JOIN THE REVOLUTION! Lured to Mars by the Ultor Corporation's promise of a better life, thousands have come to seek their fortune and work for the massive mining company. But all is not as it seems. A deadly plague is sweeping through the barracks, and miners suffer daily abuse at the hands of the Ultor guards.
ユーザーレビュー:
最近:
ほぼ好評 (13 件のレビュー) - 直近 30 日間のユーザーレビュー 13 件中 76% が好評です。
総合:
非常に好評 (930 件のレビュー) - このゲームのユーザーレビュー 930 件中 92% が好評です
リリース日: 2001年9月18日

このアイテムをウィッシュリストへの追加、フォロー、興味なしとチェックするには、サインインしてください。

日本語 はサポートされていません
この製品はあなたの言語をサポートしていません。ご購入される前に、対応言語のリストをご確認ください。

Red Faction を購入する

このゲームが含まれるパッケージ

Red Faction Collection を購入する

7 アイテムを同梱: Red Faction, Red Faction Armageddon Soundtrack, Red Faction Guerrilla Steam Edition, Red Faction II, Red Faction: Armageddon Path to War DLC, Red Faction: Guerrilla Soundtrack, Red Faction®: Armageddon™

 

このゲームについて

JOIN THE REVOLUTION!
Lured to Mars by the Ultor Corporation's promise of a better life, thousands have come to seek their fortune and work for the massive mining company. But all is not as it seems. A deadly plague is sweeping through the barracks, and miners suffer daily abuse at the hands of the Ultor guards. Is a revolution on the horizon?
Red Faction revolutionizes gaming with Geo-Mod technology, the ability to completely alter and destroy the environment in real-time. Featuring 5 controllable vehicles, 15 weapons of mass destruction, unparalleled multiplayer action, and a setting on Mars in the midst of a deadly plague and rebellion, Red Faction sets the gold standard in gaming!
  • Geo-Mod technology — the only FPS with real-time, arbitrary geometry modification
  • Unparalleled multiplayer action, with Geo-Mod specific strategies
  • Advanced physics simulation - supports falling geometry, particles and liquid
  • Five land, sea and air vehicles to commandeer and control
  • A compelling storyline across 20 diverse levels
  • Stealth and action driven objectives
  • Varied environments including natural settings unique to the genre
  • Dynamic, real-time lighting including lightmaps, object shadow casting and more
  • Advanced AI behavior
  • Real-time skeletal deformation and interpolation for silky smooth animations
  • Location-based damage system
  • Multiplayer support for LAN and TCP-IP (up to 32 players)

システム要件

    • Operating System: Windows® 2000/XP
    • DirectX Version: DirectX 8
    • Processor: Pentium II 400 MHz or greater
    • Memory: 64 MB RAM
    • Video Card: 3D Graphics Accelerator Card (8MB)
    • Sound: Direct X Certified audio hardware
カスタマーレビュー
カスタマーレビューシステムが 2016 年 9 月にアップデートされました! 詳細はこちら
最近:
ほぼ好評 (13 件のレビュー)
総合:
非常に好評 (930 件のレビュー)
レビュータイプ


購入タイプ


言語


表示:
5 件のレビューが、上記のフィルタと一致しました ( 好評)
最も参考になったレビュー  全て
22 人中 21 人 (95%) がこのレビューが参考になったと投票しました
3 人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 7.0 時間
投稿日: 3月28日
アルター社の怪しい求人募集に釣られたパーカーは、火星で過酷な労働環境の中で奴隷の如く扱われる日々であったが、労働者らが反乱を起こしパーカーもそれに乗じ火星からの脱出を試みるシリーズ第1作目

破壊を売りしてるFPSであるが、必要な爆発物を持てる数がそこまで多くなく活躍できる場面も限られてる感じ。そもそもどこが破壊できるのかさえわからなかった

物語の後半は難易度が跳ね上がり死にゲーと化する
敵は堅くなり、今まで使ってたハンドガンやショットガンが使えない子になってセミオートライフルとヘビーマシンガンとレールドライバーしか使ってなかった
特にレールドライバーは敵にとって脅威であるがプレイヤーにとっても脅威だ。壁を貫通でき当たれば即死の武器だからだ。この武器のせいで何度もやり直されことか
どの場面で使うかが攻略のカギとなる

