導入した。
  • パッケージ - The Witcher: Enhanced Editionは先年のRPG of the Yearの単なる改善版に留まらない。普通ならある種のコレクターズエディションを思い浮かべるだろうプレミアムパッケージ……それが何と通常版の価格というまさにお値打ち価格で。ダウンロードにより入手可能なものは以下の通り:多言語対応のゲームディスク、D'jinni Adventure Editor、ゲームプレイを5時間以上拡張する二つの新アドベンチャー、オフィシャルサウンドトラック、The Witcherをインスパイアしたミュージックアルバム、メーキングビデオ、オフィシャルゲームガイド、The Witcherの世界の地図。

重要な特徴:
  • Geralt of Rivia:ユニークな主人公
    • 他に類を見ないカリスマ的キャラクター、Geraltはミュータントの剣豪にして職業的なモンスタースレイヤーである。
    • アトリビュートや戦闘スキル、魔術的な能力に関わる250以上のスペシャルアビリティーの中から選択し、戦術的な必要性やプレイスタイルに最も合ったキャラクターを作っていく。
  • 文学作品から描き出されるオリジナルのファンタジーワールド
    • 名高きポーランド人作家アンドレイ・サプコウスキの作品から着想を得た世界観。
    • 典型的ファンタジーよりも夢物語らしさは少なめに、人種差別や政治的陰謀、大量虐殺といった歴史的な社会問題を用いたアダルトなテーマを特徴とする。
    • 黒か白か、正しいか間違っているかでは何も決めらない厳しい世界は、しばしばプレイヤーに二つの悪からより悪ではない方を選ぶよう強いてくる。
  • 一本道ではない魅力的なストーリーライン
    • 紆余曲折に満ちた善悪のあいまいな選択肢がストーリーラインに大きな影響を与える。
    • 全てのクエストには複数の達成方法があり、冒険を通じたプレイヤーの行動と選択によりゲームは三つの違ったエンディングを迎える。
  • 美麗なタクティカルアクション
    • 複雑だが直感的、本物の中世の剣術に基づいたリアルタイムコンバットで剣を振るえ。
    • フランクフルトに名高いMetric Minds studioで中世剣術の専門家のモーションキャプチャーを収録。
    • フランクフルトに名高いMetric Minds studioで中世剣術の専門家のモーションキャプチャーを収録。
    • 六種類の戦闘スタイル、数十種類のポーション、複雑なalchemyシステム、改造可能な武器、強力な魔法が流動的なリアルタイムのゲーム体験に戦術的な深みを与える。

システム要件

Windows
Mac OS X
    Minimum:
    • Supported OS: Microsoft® Windows® /XP/Vista
    • DirectX Version: DirectX 9.0c (included) or higher
    • Processor: Intel Pentium 4 2.4 GHz or Athlon 64 +2800 (Intel Pentium 4 3.0 GHz or AMD Athlon 64 +3000 recommended). Athlon XP series, such as the Athlon XP +2400, is not supported
    • Graphics: NVIDIA GeForce 6600 or ATI Radeon 9800 or better (NVIDIA GeForce 7800 GTX or ATI Radeon X1950 XT or better recommended)
    • Memory: 1 GB RAM (2 GB RAM recommended)
    • Sound: DirectX version 9.0c-compatible sound card
    • Hard Drive: 15 GB Free
    Minimum:
    • OS: OS X 10.8, 10.9, 10.10
    • Processor: Intel Core i5
    • Memory: 4 GB of RAM
    • Graphics: nVidia GeForce GT 650m (1440x900), AMD Radeon HD 6750M (1440x900) or Intel HD 5000 (1366x768)
    • Hard Drive: 14.25 GB free space

      Display compatibility notice: 1440x900 resolution is the recommended resolution for best performance. It is not recommended to use native Retina resolutions.
    Recommended:
    • OS: OS X 10.8, 10.9, 10.10
    • Processor: Intel Core i5 or Core i7
    • Memory: 4GB RAM
    • Graphics: nVidia GeForce GT 650m (1440x900), AMD Radeon HD 6970M (1920x1080) or Intel Iris Pro 5200 (1440x900)
    • Hard Drive: 14.25 GB free space

      Display compatibility notice: 1440x900 resolution is the recommended resolution for best performance. It is not recommended to use native Retina resolutions.
参考になったカスタマーレビュー
727 人中 708 人 (97%) がこのレビューが参考になったと投票しました
2 人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 50.2 時間
投稿日: 4月30日
I got this game on a sale for 1.49 EUR and it was the best deal ever, it turned out to be amazing. It's not for everyone however, as it's quite long, you need to pay attention to the story and get used to the clunky combat - you'll either love it or give up in the first few hours.

