Begin a journey through one of the most original first-person games of recent years.
リリース日: 2012年2月14日
ユーザーが定義したこの製品への人気タグ:
高画質版を見る

Dear Esther を購入する

Dear Esther + Soundtrack を購入する

ゲームについて

“A deserted island…a lost man…memories of a fatal crash…a book written by a dying explorer.”

Two years in the making, the highly anticipated Indie remake of the cult mod Dear Esther arrives on PC. Dear Esther immerses you in a stunningly realised world, a remote and desolate island somewhere in the outer Hebrides. As you step forwards, a voice begins to read fragments of a letter: "Dear Esther..." - and so begins a journey through one of the most original first-person games of recent years. Abandoning traditional gameplay for a pure story-driven experience, Dear Esther fuses its beautiful environments with a breathtaking soundtrack to tell a powerful story of love, loss, guilt and redemption.

Forget the normal rules of play; if nothing seems real here, it’s because it may just be all a delusion. What is the significance of the aerial -- What happened on the motorway -- is the island real or imagined -- who is Esther and why has she chosen to summon you here? The answers are out there, on the lost beach, the windswept cliffs and buried in the darkness of the tunnels beneath the island… Or then again, they may just not be, after all…

Dear Esther is supported by Indie Fund.

Key features:

  • Every play-through a unique experience, with randomly generated audio, visuals and events.
  • Explore Incredible environments that push the Source engine to new levels of beauty.
  • A poetic, semi-randomised story like you've never experienced in a game before.
  • Stunning soundtrack featuring world-class musicians.
  • An uncompromisingly inventive game delivered to the highest AAA standards.

Soundtrack

Jessica Curry's haunting and beautiful soundtrack to Dear Esther, now available on Steam, has been a hit with gamers and critics alike. Reviewers have said ""Curry's score reflects the player's feelings without oppressively instructing them. Exquisitely constructed, both sonically and visually" (Eurogamer), "as beautiful as the game is, it’d be remiss not to mention Curry’s atmospheric soundtrack...impossible to ignore." (Edge), "spellbinding, fascinating aural landscape: a resounding success" (Square Enix), "Curry's delicate & understated musical score achieves a level of excellence. It's the ultimate achievement of composition." (Bitgamer). The soundtrack was shortlisted for the Excellence in Audio award at the Independent Games Festival 2012

システム要件 (PC)

    Minimum:

    • OS:Microsoft Windows XP / Vista / Vista64
    • Processor:Intel core 2 duo 2.4GHz or higher
    • Memory:1GB XP / 2GB Vista
    • Graphics:DirectX 9 compliant video card with Shader model 3.0 support. NVidia 7600, ATI X1600 or better (Pre-Sandybridge Intel graphics chipsets not yet supported)
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Sound:DirectX 9.0c compatible sound card

    Recommended:

    • OS:Microsoft Windows XP / Vista / Vista64
    • Processor: Quad core 2.4GHz or higher
    • Memory:1GB XP / 2GB Vista
    • Graphics:DirectX 9 compliant video card with Shader model 3.0 support. NVidia 8800, ATI Radeon 2900 pro or better (Pre-Sandybridge Intel graphic chipsets not supported)
    • DirectX®:9.0c
    • Hard Drive:2 GB HD space
    • Sound:DirectX 9.0c compatible sound card

システム要件 (Mac)

    • OS: MAC OS X 10.6.7 or higher
    • Processor: Intel Core Duo Processor (2GHz or better)
    • Memory: 2GB
    • Hard Disk Space: At least 2 GB of Space
    • Video Card: ATI Radeon 2400 or higher / NVIDIA 8600M or higher / Intel HD Graphics 3000
参考になったカスタマーレビュー
17 人中 13 人 (76%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 230
16 件のレビュー
記録時間: 1.4 時間
Dear Esther、親愛なるエスターの影を追い、”彼”は無人の小島を彷徨う
日本語化modあり、またPLAYISMから日本語版が販売されている

まず語らなくてはならないのは、これは本当にゲームなのか? ということ
本作には一切の選択がなく、プレイヤーが出来るのは島を彷徨う”彼”の視点と歩みを動かすことだけ
スプリントもジャンプも不可能であり、インベントリも存在しない、ライトのON-OFFですら自動で行われる
荒廃していながらも美しい島を眺めながら静かに流れる音楽を聞き、”彼”の独白に耳を傾けることで本作は進行する
おそらく明確に言い切ることが出来る人はいないだろうが、少なくとも筆者はこれはゲームであると思う
無理やり既存の枠に本作を当てはめるとすればADVなのだろうが、このジャンルにおいてほとんどの作品が(ビジュアルノベルでさえも)
「プレイヤーが行うことの出来る」選択肢を用意していることから、今作はゲーム性のないデジタルノベルと同じだ、という人もいるかもしれない
だが同じ一本道とはいえ、クリックして次のテキストを表示するという行為が、ページをめくる行為と相違ないデジタルノベルとは大きくことなり、プレイヤーは視点を動かし、歩を進めることが出来る、そして”彼”の独白には幾許かのランダム性がある
つまり他のプレイヤーと同じ状況は生まれようがない、誰かが海を眺めながら聞いていた独白を、貴方は月を眺めながら聞いているかもしれないのだ
このまったくもってランダムな「体験」はゲームといって差し支えないだろう