難しい上にチェックポイント機能とオートセーブ機能がないのでこまめにセーブは必須
それを知らないまま進めて死ぬと最初からやり直すことになる
任務に失敗したり、護衛すべき人物が死ぬと強制的にタイトル画面に戻される
昔のゲームってやはり鬼畜だ

一部のステージは強制ステルスとなるが、基本オーソドックススタイルの戦闘で乗り物に乗りながら戦闘する場面もある。乗ってるときはレールドライバーを喰らって即死にはならない
ただの労働者であったパーカーがロケットランチャーなどの重火器も使えるって…どこで使い方を習った?
けど腕に関してはまだまだって感じ。遠くにいる敵に対しては弾が足りにくく、さらに敵も頻繁に動くためさらに狙いづらくなる。腰抜かして逃げたかと思ったら戻ってきて撃ってくるし、意外と賢いAIであることにびっくりした

人をかなり選ぶゲームとなってるが、3作目のゲリラからプレイして気になったりハーフライフ系のゲームが好きだったりする人はやってみる価値はあると思います
日本語化はできないけど、進行に支障なくプレイできます
後半の宇宙ステーションを破壊するステージはある程度理解しておかないと何するべきかわからなくなるので、そこだけ注意を
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
3 人中 3 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 12.3 時間
投稿日: 2014年9月26日
近未来の火星が舞台のFPS。
過酷な労働を強いられていた火星炭鉱労働者が、反乱を起こす物語。
『トータルリコール』のレジスタンス側で戦っている感じ。

とにかく敵を倒しつつ進んでいくタイプで、小難しいシステムなどはない。
武器は豊富で、戦車や戦闘機などにも乗れるため、爽快感がある。
ただ、後半は敵が強く即死するケースが増えてくるため、慎重に進む必要がある。
壁や地面など、構造物を破壊するとちゃんと空間があり、ある程度ルートやアイテム探索が可能。

独特の世界観なので、探索しながら火星文明の雰囲気を楽しめた。
英語のみプレイだったが、それほど支障はなく、展開で何となく理解できるレベル。
巨大掘削機が、『トータルリコール』まんまな感じだったのが嬉しかった。

ちなみに、ヒロイン(?)は「ブルネットで筋肉質の女」であった。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
6 人中 4 人 (67%) がこのレビューが参考になったと投票しました
おすすめ
記録時間: 5.3 時間
投稿日: 2011年9月2日
★★☆☆☆
火星掘ってたら
いつのまにか戦ってた
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
11 人中 5 人 (45%) がこのレビューが参考になったと投票しました
1人がこのレビューが面白いと投票しました
おすすめ
記録時間: 0.7 時間
投稿日: 2013年12月19日
物理化学者ゴードン・フリーマンが
実験ミスによりこちらの世界に流れてきてしまった危険生物達から
世界を守る為バールを手にし奮闘するFPSゲーム
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめ
記録時間: 9.8 時間
投稿日: 2012年7月24日
オーソドックスながらも良くできたシングルもののFPS。
ステルスからランボープレイまでプレイの幅は多彩で古臭いものの色褪せない魅力がある。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い
おすすめしません
記録時間: 7.0 時間
投稿日: 2015年11月14日
よくある対人間のシングルFPSです。
ゲームのコンセプトとしては、洞窟の壁などを爆発物で自由に破壊して隣の部屋に移動したり出来ます。
でも、デフォルトで分かれ道がいっぱいある作りなので、壁掘って道増やしても迷いやすくなるだけでしょうがないのであまり意味はありませんでした。
またステルスステージもありました。そこはまあまあ面白かったですが最終的にゴリ押しで納得がいかない。
乗り物はいっぱいあって快適です。

ストーリーはHalf-Lifeとかと違ってしっかりしているようで、ゲーム中にメッセージがたくさん飛んできます。
でもゲームバランスが悪すぎます。敵がやたら固い。
弾のバランスもなんか変だし、避けられないバズーカを連発してくる敵が出てくる同じマップを何度もやらされて、回復は全く落ちてなかったりします。
おそらくこのゲームの作者は一度もテストプレイせずに完成させたんだと思います。
最終的にこのゲームの攻略法は、敵の位置を覚えて、撃ったバズーカが当たりますように神に祈ることです。
二度とやりたくありません。
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 面白い