I started the game to see what it's like, struggled with the fighting, played half an hour until it suddenly crashed and I realised I didn't save the game. I didn't really like what I saw first, but I decided to give it another chance. Fortunately, the dialogues are skippable, so I could continue almost immediately and this time I read the tutorial more attentively and managed to find out how to properly kill enemies. As the story progressed, I got more and more into it and started to enjoy the game very much.


Graphics

Even though the game came out in 2007, it's beautiful. The environments are detailed, colourful and interesting, most places are not just visually but aesthetically pleasing. Heck, even some dark crypts and caves look exquisite here and there due to the nice colours and great lighting.


Gameplay

When you start the game, you have to choose a style you want to play it in, and you still have the opportunity to change this anytime. You can have an isometric camera or OTS, so you can play point and click style, and also in third person if you want to (I chose the latter). Being inexperienced with RPGs, I played on easy. My character became pretty strong eventually (maybe too strong for this difficulty), yet there still were a few challenging parts to balance that out.

As you play, you gain XP and level up. While meditating, you can access the skill tree, which looked a bit complicated at first, but it makes perfect sense. Alchemy is pretty useful, especially for bigger fights, I haven't used any bombs though.

The gameplay is not particularly interesting on its own, the story is what makes it special. Sometimes there's a lot of running back and forth, collecting things, which gets boring after a while. I was very grateful for the few fast travel options we got.

On the other hand, there are lots of side quests to keep you busy. Some of them are of the general collect-this-and-I-reward-you tpye, and there are more important ones as well. Some side quests enrich the story a lot and have an overall impact on how you experience it, so it's definitely worth completing those.


Combat

It's doubtless that this is the low point of the game. The first time I saw Geralt grabbing a sword and swinging it around above his head like an idiot, I laughed out loud, I thought it was a bug. (Later though as I applied more talents on the swords, he became a much better fighter.) To evade attacks you need to dodge by pressing one of the direction buttons twice or more times, depending on how responsive it wants to be in the current situation, I had some trouble sometimes when Geralt got cornered. To attack, you need to click on the enemy and do not click again immediately, doing so will cancel the attack. Only click again when the cursor changes, allowing you to do combos if you click in time. It definitely takes some getting used to.

Collect as much information as you can on the enemies you have to face, it's important to read the Journal, especially the pages on Monsters to learn what they're immune to, where they can be found, which fighting styles are efficient against them. It helps you a great deal. The Signs are very useful and fun, too.

The controls during combat are pretty awkward sometimes, even if I had the right fighting style selected, I couldn't attack or hurt the enemies. I had to switch to another style and then back for it to decide to work again.


Story

After the low point, here comes the best part. The story in this game is incredible. It's very detailed, very deep and exciting. The dialogues are filled with humour and deep philosophical thoughts here and there.

The world is consistent, the characters are likeable and unique, after a while you find yourself caring about many of them. They all respond to your actions and choices. There's quite a number of decisions you have to make that (sometimes pretty heavily) affect the story and your relationship to certain characters. I loved the amount of freedom I had in the game, I was never forced to get in an intimate relationship with any character or play dice, etc. - it's entirely up to the player.

The way women were portrayed though - boobs, boobs and more boobs. I've seen more boobs in this game than my own. :P Jokes aside, I simply had to play very carefully when others were in the same room with me, because almost every woman you can interact with is um... underdressed. Good for Geralt I guess. ;)

As you play more and more, the story just drags you in - even if you don't like the combat or the gameplay, it's definitely worth to play this through just for the story alone.


Animation and voices

This is something I wasn't entirely pleased with. Yes, it's not a game from today, but the characters often looked very stiff, which is not a good thing when there's a lot of dialogue. Another thing which detracts from the experience is the mediocre voice acting. First I found it very awkward, but got used to it eventually and after a certain point it simply didn't bother me anymore.
(I kept finding the same character models throughout the game though, now that did annoy me a bit.)


Music and atmosphere

The music was pretty great, fast paced and dark when needed, beautiful and calming while exploring beautiful areas. It really spiced some great moments up. Same with the atmosphere, the time of day really sets the mood of some locations, as well as the occasional rain and storms.
I also loved the art style, there's some gorgeous artwork during storytelling parts.