さて今作の内容だが、正直に言って多くの人には退屈かも知れない
というのも”彼”の歩みは遅く、ただ歩くという行為しか出来ないので、短気な人にはまったくもって向かない
また物語になにかしらの派手さを求めている人にもおそらく合わないだろう。筆者も最初の二十分ほどが非常に退屈に思われた
だが歩み続け、洞窟のシークエンスまで到達した時、多くの人が今作に引き込まれ、また激しく印象を受けるであろう
多様な光の青に覆われ、何本もの蝋燭が揺らめく洞窟を極上の音楽と独白を聞きながら巡り、そこから抜けだして月の煌めく夜空と再びで会った時、島に対するそれまでのうら寂しい荒野のような印象は消え去り、その美しさに目を見張ることになる
本作はSource Engineで作られており(unityへの移行が計画されている模様)ビジュアルが飛び抜けていいというわけではない
だがここまでの印象と幻想的な美しさを感じさせるのはUE4やCryEngineなどのビジュアル表現に長けたエンジンを使用しても簡単に出せるものではないだろう
ここまでくると多くのプレイヤーは”彼”の物語へと引きこまれており、最後まで一気にプレイしたくなっているはずだ
そして”彼”の独白で語られる物語は漠然としていて、全てを捉えることが出来ない
多くの人物が語られ、起きた結果だけは確かであるがその過程、人物関係などは謎のままである、というのは語り部が一人こそあれ、芥川龍之介の藪の中を彷彿とさせる、というのは言い過ぎだろうか
プレイヤーが明確に読み取れるのは”彼”がエスターという女性を深く深く愛していたということだけであり、エスターが”彼”とどんな関係にあったのかすら明確には分からない。妻、恋人、娘、叶わぬ恋の相手、あるいは”彼”が”彼”そのものを死に至らしめんとする病原菌であると考察する人もいるようだ
さらにいえば”彼”は本当に島を歩いているのかどうかも分からない、途中幻覚としか思えないシーンが挿入されるが、そもそも島自体が幻覚、あるいは夢である可能性だってある(無数に置かれた輝く蝋燭、岩壁や洞窟内に描かれた化学式らしき線、まるでイコンのように飾られた超音波エコー装置などがその疑念を強める、だが”彼”が明るいうちに置いた可能性だって捨てきれない)
そして最後のシーン、”彼”は死んだのだろうか、それとも生きている?いやそもそも死んでいた?
真実は分からない、だがインタビューで開発者の一人はこう述べている

確かに理解できない部分もわざと用意してありますが、
決してプレイヤーを惑わせるためのものではなく、
あくまでもプレイヤー一人ひとりに個々の解釈を持ってもらうためです。
そこには、正解も間違いもありません。

ただ、物語を少しずつ提示されると、人は勝手に想像力で埋めようとしますよね。
その行動は、良い物語づくりには欠かせないものだと考えています。


つまりはそういうことだろう、プレイヤーは”彼”の独白から何かを感じ取れる、その感じ取ったもの、それがおそらく真実なのだ

本作は決して万人向けの作品ではないだろう、だがハマる人にはカチッとはまるはずだ
他のADVや、下手をすると映画よりもずっと短いプレイ時間の中でこれほど強い印象を抱かせる作品はそうそう存在しないであろう
少しでも肌に合いそうだと感じたのなら是非プレイして見てほしい
投稿日: 2014年6月9日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
2 人中 2 人 (100%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 270
18 件のレビュー
記録時間: 1.3 時間
正直言って物語はよくわからない
抽象的な表現や婉曲表現が多く、英語を読もうとしてもわけが分からない
ただ、単純に孤島を散歩するゲームとして見ると非常に良い雰囲気ゲーとなっている
ゆっくりと温かいナレーションと共に綺麗な景色を眺めよう
人生に疲れたときにオススメ
投稿日: 2014年6月20日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
5 人中 1 人 (20%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 140
41 件のレビュー
記録時間: 0.6 時間
島を歩くだけという次世代ゲーム。
投稿日: 2014年1月12日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
137 人中 105 人 (77%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 152
25 件のレビュー
記録時間: 1.6 時間
During the first 10 minutes or so of this game, while I was wandering (slowly) through the game's initial area, I was bored. Very, very bored. While I was bored there was a pretentious British guy babbling to me in an overwrought poetic manner about something that had happened and for which I had no background information to help me understand what the hell he was talking about. That changed (thankfully): the backstory filled in, the environment and audio changed, and things improved dramatically.

This game has very impressive visual and audio aesthetics. The background sounds and ambient music enhance the experience significantly (you should play with headphones on). The voice acting is also compelling--you can really feel the narrator's internal turmoil as he struggles with what has happened. The world the developers built here has a sense of mystery, purpose and beauty, but also sadness, introspection, and the portent of dread. As I progressed through the "game" I felt more and more anxious about the revelations to come from the narrator. The suspense was palpable, and was reflected in the narrator's increasingly impassioned and upset dialogue. It's quite well done. I would say this is a game targeted toward mature gamers, in the sense that it is pretty sophisticated overall.

There are a few weak points: for a 1-hour experience it's quite a bit pricey at $10 (I got it on sale); the poetic tone was good but I thought it was forced in a few places, and at times obscured the backstory; the guy walks pretty slowly (you can go into console and change that, but that kinda breaks immersion).

In retrospect, I was impatient at the beginning of the game and am very glad I pressed on. This is a very worthwhile experience. I do think $10 is a bit steep, so I'd recommend waiting til it's on sale. If you are really into artistic and experiential games, then this is definitely for you. on sale or not.

I recommend it.
投稿日: 2014年2月3日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ
50 人中 35 人 (70%) がこのレビューが参考になったと投票しました
アカウント内の製品数: 47
12 件のレビュー
記録時間: 2.0 時間
A glorious piece of art telling a story through a progressive narrative. Dear Esther is an extremely moving journey of self discovery and acceptance, a truly moving narrative of a mans journey to seek peace. A game that I personally found beautiful. Dear Esther is in the top tier of essential games to play in anyones life.

10\10
投稿日: 2014年2月21日
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