Light up the world! As Plug, you are charged with restoring the expansive Amp-Tree-System, and thwarting an enigmatic intruder.
リリース日: 2012年2月22日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
高画質版を見る

1000 Amps を購入する

ゲームについて

Light up the world! As Plug, you are charged with restoring the expansive Amp-Tree-System, and thwarting an enigmatic intruder. Solve puzzles and explore in 1000 Amps!


Key Features:

  • Illuminate the darkness by lighting up whatever you touch.
  • Teleport into any un-occupied space with a simple mouse click.
  • Explore the expansive and labyrinthine Amp-Tree-System, finding new power ups strewn throughout.
  • Tackle challenges in whatever order you like, thanks to the open world design.
  • Over 150 rooms to complete and explore.
  • Save anywhere, at anytime.

システム要件 (PC)

    • OS: Windows XP Or Later (32 Bit Recommended)
    • Processor: 2 GHz
    • Memory: 256 MB
    • Hard Disk Space: 6 MB
    • Additional: Flash Player 10

システム要件 (Mac)

    • OS: OS X version Leopard 10.5.8, Snow Leopard 10.6.3, or later.
    • Processor: Intel 2 GHz
    • Memory: 256 MB
    • Hard Disk Space: 12 MB
    • Additional: Flash Player 10
参考になったカスタマーレビュー
17 人中 16 人 (94%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 511
85 件のレビュー
記録時間: 7.2 時間
2Dパズルアクションゲーム.日本語未対応だが問題なし.
ジャンプやテレポートなどを駆使して真っ暗な部屋の光るブロックをすべて見つけ出し、明かりを灯していくゲーム.
真っ暗な状態だとジャンプ力が弱いが、部屋が明るくなるにつれてジャンプ力が強くなる.
各所に「光の種」が落ちており、5個集めて使用すると今いる部屋の明かりを全て灯すことができる.
また、各所に点在する装置を使うことで新たな能力を得ることができる.

冒頭にパズルゲームといったが個人的にこのゲームは作業ゲーである.
パズルそのものは簡単なのだが頻繁にシビアな操作とテクニックを要求してくる.
またミスをして下の部屋に落ちてしまうと、長い道を通って戻る必要があり、これに無駄な時間と体力を奪われる.
一応セーブはいつでもできるが、一部屋進むたびにセーブするのは非常に億劫である.
以下その他の不満点
・テレポートや部屋移動をすると「流れる壁」が途切れて攻略不可能になったりする
・ウインドウモードが小さすぎる(640×480くらい).フルスクリーンも解像度がウインドウモードと同じなので汚い.設定画面がないので解像度変更もできない.
・何故かジャンプがWASDのW.Spaceキーに変えたくても変更できない
・全体マップの表示が小さすぎる
・効果音が全体的にがやかましい.

鬼畜ゲームが好きな人なら楽しめるかもしれないが、パズルゲームが好きなだけの人は買うべきではない.
投稿日: 2014年5月22日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
4 人中 1 人 (25%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 246
22 件のレビュー
記録時間: 12.6 時間
失われた光を灯していくゲーム
一応アクションパズルだがパズル要素については
あまりにも簡単なので考えるような所はほとんどなく作業が多い
ラスボスとだけ戦うことになる

重力の概念がある2Dアクションだが
マップは上下左右にスクロールで画面を切り替える仕組みで
初めは足元しか点灯せず遠くが見えないので
ちょっとミスると足場がなく落下して下の画面に移動することが多い
落下したら当然重力があるので上画面にはすぐ移動できず
別ルートから戻ってこなければならないことが多い
つまり基本的に試行錯誤していくゲームだが試行錯誤以前の時点で無駄に時間がかかる糞仕様
遠回りして戻ってくるより新画面に入る度にセーブして落下したらロードのほうが早い

序盤は辛いが、最初のアップグレードをすることで
いつでも一時的に画面全体を把握することができるようになる
そこからは上記のような面倒なことは減るが、簡単すぎてパズルとしては楽しめない

初めの2つのアップグレードが順調にできないまま
どこがまだ行けるのか分からないという状況になると面倒すぎる

簡単なので一応実績全部取るまではやったが
イライラする序盤を超え、他のアップグレードも済ませた後
マップを100%にするためにただ光を灯して回るのは少しは楽しい
が、それも100%間際で変な所の画面が見つかってないと
それを探すのに奔走するはめになるので結局辛い


序盤は酷く面倒で、後半は作業。イライラしたい方にお勧めの一本
パズル要素に期待せず
脳死状態でものをひたすら探すのが好きだという人は楽しめるかも
投稿日: 2014年2月12日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
13 人中 11 人 (85%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 1,172
2 件のレビュー
記録時間: 7.3 時間
This was a surprisingly good game. There is a mild learning curve until you learn the way the game's puzzles work, then once you get a few upgrades the levels get richer and very addictive. In particular the way adjacent rooms interact with one another was very clever, especially once the upgrades start to work together to solve rooms. The difficulty was spot on for my modest platformer skills, slightly above casual only. For achievement hunters, an easy 100% that takes a 5-7 hours maybe.
投稿日: 2014年2月16日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
7 人中 7 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 542
27 件のレビュー
記録時間: 7.5 時間
Hmm. I'm kind of torn here, because even after cursing heavily at them, I would like to think this game's cruder problems aren't that bad.

1000A is a grayscale 'metroidvania'. Everyone knows what those are. The world in this case is an "amp tree", some abstract stand-in for computer I suppose, and the player is a sort of a repair device. The graphics are a rather exciting case: everything is displayed as simple symbols! This reminds me of old Paradroid!

The controls are a little strange. You use the wsad key grid as a typical platformer setup and, surprisingly, the mouse for teleportation: click an empty part of the screen, and there you go! I haven't played an exploration game with combined controls like that before.

So, what's wrong with the game? Well, one of its unique points is that for most of the game, you are wading through levels with a very limited line of sight. Only by touching objects will you discover them. This makes for either an interesting, careful sort of gaming or a horrible chore. I thought it was mostly good, but other times when accidentally walking off the screen would reset the view, it felt like a cause for frustration and a glaring problem.

Another problem is that you can occasionally get yourself into a cul-de-sac, requiring quitting and reloading. I think the game autosaves every few cleared screens. You can tell 1000A's been designed to minimize the chance of getting stuck, but I messed up about five times during my run.

The last issue is the map layout. Sometimes the route from a to b is a ridiculously long detour: Especially for a completionist run, some of the parts of the game map read like a designed ♥♥♥♥ move: you essentially have to traverse the entire vertical span of the map once or twice too many times if you're planning to get that 100% completion.

Still, 1000A was a very good little exploration puzzler. It took me about 8 hours to beat, but I did check out every screen on the map. It's definitely worth its price if you value the genre and are willing to play by this game's rules.
投稿日: 2014年2月7日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
8 人中 6 人 (75%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 509
4 件のレビュー
記録時間: 5.6 時間
投稿日: 2014年1月21日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