Summary:

+ nice visuals
+ amazing story with brilliant dialogues
+ great music and atmosphere

- combat might be hard to get used to
- bad animations


It took me 46 hours to finish the adventure and it's become one of my all-time favourite games. If you can get used to the combat and want to take a break from no-brainers, I highly recommend The Witcher, it's going to be an amazing and unforgettable experience.
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
24 人中 19 人 (79%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 58.6 時間
投稿日: 3月21日
Witcherシリーズの一作目。
日本語字幕のMODもあるので敷居はかなり低めです。
やった当時は開発は終わった最終版があるだけでもう管理はされていないようです。
なんか開発完了ですみたいな感じでしたが簡単な誤字とかも含まれていたので
かなり途中段階で中断した感がありました。
一応修正なども行えるようにはなっているのですが
わざわざやろうという気力まではおきなかったです。
ただ、今見ると別の方が更新されているバージョンもあるようですね。
先程拝見しましたが結構よさそうな感じです。
なお、追加シナリオも含むバージョンで購入したけどそっちはほぼ未プレイと思います。
その辺りの差異はよくわかってないです。

ただし、今更がっつりやるのはなかなか大変かと思います。
一度ペースに乗ればかなり楽しめると思いますよ。
私は一章終わりまでは結構面倒だった記憶あります。
なお、そこをクリアすれば大体この世界観もある程度は理解できて
楽しめるようになるかと思います。
話の流れは正直唐突なので字幕ありでもかなり”なんだいきなり..”みたいになった記憶。
正直攻略みてプレイしてサブシナリオを収集しながらプレイした方がいろいろ楽しめると思います。

一応ヒロイン選択や敵対している勢力もあるので
陣営選択などでいろいろ変化する要素があるようです。
でもいうほどメインシナリオ自体には変化はなさそうに見えます。
アダルトなコンテンツなどとストア表記にありますが
正直そんなにたいしたことない感じが..

シナリオは最後までにいろいろありますがうまくまとめていると感じました。
ただ、ストアの「このゲームについて」の項目をみてすごそうと思った内容はいうほど感じられないかな..
あとスクリーンショットと実際のゲーム画面とではかなりの差を感じてしまいます(w

なお、実績がないゲームなので一通りのプレイしかしてないです。
私的には頑張ってかなりのサブクエストは攻略しました。
(但し攻略みてどんなサブクエストがあるかは確認しながら..)
章毎の段階で制限のある部分もあるので注意が必要です。私はそれでいくつかサブクエストをとり逃しましたが..
それでも結構楽しんでプレイできました。
日本語MODのおかげですね。
ただ、しょうがないことなのですが無理矢理はめ込む作業となってしまうので
視認性は若干悪かった記憶。まあそれでもプレイヤーを引き込む魅力はあると思います。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
22 人中 16 人 (73%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 89.7 時間
投稿日: 3月20日
 ウィッチャー2を最初にApp Storeで買ってMACでプレイしたのがきっかけで1も購入!(98円だし~) アップストアの2は公式日本語が入っていたけど、キャラクターや地名などちんぷんかんぷんで、初めのウィッチャー1からやらないと奥深いストーリーがわからないんだろうと思った。

 いざプレイしてみると意外と面白くて、古い感じはするけどよくできた内容だった。2章のおつかい系のクエや登場人物を把握するのがちょっと苦痛だったけど、3章辺りからストーリーがサクサク進んでぐっと面白くなってくる。それに加えてキャラもスキルを覚えてくるから戦闘も結構楽しくなってきた。とくに魔法の使い分けなど、、。

 なんだかんだでのめり込んでしまって結構楽しんだ。(値段以上に)

 5月に3WildHuntが発売するのでストーリーを噛みしめる意味で初作の1,そして2をぜひ楽しんでみてください。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
9 人中 8 人 (89%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 110.9 時間
投稿日: 4月15日
有志による日本語化MODありです(公式が認定しています)
有志の方にはこの場を借りて御礼申し上げます

システムとしては前世代的なクリックゲーです
仕組み的に分かりづらい点がとても多いです
アイテム売買で相手が興味のある物しか買い取ってくれなかったり、
受けたクエストを報告しようとしたら、依頼者が元の場所に居らず、
全く別の場所で発見するとか日常茶飯事です
※一応大多数のNPCはストーリーの絡みで移動しています

しかし、自分の選択がNPCの生死や世界に与える影響、
そのリアクションに喜びを覚える人には是非ともプレイして頂きたい作品です
ポーランドの作家、アンドレイ・サプコフスキ氏の小説をベースにした世界は
骨太でダークファンタジーとして魅力にあふれていると思います
近々The Witcer 3 もリリースされますし、
1→2→3とデータ(自分が選択した結果)の引き継ぎもありますので
是非プレイをオススメします
2から先にやって、1をやろうとすると心が折れてしまいそうになると思うので
順番通りのプレイ推奨です

個人的には小説に手を出すほどハマれました
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
8 人中 7 人 (88%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
記録時間: 52.3 時間
投稿日: 5月20日
ストーリーがすごく面白いクソゲー
人種差別や思想の対立を描いた、東欧ならではの生々しい物語は魅力的だが、ゲーム部分はクソゲー
クリアしたら二作目もやるぞ!と思ったけどこのゲームをもう一度プレイしたいとは思わない
でもこの作品を嫌いにはなれない
そんなクソゲー
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い